FC2ブログ

Latest Entries

トラック野郎狂 Ⅱ

 こんばんは。

お盆なのにノー・プランな とまぢふです。












 ヒマを持て余して見てたヤフオク。

腰が抜けたよッ!!















 1DSCN7084.jpg

映画 「トラック野郎 爆走一番星」 でのライバル、
「ボルサリーノ 2」 のプラモが出品されとった。

腰が抜けたのは その お値段!
















 2-1DSCN7085.jpg

「よ、45万円~~~~ッ?!」

・・・まあ、「ボルサリーノ2」 てったら、
ワシがいちばん好きなライバルトラック野郎。
田中邦衛さんが演じとった。



このプラモが発売された時(1976年頃)、
嬉しさのあまり踊りあがってまったよ!
確か 1200円くらいやったと思う。
それと同時に、こんなのも発売された。
     ↓


 2-2_201808141601258b5.jpg

同じく 「爆走一番星」 に出演したバキュームカー、
「雲龍丸」 のプラモ。




 2-3DSC08543.jpg

劇出時の雄姿。

その雲龍丸プラモは 「30万」 って値段つけられて
オークションに出とった。

狂っとる・・・
と思ったもんやったけど、今回
「45万円」 ・・・
キチガイか?













ボルサリーノ2について おさらいしときます。




 3DSC06836.jpg

ヤモメのジョナサンこと、松下金造(演・愛川欽也)を
執拗に追い回すダンプ軍団。




 4DSC06850.jpg





 5DSC06851.jpg

「ボルサリーノ2。 俺に見覚えねえか?」

「知るか そんなもん!
テメ、だれなんだ?!」



その続きが コチラ。(ワシに関するハナシはシカトしてね)

http://sossy.blog129.fc2.com/blog-entry-853.html

ジョナサンを痛めつけるボルサリーノに対し
そこに割って入った我らが一番星・桃次郎!

喧嘩も膠着状態になったところで、ボルサリーノが
身上を とつとつと話す・・・

「18ン時だ。オヤジが死んで病気のおふくろかかえてよ。
全財産の畑売ってちっぽけなトラック買った。借金してな。
貧乏で違反しなきゃ食っていけねぇ。
そんな時コイツはオレを目のかたきにしてイジメやがった!
ある日コイツに追いかけられた。恐ろしかった。
夢中で逃げたよ。
挙句の果てに崖に衝突。トラックは滅茶苦茶。
借金だけが後に残った。
おふくろは病院を追い出されて死んだァッ!!」


・・・かつてジョナサンは、
「花巻の鬼代官」 と怖れられた警官だったのだ。


一番星、
「ジョナサンをどうすれば気が済むんだ」

ボルサリーノ、
「てめー、トラック野郎ならハンドルで勝負しろ!」

ジョナサン、
「わかった。オレが勝負する。」

ジョナサン、昔の若い頃のボルサリーノが
泥の中に手を突っ込んで何べんも
見逃してくれと頼む姿を思い出す。



一番星、ボルサリーノに
「おい、オレとの勝負がまだ終わってねえぜ!」

ジョナサン、
「桃さん! オレが勝負するんだ、引っ込んでてくれ!」
言い終わる前に一番星がボディブロー!!
うずくまるジョナサン・・・


「来いッ! オレが相手だ!!
オレが勝ったらジョナサンから手を引いてもらうぞ、
いいなッ!!」

「流れ星になって消えても・・知らねェぜ。」

 










 6DSC06859.jpg

ボルサリーノ2と一番星とのバトル!




 7DSC06855.jpg






 8DSC06864.jpg





 9DSC06868.jpg

死ぬか生きるかの、ワッパの勝負!!













 10DSC06869.jpg

息を吹き返したジョナサンが参戦、
「オレがやるんだ!オレに勝負させろ!」













 11DSC06871.jpg

「オレも貧乏だったから警察に入ったんダベ。
生きるのに一生懸命だったんダベ。
だからオレが勝負する、オレに勝負させろ。」

「ジョナサン、これはオメェのための勝負じゃねェ、
オレの勝負だッ!」
と、一番星。








 12DSC06870.jpg

「一番星、お前がリードしてたな。
オレの負けだ。」

一番星
「イイかっこするなよ!」

ボルサリーノ
「いや、オレの負けだ。
ナニワ節は性に合わねえ。
・・・ あばよ。」







 13DSC06873.jpg

ドヒュヒュヒュヒュン・・・
と排気音をあげて立ち去ったボルサリーノ2。

それ以来、一番星やジョナサンの前には姿を
現さなかった。






そのあと桃次郎はジョナサン一家やマドンナ等、
人々を巻き込み翻弄しつつドラマは進む。









映画も終盤、広島で以前知り合った
出稼ぎの初老の男(演・織本順吉)を拾い、
「子どもと一緒に除夜の鐘を聞くんだぜ!」
と、長崎に向かって爆走する!

これこそ 「トラック野郎・爆走一番星」 !!

だが、やはりスピード違反に対して
警察は甘くない!
追われる一番星!!



 14DSC06874.jpg

「こちら一番星。ただいま西条橋付近でパトカーに追われてる!
命より大切な荷だ、応援たのむッ!!」




































 15DSC06876.jpg

・・・ 「こちらボルサリーノ2、了解。」






 16DSC06882.jpg





 17DSC06916.jpg





 18DSC06891.jpg

 もう、この時は館内(いや、小学校の講堂)では
「ウヲ~~~~~ッ!!!」
とドヨメキが。老若男女。
(この映画は、祭りの余興で上映された。)

それほど田中邦衛さん演じるボルサリーノ2を
カッチョ良く思った!!










 19DSC06902.jpg

パトカーを蹴散らすボルサリーノ2。
前を行くのが一番星。

一番星
「ボルサリーノ、てめェも いいトラック野郎だぜ!」
ガラにもなく相手を称える。

ボルサリーノ、

 20DSC06906.jpg

「バカ野郎。 
ナニワ節は嫌いだって、
・・・言ったハズだぜ。」





く~~~~~ッ!!
カッチョ良すぎます!!!












そんな思い入れある 「ボルサリーノ2」 。
むか~し作ったプラモ。












 21DSCN7089.jpg

なんと、まだあるんよッ!









 22DSCN7088.jpg

って、箱の一部と 組立て図などがね。







 24DSCN7091.jpg

当時(昭和50年代半ば)作ったプラモは無いけど、
その組立て図などを保管しとりました。
(全部ではない。)

その中の一つに、「ボルサリーノ2」 。




 25DSCN7092.jpg

ナゼかシールの一部が。
あとでメーカーから取り寄せたのかも。
一部は切り取って使ったフウやし。。。
なんせ、40年も前のコトやでね~、覚えちょりませんわ。







 26DSCN7093.jpg

組立て図やと、こんな感じでアバウトな
運転台(キャビン)の上の飾り。
でもまあ、雰囲気だけで酔いしれたワシたち
イタイケな子どもです。


 27DSCN7094.jpg

完成はこんな感じで。

そもそも、「一番星号」 をベースに作られたキット、
ダンプカーではフォルムが違うよ!
やで、みょ~うに絵柄の前にムダな空きが・・。

でも当時はそんなコト、なあんも思わなんだ。
(一番星号はロングボディな冷凍車)





 28DSC06337.jpg

組立て図と箱だけでなく、こんなトコまでも
まだ とっとるワシです。

未組立のプラモが45万円なら、
箱の一部や組立て図、シール(一部欠損)、
本物の荷台(ヘタなペイントあり)でも そこそこの値が
付くのでは?

いやいや、だからこそダ~レにもやらんよ!
墓場にまで持っていくのだ!!
妹どの、お願いね!!!














 29DSC06335.jpg

ちょっと前に手に入れたプラモ。

ほとんど 「ボルサリーノ2」 やがな。

でも、ベースは
「三菱 ふそう ザ・グレート」 。

ボルサリーノ2は それより 2世代前の
「ふそう T931」 。


 32img_0_m.jpg






一番星号は、その次の
「ふそう FU」 。

 31DSCN0539.jpg



 30DSCN7086.jpg





やで、もし作るとしたら ベースは 「T900系」
でヤリたい。













ネットをウロウロしとったら、こんな絵を見つけた。


 33IMG_8215.jpg




 34IMG_8226.jpg

あのボルサリーノ2を みごとに再現してござる!!
既存のモデルをスクラッチして作りあげたらしい。
ワシにここまでのウデは・・・無い。





かの製作主さん、他にこんなモノまで作ってござった。
ワシ以上にトラック野郎映画好きと お見受けした!

       ↓
 
 36IMG_8371.jpg

 「雲龍丸」 。
  ・・・脱帽丸でございます。

 






イチから作り上げるウデが無いなら、
既成のプラモのを代用せねば。
「T900系」 でね。
そんなプラモあるんかにゃ~、今どき・・・













 35-1img354026.jpg

   やばい。 あった。








 ・・・ いつになったら 「デコチャリ」 に向かうの?







 おしまい。





追記

ゆうべ、思いもせぬお客様が!

「お盆なので来ました。とまぢふさんにも挨拶せねばと。」

・・・ブログ読者さん、 「元・乙原村民」 さんでした!!

全くの初対面、ビックリしすぎです!

でもホント、ありがとうございました!!
(クルマの中に積まれたロードバイクは
私への挑戦と お見受けしました!)






おしまい~!











 信じる者が救われる

 こんばんは。

マヨネーズは 「冷やし中華」 の時くらいしか
食さない とまぢふです。













 今朝、新聞折り込みに こんなのが入っとった!













 1DSCN7045.jpg

  「クリーン丸」 。











 2DSCN7046.jpg

「燃費を 20%強、低減できます。」

そんなウマいハナシが あるもんか~~!!
20%ってったら、当たり前やけど 2割。
今 リッター 15キロのクルマは、18キロに?
20のクルマは24に?!

実はワシ、車を運転する際には
「燃費・命!」
で走ってます。

よったいなグッズは取り付けてません。
よったいな添加剤等も入れてません。

ただただ 「乗り方」 だけに頼って燃費を
アレコレやってます。

グッズと言えば言えるけど、計測機器として
「バキュームメーター」
を取り付けとるよ。
これはエンジンの
「吸気管負圧」 を測るヤツ。
これ付けただけでは燃費は向上せん。
「今現在のエンジンが、どういう状態か」
を知るモノ。
それによって、どう対処すべきか判断し、
アクセルの踏み方や、加速・減速の仕方を
コントロールする。
燃費を 1kmUPするのって、どれくらい
苦労するか お判りですか?



そのへんのアレはいずれ、ちゃんと暑苦しょうUPします。







で、さっきの 「クリーン丸」。
ワシは、どうがんばっても今のクルマ、
「リッター 23」 を越えたことがない。
19万kmも走った今は、クルマもクタビレたか、
「リッター 21」 までも行かんようになった。
(まあ、コンスタントに 20は行きますが。
燃費を 1kmUPするために、どれくらい
苦労・苦行してるか お判りですか?)

それが このグッズを付ければ、
「リッター20のクルマは 24に!」
と、堂々と謳っとる!!

ずっと、ネンピ命で乗って来とるワシに言わせれば、









「欲し~~~~いッ!!!」

です。












    3DSCN7044.jpg





 4DSCN7047.jpg

キャンペーン中で、
「2個 2000円」 。 しかも、
「返品自由」 とまで豪語する自信!!
スガスガしささえ感じるよ。

・・・と、その実物の写真・・・

なんか前にも見たぞォ~!
















    7MG_20170608_0001.jpg

これこれ、「鳥獣丸」 !!
ワシも購入してみたよ、去年。
      ↓
http://sossy.blog129.fc2.com/blog-entry-794.html

実は、購入しただけで終わった 昨シーズン。

で、さっきのチラシの裏見たら・・・














 5DSCN7048.jpg

やっぱり 鳥獣丸作っとるメーカーの品やったッ!!


本来のシノギである、
「獣害から守るグッズの製作・販売」
から手を広げ、
「メカに対しても挑戦しました!」
みたいな。


それにしても 鳥獣丸。

今回のクリーン丸発売と同時に
鳥獣丸もリニューアルさせたんやな。

「鳥獣丸・ブラック」
って、ネーミングからして強そう!
「仮面ライダー・Black」 って番組もあったしね。
(昭和の最後ころ。)
さらにその続編として
「仮面ライダーBlack・RX」 としてパワーUPさせたし!

鳥獣丸も来年には 「RX」 付けるかも。















11DSCN0490.jpg

去年、「鳥獣丸・初期型」 はモノ(対象動物)によっては
「効かない」なクレームが多かったらしい。
なので、しばらくしたら改良型が出た。
ワシは その情報をインサイダーとして得たもんで、
それを素早くゲットできた。

・・・でも、改良型も初期型も、使う前に
お猿さんにヤラレてまったので・・・。
ダシカンにゃ~~~。。。





今年もトウモロコシ作ったよ。
タネは メンドウ 職業農家やないんやで、
苗を買って来て植えつけた。

で、収穫も早めに。
クソ猿に盗られる前に。
やで、イマイチ小さい実を採って食ったよ。
でもそれは とてもオイシゅうございました!
ザマミレ、ど猿め!!










    3DSCN7044.jpg

どうしたモンかね? 「クリーン丸」。
返品自由ってトコが、製作会社の自信とも
自信無さとも感じれる。










いや、それにしても、

 10DSCN7049.jpg

「2018年6月30日までにご購入頂いたお客様は」
云々・・・。
これって、去年の旧製品を買ったワシも含まれるの?

そりゃ、無償で交換してくれるのは嬉しい。


でもね、



 12DSC07045.jpg

もう収穫も終わって、草ボーボーなんよ。





 「クリーン丸」、どうしようかにゃ?






 おしまい。












 にっぽんイチ~~~~!

 こんばんは。

きのう朝起きたら、
「台所の床」だった とまぢふです。 
(なんで、いつココで寝たんか
サッパリわからん・・・)









 なんやしらん、きんのう 日本一やったらしいね。
我が金山町が。

気温、「41.0℃」 で。
なんでも 「歴代2位」 とか。
多治見を抜いて。

ちょっと前に埼玉県熊谷市で叩き出いた
「41.1℃」 が、この日本国での1等賞だとか。

惜しい。
金山町のドコにその観測機(アメダス?)があるんやろ?
ワシは 「金山振興事務所」 とニラんどるけど。
(旧・金山町役場。) 違うかにゃ?
やとしたら、そこの職員さん、
ライターとか使って今日は
「42℃」まで上げてよ!
間違っても 「46℃」 とかにしないように!!
バレてまうで。







会社の工場、きんのうは昼からずっと
「38℃」 な温度表示やった。
午後4時まで。
暑いには暑いけど、2週間くらい前の
「36℃」 の方がハルカに暑かった気が・・・。

たぶんカラダが慣れてきたんやろね。
でもやっぱ、38℃っていったら体温以上。

実はワシそのさなか、
「目の焦点ズレ」 みたいになったんよ。
ピントは合っとるけど、左右の画像?がピッタリしん。
右の目で見た絵と、左の目で見た絵が それぞれ見えとる。
同じ視野の中に。二つが合致しんのよ。
フラつくわけでもなく、ただただ違和感のみ。
やで、
「片目つぶって」 作業したよ。
約10分間のコトやけどね。

コレって、「熱中症」 のヒトツやろか?
ただ単に 「老い」 やろか?
または 「呑み過ぎ」 やろか?



あんまり不安を感じてはおらんけど、
そろそろ アラカン。

もうちょっと涼しょうなったら 自転車やろうかと思ってます。
(まぢ 1ヶ月乗ってない! 爆)






  おしまい。

もう寝ます。











 トラック野郎狂 ! 

 こんばんは。

暑さでアタマ煮えくりかえってる皆さま、
暑中お見舞い申し上げる とまぢふです。















 1DSCN1034.jpg





 2DSCN1028.jpg


 「デデデ、デン」 !

・・・と、「一番星ブルース」 が流れます。
(アタマの中で。)


映画 トラック野郎シリーズ 最終作(10作目)、
「トラック野郎 故郷特急便」 です。

1979年(昭和54年)暮れから 翌 お正月にかけて
上映された映画。
今から約40年前。

(オープニングを拝借してきました) ↓

https://www.youtube.com/watch?v=tkVSfPX9fOs&t=64s











 3DSCN0955.jpg






 4DSCN0956.jpg

今回はナント、Wマドンナッ!

石川さゆりさん(当時21歳)と、
森下愛子さん(同21歳。学年はさゆりさんが1こ上。)















 5DSCN0947.jpg

一番星号!






 6DSCN0949.jpg

対するライバルトラックは
「龍馬号」!







 7DSCN0952.jpg

龍馬号を駆る 垣内竜次(演・原田大二郎)と
さっそくケンカ!!













 8DSCN0946.jpg

夜は こんな感じです、の サービス画像。














 9DSCN0954.jpg

ドサまわり演歌歌手役のさゆりちゃんに、
「音大・演歌部卒」 と大ホラ吹きまくって
近づいた 我らが桃さん、「星 桃次郎」!

イロイロあって、この時点ではもう かなりイイ雰囲気に。














物語りも終盤。





 10DSCN0967.jpg





 11DSCN0957.jpg

「桃次郎さん、いいの!
私、あなたの奥さんになるって決めたんだから!!」















 13DSCN0963.jpg






 14DSCN0959.jpg

「何言ってるんだ! 本当の夢を叶わせるんだよッ!!」













 15DSCN0970.jpg

「バカヤローッ! そんなコトじゃ夢は逃げちまうぞ!!」









 16-2DSCN0980.jpg

ぬかるみにハマった一番星号を、桃次郎に代わってハンドルをとる さゆりちゃん。








 17DSCN0972.jpg

「ヘタクソッ! そんなんじゃ大阪行きのフェリーに
間に合わねえぞッ!!」






 18DSCN0976.jpg

さゆりちゃんも もうこの頃には必死!

大阪コマスタジアムという大舞台での出演が叶った。
一度は、そこまで愛情を寄せてくれる桃次郎と
夫婦になる気になっていたが・・・

桃次郎は勘違いに気付いた。
さゆりちゃんの四国八十八ヶ所の祈り、
それは自分との結婚ではなく、
大きなステージで歌うことだった。












 19DSCN0960.jpg

爆走する一番星。








 



 20DSCN0983.jpg

ボロボロになった一番星号を背に、
「立派な歌手になるんだぞ。
そしたら俺がレコードを 
1000枚でも2000枚でも買ってやるから!」








さゆりちゃん、いちどは乗り込んだフェリー、
その出港まぎわに降りて走る・・・












 21DSCN0987.jpg

「だめ、私やっぱりあなたの奥さんになる!
開けて、開けてよ!!」











 22DSCN0991.jpg

「・・・ 迷惑だぜ。」











 23-1DSCN0997.jpg

「オレを好いてる女はオマエだけじゃないんだ!
それこそ 『星』 の数ほどいるんだよッ!!」



・・・ ヤセ我慢の美学、ここに極まれり。



このシリーズ全てを通して貫かれてます、
桃さんの漢気(ヲトコ気)。
初めてです、マドンナをフッたのは。
(あ、森下愛子さんには とっくにフラれてます。)








 24DSCN1000.jpg

 ドルルルルン・・・

排気音を轟かせながら走り去る一番星号。
その時の桃さんの心境は いかばかりのものか!













 25DSCN1005.jpg

大阪コマで観客に、一番星桃次郎への感謝の言葉のあと歌った。
「南国土佐をあとにして」










 26DSCN1020.jpg




 27DSCN1027.jpg




 29DSCN1022.jpg




 30DSCN1021.jpg 

「デデデ、デン・・・」

一番星ブルースがエンディングとして流れる。。。






 31DSCN1016.jpg
















 






 というワケで、ここに来てます。

 32DSC_0794.jpg

富山県高岡市。ウチから 180km。3時間半。
とりあえず、「イオンモール高岡」にクルマを停める。
ココから最寄りの 「新高岡駅」 まで あよんで行く。







 32DSC_0800.jpg

午後5時14分。
なんで ニンニンな汽車?








 33DSC_0796.jpg

乗り込む お嬢ちゃんも浴衣・・・
どうやら今日、花火大会があるらしい。







 34DSC_0803.jpg

ニンニン。


で、一駅先の「高岡駅」では・・・




 35DSC_0810.jpg

ああ、「七夕祭り」 なんやね!

って、ワシは七夕祭りとか花火大会とかの理由で
こんなトコまで来たんではない!

駅前を行くと・・・





















 36DSC_0814.jpg

お~~~~~!!!
デコトラやがなァ~~~~!






 37DSCN0532.jpg

ハデやね~。






 38DSCN0708.jpg

今日びは電飾も LEDが多いとか。

で、何台も置いてある満艦飾トラックの先頭に・・

















 39-1DSCN0539.jpg

い・・・ 一番星号やあァァァ・・・・・・・・・!

















 39-2DSCN0547.jpg

あの時の一番星号、まだ生きとるんよ!
もう40年以上経っとるのに!!



 40DSCN0589.jpg

所有者を何度か替え、その都度レストアされてきた。
このパネル絵の再生後の公開は、今回が初だとか!



 41DSCN0597.jpg

左側は当時のままのペイント。
かなりハゲとる。
でも、それこそがワシが映画で観たそのものの
「成れの果て」 。 でも感慨深いよ。。。
なんつっても 「ホンモノ、映画出演車」 なんやで。















 42DSCN0586.jpg

下回りもチェック。





    43DSCN0644.jpg

サイドのドアの厚みは こんなものか。

・・・ここでは揚げんけど、もう、係りの人に
「あまり触らないでください」
と言わしめるほど 各部を撮りまくったよ!












 44DSC_0828.jpg

おりょ?!

なんや知らん、一番星号の運転席にガキお子ちゃまが。







 45DSCN0631.jpg

ああ・・・、募金をすれば乗せてもらえるのか。

このクルマを所有する 「歌麿会」 では
こうやって各地 を巡り、東日本大震災や、
今回の西日本大水害の復興を願って
一番星号を始めとして繰り出し、
チャリティ募金活動をしとるげな。
その一環で、ここ高岡市にも来たらしいんよ!

その情報をつかんだワシ、
「千載一遇のチャンス!」 と乗り込んだワケ。
岐阜県の近くに来るなんて、そうそうないでねえ。






















 46DSC_0830.jpg

でへへ。

と言うより、ホントは吐きそうなまでに狂喜しとる!!

なんつっても、あの一番星号やで~ッ!
モノホンなんやで~ッ!!
(もちろん募金しました。)


ワシは今、「星桃次郎」 になってます。

  脳内 ↓



 48IMG_20180805_0002.jpg

アタマの毛の感じは だいぶ違うけど、
まあ、一緒やろ? 気概だけは。





こんな機会、もう無いで、いろいろ撮りまくったよ!


 49DSCN0561.jpg

コックピット。






 50-3DSCN1010.jpg

中には神棚まである。







 50-1DSCN0566.jpg

桃さんが座ったシート・・・








 50-2DSCN0968.jpg

さゆりちゃんは、背もたれもない畳敷きの助手席。。。
過酷やったろうね、道中。









 51DSCN0563.jpg

今ではコレか?! クーラー。
まあ、40年以上経てばシヤナイよね・・・。
それにしても、関東から高速使ってココまで来るのに この暑い中、運転手さんは大丈夫やったんやろか?
こんなクーラーで・・・。















 52DSCN0798.jpg





 53DSCN0815.jpg

いよいよ薄暗うなってきた。
七夕飾りにも灯が入ったよ。









 54DSCN0827.jpg

ミュージシャンもますますノリノリ!!
(すみません、アーティスト名を忘れました!)





 55DSC_0847.jpg

でも、「埼玉県 本庄市」 を本拠としてるらしいです。
関東 3大ネギ産地らしいです。
歌のあと、餅投げならぬ、
「ネギ投げ」 やってました!!

ちなみに、偶然ですが歌麿会の会長さんも本庄市のかたで、
「熊谷が41℃の時、本庄は 43℃だったよ!
ここに置けよ、温度計!!」
ってイキドオってました。

さらにちなみにワシの妹、
その 本庄市に住んでます。
(生きとるかにゃ~?)




















 56DSCN0863.jpg

午後7時22分、
ついに一番星号に灯が入りました!

その美しさと迫力にワシは卒倒しそうに!!








 57-1DSC_0853.jpg

お父さんもビックリ!

動画で見せられんでナンやけど、
イルミネーション、
「流れる」ように光っとるんよ! これが。








 58DSC_0867.jpg






 59DSCN0882.jpg

感無量でございます。

涙があふれ出ました。
ワシの青春のイチバンボシ。。。
人生を決定づけた 映画「トラック野郎」。。。
   












 60DSCN0929.jpg

参加メンバーさんのも ド派手な・・・



そんなコンナで、午後5時半ころから 8時まで
存分に堪能いたしました。

あまり長居しとると、肝心の花火大会の帰り客で
電車や道路が混雑するやろで、後ろ髪引かれる
おもいでココをあとにしました。




 61DSCN0917.jpg

さよなら。
ワシの一番星号。

いつまでも元気でいてくれよな。
左側のペイントもきれいにしてもらえよな。
  










 気温30℃の中、また来た道 180kmを帰るワシ。
(ウチ着いたの、ちょうど午前0時でした!)











 おしまい。



 追記

翌日 8時から地区の草刈りがありました。
祖師野 用水路周辺。




    62DSCN1040.jpg

  死ぬて!!!






あ、そうそう、もう一つ。

藤子不二雄先生の どちらかの一人が
高岡出身なんやって。








 ホントにおしまい。
ありがとうございました。








 不健康診断 Ⅱ


 こんばんは。

「冷蔵庫の側面」、異様に熱いと気づいた とまぢふです。
わが家のは、体感的に 40℃以上あります。
明らかに体温より高く。
皆さんトコはイカガですか?













 ワシ、足 つるんよ~~~~。

もちろん、足が魚を釣るワケではなく。
所謂(いわゆる)、
「こむら返り」 ってヤツね。





深夜・・・って言うより、
明けがた、目が覚める直前くらいの時間。
午前4時半とか。

熟睡しとったのが ちょっとだけやわらいで意識が戻り、
「ノビ」をしとうなる瞬間。
足をちょびっと伸ばそうとしたら・・・


「あい痛てててててて・・・・・・」

と、ふくらはぎに激痛が!

もう、そうとう昔から。
30代くらい頃からかニャ?


だいたい、ツリそうになる時は判る。
まだ目覚めるには早い時間、ふと何かしらん
脚を伸ばし、足首を前に倒そうする刹那、
ふくらはぎがケイレン起こす気配が!
寝ぼけマナコでも 慌てて足首の先を上に向けるように曲げる!!
レム睡眠の時におこるのか、
ノンレム睡眠におこるのかはワカラン。
とにかく、ツリそうな気配が起きた時はイキナリ
目が覚めるよ!
「あかん! ここで足つらせてはッ!」
みたいに。




それが今日。

「左右の脚」 に起きた。

もう、悶絶。

だいたい、昔から付き合っとる
「早朝の こむら返り」。
対処の仕方は心得ちょる。

でもね、「両方イッペンに」やと、
なかなかツライ。。。
たま~に あるんよ、こーゆー事態。

片足だけの時は、その起きた方の脚を引き寄せ、
足の爪先を手でつかんで引き起こす。
そうすると ふくらはぎが伸び、
こり固まっとった筋肉の収縮が解ける。
たいていは3分以内な感じで。

でも、今日のはキョーレツやったワ!


両足いっぺんといっても時間差はあり、
左の次に右。
左が治りかけて油断した直後に右。


会社行っても ビッコ引いて歩いとったよ。
一日中。
それほど痛くて後遺症残した・・・。















 先日の会社での「健康診断」、結果を待つまでもなく
ワシは 7、8年前(いや、もっと前カモ)から
「痛風対策」のクスリを飲んどるんよ。
商品名『ザイロリック』ってヤツ。
まあ、そのスジの方々にすればポピュラーな薬品名かもね。
でも今回はその 「痛風関連」の問診事項が無かった。


ついにヤクがキレたで、いつもの整形外科に
診てもらいに行く。
「おクス貰って来るにょだ!」


「あ~、どうですか。最近 自転車ヤってますか?」
とセンセー。

ドキッ! とワシ。

「い、いえ、毎年7月のノリクラ過ぎると
オフシーズンってことで休養入れてますので・・。」

「そうですか。
今年のノリクラはどうでした?」

「ええ まあ、『ヲノレに克つ』 でヤッてるんで順位は。」

・・・とても、
「今年は荒天で中止になりました」
とは言えませんでした!
センセーも何か、ワシに期待しとるフシがあるように思えて。
(いや、無いね。)



と、ここで話題を変えようとしたワケではないけど、

「あの~、最近 『こむら返り』がひどくて・・」
と、ミズを向けたよ。

「あ~、○○さん以前もおっしゃってましたね。」

え?ワシ、そんなハナシしたっけ?

「芍薬甘草湯 (しゃくやくかんぞうとう)って漢方薬が
非常に良く効きますよ! それ出しときます。」

あ・・・ むか~しココで処方してもらったコトある。
でも、「あらかじめ飲む」では、
「いつ起こるかワカラン事態」に対処できんのでは?
つまり、「毎晩飲まんといかん」 ・・・みたいな。

そういうコトも思い出して、
「もらうだけ もらっとくか」 な気分。
まあ、
「コトが起きた後でも、飲めば効きます」
なアレもあり。
(2、3分でコトが収まるで、飲んだことはない。
そのいに即効性あるんか?
でも今回みたいに 1日中痛いのにはイイかも?)






これで いつもの 「痛風のクスリ」 + 「足つりのクスリ」、
2つの処方。
ワシ今日、持ち合わせ淋しいんよ。
2000円くらいしか無いんよ、財布ん中。

でもまあ、いつものクスリだけで終われば
「850円」くらいで済んどったで、今回
「足つり」のクスリが追加されても どったないやろ?!


ところがセンセー、


「前回の血液検査からもう 4ヵ月も経ってます。
今日は検査します。」



ええ゛~~~ッ!!

普段、血液検査あると出費は 2400円くらい。
今日はそれに漢方薬!
明らかに 3000円オーバーやに!!!


「せ、センセー。
血液検査は次回にしていただけませんか?
または漢方薬、そう言えば
以前処方していただいた残りが・・・・」


「前回からもう4ヶ月も経ってますからねえ。
漢方薬は生薬ですし・・。」


「じ、実は今日、持ち合わせが少ないんですよ!
新しいオクスと血液検査したらボク、
ゼニ払えないかもしれないんですけど!!!」

「ああ、それは大丈夫です。
次回の診察の時に持って来ていただければ。」

・・・こんなセリフ、看護婦さんは おろか、外の
「仮 待合場」 で待ってるヒトには まる聞こえ。
(待合室から、順番が近づくと 診察室前の
「仮 待合場・椅子 4つ相当」に移される。)

嗚呼・・・ 恥ずかしい・・・

カネ持っていけば済んだダケのハナシですが・・・。






で、診察・採血が終わり、本来の 「待合室」 に。




「○○さ~ん」
ワシの お気に入りの看護婦さん?が呼ぶ。

「今日はいつものとは別に お薬出ましたので・・・」

「ハイ。いつもより高いんですよね?」

「はい・・・、まァ・・・。」

看護婦さんに罪は無い。


「すみません、今日、そんなに診察かかるとは
思ってませんでしたから。
足りない分は明日にでも。」


「いえ、次の時でもイイんですよ。」
と、天使のような笑顔で看護婦さん。

(それにしても、このカウンターの中の人たちって、
ワシの診察ん時に一度も立ち会ったコト無いんよね!
もう 10年近く通っとるのに。)


そんなカウンター・レディとのやりとり。
待合室の皆さまには 「筒抜け」 。


ぜ~んぶ聞かせてまったよ、ワシの ていたらく。












・・・ 結局、総受診料は
「2600円ナニガシ」 でした。

財布をひっくり返したら、紙のお札のほか、
600円+αが出てきて・・・。



でも、のこりが
1円玉 5枚でした。

かろうじて 「セーフッ!!」 !!!  ?



でもこれって、
「還暦そろそろ迎えるオヤジにしては
みっともない財布の中身」 ?



経済的には安堵覚えても、
精神的に とてつもない緊張と
挫折・羞恥をおぼえたデキゴトでありました。











 おしまい。










Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ