FC2ブログ

Latest Entries

ノリスカで・・・ 3

 こんばんは。

体重が やっと 「67kg台」 に下がった とまぢふです。
(腹囲は測ってません、コワイので。。)







 こないだの続きから。




 1DSCN6795.jpg

かつて、オヤジいわく、
「ヤマが変わるんやて。」
森林限界を越えると・・・。

確かに空気が薄うなり、呼吸も心拍も
ハゲしょうなる。。。
(いや、単に体力が衰えとるダケかも。)













 3DSCN6812.jpg

 M田さん到着!
(って、ワシがずいぶん先に来とった?
いや、それぞれ思い思いの場所で休んどった。
後になり・先になりして走ってきたんよ。)


「○○さん、今年は下では雪、
すごく少なかったけど、ココは違うみたいですよ。」

そう。 ここ乗鞍は例年どうりの積雪らしい。
ってコトは、雪の壁も期待できそうやね。

さあ、行こか!
(K島さんは? 先に行った? ずいぶん姿見てない。)




 4DSCN6816.jpg

 おッ?!
ちょっと それらしょうなってきたぞォッ!!









 5DSC_1545.jpg

「いや~、ヤッパこれやね!!」





 6DSCN6827.jpg

 うん、確かに今年は充分高い!
雪のカベ!!






 7DSCN6828.jpg





    8DSC_1552.jpg

 ワシも M田さんも コーフンして写真を撮りやんこする!













 9DSCN6848.jpg

 しゃ~て、充分 気が済んだで、テッペン行こか!





 10DSCN6851.jpg






    11DSCN6837.jpg





 12DSCN6880.jpg





 14DSCN7087.jpg





 15DSCN6887.jpg

 説明無し。 
画像を堪能してください。
ホント、天気が良くてサイコーです!!
(ただし、ムチャくちゃ えらいッ!
ノドの奥、血の味がする・・)







 16-1DSCN6932.jpg

 こんな親子まで!
将来が楽しみです!!

ここで2人は、こんな風景を見とる。 ↓



 16-2DSCN7079.jpg

 「桔梗ヶ原 ききょうがはら」 から見える景色。

・・・ もう何べんも登っとるけど、これほどイイ天気
の時って ナカナカ無いんよね~~。
たいてい、ガスってなんも見えないか、
ひっどい暴風・寒気で凍えるか・・・。

今日はホントにサイコーッ!!!





 17DSCN6965.jpg

 あまりの景色の良さに、誰もが止まって写真を撮る。






 18DSCN6976.jpg

 さあ、あと 1kmちょっとで 畳平(たたみだいら) や!













 19DSCN6996.jpg

ここが 「乗鞍スカイライン・ヒルクライムレース」
のゴール地点。
畳平の 400mくらい手前。
(昔は 「料金所」 がゴールやったけど、
安全性を考えられてココに替わった。)





 21-2DSCN7024.jpg

「12時47分」 着!

午前 9時半に走り出いたで、
「3時間17分」 もかかったんか?!

いやいや、途中なんべんも停まって休んだでね。
本番やとノンストップで 2時間切るタイム。
(ワシはね。トップのヒトは 1時間くらいで着く!)
まあ、今日はレースやないし。
そこそこで登ってきたワケやし。
休み休みでも、実際に自転車が動いとった時間は
2時間もない。
・・・と思う。








 20DSCN7004.jpg





 DSCN7002.jpg

 こんなして、今日の天気の良さに遊ぶ!
(この絵、来年の年賀状に使います。)
ここは頂上付近で 「長野県側」 へ行くミチ。

こっちはまだ通行止めなんよ。
7月(15日頃?)にならんと開通せん。








 21-1DSCN7016.jpg

で、畳平に。






 22-1DSCN7014.jpg

 「鶴ヶ池」 。
まんだ雪と氷に覆われとる・・・。











・・・ それにしても ・・・




 23-1DSCN7020.jpg

 あまりにも寂し過ぎん? ここ。




 24DSCN7025.jpg

 かつてはクルマがイッパイで、
駐車場待ちのために ずゥ~っと下まで
停まって待っとらなアカンかったんよね・・・

自然保護のためにマイカー規制をし、
そのおかげでワシら自転車は登れるようになった。
それはソレでイイよ。

でも・・・
観光・登山客の激減で、畳平の施設は
青色吐息だとか・・・
外国人観光客も少ないらしい。。。

あっちを立てればコッチが立たず・・・。
でも なんとかならんモンかねェ~。













    23-2DSCN7027.jpg

 気温は 8℃。
止まると確かにさぶい。








 25DSCN7043.jpg

お参りしてきた。







 26DSCN7051.jpg




 27DSCN7052.jpg

自転車乗りさんは多い。








    28DSC_1562.jpg

 これが買いとうて やって来た!








29DSC_1566.jpg




30-1DSC_1571.jpg

行方不明やった OTC (尾張トライアスロン倶楽部)
のメンバーを見つけた!

どうも、ワシが常駐する 「銀嶺荘」 やなしに、
向こうの店に ござったらしい。

サイボーグKさん、K島さん、M田さん、
ほか、仲良くしてくださった OTCの皆さん、
今日は本当に ありがとうございました!!


しゃ~て、そろそろ 降りよかね。
さぶゥならんウチに。


と。

ちょっと見てみるか。
今回ワシの 「実・走行タイム」 。
休んだりして動いてない時を除いた、
「実際に走った時間」 。














 30-2DSCN7049.jpg

 ぐ・・・ グググ・・・・

 「2時間15分25秒」

嗚呼、今年のノリスカレースは 「足切り」 で
回収車に乗せられるかも!!
ヤバイッ!!


でも、まあエエよ。
そうなったらソレで、「競技」 とかに
こだわる必要が無うなるし。

イヤ、でも、それ無ければ走れんようになるカモ。
モチベーション無くなり・・・

いやいや、「おじサイクル」 の連中と互角に走る
ためにはやっぱ、トレーニング要る!
アイツら、足の他に 『胃・肝臓』 が強過ぎる!
それを鍛えねば!!




・・・ ダレかのため、またはダレかと
競るために自転車乗る・・・
のはムナシイ。


でも、よお考えたら、やっぱ楽しいも!
自転車。
幼少より スポーツ、からっきしダメやったワシが
このいにハマってまった。。。
なんでやろ?


「個人での達成感」
「仲間との楽しみ」
「旅」
「メカいぢり」

全てが噛み合った?




 まあ、どーでもエエわ。
そんなコト。

でもハッキリ言えるのは、
「仲間が おるってサイコー」 やね!!





 おしまい!









 使おうと思って待機させとった絵、
せっかくやで・・・



 



 31DSCN7066.jpg





 32DSCN7076.jpg





 33DSCN7081.jpg





 35DSCN7094.jpg





 36DSCN7111.jpg





 37DSCN7116.jpg






 ありがとうございました。














 

ノリスカが会わせてくれた 2


 こんばんは。

3日連続で弁当に麻婆豆腐持っていった
とまぢふです。
(全て違う銘柄。マーボー大好き!)













 さっそく こないだ の続きから。











   25DSCN6573.jpg

やむなく平湯峠からから4km下(標高でなく
距離がネ)から走り出す。
心拍数 91 と、まあまあ。
(何がまァまァなのか不問に願います。)









 1DSCN6578.jpg

ここをクルマでなく自転車で登らなかんとは
ユメにも思わなんだよ!
10パーの激坂を・・・







 2DSCN6581.jpg

走り出いてまだ 15分やのに、
心拍はイッキに 170台ッ!!
時速は たったの 「6.6km」 。







    3DSCN6620.jpg

なんで今日に限って このいにおおぜい
来てケツカルんよ~~~!!!
そのせいで、こんな苦労させられとるッ!
(早く来ればよかったダケのハナシ。)

しかも、暑い。
ワシとこ今朝 「10℃」 やったで、ここは
そうとう寒いと踏んで 「やや冬装備」 で来た。
ところがバツグンの日本晴れ!
当地は 14℃。

暑い、暑すぎる!
こんなカッコでは!!










 4DSCN6585.jpg

 あッ! OTC (尾張トライアスロン倶楽部)の
メンバー見っけ!
ワシに追いつかれてはイカンやろ~~!!





    5DSCN6588.jpg

 無情に追い抜く。 エエんよ。ワシ今日は
ソロで来とるんやし。
遠慮するコトはないやろ。
(ココロ根の小さいワシやったと、あとでハゲしく
思い知らされました。)








 6DSCN6592.jpg

ああ、もうちょっとで さっきクルマで来た
平湯峠や~~!










 7DSCN6598.jpg

 M田さんが待っとった。
彼は今回のシンガリ(ケツもち)のリーダー?を
務めとるみたい。






 8DSC_1536.jpg

「ああ! やっぱり○○さん速いワ~!」
と言ってくだれた。
いやいや、他の(サイボーグK氏とか)皆さん
トックに走り去っとるし・・・

彼はメンバー唯一、大きめのリュックを背負っとる。

「2日はビバークできる装備を詰めてます!
あ~はッは~~!!」








 9DSC_1535.jpg

そのあと、ワシにブチ抜かれた方が到着!

「あ~、65歳の身にはコタエますヮ~ 笑
○○さん、まだまだ健脚ですね~ 笑笑!!」

ええッ?!
ろ、65~?!
ワシと同じかと思っとったに!

「・・・すみませんワシ、失礼ながら御大のお名前を
失念いたし・・・」
「K島ですがな! 笑  
以前はよく一緒に走ったけど今日こんなフウに
また走れて嬉しいですョ!」

嗚呼・・・
ワシ、完全にだいじなコト忘れとった・・・

「楽しんで走る事が全て」

遅いとか速いとかカンケー無い!
そうや、今日ココ来たのも タイム云々では
なかったハズ。
今年もまた ノリスカの季節が来たことを
コトホギに来ただけ。
しょせん自転車なんて そういうモンやろ?

ちょっと恥ずかしい思いをした。

よ~し、もうトコトン楽しんで走るのや!
でも、自分を追い込むのもワシの楽しみ!
皆さん それぞれノリスカを満喫しよまいッ!!









 10DSCN6605.jpg

「さあさあ、みんなガンバってよ~!!」
もう顔馴染みになった ゲートのおじさん。







 11DSCN6627.jpg





 12DSCN6630.jpg

 ・・・でも・・・
急坂であることは この先 何千年たっても
変わらんやろ。。






    14DSCN6637.jpg
 
心拍180で漕ぐ~~~!!!
(ちなみにワシのMaxは 189です。)








 14DSCN6640.jpg



 15DSCN6649.jpg

平湯峠から 3km先の 「夫婦松パーキング」。





 16DSC_1537.jpg

M田さんと K島さん。

「K島さんのようなベテランが参加される事が
嬉しいんですよ! 私、その年齢になった時、
やれてるか判りませんし・・」
「いやM田さん、私、ただただ参加してるだけです。」
「K島さんが OTCを引っ張ってるんですよ!」
「足をね! 笑 」

・・・ イイね~。
この2人のやりとり聞いてるだけでホント
楽しくなったよ!









 17DSCN6635.jpg

で、また登る。





 18DSCN6687.jpg

ココ、今日は天気もイイし絶景ですよ!!






 19DSCN6665.jpg

「おお~~~!!!」





 20DSCN6669.jpg



 21DSCN6671.jpg

 なんかイイやろ?

先にシャカリキに走って行ったメンバー、
ここでの風景見ていったかな?
でもソレはソレで良し。








 22DSCN6674.jpg

今日はサイクリストが多く、いろんな方が
通り過ぎようとする。。。







 23DSCN6677.jpg

「寄ってらっしゃい!」




 24-1DSCN6688.jpg

「さあさあさあ、ここからの眺めはサイコーですよ!」
しきりに勧めるM田さんたち。






 24-2DSCN6693.jpg

「あの~、シャッター押してもらっても・・」
「まかせなさい、まかせなさいッッ!!」






 25DSCN6696.jpg

「そうそう、もっと寄って! 笑ってッ!!」





 26DSCN6686.jpg

ホント、脇で見ててもM田さん
至福の時みたいでした。

「楽しまなきゃ! レースじゃないんだから!!」
と、しきりにさえずっとる。

でも ひと通りパーティーを撮り終えた後 こっそり、

「野郎だけのグループだったら声かけない!
あ~ハッハッハッ・・・・」

わかる。わかり過ぎます、M田さん!









 27DSCN6722.jpg




 28DSCN6724.jpg

時間も11時ころに・・・

そろそろ早くに登った人たちが降りて来よる。






 29DSCN6729.jpg

小腹が減ったで、ちょっと補給。




 30DSCN6738.jpg

停まるとヤッパ 寒い・・・
でも、食べると のくとうなる。

さあ、再び出発やァ!













    31DSCN6744.jpg

集団で降りてくる人たち。


 と、ワシの横を通り過ぎた一団の中から
「○○さ~~~ん!!」
と、叫び声が!
すれ違って降りるヒトが、ワシを見つけた?!














    32DSCN6755.jpg

 ああッ! 
お久しぶりッ!!
「サニ太」 さんやがなッ!!!
どうしてココにおるの?!
「あんたこそ どーして?!」
みたいなヤリトリした後、





 33DSCN6757.jpg

「いや、ホント奇遇ですね! もう
何年ぶり?」

・・・ って、アナタだれ???
ん? んあ?
もしかして 「shimo」 さん ?!!

サニ太さんも2年ぶりくらいなら、shimoさんは
ん~~~、やっぱ何年ぶりやろ?

どえらいこと 顔もカラダつきも細く精悍になり、
ダレや判らなんだよ!!

・・・嬉しいねえ・・・


何十台も平湯峠に停めやがって、オカゲで
ワシ こんな苦労をして・・・
な~んて思っとったけど、
その中にこんな方々もござった。

嗚呼、今日はホント 来て良かったよ!











 34DSCN6767.jpg

 とんでもない激坂



 35DSCN6773.jpg

 カップルはイイよね~~~



 36DSCN6774.jpg

 ここは天気がイイ日が珍しい。
今日は超ラッキィ!




 37DSCN6776.jpg

 平湯峠から 8km地点。
みなが言う。
「ここがイチバン心が折れる」 と。

 



 38DSCN6780.jpg
 
 M田さんも折れとるんやろな~~





 39DSC_1543.jpg

 この象徴的な木を境に
「森林限界」 となる。
峠から 9km地点。





 40DSCN6791.jpg

 死んだオヤジは言った。
「ヤマが変わるんやって、限界過ぎると。」

彼は御嶽山を評して言ったが、ここ乗鞍でも
それを感じる。

さあ、こんな時期にしか見れん
「雪のカベ」 は もうすぐ?!








 つづく。



















 ノリクラが会わせてくれた 1


 こんばんは。

最近の夕食は 「チキン入り野菜サラダ大盛り」
な とまぢふです。












 いよいよノリスカが今シーズン
開通を迎えました!
さっそく行ってきたよ!!
(って、実はGWにも行ったんやけど。
でもそれは 『夫婦松パーキング』 までの
プレ・オープン。)
毎年 5月15日に開通する
「乗鞍スカイライン」 。
その日からテッペンまで行けるようになる。
で、開通後 最初の日曜 5月19日、
行ってきたよ!













 1DSCN6499.jpg

天気は快晴!
高山市丹生川に入り、遠くに乗鞍岳が見えてきた。




 2DSCN6502.jpg

あんなトコのテッペンまで登らなイカンのか・・
自転車で・・・ クレイジィ・・・






 3DSCN6508.jpg

ふもとの 「朴の木平スキー場」 に寄る。
トイレ休憩ね。

ワシはここから7km先の
「平湯峠」 までクルマで上がり、
そこから自転車でノリスカをヤルのだ!

用をたし、スッキリしてここを離れようとしたら














 4DSCN6520.jpg

やっぱり自転車で登ろうとしとる
キチガイ クレイジー つわもの
がおった!

・・・でも、この黄色いジャージ、
見覚えあるぞォ・・・










 6DSC_1524.jpg

「尾張トライアスロン倶楽部」
の連中やないか~~!!

 ってコトはもしかしたら・・・









 7-1DSC_1526.jpg

ああッ!
やっぱりッ!!

鉄人・サイボーグ Kさんや~~!!!











 7-2DSCN6527.jpg

やはり開通後 最初の日曜だということで。








8DSCN6526.jpg

サイボーグK氏の隣りは、これまた懐かしい!

・・・ええっと・・・ お名前ナンでしたっけ(爆!)
昔はよく 「サイクルショップ・ポパイ」 さんでお会いし、
一緒に走ったことも何度かあったよね・・・

でも思い出せん・・・
まあ、たぶん向うも一緒やでヨシ!

「○○さん!お久しぶりですね!
Kさんが連絡したんですか?」

え?! ワシの名を覚えとる?!
ヤバい。

「い、いえ、今日は私 ソロです。
全くの偶然です・・・
(名前思い出せんもんでオロオロ!)」

「それじゃ○○さん、私たちと一緒に行きましょうよ!」




 

 9DSCN6524.jpg

 あッ! M田さんやッ!!
つい先月、ポパイ店でお会いしたばかり。

「こりゃまた奇遇ですね~!
どうですか? デコチャリ完成しましたか?」

すすす、すみません!
あれから 一向に進んでませんッ!!








    10DSCN6522.jpg

 「○○さん、今日はレースやないで、ワシらと
一緒にのんびり走らんかね?」

・・・サイボーグK氏、おん歳 73 ・・・。
狂っとる。。。


「イヤイヤイヤ・・・・
私は皆さんについて走れるチカラは とても
ありません!
今日は平湯峠にクルマ停めて、そこから上がります!」

マヂで このサイボーグには勝てんのよ・・・。
彼のノンビリはワシには地獄・・・。

お誘いを丁重にオコトワリして、
一人クルマに乗って平湯に向かいました。











 



 12DSCN6537.jpg

 はァ~。

こんな 10%もある坂をのぼらにゃアカンのやでえ。
下から行ったら。
何が悲しょうて、そんなに自らをイヂメにゃアカンのよ。







 13DSCN6543.jpg

まだ 雪 残っとるし。





 14DSCN6546.jpg

ノリスカレースは、平湯峠から4km下の
「殿下平 でんかだいら」 がスタートなんよね。
10年くらい前までは平湯峠からやったのに。

で、実はその 「殿下平」 から平湯峠までが
いちばんキツイ!
やで今日はそこはゼッタイ避けたかったんよ!
しょせん行楽 ride 、気分良く走ろう!!

さあ、もうすぐ平湯峠や。







 16DSCN6550.jpg

今日は開通後 最初の日曜で、天気もサイコー!
やっぱ、クルマで来とる人も多いんやろにゃ~。






 17DSCN6551.jpg

入り口付近は もうイッパイ?






 ・・・って・・・  おい・・・













 18DSCN6552.jpg






 20DSCN6555.jpg





 19DSCN6556.jpg

駐車場、いっぱいやがな~~~~!!!
なんちゅうこっちゃあぁぁぁ!! 

以前ここがレースのスタート地やった頃を
彷彿させるような景色!

ゲートのオジサンも言ってござる。

「ここまで来んなれるとは思わなんだ。
もう150人 登ってますよ!」

午前9時前やで~・・・。


結局、残り1台も停めるスペース無く・・・







 21DSCN6560.jpg

シヤナイで、来たミチを降ります・・・
トホホ・・・









    22DSCN6570.jpg

峠から 4km下って、「殿下平」 へ。
結局、本番といっしょのトコからスタートかいッ!


そんなして、自転車を準備しとったら・・・












 23DSC_1529.jpg

尾張トライアスロン倶楽部 (以後 OTC )
の面々が登ってきた。

「○○さん! やっぱヲトコらしいワ!!
なんだかんだ言って、実戦に即したんやね!」

・・・上がイッパイで、やむなくココに降りてきたコトは
黙っておきました。










 24DSCN6575.jpg

 しゃ~て、シヤナイで、いや、
ハリキッテ行くぞよ~~~

・・・シクシク・・・(ノД`)・゜・。








    25DSCN6573.jpg

午前9時30分。
心拍は 91です。

さあ、スタートッ!!






 つづく。












波乱万丈・ケーチャンツーリング


 こんばんは。

こんな時期なのにジャンパーを
仕舞いきれない とまぢふです。
(今日は寒かった!)









 こないだの日曜、正に半年ぶりに
「ツーリング」 に行ってきたよ!




 でもね。


 1DSC_1436.jpg

前の晩、土曜日は 会社で
「送別会」 。
ワシのやないよ。
先月、惜しまれながら退職された
I マイさん(70歳!)を囲んで。




 2DSC_1447.jpg

3次会。
「ニラレバ」 「餃子」 「生大」
一番星・桃次郎の大好きな料理で。

翌日のコト、考えとるんか?
郡上大和まで走りに行かなんのやぞ!
(今夜はココ、下呂温泉で泊まりです。)









宿を 6:30 に出てウチに帰る。
気温、12℃。
寒い。寒すぎる!





    3DSC_1464.jpg

シャワー浴びて着替え、8:00 出発。
もう 18℃にまで上がっとった!







    4DSCN5996.jpg

下呂市 祖師野は郡上市との境でもある。
振り返ると・・・


    5DSCN5997.jpg

境である。



本日のコースは、一宮市から長良川沿いに
昇ってござる本隊に、自宅から走ったワシが、
郡上八幡で合流する。
その後 いっしょに大和まで北上。
で、いつものケーチャン屋 「五石 ごこく」 で
ダベる・・・っていうプラン。

ホントなら、美濃市の道の駅
「美濃・にわか茶屋」 に集合して一緒に
走る予定やったのが、
急に送別会が入ったため変更になったんよ。

前の晩は そこそこセーブして飲みました。










 6DSCN6053.jpg

ああ、ユルめの登りは気持ちイイ。






 7DSCN6050.jpg

 ケンメリ。


 8DSCN6051.jpg

 ジャパン。


 9DSCN6052.jpg

 ハコスカ。

往年のスカイラインも気持ち良さそうに
走って行きます。
生ガスの匂いを残して・・・。










 10DSCN6034.jpg

最近、レンゲが生えとる田んぼなんて 全く
見んよね?
ああ・・・ のどかでイイね~・・・













 11DSCN6040.jpg

旧・郡上郡 和良村と、八幡町の境に着きました。

ここから待ち合わせ場所まであと 20km弱。
まあ、10:30 の約束やし、なんとかイケるやろ。

と、スマホを取り出して LINEを見たら・・・

「今、子宝温泉に着きました」
なアレが。
え? もうそこ?
あと16kmくらいやんか。
ちょうどエエ感じやない?

と思ったのもツカノマ!
LINEの記事の時刻は、今より 30分も前!!
ヤベッ!!
もしかしたら本隊、とっくに待ち合わせ場所に
着いとるんでは?!
こりゃイカン~~~~!!!

もう、脱兎のごとく走り出いたよ!




    12DSCN6057.jpg



    13DSCN5999.jpg

あかん、隊長に叱られる!!




 14DSCN6061.jpg

「ユルい坂が気持ちイイ」 なんてタワケたコト
行っとった自分がニクい。。。




 15-1DSC_1472.jpg

心拍数、「172」 やしッ!
時速、 「11キロ」 しか出とらんし!








    15-2DSC_1474.jpg

やっと 堀越峠。





 16DSCN6087.jpg

この峠道の途中で、お城が見えるんよ。
「郡上八幡城」 です。



 

 17DSCN6089.jpg

ホント、天空の城。









 18DSCN6093.jpg

下り切ったトコから城を見る。
(意外と高くない?)





 19DSCN6098.jpg

待ち合わせ場所到着~~~!

みんなもう来てるかな・・・
「遅ェよ!」
って言われるかにゃ・・・

でも、アレ?

ダレもおらんぞ?
どゆコト? 先に行ってまった?

トイレ借りて 5分くらい思案しとったら・・・










 20DSC_1479.jpg

「あれ~、待ったァ?」
と、『泡太漏 あわたろう』 兄さん!




 21DSCN6107.jpg

その後 続々と本隊メンバーが現れた。
G隊長、泡太漏さん、1年ぶりのヒデブ~さん、
こわもて・オサム親分。

あの時間では、トックにココに着いとるハズやに?

「いつもの 『水口峠』 で休憩してたんだよ。
燃料補給。それくらい想像できるやろ?
シロートじゃあるまいし。」

へーへー、スミマセンね隊長!
峠の お助け小屋 「水口商店」でダベれば
30分なんて あっと言う間。
おかげでココに ほぼ同時に着けた。
(でもワシの心拍数 172は どうしてくれるの?)

「知ったこっちゃない!」
と出発されました・・・。






 22DSCN6115.jpg

 なにやら、土砂崩れで通行止め。
シヤナイ、国道走るか・・・。
 








 23DSCN6129.jpg

で、オソガイ国道区間から離れれば、また
のどかで快適な道!





 24DSCN6119.jpg

空が広く、かなたに雪をまとった 「大日岳」
が見える。

目的地はもうすぐ!









 25DSCN6139.jpg





 26DSCN6141.jpg

「いらっしゃ~い!!」

美人ママさん、キクちゃんの お出迎えです!

『五石の鶏ちゃん・佐古尾商店』
という お店。
(今さら説明するまでもないか!)

予定よりかなり早く、10時30分に着きました。
でもまあ、非常識ではない時間?
(以前、7時半にキクちゃんを叩き起こして
店 開けさせたことあるそうです。
恐ろしや~~~~!)


 30DSCN6163.jpg








 27DSCN6151.jpg

ヒデブ~さん、ますますイイ体格(おなか)に
なってますね~
「Max、90kgありましたから!昔は。」
すると、それよりは絞られてる?
「当たり前です! アスリートです!」
ちょっと安心したワシでした、そのオナカで。

かく言うワシも、今や腹まわり 「90cm」 !
メタボです!!

「オレもオニギリ5個イケるからな!」
と、オサム親分。
やはりスバラシイおなかしてます!

そんな (デブ)自慢をするワシらは気付いた。

「キクちゃん、痩せたんじゃね?」

「もう元気になったけど、一時体調崩して
すごく痩せてしまったんですよ~」

そこですかさずワシ、
「いえいえ、スゴく お綺麗になりましたよ!」

その言質を取ったがごとく隊長、
「じゃあそれまでは汚かったのか?!」

「い、い、い、いやいやいや・・・
そそそ、そんなつもりで言ったんでは・・」

「そういう時はな、
『ますます綺麗になったね!』
って言ってやるんだよ。
そうやって女ごころをくすぐってやるんだよ!
アンタはまだまだだねェ~~~」



相変わらず、そんなコンなな他愛もない
ハナシで盛り上がるワシら。












 

 28DSCN6155.jpg




 29DSCN6159.jpg

ご飯を炊かせ、オニギリまでも握らせ・・
たいへんおいしくいただきましたよ。
親分、5個食うんじゃなかったの?
4個では失礼やよ!
ワシでも3個食べたんやし!!








 31h34020_1557681219.jpg

いつもお騒がせしてすみません。
営業妨害してませんか?ワシたち。

この間 (かん) も、ハーレーに乗ったお兄さん・
お姉さんが寄ってかれましたが、
あまりにも 騒々しいワシらに、早々にケーチャンを
食され足早やに出られました・・・。


午前 10時半に入り、出たのは
午後 1時半・・・。







あとは、来たミチを帰るだけです。

 32DSCN6191.jpg

皆さんは 45km先、朝の集合場所、
美濃の道の駅に。
ワシは あの激坂の堀越峠を経て
40km先のわが家へ。

ああ、ホントに良いツーリングでした。


























これで終わればね。













 33DSCN6194.jpg

隊長、
「あなた、まさかこのまま帰ろうとしてないよね?」
ワシ、
(うぐぐ! ヤナ予感!!)

「せっかくだから 水口峠まで一緒しなさい。
あそこからなら、山越えて飛騨金山へ
行けるじゃないか。」

・・・いちばん怖れていた展開です。

それだけは ありませんよ~に、
それだけは 言い出しませんよ~に
と祈ってたコト・・・





 35DSCN6197.jpg

「じゃ、そゆコトで行くよ!」

なにが、「じゃ」 や!!

水口峠は、郡上・美並。
東海北陸道、美並インターのすぐ近く。
さらには、「美濃・東部農道」 の始点に近い。
その道をたどれば、最短・最速で美並と金山が
つなげれる。
・・・クルマならね。。。






 36DSCN6202.jpg

ああ・・・ あいつら、先に行ってまったで、
シンガリのワシ、こっそり離脱して八幡へ向かうか?!









    34DSCN6199.jpg


橋の欄干のアユも言う。
「それがイイよ。」

よ~し、頃合いを見計らって
この先の橋を渡って逃げたるぞ!













 ところが。






 38DSCN6207.jpg

「アカンでな! 逃げたら。」





 39DSCN6209.jpg

「オレたち、見張ってるから!」

・・・ ヲニ。










    40DSCN6210.jpg

 長良川鉄道でも撮って気をまぎらわす。






 41DSCN6217.jpg

風景はイイんよね~。








 43DSCN6214.jpg

うをッ!! まぢ?!
asanoちゃんやないの?! どしてココに
おるの?!

「バイクで板取から郡上大和に抜けました。
どうやら店を出た後みたいだったので先回りを。」

感激しました。
っていうよりアンタ、もう自転車やらないの?
「いえ、こんど大会があるので、それには自転車で。」

ああ、嬉しいね!
こんなトコでおじサイクルのメンバーに会えるなんて!






 44DSCN6220.jpg




 45DSCN6231.jpg



 46DSCN6232.jpg

お店から 10km、水口峠です!










 48DSCN6244.jpg

親分、いびきかいて寝てます!
asanoちゃんは、バイクの荷台から取り出した
チェアーで くつろいどるし。

ワシはここで皆さんと お別れ。



 49DSCN6250.jpg

よくぞココまで連れて来てくれやがりました(笑)

それでは お達者で!
みんなは長良川に沿って下り基調。







 50DSCN6257.jpg

ワシは長良川を渡り・・・






 51DSCN6270.jpg

美並インター脇を通りぬけ北上。






 52DSCN6274.jpg

国道156号線、「羽佐古 はざこ」 交差点を右折。
山に入る・・・。











    54DSCN6285.jpg

  「 10パーセント近い勾配 」 の坂、どんなモノか
皆さんにも自転車で味わってほしいものです。










 55DSCN6289.jpg

「羽佐古トンネル」




 56DSCN6291.jpg

トンネル内、全て 「登り」 。




 57DSCN6294.jpg

出口。




 58DSCN6298.jpg

トンネル内の勾配は 「6%」 。
それが 1200m近くも・・・。

トンネル出口が頂上で、そこからしばらく下る。

・・・が。



 59DSCN6325.jpg

また登る。




 60DSCN6328.jpg

「上之保・小那比トンネル 
かみのほ・おなびトンネル」

トンネル出口が頂上なので、
その後しばらく下る。

が、



 61DSCN6333.jpg

また登る。



    62-1DSCN6335.jpg

 ああ・・・ 来るんじゃなかった・・・









 62-2DSCN6340.jpg

「関・上之保トンネル」

どうしてこう、味気ない名前ばっかなんやろ?
この街道のトンネル。
そりゃ、出口と入り口両方の名を付けりゃ
判りやすいけど、それはアマリにも安易やに?






 63DSCN6343.jpg

「鳥屋市 とやいち」 の集落の上をまたぐように架かる橋。

その名も


 64DSCN6345.jpg

「とやいち橋」 !

コレはコレで、いいとは思う。



 65DSCN6346.jpg

 鳥屋市集落。






    66DSCN6351.jpg
 
    登る。。。






    67DSCN6356.jpg

    登る。。。







 68DSCN6361.jpg

 「下呂・関トンネル」

ホント、なんとかならなんだかね~?
トンネルの名前。。。




 69DSCN6366.jpg

右の電光標識には 
「(ここより)下呂市」 の
表示がある。







 70DSCN6367.jpg

嗚呼、金山町・菅田地区まで来たぞ~~!









    74DSCN6377.jpg
 
    あと もうひと登り!









 75DSCN6379.jpg

最後のトンネル、
「横谷峡 よこたにきょう トンネル」









 76DSCN6384.jpg

 出口! 
トンネル内部は、最初の はざこトンネル以外は
全て 「下り」 。トンネルが坂の頂上。
やで、金山側から美濃・美並行くのはキツイかも。
いや、いっしょか?
トンネルの中か外かだけの違いやで、
「登り」 。







 77DSCN6389.jpg

「ピュ~~ッ!」
と降りたいけど、この、道路に刻まれた
スリットが オソガイんよね~。
細いタイヤやもんで、ハンドルを取られるって気が。
ホントのトコ どうなんやろ?
スピード出しても問題無いんやろか?
ワシは おそごうて 35km/hまでしか出せん。
まあ、安全運転に越したコトはないでね。
ましてや、ロングライドの終盤。
ここで転んでは、ナニやってきたんだかってなるし。
慎重にいくよ!








 78DSC_1499.jpg

は~ッ! やっと金山の道の駅に着いたぞお~~
ここからウチまでは あと 7km。
ゆっくりホネ休めしながら帰るか・・・。


ところが。

なにやら雲行きがアヤシクなり、ゴロゴロ様までも
鳴ってきた!

こりゃアカン!!
鼻のアタマにポツポツと雨が・・・




 79DSCN6393.jpg

もう、まれにも見ないような 盛り盛りな漕ぎで!!













 80DSCN6395.jpg



    81DSC_1502.jpg

午後5時ちょうど。
無事帰宅できました。

全行程、「93km」 でした。

皆さん今ごろ どの辺にござるんやろ?

隊長のムチャなアレには ホトホト迷惑しましたが、
こうやって無事だったことで少し自信が戻りました。

ありがとうございました。

(後半、なんかダラダラな記事になってすみません。
眠いです。。。)








 おしまい。










超大型連休に・・  しょの 2

 こんばんは。

熱いままの麻婆豆腐を弁当にして、
昼までに腐りはしないかドキドキしてた
とまぢふです。











 さて、超巨大GWに作った、
得体の知れんハコもの 。

 9DSCN5514.jpg

 4月28日は ここまで。
続きは翌朝。
昼からは法事があるで。









  で、翌日朝。


 2DSCN5526.jpg
 
ひたすらトタン板に釘打つワシ。








 3DSCN5530.jpg

 こんな感じで 表一面に貼れました。
(トタンはまだ余っとる。。。)

これをズルズルとカーポートから引きずり出す。

もうすぐ 甥っ子の 「ゲン」 が来る。
(妹どの夫婦の長男。)
3人では吊れなんだコイツも、4人なら何とか・・

彼が来る前に、ココを整地しといた。 
        ↓


 1-1DSCN5486.jpg

なんや? このブロックは?

そこへ助っ人のゲン現る!

・・・でもやっぱり4人でも持ち上がらなんだ!

今度はブツを起しては倒し、また別の面を
起しては倒す。
バタンバタンと回転?させながら移動。





















 4DSCN5553.jpg

ここまで運び込んだよ!

で、コイツをあのブロックのところに据えるのだ!
またまた回転させて!!

さ~、もうイイとこの お坊ちゃんや お嬢ちゃんは
オワカリでしょう?!














 5DSCN5557.jpg

 そう! あらたなる物置きです!!

午前中はココまで!!











 6DSCN5594.jpg





 7DSCN5570.jpg





 8DSCN5572.jpg

午後1時半から法事。 
ワシと妹どの夫婦、従兄弟らで。
(主催者? 喪主? 施主? はワシ。
ちなみにオヤジやじいちゃんの法事ではない。)

場所は 「粥川山 しゅくせんざん ・ 
東林寺 とうりんじ」 。

それが終わったあと・・・













午後3時過ぎ、またまた作業開始!

なにしろ あしたりは間違いなく雨降るで、
できる限りのコトは今日中に やっときたい!

 9-1DSCN5605.jpg




     9-2DSCN5667.jpg

もう、シロートが設計図もナシに組んだやつ。
強度を持たせるには 「筋交い」 がいるけど、
なにが!
こんな金具だけやよ、カドは。
それでも充分過ぎるほど剛性がある!
(そりゃ、こんだけ重うなるほど材使えば。。)









 DSCN5606.jpg



 10d1557312758852.jpg

さっき法事で一緒やった従兄弟が遊びに来たで
談笑しとったら・・・







 11DSCN5609.jpg

「早く仕事して!」
弟どのと甥っ子どのに叱られ・・・







 12DSCN5611.jpg

弟どのは また材料求めてオヤジの実家へ。
残ったワシとゲンとで屋根を張る。

右の戸も、オヤジのトコから。
こんな戸、もう何十枚もある!!








 13DSCN5622.jpg

波ポリカ(ポリ・カーボネイト)板を
きれいに張るのってむづかしかった。
ワシがぶきっちょなのもある。
いや、それが全てか!

端から順に釘打ってくと、反対端がズレてきて、
軒先が斜めに・・・

「まあエエか!ちょっとくらいワカランやろ。」
「おじちゃん、ダメだよ!お父さんウルサイよ。」
「・・・」

写真右下スミに、やり直しのために外した釘と
釘抜き・・・。
(結局2回も張り直いた!
ポリカ、釘穴だらけ! 知~らにゃい!!)







14DSCN5610.jpg

「どや、ゲン! こんでまあエエやろ?」
「うん、おじちゃん! ボクの目には完璧だよ!」









 15DSCN5625.jpg

監督、新たな板材を運んで来て
ワシらと一緒に、表になる面を張る。
(上の煙りは、このあとやるバーベQの
焚き木を燃やいとるアレ。)





 16DSCN5631.jpg





 17DSCN5632.jpg

板を張りつめたら、最終的にはトタンを張る予定。
(裏面は倉庫とひっつくで、後ではムリ。
やで先に張っといたってワケ。)









 18DSCN5639.jpg

出入口の戸も付いた。
(嗚呼、煙りあがっとる・・・
もうとっくに5時過ぎた・・・
早うバーベQにしたい・・・)







     20DSCN5647.jpg
 
戸は まだ仮付け。 ちゃんと錠かえる造りにするよ。




     


 

 DSCN5641.jpg

 「こんにちワ~。
どなたか いらっしゃいますかァ~」







 21d1556673589167.jpg

「ごめんくださァ~い。」

もう! そんなコトしんでもエエで、
早よバーベQやろまいか!!


でも、こんな物置きに こんなモノ入れたら
おっこるやろな~、妹どの。
         ↓


    22DSCN5645.jpg

これは入れられません!
2台 余裕で入るけど・・・。











 23DSCN5656.jpg

「お疲れさ~~~んッ!!」

ああ~、やっと ビール・お肉にありつけた~~

作業・法事・作業で、ホント濃い一日やったよ。














     24DSCN5664.jpg

 翌日は予報どうりの雨。 

今日は 「平成最後の日」 !
でも、この 「昭和なたたずまい」 がイイに!!






     25DSCN5668.jpg

 などとも言っとれん! 雨水入りたい放題。
あたりまえやけど・・・。
これじゃ自転車サビてまうよ!
(いや、入れんけど・・・)









     26DSCN5673.jpg

予定どうり、トタンを張ります。








 27DSCN5676.jpg

・・・ 雨ニモマケズ ・・・・














 28DSC_1332.jpg

一応 完成です!
(やっぱ、板張りのママの方が味がある?)

まあ、おいおい、トタンはペンキでも塗ろうかと・・。
いやいや、ここまでなんと
「材料費 ゼロ!」 でやってきたんやで!!
柱をとめる金具は、かつてネコタワーを解体した時のやし。
捨てずにおいて良かったわ。
トタン外壁は、タワシでゴシゴシやって
キレイにすべきか?




ちなみに、ナゼこんな収納庫を作ったかと
言いますと・・・






 1-2DSC_1259.jpg

こちらが かつての物置の中。

「自転車なんかを入れるために買った物置き
やナイでね!!」
と叱りつつも、妹どのは許してくれた。
ありがと。

でも、それによって入れるモノが
あふれそうに。

ちょっと奥のモノを取るにも、その前に置いてある
ヤツが どジャマ!
特に 「長尺ブツ」 が意外と場所とるんよ。
「鍬 くわ」 「鶴嘴 つるはし」 「鋤簾 じょれん」
など、形がアレなヤツ。
そいつらをナントカしようと思い、
物置きの裏に ちょっとしたヒサシと、
そいつらを引っ掛ける柵木?みたいなの
作れんかにゃ~・・・と。

そんなコトを話したら、弟どのに
スイッチが入ってまったんよ!

マサカの 「小屋」 !





で、その後なにを入れたか。



 30DSC_1367.jpg

とりあえず農機具はテキトーに引っ掛け。
(オイオイ金具かなんかで ちゃんと掛けます。)






 29DSC_1309.jpg

ちょっとした棚板を渡して、ワシの山野草用土を
収納した!
ど妹に言わせると、
『土なんか必要な時に買え! 
ってか、そのいに種類いらんやろッ!!』
・・・いやいや、そーゆーワケにもイカンのよ。






 


 31DSCN5687.jpg

おかげで、前の物置はスッキリした?
・・・微妙です。
やっぱ、自転車ジャマ?










 32DSC_1385.jpg

「そこアタシの別荘じゃなかったんかニャ~」

 違います。








 おしまい。











Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ