FC2ブログ

Latest Entries

 弔い合戦 ・ 後篇

 こんばんは。

炭水化物ばかりの食事は、味気なくツライと
認識した とまぢふです。
(今夜のケーチャンの旨いコトッ!)










 では前日の続きを。










 1DSCN8137.jpg

翌朝 午前 5時半。 天気は怪しい曇り。
でもまあ、毎年いつも こんな感じやし。






 2DSCN8161.jpg

会場に入りました。 午前6時前。
早く行かんと駐車場がイッパイになってまう! 






 3DSCN8164.jpg

毎年々々 この大会を取材しといでる
「山田さん」 。
乗鞍岳が大好きで、そこに関するイベントに
必ず出かけては紹介し、
乗鞍の魅力を発信する!
       ↑
このサイトを見ると、今までの全ての大会の様子が
判る。ワシにとって貴重なアレです!

・・・ もう16年も お世話になってるんですね~~
(今日は 『第16回大会』 。)











    4DSCN8168.jpg

 あッ! サニ太さんやッ!! こないだノリスカで
お会いしましたね。
ワシと違って、ずいぶん走り込んでおられる。
ガシガシ走るのもイイけど、また いっしょに
呑みましょうよ、グダグダと・・・。








 5-1DSCN8189.jpg

軽トラの後ろで コソ~リとウォーミングアップを。。
べつに、隠れてやっとるワケではないんよ。
混んどって、場所が無いんよ!





    5-2IMG_0002.jpg

これは 第3回大会の時の ウォーミングUP中。
あの頃は真剣やったにゃ~ ← 遠い目









 6DSCN8159.jpg

みんなで下山用の荷物を預けに行く。
登っとる最中はヒタスラ暑いが、頂上着くと
メッチャクチャさぶいッ!
やで、レース終わって下る用に、ウィンドブレーカとかが必要。
過去にヒドイ目に遭った人は、しっかりした防寒具を
用意しとる。
大会要項に 「防寒着を怠りなく」 って書いてあるに、
ハナ垂らして泣く、全く無防備な人が必ずおる。








 7DSCN8170.jpg




 8DSCN8171.jpg

開会式。
さかんに これに参加してと訴える場内放送が。
でも多くは無視して UPに励む。
ワシは今回は参加したけどね。今回は。






 9DSCN8198.jpg

さあ、スタート間近ですッ!
ワシのカテゴリー(50歳台)は
最後から2番目のグループ。






 10DSCN8196.jpg

後ろを振り返ると、所在無げなK島さんやK下さんの姿が見える。
気合い入れてくぞぉッ! エカ?!

8時27分 スタート!








    11DSCN8202.jpg

ワシのすぐ前を走る M本さん! 
ちゃっかり追い抜いてやったら、すぐ抜き返された!!






 12DSCN8203.jpg

やがて 「乗鞍スカイライン」 へと続くミチに。
ここからの 4kmが いちばんキツいんよね~、
平湯峠までが。
さらに、その 3km先の 「夫婦松 駐車場」 まで
激坂が続く!

荒天の場合、ゴール地点をその 「夫婦松 駐車場」
に・・とのアレがあった。
でも、そんなコトされたら死んでまうよ!!
いちばん過酷な 「序盤から夫婦松」 をコースにされたら。
たった 7kmやけど いちばん勾配あるミチ。。。
選手全員、目ン玉 ヒンむき、鼻血出して走るんやない?

さいわい今日は 15℃・曇りで、頂上もガスっては おるけど
風速3m・気温9℃と、まあまあ。
というワケで、テッペンまで行けるげな!
(18kmも先ですけど・・・全て登りの・・・)







 13DSCN8211.jpg

10%勾配の道が延々続く・・・







 14-1DSCN8217.jpg

やったッ! 平湯峠やッ!!

かつては ここがスタート地点やったのに。。



 15-1IMG_0007.jpg

   ↑ かつて。 (第2回大会)

まだドライブインの建物が残っとった。





 15-2IMG_0004.jpg

てへへ…  その時のワシです。

そんなコトはトモカク。










 15-3DSCN8216.jpg

スタートし、ここ平湯峠まで 「25分56秒」 !
遅いのか? 速いのか?
いや、遅いやろ!
目標の 「2時間切る」 には、あと
1時間35分しか あらへんがッ!
(かつてココがスタートやった頃、ベストタイムは
『1時間 08分台』 。
でもそれも今はムカシ・・・
こないだ5月、ココから登った時は、キッチリ
2時間かかりましたからッ!)








 17DSCN8218.jpg

登る。





 18DSCN8219.jpg

夫婦松パーキング。
今日は単なる通過地点。
良かったよ、ここがゴールでなくて・・・。








    19DSCN8232.jpg

皆のココロを折る 「8kmポスト」 を過ぎた。
(スタートからは12km。)




 
 
 20DSCN8238.jpg

「9kmポスト」 で森林限界。
それを象徴する、ワシが最も好きな樹。
2ヶ月前は枯れたような姿やったけど、新緑が
芽生えとる!











 21DSCN8241.jpg

ガスって来た!
「あと 4km」 の表示が。 これって
良し・悪しやよ。
「あと4キロか!よしガンバルぞ!」
「まだ4キロもあるんかよ~」







 22DSCN8243.jpg

ちょっと風も出てきた・・・



 23DSCN8246.jpg

4年前の恐怖を思い出す。
暴風雨となり、マヂで生命の危機を覚えた
あの大会・・・



 24DSCN8247.jpg

あと19分か・・・
ますますキビシくなってきたにゃあ・・・
なんか、心拍も上がらんようになってきたし。
もういいで、足付いて休もかな・・・
疲れ過ぎたよ・・・




と、その時!


『○○、そんなことじゃダシカンぞ!』

と、戒める声が聞こえた。
(気がした? イヤ、確かに聞こえた!!)

そうや、スッッッかり忘れとった!
今日は 亡くなったおばさんに捧げる
「弔い合戦」 やったんやッ!!

(ホントまぢ、忘れ去ってました。この時まで
テヘペロ。)

よ~し、もうひとガンバリするぞ!






 25DSCN8249.jpg

霧は濃いけど、あの日に比べれば
まだマシ。

これが天気良かったら・・・




 26DSCN0221.jpg

こんな風景やのにねッ!!





って、 おりょ?










 27DSCN8250.jpg

ヒエ~~~!
先にゴールした人たち、もう下山開始しよるが~!
ワシまだ 3kmくらい残しとるよ~~





 28DSCN8256.jpg

こんな場所も・・・
天気なら・・・





 29DSCN7527.jpg

 こ~んな やのに・・・。










 30DSCN8259_edited-1.jpg

このスカイラインで唯一の平坦、
「桔梗ヶ原」 !
前ここで 時速40kmまで出して漕いだら
足つってまった!
やでもう、ココでは頑張らんことにしとる。
いや、頑張らなイカンか? 今日は!




 31DSCN8258.jpg

と、嗚呼! 
あと 12分しかないやんかぁッ!
「間に合わない、桃さん、ムリだよ~」
     ↑
『度胸一番星』 でのジョナサンふうに。
(って、だいぶ前のノリスカ記事でも言った覚えが・・)







 32DSCN8271.jpg

寒さで立った腕の毛に濃霧が。。。
体はもうビッショビショ。

ええい! そんなコト言っとれるか!
最後の力を絞り出すんやッ!!
おばさんに捧げる、ワシのラスト・スパートやァッ!!!







 33DSCN8263.jpg

 ゴ~~~ル!


 ・・・ タイムは?

















 34DSCN8262.jpg

ヨッシャ~~ッ! 1時間 58分 29秒 !!

・・・こんなタイムで喜ぶワシが恥ずかしい。
今までで最高の人は1時間切っとるんやで・・・。

でもいい。
ワシは充分満足したよ。
おばさんのお陰やよ。
あの時 声かけてくれたで。
「弔う」 はずが、逆にチカラをもらえた。
そんな、今日のレースでした。












 35DSCN8280.jpg

頂上(畳平)は、ドエライさぶい!
自転車から降りたとたん、ガタガタ震えだす。。
すぐに防寒具をまとい、アンパンをほおばる。
内と外とで体を のくとめる。




 37DSCN8282.jpg




 38DSCN8293.jpg

やっぱり おった。
全く防寒具を持って来てない人が。
(右の方の、半袖・短パンの人。)

ワシ、今日は 「カッパ」 みたいな重装備。
これで正解やった。
でも、天気が良うて暑い日ならと、
薄っぺらいウィンドブレーカも持ってきとったんよ。

それを彼に貸してやった。

「ありがとうございます・・・
初めてだったんです、乗鞍・・・」

わかったやろ?
ナメたらアカンって。




 39DSCN8289.jpg

下山。 100人くらいずつまとまって
ゆっくり降りる。
先導者を抜かさないのが鉄則!




 40DSCN8300.jpg

だいぶ薄うなったけど、まだガスっとる。





 41DSCN8310.jpg

夫婦松パーキングで全員休止。
握りっ放しのブレーキによって過熱したホイールを
冷ますのが目的。
手指もドエライ疲れとるしね。






    42DSCN8318.jpg

 K下さん。 
「順調にタイム伸びたよ。」
「…伸びたって、「遅うなった」 ってコト?」
「当たり前だよ! 歳重ねたんだから!」




 43DSCN8320.jpg

K島さん。
「5月の試走の時よりハルカにキツいよ!
休めないから。いや、休もうって気がおきないから。」

・・・休もうとしたワシ・・・




    44DSCN8323.jpg

ワシがウィンドブレーカ貸してやった青年、
降りる途中で 後輪パンクまでも!
でも、そのまま下りきりました。
「ホイール、おしゃかですね。替えのチューブも
道具も持ってきてませんでしたから。」

ワシ、このレースでも常に自転車に付けて
出走しとるよ。
(まあ、登る途中でパンクしたらリタイヤやけど。
下りではリカバリーさせんと!)

「今日は本当にありがとうございました。
来年は準備 怠りなくして来ます!」
と、青年。
嬉しい一言やよ。
これから毎年欠かさず出場してね!!



 



 45DSCN8325.jpg

平湯峠はイイ天気!






 46DSCN8333.jpg




 48DSCN8336.jpg




 47DSCN8329.jpg

あとは表彰式。

でもワシはすぐ発たねばならん!
おばさんの お通夜式に出にゃならんし、
親戚として 「受付け」 もお願いされとるで。




 50DSCN8338_edited-1.jpg

 午後 12時23分。 ここを去りました。

ムシ博士さんほか、仲良くしてくださった
尾張トライアスロン倶楽部の皆さん、
ありがとう、さようなら!!








 DSCN8345.jpg

翌日の新聞より。
尾張トライアスロン倶楽部のメンバーが
部門優勝しました!(前列右端)
「太田さん」です!!

「1時間06分」 って、どんな脚・心臓しとるの?!

ワシもガンバレば、こうなれるかにゃ~?

んなワケ無いがッ!!









 おしまい。 



 







 弔い合戦 ・ 前篇

 こんばんは。

前回の記事 、全く同じコトを
2年前に書いてた と気づいた とまぢふです。











 去年の 「西日本豪雨」 、我が地方もヒドイ目に遭い
「第15回 乗鞍スカイライン・サイクルヒルクライム」
は中止になった。

今年はナントカ大丈夫そう、
「第16回 乗鞍スカイライン・サイクルヒルクライム」。

でもまあ、梅雨の末期に行われるヤツ、
安定したことがない!
「風雨」か、「どピーカン」か・・・。
3、4年前の大会は
「生命の危機」すら覚えた暴風雨!














 0DSCN8342.jpg

 7月6日。
自転車をクルマに積み込み、
皆さんとの待ち合わせ場所に向かう!

 って、クルマ 違うがな!



 ・・・ そう、スイフトちゃん、お亡くなりになったんで
借りとる代車です。

クルマ屋さんに借りとって、最初はプリウス、ちょっと前まで
アルト、今は軽トラ。
いろいろ乗れて楽しいよ!
(自転車積めるクルマを・・と頼んだらコレが来た。)







 2DSCN8340.jpg

でもコレ、いいよ~!
なァんも考えずに そのまま放り込むだけ。
バラして積む場合、あらかじめギヤを
「インナー・トップ」
にシフトしならん。 そうしんとホイールが
外しにくい。
ほかにも、乗せる位置とか上に置くホイールも
気がねしならん。

そういうゴチャゴチャしたアレ、イッサイガッサイ
無い!
ただただ 「ガシャ~ン!」って放り込むだけ♪
楽チン。












 3DSC_7603.jpg

 お待たせ!
「M島さん」「K島さん」「ムシ博士」「M本さん」。

K島さんとは、こないだ乗鞍登った時に会ったで
アレやけど、初対面やと思ったM島さん、
あの時 K島さんらといっしょにござったとは!
ご無礼つかまつった!
M本さん、初めまして!!






まずは 昼食。





 4DSC_7622.jpg

この軽トラのブルーシートの下には
ハザコ号が。。。



 5DSC_7611.jpg

飛騨 萩原の 「大安食堂」。




 28DSC_0186.jpg

なんとも昭和な雰囲気が たまらなく良いッ!
まるで映画 「トラック野郎」 に出てくる
ドライブインそのもの!!





   6DSC_7607.jpg

 カーボ・ローディング中のワシとしては、
炭水化物を摂らねばね!
と、
「マトン+うどん」 なヤツにしました。
他の方々も
「ケーチャン+うどん」 とかに。
ご飯のおかわりは自由でタダ!!













 7DSCN8073.jpg

大会・会場に着きました。

なんやら初めて見るフーセン門!




 8DSCN8053.jpg

反対側。
去年中止になり、ワシらから搾取したカネで
作ったんやろか?
もう3回も中止になっとり、だいぶカネあるハズやよね~







 9DSCN8087.jpg

いろんなブースが出とる。







 10DSC_7628.jpg






 11DSCN8082.jpg

どえらい軽い素材で作られたチューブ。
耐パンク性も高いらしい。

・・・でも、チューブごときで 「4500円」は・・ねェ。。









 14DSCN8091.jpg

K島さん(右端)、兵器を購入した!
「足つりに効く!!」 ってヤツを。
(実はワシも買いました。それも2本!
内緒やよ!!)










 16DSC_7654.jpg

いつもの平湯温泉で。



    17DSC_7659.jpg

 この心地よさはタマリマへんなァ~~~





    18DSC_7671.jpg

やはりいつもの 温泉たまご。
現地集合の K下さんを迎えて。






    19DSC_7675.jpg

お宿は毎度おなじみの
「栄太郎」 さん。

実はここ、今回ご一緒した M本さん(50代)が
若い頃 スキーで常宿にしてたとか!
当時は全くの民家みたいなトコだったのが、
こんな鉄筋コンクリートの宿になってて
ビックリしたと!
不思議な縁です。




・・・と、まさにこの時、ワシにTEL。
「○○さん亡くなった。 明日 お通夜。
受付けお願いします。」

どッヒャ~~~~!!

ワシを小さい時から可愛がってくれとった
近所のオバサンが・・・
カアチャンと一緒の施設にござり、最近では
ご飯も食べれるまで回復しとったに・・

とりあえず明日のレースに参加はできる。
あしたりは、終わったらすぐ一目散に飛んで
駆けつけたるよ!












 21DSC_7686.jpg

今夜は こうやって楽しみますが、ワシの中では
「弔い合戦・前日」 です・・・

とは言うものの、ゴールまで
「2時間切る」 自信は無く・・・
これでフガイない記録ではオバサンに申しわけ立たん!!



 あまり酔えず、まんじりともせん夜を過ごしました。






 つづく









 カーボ・ローディング中ッ!

 こんばんは。

朝ドラ、昼の再放送観て号泣しそうになった とまぢふです。








 しゃ~て、いよいよ あさってです、
「乗鞍スカイライン・サイクル ヒルクライム」 ッ!!

去年は例の 「西日本豪雨」 で
当地方も被害予想立ち、もう
3日も前から
「中止!」 と告知されたんよ。
賢明な判断やったね。

今年も、天気はそれほど良くないみたい。
高山は少し持ち直してきて、
「晴れ/曇り のち 雨」 な予報に。
でもそれって、「下界」 での天気。
3000m級のヤマのテッペンは暴風雨ってコトも
ザラにあるし・・・。

いつぞやみたいな、スタート地点は
曇り空やのに、開始寸前に
「中止!」 ってのだけはカンベンしてほしい・・・









  さて。

このレースに向けて 過酷なトレーニングを
積んできた(つもりの)ワシ。
3日前、最後の朝練をユル~とやった!
それ以来走っとらん。
あしたりも走るつもりは ない

何をタクラんどるか? 
それは・・・

「カーボ・ローディング」 。

なに? それ?


「炭水化物を大量摂取し、
体にグリコーゲンを貯め込む」
のが目的。


マラソンや自転車・ロードレースなどの
持久力競争は、長時間エネルギーを消費しながら
運動しならん。
そのエネルギーは、体の「脂肪」から取り出せれれば
いちばん量もあってエエ。

でも、脂肪がエネルギーに変わるには複雑な回路使い、
取り出されるまでに時間がかかる。
そこで、すぐにエネルギーとして取り出し使うコトができる、
「グリコーゲン」が からだにたくさん蓄えられとると
都合がイイ。
でもグリコーゲンは、蓄えられる量が知れとり、また
すぐ使われてまうで、なかなか貯まらん。
とりあえず、「2時間くらい」 持つ量のグリコーゲンが
蓄えられんやろうか?

・・・って、考えて 開発されたんが、
「カーボ・ローディング」 なる方法。



 日々 トレーニングに励み、カラダが徐々に作られていく。

決戦日の1週間くらい前に激しく練習強度を上げ、
食事は、炭水化物を減らし、脂質・たんぱく質を
多く含んだ内容のにする。
そうやって、体の中のグリコーゲンを極端に減らす。

その後、3日前になったら今度は急に
炭水化物がグッと多い食事に替える!
運動も ほとんど行わない。
そうすることで、減ったグリコーゲン量を回復させようと
カラダもリバウンド反応をおこして、よりグリコーゲンを
蓄えようとする。


・・・これが、「古典的なカーボ・ローディング」
と言われるやり方。

確かにグリコーゲン量は増えるが、
カラダの負担も大きい。
ヒトによっては胃腸を壊し、せっかくやってきた
トレーニングが直前になって パアになることも。。。

それで、現在は改良された。





「大会 1週間くらい前から徐々に運動強度を下げる。」
「食事はフツー。」
「3日前になったらトレーニングはやめる。」
「当日まで食事は、80%を炭水化物に。」
「当日朝食は決戦3時間前には食べ終える。」
「オレンジジュースやバナナなどで糖質を補う。」


これでも古典的なのと そう変わらんらしい、
蓄えれるグリコーゲン量が。

どちらも 共通しとるのは、
「3日前から休養して炭水化物を摂る」
ってコト。





・・・気に入ったよ。

なにが気に入ったって、
「運動しなくてもイイ」
「コナ物、腹いっぱい食える」
ってのが ♪
(でもグリコーゲンは、3倍の量の水と結合して
蓄えられるで、体重は増えるけどね。)






こりゃあ さっそく実践やァァァ・・・・!!!!
(ってもう、10日くらい前からヤッテます!
早すぎ???)




 T グチ君、
「ホント、知識ばっかりは持ってますね~。
『やせ方』 も知ってるみたいだし。
でも、やれないし やらなかったんでしょ?」

 アキラ、
「それって、ストイックに練習してきた人が
『仕上げ』 にヤルもんでしょ?」

 コージさん、
「今までグ~タラやってきて、最後まで
グ~タラか?」






 ウルセー ウルセー、ウルセ~~~~!!










   おしまい。











 酒宴 千秋楽

 こんばんは。

「サントリー・レモンサワーの素」
で一杯やってますが、甘くて辟易してる
とまぢふです。









 では、こないだの
「おじサイクルキャンプ in 飛騨金山の森」
の最終章です。

完全なる酔っ払いジジイの
愚行・醜態をさらしてるダケの記事です。
「何が言いたかったの?」
と問われれば、
『これがワシ』 ってゆうことです。










 暗くなり、古民家の中に酒宴の場を
移したワシたち。







 1DSCN7613.jpg

何はともあれ カンパ~イッ!!!

asanoちゃんが料ってくれた 「ヒラメ」 「しまあじ」
「鯨」 の刺身。 高級食材ばっかで酒が進む進む!





 2DSCN7652.jpg

だいたい このあたりから記憶が飛んで、
後で写真みて徐々に思い出いとる・・・。













    3DSCN7673.jpg

カラみ出しましたね~~~
最初の犠牲者は marumoさん!




  ・・・でも ・・・







 4DSCN7685.jpg

「コブラツイスト」 だか、「卍固め」 だか。。
アイツ、こんなワザを持っとるとは知らなんだッ!!
完全に泣きが入ったワシでした。。。









    5DSCN7695.jpg

いつの間にか、外では 半袖にいちゃんが
火の番をしとった。

ロケット燃焼器、どえらい炎上しとるねえ!











 6-1DSCN7698.jpg

そこへ踊り出た 酔拳使い!
「ヲノレ、一人こそ~り呑んでやがって!」





 7DSCN7708.jpg

こうしてやるッ!!

頭の中のワシ ↓


 6-2g745318_photo_7.jpg

・・・ 半袖にいちゃん、な~んも悪うないのにね。。












 8-1DSCN7717.jpg

「お相手 つかまつろう。」

ニャニを~~~?!
その構えはオヌシも かの拳法使いか?!

ワシをダレやと思っとる?!









 9-2donnie-yen-ip-man-3.jpg

詠春拳 (えいしゅんけん) の
イップ・マンやぞ~~~ッ!!!

(って、アレ? 酔拳のジャッキー・チェン
だったんでは?)











 10DSCN7729.jpg

アッ! こいつ反則やッ! 
武器使いやがってッ!!!
詠春拳に、ウチワ使った戦法なんか
あったか?!





 10-1DSCN7726.jpg

 って、ちょっ、待っ ・・・

強い、強すぎるぞコイツ!

・・・ シヤナイ。

詠春拳でも 他の流派ので行くぞ!













 11DSCN7736.jpg

お前が 「イップ・マン派 詠春拳」 なら、
ワシは・・・

『正統・詠春拳』 、
チョン・ティンチーの詠春拳だッ!!




 12DSCN7758.jpg



 13-1DSCN7741.jpg

 いざ、来いッ!!

ワシのアタマん中 ↓





 13-2maxresdefault.jpg


 13-3サブ5

か、カッチョ良すぎる、 チョン・ティンチ ←クリックしてね!
(演・マックス チャン)


・・・ワシの手の平の向き、逆でしたね。











 14DSCN7750.jpg

呆れつつも見てる? ギャラリー。









    15DSCN7761.jpg

ロケットはますます盛ん、、、





 17-2DSCN7771.jpg

ではあるが・・・ 






    16DSCN7765.jpg

やがて果てた泡太漏兄さん・・・





 17DSCN7770.jpg

asanoちゃんも このとおり・・・







    18DSCN7776.jpg

だいたいイイ感じにデキ上がった皆さん。。。

だけども・・・・











 19DSCN7809.jpg




 20DSCN7812.jpg

ココからのカラみが本物でしょうッ?!

『イップ派 詠春拳』 と、
『ティンチー派 詠春拳』 を駆使し、
ようやく yuki嬢を倒せた!!
手強わい相手だった・・・。
(手の平、逆ですけど。)
















 21DSCN7804.jpg

この絵を撮られたの、
まッッッッッ・・・たく 記憶にございません。
親分に殺されるかもね!









 22DSCN7825.jpg

午前 1時 42分。
最終的に残ったヤツら。

あれ?! ツッチー師匠も
おるがなッ!!!
ホントは おツヨイのでは?















    23-2line_201994800620420.jpg

 ジャ~~~~ン!

翌朝 6時。




 23-1DSCN7865.jpg

天気は上々、知らないうちに食事が用意されとった!







    24DSCN7860.jpg

外では asanoちゃんがロケットで
「牛・味噌ホルモン」 を焼いてくれとる。

・・・ 朝から 牛ホル?!

イイね~~~









 25DSCN7875.jpg

「さあ、みんな食べようぜ!
女性のかたがたに感謝しろよ!
特にオマエだッ!!」

・・・へェへェ。 充分 承知しております。






 26DSCN7877.jpg

実は今回、marumoさんが提案しとったんよ。
「女性陣の負担減らすために、朝は
サトウのご飯とレトルトカレーにしよまい。」
って。
なんて優しく、気の利いた・・・

でも結局、こんなスゴイご馳走。

深夜までバカやっとって、本当に申し訳ありません!
ありがたく、おいしくいただきました!!










 27DSCN7904.jpg



 28DSCN7911.jpg

食後は、余った食材・金銭の分配(くじ引き)
と 反省会。










    29DSCN7914.jpg

オマエらも反省しろよッ!!!




 30DSCN7873.jpg

「って、ボクたちが何を反省?」












 

 31DSCN7880.jpg

さあ、片づけだッ!












 32d50g1561286262539.jpg

皆さん、お疲れ様でした~~~

今年もイイ呑みができて嬉しかったよ!
(皆さんには ご迷惑をおかけしました。)








 
 33DSCN7917.jpg

G隊長
「じゃ撤収! また来年ココでね!」

yuki嬢
「隊長~、次は隣りでやりましょうよ~」

G隊長
「ダメだ! 設営が楽しいんだ!」

yuki嬢
「へェヘェ、すみませんね、遅れて来て。」


まあ、ドコでヤルにしても、ワシは呑んで騒げれば良し!
yukiちゃんとこの梨園でのバーベQも大好き!
泡太漏兄さん、火の番しかしないのがアレですけど。

とにかく、今回もドエライ楽しいキャンプでした!

来年は Mィちゃん参加しないかにゃ~~






 おしまい。










 酒宴 中入り後

 こんばんは。

映画「ゴジラ」 を観てきた とまぢふです。












 こないだの続き

っていっても、
ただただバカ騒ぎの様子ですからね。。

でもまあ、いろいろと新しいアレもあったりして。











・・・どこまで話したんやったっけ?

ああ。 Mィちゃんか。



彼女が勧めてくれた物件、
「ささゆり」の隣りの別荘。




    9DSCN7295.jpg

あ、これはその玄関。
古民家ではない、割と近代的な。








 10DSCN7298.jpg

その敷地内には、
「全天候対応」? な設備が。

さらには 「エアコン完備」 で、
屋内に 「囲炉裏 いろり」
まである!
そのうえ、「ささゆり」より 5千円安い!!
まあ、泊まれる人数、ささゆりはハンパないでね。

隊長、もう来年からココでいいんやないの?

「いや、ダメだ!
苦労してナンボがキャンプだろ!!」











 11DSCN7307.jpg





    12DSCN7314.jpg

 



 14DSCN7320.jpg

毎年毎年、こうやって設営してます。
軒先からブルーシート張り、雨に備える。
絶対必要な作業。

回を重ねるごとに、そのスキルが上がり、
今日はもう 30分足らずで完了!



 15DSCN7322.jpg

テーブル設置から、蚊取り線香の用意、
もちろんシュワシュワ・食材もキッチリと。
いくつもあるクーラーボックスには、
中身が判るように書いたガムテを貼る。



 15-2DSCN7325.jpg

G隊長が取り仕切る!
「チャッチャと動けよ! 
初めてのコトじゃないだろ!」









そんなこんなで、もう
午後2時過ぎには辛抱たまらず。。








 16DSCN7335.jpg

 

 17DSCN7330.jpg

 「カンパ~イッ!!!」





 18DSCN7344.jpg

怒涛の酒宴が始まります。
(絵的に、ムサ苦しいのはアレやで、
この場は控えめなのを・・・)












    19DSCN7354.jpg

今年のキャンプの目玉は、なんといっても
asanoちゃんが開発した
「ロケット燃焼・調理ストーブ」 !

自身の「鉄骨業」をボーンに、ネット情報を駆使し
試行錯誤を繰り返しながら ついに完成させた
究極の逸品!



    20DSCN7357.jpg

強烈な火力を誘い出しながらも、それをかわす
鍋の置き場も考えた。
「カリカリ・ベーコンなら直に。
余熱を期待するならここに鍋を。」
みたいな・・・。



    20DSCN7370.jpg

mayumiさんから差し入れで いただいた
手作りチャーシューは、炙るだけでOK。
なので この位置。

このロケット、ホントに 「買い」 ですよ!
asanoちゃん、マヂ売れば?














    21DSCN7366.jpg

オサム親分、桝酒の手配をする。
どれだけ呑めば親分を刺激しないのだろうか?
まさか1杯で終りにでもしたら、彼の逆鱗に・・・
でも温情ある親分、
「桝の中身はテメーらの好きにしろ。」
と。
ワシ、恐る恐る 「ビール」を注ぎました。。。






  22-1DSCN7363.jpg

asanoちゃん、
「さあ、焼けましたよ~。
このコールスローに注げばイイんですね?」

ちょ、ちょっとまって! asanoちゃん!!
アブラぎったベーコンを、それごと入れる?

「な~に言ってんすか。アブラが旨さを醸し出すんですよ」






 22-2DSCN7404.jpg




 23DSCN7375.jpg

蚊やりは 怠りなく。








 25DSCN7377.jpg

「あ! 来たッ!!」

・・・ 誰が?








 26-1DSCN7378.jpg

さっそく動く 泡太漏(あわたろう)兄さん。




 

    26-2DSCN7387.jpg

遅れて登場したのは
「yuki」 ちゃん!
毎年毎年、ありがとう!!
こないだワシらが押しかけた 「梨の袋かけ」、
まだ大丈夫でしょうか?
「アイツらが来ないほうがデキがいいッ!」
って、お父様 怒ってないでしょうか?










    27DSCN7382.jpg

yukiちゃんの荷物を得意げに
背負って来た泡太漏さん。

それをみて marumoさん、



 29DSCN7381.jpg

「あんの ○ゲじじい~~!」
・・・このあとの文言、ワタシにはUPできません。


 30DSCN7379.jpg

それ聞いて笑う面々。
まあ、この時点でみなさん完全にデキ上がってました。
(まだ明るい。今回、天気に恵まれました。)












    31DSCN7394.jpg

 yukiちゃんが来たあと、やおら作業し始めた隊長。




    32DSCN7393.jpg




 33DSCN7389.jpg

続く手下たち。

これは、隣りの別荘へ
「つつがなく」 行けるようにと配慮した隊長の
アレ。

草刈りは 「ささゆり」 までは完璧やったけど、
トイレがある隣りの別荘まではイマイチ。
なので、『刈るぞ!』 の命令が。。
ワシらはドコでもええけど、女性の方々にはね。












 35-1DSCN7420-2.jpg

というワケで、だいたいメンバー揃ったので
改めて 「カンパ~イッ!!!」












    35-2y201952938935019.jpg

こんな感じでワシも接待してた(らしい)。





 36DSCN7433.jpg

くずやさん、「覚えてない」 の初端は
このへんにあるのでは?
「勝手にヤル。」

でもまあ、しょせん
「酔っぱらうため」 に来た面々。
それはソレでイイです。













 37DSCN7444.jpg

「あッ! またダレか来たッ!!」










 38DSCN7452.jpg

な~んかもう、来た時点でヨロヨロな我が
ツッチー師匠!!


今キャンプ、実はワシ、第1回は参加してないんよ。
(今日は、会としては5回目。)
家のコトとか、葬儀が重なって。
そんな栄えある「第1回キャンプ」に参加しとって、
その後ずっとナリを潜めとったツッチー師。
今回初めて師匠とのアレが実現しました!!







 39DSCN7464.jpg

とりあえずカンパ~イッ!!!!
(実は師匠、酒飲めないんです・・・
それでも来てくれたヲトコ気に乾杯!)













    40DSCN7498.jpg

半袖にいちゃん、まさかのスーパーマンTシャツ!
それって、初めて参加してくれた時のヤツでは?!

・・・あの時はワシ、完全にアレやったでねえ・・。

そんな衣装を今回?
知らんよ。 知らんでね!








    41DSCN7569.jpg

asanoちゃんは またまた調理しとる。
ロケットコンロで!
ワシが用意させられた 「白ホルモン」 とかを。
(でもそれ、スンゲー食いたかったんよね!)






 42DSCN7551.jpg

みんな群がるけど、すみませんワシ、
この画像を撮った覚え無いです。

て言うか、700カット近く撮った絵、
あとで確認して
「あ~、そんなコトあったような・・・」
な テイタラクです・・・。







それにしても、さっきから写ってる
若い 「おぜうさん」 、
気になりませんか?
(Mィちゃんはともかく。)











 43DSCN7542dited-1.jpg

こんな風体の人間が、若いオナゴを
引き連れてればゼッタイ、
「人買いか?!」
って思いますよね!

親分一人だけ見れば
女衒 ぜげん 」 のオヤジ・・・
にしか見えない。



が、

横の女性の笑顔・・・


これがなんと、マサカの、
「親子」 !!

嗚呼・・・














 44e201962899721265.jpg

泡太漏・ワシ・親分
まだ明るいうち。。。







 45DSCN7586.jpg

屋内では、またまたasanoちゃんが用意した
「ヒラメ」「しまあじ」「鯨」
ってのがサイコー!!





  46e201981492075998.jpg




 47DSCN7596.jpg

  あれ? 
 ツッチー師匠って、酒呑めないんでは?

それを勧めてるのは・・・ ワシ?


  。。。全く覚えてないです。。。









つづく。













 

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ