FC2ブログ

Latest Entries

 やるだけは やっとります!


 こんばんは。

マタイトコ の一人に、
「お笑い漫画道場」でアシスタントやってた娘
がいる とまぢふです。












 いよいよ秋ですね~。

あのクソ暑かった夏には、
「もう、冬は来ないんでは?」
って思ったけど・・・。













 1DSC_0513.jpg

カアチャンの施設のエレベータの中に
貼ってあったチラシ。

「KANAMARU」
カナマル。

(昔、「金丸 信」っていう大物政治家おったけど
カンケーないよね?)

どうやら、金山に近隣から いろんなモノが集まって
イベントするみたい。
「カナヤマ・マルシェ」の略らしいが、
よけいワカランよ。
でも とにかく 「うまい」モンも来るらしい。
こりゃ、行かなイカンッ!!










    2DSC_0460.jpg

で、カアチャンを連れ出した。

「どこ行くんよぉ~
オソガイとこ行くんやないらァ?」

たった今 気付いたけど、この施設の柱にも
貼ってあるね! 「KANAMARU」のチラシ。

ここ、特養に入所してちょうど1年。
それまで5年間 お世話になっとったトコでは
しょっちゅうカアチャンを連れ出いてドライブ
行きよったけど、完全車イスになったココでは、
ほとんど行ってない。
せいぜい車イス押して、施設の外をグルっと
回る程度。

やで、久々の遠出?
(車イスには変わりないけど。)












 3DSC_0462

施設の道路向こう。

ホンノすぐ向こうやのに、県道と歩道の段差、
横断歩道、行き交うクルマの数、狭くて歩く人が
多い歩道で、思うように近づけん。
大回りしてやっと・・・みたいな。
車イスに優しょうないよ、道路も歩道も。











 4DSC_0465




 5DSC_0470




 6DSC_0489

テント張って、いろんな店が出とる!

アクセサリーや木工品、手作りモノの店ばっかやね。
中にはネイルアート店や、マッサージの店も。







 11DSC_0477.jpg

もちろん、食べ物屋さんもある!

ワシ、昼メシ食っとらんもんで、ひじょーに
ツライんよ! こういう店の前では。
でもカアチャンにラーメン食わせるワケにもいかんし。。
(ちなみに 午後2時です。)








     7DSC_0467.jpg

カアチャン、キョロキョロしとる。状況がわからんみたい。

「ハラ減っとらんか? ダンゴでも食うか?」
「おお、食いたい!」
















 12DSC_0479.jpg

嗚呼、無情・・・

というか、この時間では ほとんどの食べ物屋さん、
み~んな 「完売」やったんよ!
もうちょっと早う来れば良かったけど、それはソレで
めっちゃくちゃ混んどったやろうし・・・。










     8DSC_0480.jpg






 9-1DSC_0490.jpg







 DSC_0485.jpg

岩屋ダムのカヌーに乗せるワケにもいかんし。。







 DSC_0488.jpg

まさかの ボルダリング?
ワシでもムリやろにゃ~~・・・






 10DSC_0466.jpg

ああ、郡上八幡の地ビールか・・・
飲みたい・飲みたい・飲みたあ~~~いッ!!




と そこへッ!!

「○○さァんッ!」
と、カアチャンを呼ぶ人が!!
















 9-2DSC_0473.jpg

前、カアチャンが世話になっとった施設の
美人ケアマネさん、アケミちゃんッ!!

娘さんとここに来てござった。
ホント、1年ぶりの再会でワシは嬉しかったよ!!
施設を替わる時、ロクに挨拶もできずに
引っ越してまって、ウシロメタさもあったしね。

カアチャンはアケミちゃんを覚えとるかサダカでないけど、
娘さんを見て喜んどった。
とにかくカアチャンは、小さい子が好きなんよ。













 13DSC_0507.jpg

見ず知らずの子に愛想ふりまくカアチャン。










 14DSC_0503.jpg

その 見ず知らずのご両親に撮ってもらいました!
ありがとうございます!!



ベビーカーを押してやって来とる人は多いけど、
車イスのババアを押しとる人は皆無やった。
まあ、ワシにとってカアチャンは今や
「子ども」?
どんなフウに見えとったやろね、周りから。
でもまあ、
「カアチャンに違った空気吸わせれた」
っていう自己満足は得れたで良しとする。
カアチャンは不満足かも知れんけど。
何にも食べさせてやれなんだで。

ほんの 1時間の旅をさせて終わり。














 その夜。



    15DSC_0569.jpg






 16DSC_0547.jpg




    17DSC_0516.jpg




 18DSC_0540.jpg

祖師野祭りの最後の練習日。
本番での衣裳を着けてやる。












     19DSC_0589.jpg

「とざい、と~ざいッ!天下泰平 ・・」 云々
と 今年の当元の班長が高らかに のたまう!
(彼は若者会の現会長でもある。)


会長にワシが直伝してやった。
「エエか、その棒に書いてある通りに読むんやぞ!」


    DSC_0649.jpg


「なまじ、『ソラで読もう』 なんて思うなよ!」

「判ってますよ! 
ソラで読むなんてベンコラシイですよ!
○○ちゃんじゃあるまいし(笑)」

・・・ 忘れろ! ワシの過去のアレは・・・。
まだ5年しか経っとらんで、コイツもハッキリ覚えとる。
いや、もうこの際、後世まで語り継いでくれよ!












 20DSC_0607.jpg

踊る子どもら。





 21DSC_0593.jpg

「棒振り」も それなりに。
今夜は衣裳着け間に合わなんだで、
簡略バージョンで。





 22DSC_0600.jpg

笛・太鼓の お囃子も、今夜がその集大成!
ついにない、おおぜい。
(って、それまでの練習日にも
ちゃんと来てくりょよ! 獅子の役も!!)











 23DSC_0611.jpg

裏から見る。

今年もワシ、獅子の役の一人。
って、19年前からコレばっかり!
(途中2回だけ抜けれた。でもそれ、
「棒振り=天狗」、「当元の班長」
の時だけ。)

実はワシ、5日前から腰が痛うてねぇ・・・
この日の前日、初めて「腰痛で医者」に
かかったんよ。
レントゲン撮ってもらったりして。。。
この練習も、「腰バンド」?巻いて臨んどる。

いよいよ来週日曜が本番の祖師野祭り。
その前日の「神輿かつぎ」にも
参加要請かけらちょる・・・。
あの若者会会長から・・・。

神輿や獅子舞で腰イタメたらダレの責任なの?
カアチャンの車イスも押せんようになるかも。





・・・あ、好きでやっとるワシのせいか。。。











 おしまい。









   

 終活 しょの1

 こんにちは!

書き上げる頃には
「こんばんは。」
になろうかと思ふ とまぢふです。
(今、4時12分だし。)










 昔は写真撮るのが趣味だったワシ。
1998年ころ。 20年前?!

その頃 撮ったヤツを・・・














 1IMG_20181007_0001.jpg

  セツブンソウ



      2IMG_20181007_0007.jpg

         キンラン






 3IMG_20181007_0005.jpg

 黄ショウブと鯉






 4IMG_20181007_0003.jpg

 チゴユリ







      5IMG_20181007_0006.jpg

    ヒヨドリジョウゴ







 6IMG_20181007_0004.jpg

 ササユリ 満開








7IMG_20181007_0002.jpg

  雨。 オニグルミ咲く。







      8IMG_20181007_0008.jpg
 
     東林寺のイチョウ   



 









すみません、ヘタな絵を UPして。
もっとイッパイ撮って、もっとイッパイ上手い写真
あったかと思うに、ドサクサでこれだけしか
見つかりませんでした。
(いや、上手い絵は無いか。)

こんなフウに、以前は「写真を趣味」にしとったワシ。

それがナゼか「体力系」な趣味に移り・・・
(いや、基本、好きやないんよ、体力系。
事実、3ヶ月近く乗ってませんから、自転車。)




体力系に移行してから、カメラは
「ツーリングの模様を撮るのみ」
いや、山野草も タシナんどるけど、カメラは
「草の成長過程を撮るのみ」
に成り下がってまっとる。


そんなふうな扱いな我がカメラ。

以前UPしたよね、
「コイツら、どーしようか」
って。

 





 「まとめて買い取り」
なサイトに出会い、考えてます。

けっこう多いらしいよ、
『親が集めたカメラ、処分に困ってる』
『思い出詰まっててフン切れない』
な人々。
ワシもその1人。

ヤフオクに出品するのも手間ヒマかかるし。
でも、愛着あるカメラがゾンザイに扱われるのも
イヤ。

と言うワケで、
「宅配買取・見積もり」
みたいなサービスで断捨離することにしたんよ!
(思ひ出は この際、シカト!)












 15DSCN7446.jpg

この中に何が詰まっとるか・・・











 16DSCN7445.jpg

重さは 19キロ強。

















 17DSCN7447.jpg
 
 ジャ~ンッ!! そう、
「捨てるに捨てられん『ガラクタ』」 ッ!!

カメラ本体だけやなく、








 18DSCN7448_edited-1.jpg

この包みは 「レンズ」 !

一眼レフカメラは、「レンズを取り替える」ことに
醍醐味を感じさせるアレがある。
コンパクト・カメラをイジっとってはわからん
エクスタシー!!

・・・やで、無意味に増えてまう 「レンズ」。

これも何とかしたいわ~。











 DSC01536_edited-1.jpg


 「オリンパス・ズイコー 18mm 」

つまり、「超・超広角レンズ」。

・・・こんなレンズ使うシチュエーションって、
まず 「無い。」
いや、つかいこなせるヒトなら別。

ワシ、なんで こんなん買ったんやろ?
1998年。 20年前。6万円くらいした。
何回使った? 1回? 2回?
3回くらいは使ったと思いたい。

あ、元箱あった。
その中に値札?も・・・









 DSCN7477.jpg

ヒエ~~~~!
よお買ったねえ、結局3回しか使わなんだヤツ。











 DSC01538.jpg

これも。 300ミリ 望遠。ズームではない。







 DSCN7479.jpg

 ・・・・。

妹見たら怒るよ。








そんなアレもあって今回、
「不必要なモノは放出しよう!」
って思ったの。

禁断の「趣味の分野」のモノを。
ヤバイ~~!!


















 19DSCN7456.jpg

こんなアルミケースに、何が詰まっとるんやろ?
なんせ 4年ぶりの開封やでねえ。

















 20DSCN7458.jpg

キャノン EOS 100Pに、
ミノルタ α7。 
どっちも銀塩(フィルム式)カメラ。








 11DSC01509_201810071610375db.jpg

キャノンEOS100P。







 13DSC01508.jpg

 ミノルタ α7。


 











 21DSCN7460.jpg

ほかのハコには、それ以前に買ってたモノが。

さらには、ワシ以前のモノや
ワシが買ってやったモノ・・・。













 22DSCN7451.jpg

「マミヤ」製のカメラ。

左は、「マミヤ・シックス」 。



 24DSC01568.jpg

 いわゆる 「スプリングカメラ」 ってヤツ。




 23DSCN7454.jpg

これは、
「マミヤ・ユニバーサル・プレス」
ってゆうヤツ。
「マミヤ・プレス」 が通称。

以前オヤジが「欲しい」って言ったで買ってやった。
もちろん中古で。
(20年くらい前にトックに廃版になっとった。)

これで撮った写真もあったけどニャ~。
6×6サイズのデカいフィルムを使うんよ。
マミヤ・シックスも、マミヤ・プレスも。
その頃フツーの 「35mm版」より、面積で
3.5倍もある!(らしい。)
それで撮った写真、どこ行ってまったんやろ・・?

いつか そのうちにワシの写真展やるでね!











 と言うワケで、今回の断捨離。

規模的にはタイシタことないです。
でも、「元箱」までも保管しちょるのは
どう考えてもオカシイでしょ?
収納スペース無いのに・・・。

あれらのカメラを詰め込んだクーラーボックス、
物置きの
「いちばん出せないトコ」
に置かれてました。
なので、これらがキレイになったら
収納スペースが一つ空きます。
(あ、クーラーボックス自体のカサがあるで、
そいつも何とかしないとね!)





こんなカメラ群、いったいいくらになるんやろ?

「思ひ出」
は当然、価格に反映されんとは判っとるけど・・・。





 




 おしまい。

あ、やっぱ 6時の広報音楽が流れてます。
「こんばんは。」ですね。











 

このほど、こんなコトが ありました。

 こんばんは。

この何年か 「キリギリス」 の声を聞いてないな~
と思う とまぢふです。













 「今度の 『街頭・安全点検』、
○○さん、行ってきてください。」

朝、工場長の T彦クンに言われた。

街頭 安全点検とは、国交省の
「自動車点検整備推進運動」強化月間と、
内閣府他による
「秋の全国交通安全運動」
とのコラボ?で行われるアレです。


具体的には、
「下呂警察署の警官が国道走っとるクルマを
誘導し、オビエるドライバーにワシらが
『無料点検いたします~』
って言って、
『脅かすな!こっちは急いでるんだようッ!!』
って、ドライバーさんに怒られる行事」 
です。











 11DSC_0361_20181003203144bf0.jpg

下呂警察署に出向きます。
ワシ、ここ入るの初めてでキンチョーする!!






 5DSC_0359_201810032031396bd.jpg

こんな 「計画書」 渡された。

警察と、ワシら自動車整備振興会会員が協力し、
「交通安全」「点検整備」 の啓もう活動をしようって
ネライ。








 7DSC_0360_20181003203143cf4.jpg

実施方法。



 12DSC_0359_edited-1_20181003203145e40.jpg

1:警官が、国道を行くクルマを警察署敷地に誘導。
 (全てのドライバーがここでビビる。)





 13DSC_0364_2018100320314611a.jpg

    14DSC_0367_2018100320314848d.jpg

2:ワシラが、「安全点検である」ムネを話す。
 (ドライバーの反応は2種類のみ。
  怒るか笑うか。)



3:車内のドライバーに、あーせー・こーせー言う。
 (こんどは反応 サマザマ。)

4:点検結果を知らせる。
 (たいていは安堵の笑顔を見せるが、
  結果によっては憤怒の表情。)

5:協力ありがとうグッズを渡し、解放する。
 (まだテンパってるドライバーあり。)





・・・ と、こんなフウなコトをするんよ。
「3」 の、あーせー・こーせーってのは、

「ライト、スモール点けてください、
ヘッドライト点けて下さい。遠目・近目
切り替えてください。
今度は右にウィンカー出して、じゃあ、左。
バックにいれて・・・」
みたいな指示をするの。

まあ、クルマの灯火関係のチェックやね。
クルマの前後で確認する役、結果を記録する役、
タイヤの状態や点検ステッカーの有無を見る役。
そして、ドライバーに直接話しかけ、お願いや
指示をする役。

もう何年も前から行われとる行事で、毎年
ウチの会社からもヒトを出しとるんよ。
下呂市全体で 30社くらいから来とる。
(整備工場はもっとあるけど。)

だれもが言う。
「ドライバーに話しかける役だけは
やりとうない。」

・・・ そりゃそうや。

国道をただ走っとるだけの老若男女・善男善女
が、イキナリ警察に停められ引きずりこまれる。
この時点でほとんどのヒトは、 身に覚えのないツミ
を着せられたかと思う。

で、今度は 他愛もないコトで停められたコトに、
安堵かイカりの念をいだく。

イカった人 → 理由を叫んで別コースからスルーして
国道に戻る。(ちゃんと設けてあります、その道。)
安堵した人 → 比較的・協力的な態度で点検コースへ。



「突然 脅かして申しわけございません。
お車の点検整備推奨と、秋の交通安全週間で、
このようなコトをやらせていただいております。
本日は、お車の簡単な安全チェックを無料でさせて
いただきます。
お忙しいところでしょうが、お時間かけませんので、
どうか ご協力お願いいたします。」

この、「無料」「簡単」「時間かけない」
がポイントです。
あと、なによりもっとも大切なのは
「笑顔」 !

こうやって接すれば、「たいたいのドライバー」
は快く応じてくれる。 たいていはね。


ドライバーはホントいろいろござるけど、
まず全員 「テンパ」っとる。

さっきの事情説明でナントカ 気を落ち着かせるが、
まだエンジンはかかったまま。
その足はブレーキを踏んで車を停止させとるだけ。
シフトポジションは当然
「Dレンジ」。

説明員は落ち着いてドライバーに言う。
「ギヤを Pに入れてください。」
これ言うの怠ると、クルマの前後に居る点検員の
生命が危うくなる。

「ありがとうございます。
あ、エンジンは かけたママでけっこうです。」
「ではまず、電気を点けてください。
スモールから。」
「はい、スモール点けました~!」
・・・前後の点検員に叫ぶ。
点検員、
「車幅灯OK!」「テールOK!!」

「ありがとうございます。
では、ヘッドライトを点けてください。」
前方の点検員、
「OK!」
「ロービーム、ハイビーム 切り替えてください。」
・・・お年寄りやご婦人はまだ動揺しとる人多くて、
ここでワイパー動かすことが多々・・・

「ありがとうございました。
ライトを消してください。
では今度はブレーキ踏んでください。」
後方点検員、
「ブレーキOK!」

ここからが緊張、
「ブレーキ踏んだまま、ギヤをバックに入れてください。」
・・・ホント、こちらもドライバーも点検員も
カタヅを飲む瞬間!!
ギヤ入れと同時にアクセル踏む人、
バックを通り越してニュートラル、さらにはDレンジにシフト、
あせってまたPに戻し、慌ててバックに入れるも、
ホントに下がって来るヒト・・・

予想しとるで、点検員も充分離れては立つ。
でも恐怖。







お年寄りで耳が遠く、こちらが大声で話しても
理解してもらえない方も。

「は~ビックリしたあ~~!!」
をずっと言いどおしだった外車の方。
ほんとにヤマシイことあったのかしらん・・・

「*&#=""<+~#~bR0ひ()R&%」
・・・なに言っとるかワカラン、たぶん中国の旅行者さん。

ホント、いろんな方が おみえでした。
(ノルマ、100台を点検しなければならない。
2班に分かれて 50台ずつ。)


点検結果を伝えるも、
「ハイマウント・ストップが点かん~?!
きのう車検やったばっかやぞ!」

こういうのが意外に多かったね。

「タマは接触不良とかで、その時は点いても、
工場出てすぐ点かなくなることも多いもので・・。」
「んなワケあるか! よし、これからあの整備工場
行って来てやる!」

「タイヤ、もうスリップサイン出てますよ。」
「え~?車検では何とも言われなかったけど?」
・・・これは問題でしょ? ヤバイです!
(車検受けた時はギリギリセーフだったかも。)









ま~疲れましたワ!



そう、このワシがその
「説明員」
やらされたんよ!
初めての参加やのにね!!
両班で各1名。

あらかじめ役割決められており、
そのプリント見た時は
「え゛、うぞッ!!」
ってなったよ。。。

だれが決めたんやあぁぁぁ・・・・・!!


「5年間分くらいの笑顔」 を使い切った感じ。

最初のうちは、
「こここ、コンニチわ!
きょうは お車のてて点検をさせて
いただきます!
ごきょきょく、いや、ごきょきょく、
いや、ご協力お願いします!」
みたいにね。

頬の筋肉はヒキつり、ノドはカラカラ。

脇は汗でグチョグチョ。


さっきの説明みたいに流暢にできるようになったのは
20台目くらいからかニャ~・・・。


いい経験は させてもらったけど、もう
ゼッッッ・・・タイ、やりとうないッ!!












 15DSCN7437.jpg

翌々日の岐阜新聞に、この時のもようが
載っとった。



 16IMG_20181003_0001.jpg

「ナンバープレートの盗難防止用封印」
も、希望者には「無料」で着けてやった。

でも、これって整備の時ほんとマヂ、
邪魔になることあるんよね~~。
オイルエレメント交換や、ファンベルト調整、
板金作業でナンバープレート外さにゃならん仕事、
実に多いんよ。

それがこの封印を取り外すには、ドリルで揉んで
穴開けてやるしかない・・・。
ほんと ゴが沸くッ!

まあ、盗まれて悪さでもれたら、持ち主の
寝起きも悪いしね。
(責任問題にもなるんやろか?)


とにかく、
「これで安心して乗っていただけます!
本日は ご協力 本当にありがとうございました。
お気を付けて!!」

みたいにして送り出したワシでした。













今日 会社で、
「○○君、新聞に載っとったぞ!」

んあ?
もうだいぶ前のハナシやろ?
しかもワシ写ってなかったし。

「いや、中日新聞よ!
○○君やったぞ!!」


T グチ君なんか、
「○○さん、載るページ違いますよ!
犯罪者のオーラ出まくりです!」



・・・帰りがけ、コンビニで件の新聞買ったよ。










 17DSCN7428.jpg


 
 18DSCN7433.jpg

見よ、シロッ!
ワシやがな! 新聞デビューやぞッ!!












 19DSCN7434.jpg

「ふん! 小さい扱いやニャ~」


 




 20DSCN7436.jpg

右端。

もう、こっちがテンパッとったころ。





それにしても、あの行事からもう
1週間も経ってからの掲載・・・。


当然、「いつ あったか」 は載ってませんでした。

報道でいちばん大切なコトやないの?
「いつ」 「どこで」 とかは。

まあ、10数年前の岐阜新聞では
「このほど ○○が行われました」
って記事がホントに多かった。
(そのことで電話してやったコトある。)

今はやっぱ岐阜新聞も
「いつ」かを載せてないで、
ドッチもドッチやな。











 おしまい。











 備えよッ!


 こんばんは。

ヤバイですよね、台風24号!!
今まさに、
「下呂市に大雨暴風警報が発表されました。
また、避難所開設いたしました」
な広報が流れとります!!


















 1DSC_1084.jpg

この夏も暑かろうと思って作った、
「緑のカーテン」。

ヒマワリは咲いたけど、アサガオちゃんはショボく・・














     2DSC_0001.jpg

8月も半ば過ぎ、ヒマワリは うなだれた。
アサガオ、やっと咲いたと思ったら、
葉が無い!





     3DSC_0005.jpg

丸ハダカにされてまったんよ~~~!

クソ芋虫の野郎 何十匹に 一晩で!!
(デカイのは 10cmくらいある。ケツにピンッと
突起がある。たぶんスズメガの幼虫。
ムシ嫌いな方は卒倒するに。)

これじゃ遮光にならんがなあ!!






・・・今年の猛暑、毎日部屋の最高気温をチェックしてました。
金山が 「41℃」で日本一を叩き出いた日、
ワシの部屋は 「34℃」やったみたいです。

アレ?

ハダカの朝顔やのに、部屋温、予想より上がっとらん。。
緑のカーテンの意味って??

いや、あんなんでも、ゼッタイ効果あったと信じとるよ!
前、カーテンやらなんだ年は、毎日
「36℃」とか、「37℃」
の表示やったでねえ、部屋の温度計。
(その日のMAX・MIN温度が測れます!)



そんな、イモムシにやられたアサガオちゃん、













    4DSC_0370.jpg

いまでは このいに勢力を戻いとる!

なんつってもワシ、そのオゾマシイ芋虫を
火箸で1匹1匹つかんで取ったでねえ!
バケツに入れたソイツら、モソモソと・・・

ああ!! 思い出しただけでゾゾケが立つ!!













 台風24号が来よる。

こないだ来た 22号より大きい。
今年最大やという・・・。
オソガイ。。。










    5DSC_0379.jpg

ワシの物置横では、
「ダイモンジソウ」 が綺麗に咲いちょる。
いや、この花しか咲いちょらん・・・。

10年くらい前は、こういう山野草鉢を
「園芸棚」に置いて作っとった。
やで、台風襲来!な時は全部 下に降ろした。
でも今、鉢はみんな地ベタに据えとるで、そんな作業は
せんでもエエ。


あの 「あさがおカーテン」、どうしよかニャ~・・・
吹き飛ばされて どっか行ってまえば、
どうせ秋には外すヤツ、片づけの手間が省ける。
でも、ヨソ様の庭に入り込んでは・・・。




思案めぐらしとったらハラ減った。
午後 1時。

「スーパーストア・マツオカ」
へ買い出しに出かけたよ。

ここの店長 ヒロアキ君はワシの高校ン時の
同級生。
「いや~、昼前は忙しかったよ!!
半日で普段の平日の 2倍くらいのヒト!
それもみんな、カップ麺とか缶詰、パンや
野菜。
懲りたんやろな~、こないだの停電で。。。」

そうやった。
台風22号で町の中がヒドイとこは
1週間くらい停電したらしいでねえ。
冷蔵庫の中身、みんなダメになってまったとか。
やで、今回の備えとして
「冷蔵庫に入れんでもエエもの」
を備蓄しようとしたんやね。。。

かくいうワシも、そういうモノを求めて来ました。
ビールやワインは冷えとらんと うもうないし。
日本酒は苦手やし。
あ、焼酎なら お湯割りできるな!
停電でもカセットコンロなら湯を沸かせるし、
ラーメンも作れる。

・・・ んあ?
そのカセットボンベ、売り切れやがな!

やっぱ、皆さん、考えるコトはいっしょやのね。












 オヤジの実家、こないだので かなりダメージ受けた。
建物は どうもないけど、木がね・・・。




 6DSC_0390.jpg

ちょっと寄ってみた。










 7DSC_0395.jpg

観音堂に倒れかかった 桐の木。
まあ、処理(切り倒し)は冬になってからやな。
下草のヤブがヒド過ぎて近寄りにくいで。








    8DSC_0399.jpg

ワシの叔母さんたちは、これらの桐の木で
嫁入りの時のタンスを作ってもらったげな。
(もう50年以上前のハナシ。)
やで、それからもジイチャンは桐を植えて育てた。
(ワシの妹のためだったかも。)

それが手ごろな太さに育った今、
そんな時代ではなくなってた・・・。
そして台風で倒れた。

写真の桐にもたれかかっとるのも桐の木。
そのすぐ横には電線が!

今度の台風、前のより大きいらしいで、
倒れかかった木もろとも、この電線を
ブッた切るのでは?・・・

そうすると、この電線の下流にある世帯が停電に。

ワシも責任 問われるんやろか?











 9DSC_0442.jpg

オヤジの 「趣味の小屋」。






 10DSC_0404.jpg

この真上にも斜めに桐の木が・・・




    11DSC_0436.jpg

前の台風で折れなんだのがフシギ。

たぶん今度のではダメやろね。

この小屋ツブレてもかまわんけど、中に
「デコチャリ製作のための参考資料」
が入っとるんよ!

でもまあ、それが出せんようになっても・・・ 
・・・今さら・・・ ねえ?











 12DSC_0406.jpg

さっきの小屋より高いトコに、
オヤジの実家がある。



 13DSC_0409.jpg

雨戸は何年か前からはもう
「閉めっ放し」。
以前は しょっちゅう来て 開けたり閉めたり
しとった。




 14DSC_0434.jpg

玄関。 この3年くらいは開けたコトない。
ってゆうか、この家自体が危険なコトになっとるんよ。

どこにも「直角」なトコが無い!
全て、斜めになっとり、中の木の戸は
上からの圧力で内側に湾曲しとる!
・・・それが 3年くらい前の状態。











 15k20120514201438522

だいぶ前に玄関から 奥を見た図。
この頃はまだ、じゅうぶん入って行けた。
っていうか、盆暮れ彼岸には部屋でお参りしとった。
(この絵は2012年の ワシのブログ記事 から。)

久々に玄関開けてみたよ。

そしたら・・・























 16DSC_0425.jpg


こんな ありさまッ!!!

・・・諸行無常とは言え・・・

もう入ってけんやないの・・・

こりゃ、台風に持って行ってもらわにゃ
シヤナイな・・・。
解体の手間が省けるで。。。



このオヤジの実家には仏壇もあり、裏山には
先祖代々の お墓もあった。
でも、もう何年も前から粛々と無くして行き・・。
(今年はついに 「墓じまい」 をやった。)
もう完全に 「もぬけ」 になっとる。

でも、ワシが小さい時から親しんだ家。
春から秋は 「カイコ雇い」 と称して呼ばれ、
その世話をした。
イネ刈りに行ったら、鎌で手を切って役立たずなワシ。
風呂は五右衛門風呂。
水道・井戸は無く、「山の水」。
ワシが中学に上がる直前まで 「かまど」
やった台所。 バアチャンも苦労したと思うよ。



それが、この台風で完全に潰えてまうんかにゃあ・・・。

いや、それを待つまでもなく、もう終わっとる。。。












 19DSCN7427.jpg

「土砂災害特別警戒区域」 に入っとるワシとこ。
(正確に言えば、旧母屋がその範囲内。
隣接しとる旧工場は免れとった。
やで、工場を壊した跡に今のウチを建てれた。)

裏山が急峻でヤバイ。
旧母屋が無くなったからこそ、裏が崩れたら
「イッカンのオワリ」。













    20DSC_0364.jpg

台風に備え、この緑のカーテンも
撤去しならんのかにゃあ・・・
でもまだアサガオ咲いてくれよるし・・・













 21DSC_0382.jpg

心をオニにして 取り去りました!
風で飛ばされ、ヨソに迷惑かかったらイカンと思い。
















 22DSC_0387.jpg

悲しき緑のカーテン。

まだイモ虫野郎は 10数匹いました!
いっしょに葬ります。

って、ただ丸めて庭の片すみに置いただけ。
風で飛ばされんようにブロックは置いた。


妹どのには、さも
「やってやったぞ! 台風来る前に!!」
って LINE 送ったよ。写真を添えて。




でも、




「ただ丸めて放ったダケやろ?!」





  ギャフン!









 


どなた様にも この、いや、これからの台風
(すでに25号が不気味に発生してます!)
全てにおいて被害が無いことを切に祈るばかりです!!





おしまい。











 交通安全は みんなの願い!


 こんばんは。

いよいよ始まった祭りの練習で、
からだ バッキバキの とまぢふです。
(今年も獅子舞の役・・・)












こないだの日曜。
妹どのと一緒に、カアチャンとこへ。


1DSC_0320.jpg

「カアチャン、ひげ伸びたなあ~」

ワシ、小さい時、
「お婆さん」 ってのは 「男性」 やと思っとった。
だって、みんなコワイ顔しとったで、当時。
ワシのバアチャンを筆頭に。




そんなコトはトモカク。








施設をあとにした妹 主従(もちろんワシが従)、
買い物終えたホームセンターの駐車場にて。
(『コメリ』 ね。)


なにやらお客さんと店員さんがゴチャゴチャやっとる。


「なんとか入らんですかねえ、この自転車。」
一人のオバサン、買おうとしとる自転車が
マイカー(カローラ)に乗らないか実地検証しとる。
四つ葉マーク付いとるで 70歳以上と見た。

遠巻きに見とるワシら主従。
(妹どのが主人。)
「あれって26インチやろ?ムリやに、ゼッタイ。」
「ハンドル抜けば・・・いや、ドアの開口部以上か、
ホイールの大きさ。ムリやな。」

オバサン、
「後ろ向きに入れてみたら?」
店員、
「いや奥さん、タイヤはどっちも同じ大きさです!
このクルマに積み込むのはムリです。」
「本当にナンとかならんかね?!」





そこへ やおら妹どの、
「おばさん! このクルマにコレは
入れれんよ!」

おいおい、クビ突っ込むなよぉ~・・・

「ねえ、この店に軽トラありましたよね?
それ貸してもらえません?」
「あ~、すみません。今もう そのサービス やってないんです。」
妹と店員の会話。
今度はおばさんに向かい、
「ご家族で取りに来れる人 ござらんの?」
「私は一人暮らしやでねえ・・・。」

さらに妹どの、
「おばさん、この自転車買って、漕げるの?」

・・・初めて会う、見ず知らずのオバサンにやでぇ!
おばさんも、
「なに言っといでるの!私は前、カブに乗っとったんやよ!」
・・・おばさん。カブって自転車やないよ。
オートバイやがな・・・。

ちょっと思案げにした妹どの、
「おばさん、ウチどこ?」
「私ゃ、中切 (なかぎり) や。」

ワシを振り返って妹、
「ナカギリってドコ?!」
「う~ん、ここから2キロくらい向こう。
前寄った煮込みウドン屋がある辺。」








「よしッ! アタシがこの自転車乗って
おばさんのウチに行ったるッ!!
オマエ(もちろんワシのコト)、先行け!
オバサンッ、案内してッ!!!」

妹どのの鼻息に気後れしたワシ、
「え? じゃあオレが乗ってくよ自転車。
オマエが運転してけよ、オレのクルマ。」
「アタシはメガネ持って来とらんの!
それに慣れとらんクルマはオソガイ!
どーせオマエのは運転者限定やら?保険。
とにかく先行けよ!」








・・・ 熱い妹でっしゃろ~~?







こんな感じなんです・・・ いつも。。。
さらに、

「ねえおばさん、名前は?ウチどの辺?」
「私ゃ、N島です。」
「オマエ、知らんか?」

・・・中切なんて、みんなN島さんやがな・・


とにかく、だいたいの待ち合わせ場所を決めて、
ワシら主従は走りだしました。











 2DSC_0340.jpg

とは言うモノの、クルマと自転車では
モロモロの差があり過ぎる。

妹どの、よほど体力に自信があったとみえたが、
「こ・・・漕ぎのくい、この自転車・・・
変速も付いとらんし・・・」

あらかじめ妹どののアシに合わせて
サドルを上げてやったんやけど。。。

なんか、青色吐息です。

でも立派やよ。
何が彼女の義侠心を駆り立てたのか?














 3DSC_0341.jpg

無事、待ち合わせ場所で会えたワシらと
「ヲトコ・妹」 。

おばさん、
「ここに置いてってよ、後で私が取りに来るで。」
妹、
「どうせココまで来たんやで、行くよ!
おばさん、どこ? ウチ。」

もう、玉の汗の妹どのです。



しかし、ここからが想定外!

おばさんの家は、山に向かったイチバン高いトコらしい!













 4DSC_0345.jpg

ついに 「押し」 が入った妹どの。


「おまえら、アシ着かずに登りきった峠だけが、
『制した』 ってコトになるんやら?
ああ、アタシは ヘタレや・・・
でもシヤナイ。峠に勝負賭けたワケやないでな、
今回は。
啖呵切った自分への挑戦や!
押して行こうが、おばさんトコへ届けれればアタシの
勝ちなんや!!」

・・・落ちる夕陽に向かって。













その夜。




「・・・ ホントにあれで良かったんやろか?
アタシ、いらんコトしてまったんやないやろか?」

えらい気落ちしてまっとる妹どのです。



「あんな坂、あのおばさんでは登れんに?
下る時もスピード コントロールできるんやろか?
そりゃ、店としては売りたいばっかやけど、
あそこではアタシ、
『おばさん、買ったらアカンよ!』
って言うべきやなかったんでは?
あのおばさん、自転車でケガでもしたらアタシ、
責任感じてまうに・・・」






妹よ。


やさしい妹よ。


あの時のおばさんの喜びようは
ワシらにとっても心が温まったよ。

「買ったよろこび」
「運んでもらえたよろこび」

やで、あそこまで 「お礼金」 に執着したおばさん。
それを振り切って逃げ帰ったワシら。




イイんやないの?
おばさんが あそこまで感謝の気持ちを表してくれたんやで。
それでその後、どんなフウになろうと。
ワシらのせいで 後から あのおばさん本人、
または親族・その他から責められようが。

甘んじて受けようやないの!
良かれと思ってやったコトなんやで。



やっぱ、法律的・人道的にかんがみたら
ヤッてはイケナイことだったんでしょうかね?









 おしまい。



 







Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ