Latest Entries

 飲んで終わった 祖師野祭り


 こんばんは。

初めて買ったレコードは
「一番星ブルース」 昭和53年。
初めて買ったCDは
「長渕剛」 昭和62年頃。
初めて借りたDVDは
「チャーリーズ エンジェル・フルスロットル」
・・・ な とまぢふです。













 こないだの土日は、わが故郷の
「祖師野祭り」 !



まずはその土曜日、本番の前夜祭。













 1DSCN0303.jpg

小学校の体育館で、祭り余興として
いろんな催し物が繰り広げられる。

消防団員(主催者)が持っとるのは、
この祭りに 「お花=祝儀」 を
くだれた人の名前と金額が書かれた
「海老絵」。
これが体育館に貼りめぐらされ、翌日は お宮の
境内に移される。












 2-1DSCN0270.jpg
 
先ずは地元のバンドによるアレ。

ヒットソングからマニアックな歌までを網羅して・・

おととしはなんと、「一番星ブルース」を
やったでねえ!






 2-2DSCN0285.jpg

今年も古い 「ひげダンス」 !!



 2-3DSCN0286_edited-1.jpg

でも、なんか拍手喝采やったよ!
この2人、実の親子やし。



・・・ でもワシが見たかったのはコレ!













    2-4DSCN0273.jpg

「カヨちゃん」 「キーちゃん」
による 「親子デュエット」!

美人どうしやで、毎年楽しみにしとるんよ!
(勝手にUPしてイイんかにゃあ・・?
まァ、これでも親戚やで堪忍してくれるやろ!)













そのあとは毎度おなじみ、
「みるき~ちゃん」 による
バルーン・パフォーマンスです!

 3DSCN0345.jpg

今年も来てくれました、みるき~ちゃん!










    4DSCN0362.jpg

・・・ もう、10年は来続けとくれるんやない?
彼女。
いったい何歳やろ?
あの 「赤ちゃん言葉」 で
全くケムに巻かれとりますが・・・




 5DSCN0403.jpg

でも、みるき~ちゃんのショーは
いつも大盛り上がり!












 6DSCN0438.jpg

あのあとも、ちびっ子らのヒップホップダンスや
ドサ回り演歌歌手さんの歌謡ショーが続く・・・










ワシは、毎度のゲスト
「くずやさん」 を接待すべく、
非常に後ろ髪引かれる思いで
残りをハショって家路についたよ。
(って言うか、この場も最初から
おりましたけどね、くずや氏。)









ウチに着いてから




 7DSCN2784.jpg

「乾杯~~~!!」
体育館の片すみで売られとった
フランクや団子をアテに。










 8DSC_2831.jpg

とりあえず観る映画は、
「イップ・マン 1」 !
強制的に観させるのだ。

・・・まあ、お喜びな風情なのでヨシとする。










 9DSCN2806.jpg

英国人ボクサーと対峙する
我らが 葉問(イップ・マン)。
やや劣勢。
(「イップ・マン 2」 より)











 10DSCN2810.jpg

詠春拳(えいしゅんけん)は、このような
「木人樁 もくじんしょう」 という物を使って鍛錬する。

(ちなみにこの画像の映画は
「イップ・マン3 『継承』 」 。
何本 観させとるんよ!!)


















    11DSCN2808.jpg

こりゃ~~ッ!!
それはシロちゃんの 「ねこタワー」 や~ッ!!
木人樁 もくじんしょう やないわい~~ッ!!

・・・コイツもかなりイッてまっとるな・・・



で、そのあとは お約束、













 12DSCN2818.jpg

「トラック野郎」 ッ!

これは 第3作 「望郷一番星」 。
(ワシがいちばん好きな作品。
全10作のウチで。
いずれUP・紹介します!!)









でも、
この頃 (午前2時らしい) のワシ



















 13DSCN2812.jpg

こんなだったそうで・・・・
















 14DSCN0524.jpg

翌朝 カラになった缶を並べ、

「オレらも衰えたなァ・・・
27本とは・・。
去年は 30本並べたのに・・・」
と、のたまうワシらでした。














 15DSC_2865.jpg

今年の祭りは雨模様。
ワシが当元の班長やった4年前と同じく。

とりあえず公民館でダベる。
当然、お神酒でグダグダと・・・。
(ゆうべの酒を迎えに行ってます!)






 16DSC_2892.jpg

この子らに申しわけないで、
ちったァ シャンとせにゃッ!!
















 17DSC_2927.jpg

雨やで、拝殿の中で舞います!

ああ、4年前が思い起されますね~
「舞い納めそ~ろ~」
と口上述べてまったワシ・・・。
「舞い始め候」 やのに・・・。
一生の不覚!
でもまあ、そろそろみんな
忘れとるやろと思ったにケースケ、
「ボクが死ぬまで言い伝えます!」

・・・頼む、忘れてくれ!!

















 18DSC_2917.jpg

こうして今年の祭りは無事?済んだよ。










 終始 酔っぱらってた 祭りでした。
八幡さま、ごめんなさいッ!!








おしまい。










   林業 


 こんばんは。

今年が 「ともだち歴 3年」 であることに怯えてる
とまぢふです。
(映画 『20世紀少年』 より。)











 このごろ、みょ~に暑いねえ!
夏に戻りよるんやない?

そんな暑い こないだの連休、ワシたち(妹どの、甥っ子ゲン)がやったコトを・・・











その前、お彼岸。


 1DSC_0625.jpg

なんじゃこりゃ~~!!










    2DSC_0629.jpg

うち(オヤジの実家)の桐(キリ)の木、
台風で倒れて、こともあろうか
「観音堂」 を直撃しとるがなあァァァ・・・






 3DSC_0623.jpg

「えらいこっちゃ!」
と嘆く 妹どの。




この観音堂は、近所の有志が30年くらい前に
建てたもの。
交通安全を祈願して。
・・・ってゆうより、ここをより所にして
花見会やらで皆が集まれるトコにしようと。
ワシ(親父の実家)の土地のすぐ隣に。





・・・時はウツロイ、発起人は亡くなられ、
いつしか廃墟然と化した観音堂周辺。
もう取り壊すというハナシも聞いとる。

そこに倒れかかった我が桐。
この木はウチの土地に生えとるヤツやで、
なんとかしならんろ?
たとえ ブッ壊される運命のお堂でも・・・。

まあ、ワシの自慢の
「スティール製のチェ~ンソー」
なら 他愛ないやろ?!
たかが桐の木ごとき!!





・・・ところが


こういう、「寄りかかった木」
っていうのは、いちばん危険なんやってね、
倒伐するのに。 ↓

http://www.rinsaibou.or.jp/cont02/items07/0207_03_idx.html


いろんなサイトを見てみたら、
「切れたとたんに跳ねあがって死亡」 とか、
「思いがけない方向に倒れ死亡」
「いきなりズリ落ちてきて死亡」

こういうのを
「かかり木」って言い、
複雑なテンション、コンプレッションが働いとる
らしいんよ。
やで、どシロートは手を出したらイカンと。


・・・ヤバイ。
チャチャッと一人で片づけて
わが妹どのにカッコつけようと思っとったに・・





 4DSCN2782.jpg

状況。


妹どのも、
「ゼッタイに一人でやるなよ!
こんどアタシら そっち行くから、
その時にいっしょにやろまい!」

ワシもまだ死にとうないで、従うことにしました。













 6DSCN2592.jpg




 9DSCN2596.jpg




 11DSCN2611.jpg




    7DSC_0936.jpg

10月8日。
お彼岸の時と比べて 葉が枯れて少のうなった。










 12DSCN2610.jpg

思い悩むワシ。







 13-1507538164932.jpg




 
 15DSCN2616.jpg

甥っ子の「ゲン」と作戦を練る。
(撮影、ど妹!)








     16-1507538119525.jpg




 17DSCN2606.jpg

まずは下草を刈る!

都会暮しのゲンにやらせよう!
あいつ、こんなコトやったことなやろで
興奮するぞ!

・・・ところが。

「会社の保養所が長野県にあって、
毎年イヤというほど草刈りさせられてるよ!」

結局ワシが・・・











 18-1507538167638.jpg

こらッ、ゲンッ!!
勝手に切るやないワイッ!!
跳ねて死んだらワシ、ど妹に顔向けできんがなッ!!








  20DSCN2623.jpg

フフフ・・・
こういう武器を持っちょるんよ、
オジちゃんは!
任せんかいッ!!
(と言いながらも、これ扱うの
買ってから3回目。)











 21DSCN2621_edited-1.jpg

いきなり 「エンジンかからん」 。 爆。











 23DSCN2627.jpg



 22DSCN2628.jpg

ええいッ!!
文明の利器のチカラを思い知れ~~ッ!!







 25DSCN2639.jpg




 26DSCN2640.jpg

こうやって切る間、汗がダーダーと。
10リットルくらい出たのでは?
「暑い3割、冷や汗7割」
みたいな。。。
ワシやって、死にとうはないでね!







 29DSCN2646.jpg

「ゲン、どうや?
ここまで切って残りは あとちょっと。
引きずり降ろすか?」

「でもオヂちゃん、『かかり木の処理』
で、やってはイケナイんじゃなかった?
抱えて降ろすのって・・・」

「オカマか? お前は!
よし、お母さんも呼んで3人でヤルぞ!」



な~んて会話はもちろん無いよ。
全ては妹どのの、
「引きずり降ろいてまえ~!」
の号令で。
・・・ヲトコらしい・・・









 30DSCN2657.jpg

みごと、観音堂に寄りかかっとった木を
引きずり降ろせたよ!





 32DSCN2650.jpg

思わず ハイタッチッ!!






 33DSCN2664.jpg




 34DSCN2672.jpg




    35DSCN2675.jpg

ジミ~に枝を払い、幹をカットする。









 36DSCN2688.jpg

「どうや? まあこんなモンやろ?」









     37DSCN2691.jpg

「ついでにコイツも ヤルか!」

お堂の近くの桐の木も。。。










 38DSCN2703.jpg




 40DSCN2711.jpg

「バイ~~ン、バイィ~ン~~~!」
大仕事を終えた余裕で。。。








  44DSCN2722.jpg

今日はコイツのおかげです。





 41DSCN2717 - コピー

ゲンも なにかしら得意げ。
危機を救ったというアレか?





 42DSCN2718.jpg

きれいになったよ!

管理者から頼まれたワケでもなく、
「ヒトとして放っておいてはダシカン」
の気持ちから・・・。


でもね、ワシや妹はイイよ。
ただ、若い甥っ子の連休を潰いてでも
やらならん仕事やったのか?
っていう 後ろめたさ。。。
妹にとっては息子。
命令すれば済むコトやけど。
ワシにしてみれば申し訳なさが
ココロに充満する・・・





ところが ゲン、
「ああ、楽しかった!」
って言ってくれた!!

ワシ、その一言で全てが救われたよ!














 43DSCN2726.jpg

切った木の一部






    46DSCN2753.jpg

草刈り機で仕上げた。








 47DSCN2736.jpg

ゲンと その母、父親・亭主に報告メール。








    48DSCN2737.jpg

あとは、この『朴の木』やな。
そのためにチェーンソー買ったんやで。

午前中いっぱいかかるかと思っとった
「倒木処理」、10時半に終わった!






















    49DSCN2755.jpg

妹、甥っ子が帰ったあと。
午後4時。
再び現場へ。










 51DSC_0099.jpg

オヤジの負の遺産 (の、極一部)
廃材。






 52DSCN2766.jpg

もう、どうしようもない材木群・・・


 
 







 50DSCN2769.jpg

午前中に引き続き、たそがれ時も・・・










 54DSCN2776.jpg

だいぶヤッツけれたよ。









 
   55DSCN2779.jpg

ありがとう、今日のイイ天気。


充実した一日でした。

おしまい。











 感謝しろッ!


 カアチャン 今この時間、どんな気持ちで
おるんやろ・・・











カアチャンを
「特別養護老人ホーム ・ 特養」 への
入所希望を申請して 6年。

今日、やっとそこに入所できた。
いや、正しくは 「グループホーム」 から
転所させれた。

そのグループホームの世話になって早や 5年。。
月日の流れの早さに今さらながら驚かされる。。
ものすごう濃い5年やったからね。



時々 ワシのことさえワカランようになってきたカアチャン。
そんなカアチャンでも、今までのグループホームを
離れさせ、特養に移すには心を砕いたよ、ワシら兄妹。

どうやってカアチャンを だまくらかいて連れて行こうか・・・
新しいトコに馴染んでくれるやろうか・・・

初めてグループホームへ入れた時と おんなじ。




お世話になったグループホームの職員さんの中には
涙ぐんでござった人も・・・。
「みんなで お送りします!」
って言っとくれたのを丁重に お断りして、
「カアチャン、散歩に行こまいか。
そんでな、今度 部屋替わらならんコトになったんや。」
と、さりげなく出て行かしてもらった。




新しいトコは ちょうど夕食前の時間でもあり、
なだめすかしてテーブルに付かせ、
あとは お任せしてきた・・・


カアチャンを可哀想と思ってはいかん。

こうやって ワシが書き並べとるコトは、
本当に どゼイタクなコト・・・
苦労が足りない・・・
妹の家族には本当に世話になりっ放し・・・
全部 ヒトに丸投げして自分は ノホホンと・・・




そういう 後ろめたさが ずっと付いてまわってます、
今までも これからも。。。












これまで本当に良くしてくれた
「グループホーム・うららびより金山」
の職員さん、入所者さんたちには
心の底から感謝しております!
母も私も こんなに穏やかに過ごせたのは
うららさんたちのお陰ですから。

そして、妹よ。

こんな甲斐性の無い クソ兄貴を、
よくぞ見捨てず、 支えてくれとるなあッ!

いちばん感謝しならん相手やのに、
いっつもブタブタこいて スマン!

健康に気を遣い、(なるべく)世話にならんでも
イイようにがんばるで、これからも叱ってくれよな!

ありがとう。











 おしまい。











気分は 「おもてなし ride」 ! 

 こんばんは。

今日の昼休み、衆院解散のせいで 朝ドラ
「ひよっこ」 が観れず発狂しかけた とまぢふです。













     30DSCN2095.jpg

「行くぞ~~~ッ!」 で終わったんよね?
 前回


では、その続きから。













 31DSCN2099.jpg

・・・ みんな ・・・
坂がキツイのはわかるよ、
でも・・・





 35DSCN2105.jpg

蛇行するのはイイけど、
反対車線まで行って道幅イッパイ
使うのは よそうよ・・・






 33DSCN2102.jpg






 34DSCN2103.jpg

オサム親分と himiyoshiさんは とっくに
行ってしまい・・・







 36DSCN2108.jpg

ようやく、第一駐車場へ!






 40DSCN2121.jpg

「短か~~~!」





    41-1DSCN2116.jpg

「トレーニングとして2、3往復するべきですね!」








 38DSCN2112.jpg

「なに言ってんだよ! もう限界だよ!」






 37DSCN2113.jpg

「え? ここがゴールじゃないの? お城は?」
mayumi 嬢の落胆ぶりを、ワシらは面白がって
見とるだけ。











    41-2DSCN2115.jpg

 ちゃんと書いてあるやんか!
「お城 おじょう」 って!
行くよ! お嬢 !!











 43DSCN2123.jpg

第一駐車場、ここがホントのスタート地点。 
整理係のおじさん、
「ここからがキツイよ! オートバイの人も
コケたくらいやでね!!」

だ、大丈夫なんか、自転車で・・・














 44DSCN2128.jpg

「ウォリャ~~!」
親分とヒミさんは 力強く行ってまった・・・











 45DSCN2129.jpg

お嬢、100mも行かん内に、まさかの
「押し」 !





 46DSCN2134.jpg

「もお、なんでこんなトコ登るのよ~~」








 47DSCN2140.jpg



 48DSCN2153.jpg



 49DSCN2154.jpg

こ、こんなトコをクルマを通すってのが
間違っとる!
狭すぎるッ!














 50DSCN2158.jpg




51DSCN2160.jpg

おッ!
なんか、城っぽうなってきたぞ!!
目的地は近い!














    53DSCN2175.jpg





    52DSCN2180.jpg

ようやく笑顔の お嬢。
(結局、第2ステージは全て 「押し」 !)










 54DSCN2166.jpg

それにしても昔のヒト、たいへんやったろうね~











 55DSCN2172.jpg

「おっせ~よ! 待ちくたびれたよッ!!」







    108DSCN2186.jpg

「もーイヤッ!」




 57DSCN2189.jpg

「ぶ~!」

・・・ コメントは 差し控えます。















 59DSCN2185.jpg



 60DSCN2207.jpg

結局、上の 第二駐車場まで登って終り!
お城には上がりません!
なにしに行ったのか?

「単に お嬢をイヂメたかっただけ。」
 G隊長・談


超久しぶりに参加してくれた姫を
なんともまあ、人でなしな扱い・・・

やっぱそれじゃアンマリだという事で。。。










 


    61DSCN2226_edited-1.jpg

郡上八幡の町を散策。







    62DSCN2246.jpg

「宗祇水 そうぎすい」 にて。
(モデル、ヒミさん。)

室町時代の高名な連歌師の
「飯尾宗祇 いいお そうぎ」 さんがココを訪れて
絶賛した湧き水。





 63DSCN2257.jpg

今や mayumiさんは女優扱い!
ゴキゲンとらにゃ!



 64DSCN2259.jpg

 親分は親分。






飯尾宗祇って言えば、こんなコトが。

ある日、弟子?の一人が
「どんな上(かみ)の句にでも付けられる、
粋な下(しも)の句ってないでしょうか?」

・・・どんな句にもって、そりゃムリやろ。
ところが宗祇師匠、

「こんなのは どうじゃ?」

『それにつけても ゼニの欲しさよ』


すごい。
とても高名・高尚な文化人とは思えない発想の。。。
情緒タップリな上の句も、これを付ければ
たちどころに世俗的に。
下の句が浮かばなければもう、コレ付ければイイ
みたいな 「万能の句」 !











そういえば・・・











 109IMG_20161221_0009.jpg

映画 「トラック野郎 シリーズ」 でのもう一人の主役、
『ジョナサン号』 のリヤに描かれてる絵と歌・・・

ここにも生きとった、飯尾宗祇!!

(・・・・ と書きましたがトンデモナイ錯誤!!
「それにつけても金の欲しさよ」
は、飯尾宗祇さんではなく、
「山崎宗鑑」さんでした!
40年間、勘違いしてた ウツケ野郎とは
ワシのコトです!!
今後の自分への戒めとして、恥をさらし
このままUPしておきます。
皆さま、どうぞ お間違えなく。
あの句は 「山崎宗鑑」 です!)


さらにハジ・・・




 DSCN2586.jpg

高校の時に使っとった英和辞典。








 DSCN2587.jpg

・・・ タアケやろ?
どんだけ 「ヤモメのジョナサン」 の
信奉者やの? ワシ・・・

















 66DSCN2289.jpg



 68DSCN2300.jpg



 67DSCN2308.jpg



 69DSCN2297.jpg



 70DSCN2294.jpg

「さんぷる工房」 にて。
説明はいりませんね?
ワシも欲しかったよ、「柿ピー」 の!
ヤバいくらいの本物感!!




 







 71DSCN2313.jpg

「明宝・ジェラート」 。

この時点では ヒトはまばら・・・。





 72DSCN2315.jpg



    73DSCN2326.jpg

実に似合わんね~、野郎がジェラートって・・・



    74DSCN2329.jpg

これでさっきのブーたれた絵とは帳消しにして!




    76DSCN2332.jpg

ニヒルを装っとるけど実は・・・




    75DSCN2339.jpg

この絵には コメントしたくなるけど できません!
あとで殺される!!




    77DSCN2335.jpg





 78DSCN2342.jpg

食べとる最中、どんどんドンドン 人が!
ワシらって、こうやってお客さんを呼び寄せる
「福の神」 では?
そういうコトって、しょっちゅう あるんよ、
ドコ行っても!










 79DSCN2351.jpg

旧 八幡町役場。
ヒミさん、眠気 MAXらしょうて、ここら辺で
寝させてくれって。。。

まあ、普段 300kmを走る方からすれば、
ワシらの rideは タルくてしょうがないよね~







 80DSCN2357.jpg




    81DSCN2363.jpg

ヒトんちの裏を流れる用水路。
「いがわ小径 こみち」 って言われる。
金山の 「筋骨 きんこつ」 みたいな?





    82DSCN2382.jpg




    83DSCN2371.jpg

水路には 丸々と太った鯉が泳いどる!

それ見た隊長、
「まるでアレみたいやが! 」
アレって何?
「アレだよ、アレ。 あの海におる黒いヤツ。」
判りませんよ~
「オサムッ! 『フリッパー』ってなんやったっけ?」
「イルカっ!」
「そう、それ、イルカ。」

・・・ そんなのも出てこんようになったの?
・・・ 即答した親分もどうなの?

(フリッパーとは、日本では1966~68年に放映された
アメリカのドラマ、『わんぱく フリッパー
 
ワシも観たことあるけど、その頃はまだウチ、
TV無かったで たぶん再放送。



 84DSCN2365.jpg

そんなコトだけでもう 大笑い!






 86DSCN2374.jpg

だいじょうぶか? この面々・・・








 87DSCN2383.jpg

子どもたちが飛び込む橋の上から。

ゼッタイ無理!
このいな高いトコからなんて!!






 88DSCN2398.jpg




    89DSCN2390.jpg

裏木戸みたいな通りを アヤシゲに そぞろ歩くワシら。




 90DSCN2404.jpg

30分以上たって、やっと 戻る。












    91DSCN2409_edited-1.jpg

「おかえりなさい、あ~~ よく寝ましたッ!」













 92DSCN2421.jpg

さあ、帰ろかね。










 93DSCN2438.jpg



 94DSCN2435.jpg

郡上八幡駅にて。
お食事列車、「ながら」号。
週に3回くらい、一日一往復するだけ。
予約制で、その料金は 1万数千円!
それでも毎回イッパイだとか・・・
ケーチャンなら どんだけ食える?
ビール 何本買える?

いやいや、「粋」 を買うんやもね、こういうのって。
ワシみたいなビンボー人は、感性からして違っとる。。





    96DSCN2441.jpg

こういう、マダムさんたち御用達?












 97DSCN2445.jpg

さ~て、来たミチ戻るぞぉ~~!













 98DSCN2469.jpg









 101DSCN2501.jpg

撮りそこなったというか、撮ってはイケナイ絵だったというか・・・

お嬢、ここでみごとな 「立ちコケ」 をやってくれたんよね~

交差点、右からクルマ来とるで立ち止まった・・・
ハズが、お嬢、

「あ~れ~~~」

と言って 横にバタ~ン・・・

なんでも、
「止まったからクリート外さなきゃ と思ったと同時に
倒れていった・・」

「私は あらかじめ外すってコトができないの!
前の人のを見て真似するのに、今回は
両脇にいたから見えず、できなかったのッ!」

・・・ さすが、お嬢さん。

まあ、何はともあれ、ケガも無く、自転車も無事で良かった!
でもワシ、その一部始終を見とったからね、後ろで。
スローモーションのように倒れ込む お嬢を!
ケヘヘ・・・









 99DSCN2471.jpg




    103DSCN2515.jpg

そう言いながらもねワシ、お嬢の後ろを
サポーターのつもりで見守りながら走ったんよ。

ダメージ受けとらんやろか?
自転車に不具合ないやろか?
ってね。
決して ヨコシマな意識を働かせ・・・
な気持ちは ございませんッ!










 102DSCN2510.jpg



 104DSCN2534.jpg

暮れ行く長良川河畔・・・









 105DSCN2557.jpg

到着~~~!

ヒミさんに疲れは無い!









     106DSCN2559.jpg


「文句あんのか?コラ。」

総走行距離、78km。

親分とヒミさんは自走で来とるで、彼らは
150km越え。 キチガイ。








 107DSCN2571.jpg

「か・・・ 帰れた・・・ 無事に・・・」

「 こんなハズじゃなかった ride 」 になってまった
mayumiさん、お疲れ様でした。
これに懲りずにまたワシたちに お付き合いくださいね!













いや~、今回は距離も短いし(2人以外は)、
行き慣れたコースやで たいしたネタも無く
サラっとしたレポートになるともったに・・・。

まさかの 前後篇構成になってまったよ!

思うにワシ、最近 記事が長文傾向なのは
「写真撮り過ぎるから」 ではと気づいた。

でもまあ、今後もこれにお付き合いください、
皆さま。
途中下車は いっこうに かまいませんから!












 





正規報告書 → http://sports.geocities.jp/og_cycle/170924gujo-hatiman/report.html


himiyoshiさんバージョン → https://ordinarydaybikes.blogspot.jp/2017/09/blog-post_26.html 



  ・・・ みんな、うまいね~。
ワシも見習わにゃ!







 おしまい。


 









 郡上八幡・お彼岸 ride 

 こんばんは。

いつも 「6Pチーズ」 にしようか、
「ベビーチーズ」 にしようか迷う とまぢふです。











こないだ行ってきたよ、
「おじサイクル・郡上八幡 ride」 。


長良川河畔、「道の駅・美濃 にわか茶屋」
をスタートし、そのまま川を北上、
郡上八幡を散策して帰るってヤツ。

距離も短い し、(70kmくらい?)
まあ、ネタ的にも 期待できんで
ササッと行くよッ、今回の記事!












 1DSCN1668.jpg

今日は 超久しぶりに mayumi嬢も参加!
オサム親分も ゴキゲンです。
(親分は一宮からココまで自走!
ヲトコやね~~!)






 2DSCN1673.jpg

うしろ姿の方、「himiyoshi」 さん!
このヒトとも 超々久しぶりの ride。 
(ヒミさんも自走! 笠松町から!!)








 3DSCN1671.jpg

「長時間駐車は ダメよ」
の看板に気後れしとる、意外と小心者の
G隊長。
道の駅なんて どこも車中泊のクルマで一杯やんか!
たかだか数時間停めてもバチは当たらんろ?!
隊長さんよぉッ!











 4DSCN1679_20170926202219410.jpg

 「行くぞぉ~~」
と、異様にテンション高い お嬢・・・
 午前 7:45










 6DSCN1739.jpg

今回のタイトル、
「曼珠沙華ツーリング」 にしようか。
でも、けっこう遅かったよ。
花も だいぶ咲き終りな風情が。。。









 7DSCN1814.jpg

常に国道 156 を避け、長良川の
右岸を行ったり左岸を行ったり・・。
でもそれこそが、クルマも少くのうて走りやすい!
景色もイイしね。






     8DSCN1748.jpg
 
休憩して川のアユを見る。
ピョンピョン無数に飛び跳ねる鮎を。

「小っせ~な~! 5cmくらいしかないが!」
・・・いや隊長。 こんな高いトコから見とるでやよ。
この時期ならもう デカイやつは 20cmあるに!










     9DSCN1832.jpg

この ride 唯一のキツ目の登り、
「水口峠」 です!






 10DSCN1843.jpg

そんな名前が付いとるワケではない。
ただ、坂道のテッペンに
「水口酒店」 っていう お店があるだけ!

でも、そここそがワシらにとって
「峠の茶屋」 「お助け小屋」 !!







 11DSCN1866.jpg

助かったね~~
お嬢、いっつも そんな扇子持って走るの?!
ヒミさん、どーも そのニヒルな表情が
気になっとたら、
「ブログ記事的には、通りすがりの
一般人を 装ってた方がイイかと思い。」
・・・意味ワカンネ!







話しは変わりますが ワシ、昔から
一宮市とは縁浅からず関わっとったんよ。
以前一宮に住んどったコトとは別にして。
今日の連中 全員一宮(ヒミさんも元々はそこの出)。
それも関係ない。




ワシの祖父、ジイチャン。
戦時中、一宮の ある人らを疎開先として
受け入れとったんよね。
飛騨の山奥で。
(古~~!)


家は お寺さんやった その方、
いつしか 一宮市議会議員に
ならさった。。。

やで、ジイチャンには毎年ずっと年賀状が来とった、
その市会議員さんから。

その一家が だいぶ前、ワシが小学生の頃、
ジイチャンとこ(オヤジの実家)へ遊びに来たことを
かすかに覚えとる。
ワシと年が似た坊が、サワガニを珍しそうに
つかまえとった。
「都会には おらんのや」
って、ジイチャンは言っとった。

そのジイチャンの葬式(33年前)には、
その市会議員さんが僧侶として火葬場に来てくだれた。

オヤジのお通夜の時(4年前)は、
その息子さん(僧侶)が お参りに来てくださった。
それが あの時のサワガニ坊とは、最近になって
気付いたよ。
(やで、あの晩 G隊長は 同席しとったんよ。
あの寺の現住職さんと。)



で、この水口酒店。


な、なんとココの奥さん、
若い頃 その市議会議員の選挙の時
「ウグイス嬢」 をしたんやとッ!!

嗚呼・・・ なんたる ご縁・・・
コシがヌケそうになるくらいビックリしたよ!!


あかん、記事がまた長うなりそうな気配が・・









    12DSCN1865.jpg

そんなハナシには いたって興味ない
我らが隊長。

「おいッ! 今日 郡上大和で何やらイベントあるぞ!
『郡上・うまいもんフェスティバル』みたいなのを!!」

皆のココロがザワつき出したものです。
八幡から 10km足らず。
ここまで足延ばしてもイイじゃないか?って。

でもね、今日のrideはね、参加はできなんだけど
marumoさんが お膳立てしてくれたんよ。
彼の知り合いがやっとる食堂で おいしい食事を
楽しもうって。
何人かはソコへ行ったことあるけど、
ワシは初めて。
ぜひ行ってみたかった。
そんなトコへ急遽新たな案が!

ヒミさん、
「ここはヒトとして、初志貫徹では?
そのイベント、もう何回もやってるんでしょ?」

G隊長、
「そうだな! 
今日は郡上八幡を楽しみに行くんだった!
大和はまた今度だ。 
よしッ! これで来年のスケジュール決まったぞ!
みんな、空けとけよッ!!」

大和まで走らなくてよくなったことで
ドエライ安堵の表情を見せたお嬢。
その顔を見逃してないぞワシは!







    13DSCN1859.jpg

店の外にもヒガンバナ。
やっぱ 「お彼岸 ride」 でもイイかにゃ!










 ここで区切り付けて 残りは
あしたりにしようかと思ったけど、
たいして書くコトないで続けます。














 14DSCN1907.jpg

長良川はイイね~
(馬瀬川もイイよ~)









 15DSCN1959.jpg

郡上八幡駅に到着~
10:34  スタートから29km。
30キロを2時間半~~?
いいんです。 それが おじサイクルなんです!
(ヒミさん、ごめんなさい。 
300kmを走るアナタには苦痛だったかも。。。)






 16DSC_0643.jpg

・・・。












 18DSCN2027.jpg

長良川支流、吉田川。










 17DSCN2009.jpg

ごちゃごちゃと市街地走る。
迷子?
それも 面白い、FUN ride 。




 19DSCN2017.jpg





    20DSCN2048.jpg

郡上、来たね~~って感じ!











 21DSCN2040.jpg

到着、「おおや食堂」 !






 22DSCN2043.jpg

「自転車、表に停めなよ!」
って、ココの大将から。
この方が marumoさんの知り合いの人。
「いいの? こんな玄関先に停めて・・」
と、また急に小心者ガオした隊長。







 23DSCN2050.jpg

ヒミさん、相変わらず無表情な通りすがり役・・。
ありがとう。














 24DSCN2060.jpg

「彼の肝いりだから」 と、大将からサービス!
ドエライ旨かったよ~、この豆腐!!

・・・ホント、ここをスルーせずに良かった・・・
ヤバかったよね?
このいに待っててくれたのを
危うくブッチするトコやったもね~(笑)





 25DSCN2061.jpg

本場、「郡上ケーチャン定食」 !

ヒミさんが訊く、
「ケーチャンの正しい発音は?」
「『ケー』を高く、『チャン』を低う。
『雑巾』とおんなじイントネーション」
と、レクチャーしたワシ。
「『ケ』から順に段々低う言ったら、それは
ピンクレディのケーちゃんになる。」
とも。
暑苦しかったやろね、みんな。











 26DSCN2075.jpg

そんなこんなで、美味しく楽しんで お店を出ました。
このあとドコ行くの?









 28DSCN2090.jpg

「うっそ~~、私、こんなの聞いてないよ~~!」
叫ぶ おi嬢。






 27DSCN2087.jpg

郡上八幡城までの 「ヒルクライム」 !






    29DSCN2089.jpg

「だいじょーぶ、ほんのチョットだから!」
と悪魔のササヤキをする親分。

・・・いや、ヤバイんじゃない?
お城までやろ?
ここ、全国 「天空の城」 のひとつやよ・・・





  八幡城063pb4b0b  じゅt498a

    「天空の城 郡上八幡城」

このいに高いトコへ登るの??











    30DSCN2095.jpg

    行くぞ~~~ッ!!!







 


 やっぱりココまでにしときます!

続く!!!
















 







Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ