Entries

   祭り前夜・余興

祭り本番をアップするつもりやったけど、
やっぱり、その前に 「余興」のことも載せとうなって・・・。
テヘヘ・・・


祭りの前夜は 「余興」と称して、地域の人が芸をやったり、本職の芸人を呼んだり、映画上映をやったり・・・。

昭和45年頃までは、ワシらのお宮に 「舞台」があり、ここで各種芸事が催されとった。 
ところが、火事で社務所と舞台が焼け落ちてまい、
その後は境内に鉄骨で舞台を作って、そこでやっとった。
ただ、境内やもんで、祭りが済めば また解体して片付けとく・・。

だんだん、それがメンドウになってか、すぐ近くの小学校の体育館での開催ばかりになってまった。
12年前、神輿の復活にあわせ、この鉄骨舞台も復活させたんよ。

サビサビやった鉄骨、グラインダーかけて落とし、塗装し直す・・・・。


     舞台1

みんな若いね~
まん中に座っとるヤツ、きんのうの神輿で、御幣もって先導しとった人間。


     舞台2


     舞台3

けっこう大きいやろ? 
組み立ても解体も、重機(クレーン車)や、高所作業車(バケット車)を動員。
それでも 丸一日ずつかかった。

・・・やけんども、ヤッパ、体育館でやるより風情があったねえ・・・


     舞台4


     舞台5

雨・露をしのぐために、観客席の上もシートで覆いつくし・・
今となっては、ホント、よおやったもんや・・。
     
・・・でも、それも3回やって もうやめてまった。
やっぱり、ヒトを集め、重機も手配し、祭り前後の休み日を全部使ってまでしてやるには、ちょっとアレやった・・・。 
2年前、鉄が高騰した時、ついにこの鉄骨も売ってまった・・・。


というわけで、最近はまた、ずっと、体育館ばっかり。

毎年、だんだんと来場者も減ってきよった。
子どもも少のうなり、毎年同じような内容では魅力が無い。

・・・「今年は いつもと違うコトをやろまいッ!!」

それまではズッと、地元の興行会社にお任せして、ドサまわり歌手やら、
手品師やらを呼んどったけど、それを改め、自分ら(消防団・若者会)が企画し、
出し物等、全てを見直そうと。

で、今回の演目?は、

「ご当地住民で結成したバンドの演奏」
「ご婦人がたによる 舞踊パフォーマンス」
「猿まわし」
「太鼓連による子ども太鼓」
「マグロの解体ショー」
「お楽しみ抽せん会」

目新しいのが、「サル」と「マグロ」。
本物をみたことある人って、ここらへんでは おらんともう。



では、「サル」から。




        1モンタ君

「モンタ君」ですッ! ネーミングが 超安易やと思いますッ!!





     1-2ピン君

猿回し自体は、本職のかたが操る(あたりまえ)けど、総合司会はコイツ。
昼間、ワシらと一緒に神輿かついどった青年。夜の部もご苦労さん!
(この、ボーリングピンの衣装?、自前なんやって!何に使ったんや?!)





     2モンタ・ジャンプ!

飛べッ! モンタッ!!
この他にも、「輪くぐり」「竹馬」「ハイジャン」「棒のぼり」などなど・・。
おサルさんって、どえらい運動能力高いんやね~





     2-2お客

体育館内の子どもたち、口々に 「カワイイ~~!!」。
うん。確かにカワイイ。飼いならされたヤツは。
(・・・ワシのうちの横の畑にも 毎朝来るよ、野生のヤツ。
モンタ君よりデッコうて、10頭くらいの群れで。
オソガイよ~!)





     3モンタおとなしい

ひととおり 「芸」が終わり、タッチ・・・やなしに、「ふれあいタイム」。
モンタ君、おとなしょう座っとる。 さわった子らも、
「やわらか~いッ!」って嬉しそうにはしゃぐ。

・・・そこでハプニング!!


     4モンタ、暴れる

「ダンゴ」を持って近付いた子、それをモンタに奪われた!
モンタ君が食べ終わるまで、5分くらい中断。
襲われ、奪われた子(なんか変な表現)、泣いてまった。
猿回しの人、「すみません、言い忘れてました。ダンゴ大好きなんです。」
・・・でも、いい思い出になるんやないかな?



「猿回し」のあとは、地元の太鼓連 「白龍太鼓」の演奏。
今日は その中でも 「子ども太鼓」。

     5白龍・子ども太鼓

子どもといえども、すごいバチさばきと気迫!


     6子ども太鼓2

なかなかの表情。


・・・これが終われば、「マグロの解体ショー」なんやけど、なんと、
その一行、なにを間違えたのか、「下呂」へ行ってまったんやと!
(ここも下呂市やけど、旧 金山町!)

大急ぎでコッチへ向かいよるで、なんとか30分時間をつないでくれって・・・

しやないで、太鼓の人たちにムリ言い、場を延ばしてもらう。


     7白龍inピン

大人の太鼓の予定無かったのでメンツなんか揃っとらん。
しかも、道具は子ども用・・・。
だけど、彼らは意気を見せてくれた!

まん中のヤツ、さっきまで司会しとった あいつ!
・・・実は彼、この太鼓連の主力メンバーの一人やった!
まさか今夜、自分がやらならんコトになるとは!しかもこんなカッコで!!
 
でも、イキナリの本番、直前練習もなしに、曲目もアドリブでこなしきり、
ヤンヤの喝采をあびとった! 

・・・こんなヤツが、わが若者会におってくれたことが誇らしい。

その後も 「緊急・お子様、太鼓練習会」みたいなのも開き・・・
ホンと、今夜の 「白龍太鼓」の方がたには感謝いたします!!

       8親・・・

・・・わが子を撮る親さんたち・・・


そうこうしとるウチに、件のマグロご一行、到着~!

     9マグロ

でっかいな~! 目!
・・・やっぱり、「メバチマグロ」やった。




     10解体

でか過ぎやないの?! ホーチョー。 カタナかい?




     11真剣なまなざし

う~ん、真剣なマナザシやねえ・・・。

でもね、この「ショー」、あらけねえ 「ジミ」。

エリにピンマイク付けとるで、
「エイヤッ!」とか、「ソリャッ!!」、「ほいッ!大トロ一丁!」
なあんて言いながらやるかと思っとったに、二人で黙々と、たまに、
「ここがトロになります」などと言いいながら切るだけ・・・


     12解体2

でも、まあ、これを切り身(サク)にしたのを200切れ、
抽せんで無料配布されるもんやで、観客も黙って見とる・・・。


この後、「お楽しみ抽せん会」が開かれ、クジで景品がもらえた。
8割くらいの来場者が 何らかのモノをもらえたのでは?
さらにその内の何割かに、かのマグロがあたる。

ワシ、みごとにゲットできたけど、祭りに合わせて帰ってきとった妹に
巻き上げられてまった!


・・・以上、祭り前夜の余興のもようをご報告いたしました!

「オチ」が無くてスンマセン!





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/106-e8b4d806

トラックバック

コメント

[C218] 本編がますます楽しみ

 とても楽しいレポート、ありがとうございます。読んでいて、なぜか幸せな気持ちになりました。重機を使ってセッティングとか、想像以上に大掛かりなお祭りだったんですね。時間を稼ぐために、急遽、昔とった杵柄?で、太鼓をたたく、しかもボーリングのピンのかぶりもののままで(笑)。観客の反応は相当なものだったでしょう。本編がますます楽しみになりました。
  • 2010-10-19 23:52
  • こま
  • URL
  • 編集

[C219] 責任重大・・・

・・・申しわけありません。

祭り本番は、あくまでも 「神事」 のため、まったく楽しい場面はございません。

期待を裏切られるショックが大きいと思われますので、あらかじめ予防線を張っておきます。(笑)

あのボーリングピン野郎、確かに、おいしいトコを カッさらっていきやがりましたね!

こんな つたないブログを見てくださいまして、ありがとうございます!
  • 2010-10-20 00:10
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C220] イイネ!

街には無い連帯感と伝統行事文化財、素晴らしいです。
実際に携わる方々は大変でしょうが、そうやって次の世代に引き継がれるのですね。

来年はこの目で見てみたいです。
大勢の方がブログ見ておられることでしょうから、本編期待しています。
  • 2010-10-20 05:57
  • G
  • URL
  • 編集

[C221] ますます重圧感・・・

ホンと、すみません、祭りの本番は それこそ 「オチ」も何もありません。

淡々と行事の進行をアップするだけの記事になろうかと・・・  
・・・って、もうこんな時間?!

やべッ!!

まだ写真を選択し切ってないんですぅ~! (涙)

ツマラン記事をアップするだけなのに深夜までかけてる私を 哀れと思って下さい!

Gさんの 「ツーリング報告書」、短時間で あれだけの内容を書き込むワザを教えてください!!!
  • 2010-10-20 21:38
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ