Entries

   「キシ カゲユ」 って、ダレ?!

こないだの日曜 (3/20)、久々に 「おじサイクル」 してきたよ。


もう何日も前から 「雨。」 って予報出とったで、安心して、飲む方向で過ごしとったに・・・。
直前になって隊長から、
「降るのは午後3時から。なので、ツーリング決行!!」 のメールが。

・・・メイワクな話しです。


というワケで、集合場所の関市役所にクルマで向かったんやけど、そこまで あと2キロってトコで、「パアァァァン!!!」 っていうスサマジい音!! 車内で。
もう 耳、「きィ~ん」 ってなってまった!

・・・積んどった自転車のタイヤがパンクした音です。
以前にも経験しとるもんで、パニックにはならなんだけど、
ヤッベ~なあ・・・替えのチューブはもう無くなるな・・・と。







        トラブル




こうやって、皆さんの協力で早々に ツツガナク修理し終えました。

・・・ところが、そのタイヤを自転車に装着してる間にまた
「パアアアアアアン!!」

なんで?

よお見たら、タイヤの横ッつらが2ヶ所 ちょっとだけ切れており、
7キロも空気入れられたチューブが 妊婦さんのオナカのようにはみ出しとった!
そして、さっきの 「パアン」。

替えのチューブはもう無い。
ご一緒するメンバーさんから新品チューブをもらい、切れてるタイヤには
「タイヤゴム片を切ったヤツ」を裏から当てがって応急処置。

みなさん、ありがとうございました。

たぶん先日の 限界集落ツーリング時に、山みち行ったのがダメージになっとったかも。 あの時もパンクしたけど、 「真のパンク理由」 は他にあったんやね。




ワシのトラブルのせいで、出発時間が大幅に遅れました。

「アレが足をひっぱった・出鼻くじかれた」
「雨降り出すまえに帰れないかも」
「自転車の整備くらい しとけよ」

・・・ど~もスイマセンでした! 隊長ッ!!











         黙祷

 この度の 東日本大震災犠牲者に対し、黙祷して悼みます。









さっきのワシのトラブルで 大幅に出発遅れた今回のツーリング。
それに加えて、「だ~れも予習してきてない」 。 もちろんワシも。

だって、「中止」 と決めこんどったもん。

やで、行く先は隊長のみぞ知る!
でも、途中の道がワカランッ!!
隊長でさえもワカランッ!!

           あ~、道ワカラン!






そんなこんなで、着きました! 富加町の造り酒屋 松井屋酒造」 。

        松井酒造







        店内
 
 
間口がドエライ大きょうて 奥行きもある。建てられて200数十年やって!!
民家でこれほど広いのは岐阜県1らしい。白川郷の合掌造りの住居より大きいんやって!









        蔀戸

“蔀戸・しとみど” っていうらしい。

なにしろ、全てがデカくてフルくて、感心するのみ・・・。 







        店内2
  
・・・ワシは、この帳場の奥にたたずむキレイな お姉さんが気になって気になって・・・

拡大して見せましょう!




        お嬢さん!
 
・・・どうです? 美しいかたやろ? ここの若奥さんかな?娘さんかな?

シャイなワシは、正面きって 「撮らせてください」って、よう言いませんでした。

(上の写真の部分アップなので画質は落ちますが、お姉さんの美しさは落ちてません!)






それはトモカク。
店主、この酒屋と町の歴史、 お酒のウンチクを熱心に語ってくれるんよ。

ワシ、富加町って、このいな歴史がある町やなんて知らなんだ!

美濃加茂と関市に挟まれた小さな町。
どんな歴史があったか・・・なんて、コレッぽっちも思いもしなんだ。


ところが、ここには 「加治田城」 があり、戦国時代には それはそれは
重要な場所やったとか。

織田信長は、ここの城主が味方に付いたお陰で 「天下をとる」確信がもてたらしい。

城主は斉藤利治。斉藤道三の息子。

当初は近隣の 「関城」「堂洞城」と同盟を組み、信長の 美濃侵攻に対抗した。
が、やがて信長側に付いて 「堂洞城」 を攻めることに。

その 「堂洞城」 の主が 「岸 勘解由 きし かげゆ」 。

後の飛騨高山城主、金森長近による降伏勧告を跳ねつけ、徹底抗戦。
・・・結果、一族郎党すべて討ち死に・・・。

これら、み~んな後から調べたコト。

位置関係は こんなふう。

①が加治田城。 ②が堂洞城。 ③関城。

ルート図


松井屋酒造・・・が地図に載っとるのがスゴイ。

この造り酒屋の正面にあったのが、件の 「加治田城」 。


        加治田城は・・


その城のあった山を指さす店主と 面々。

・・・口のかたち、みんな同じなのはナゼ?


・・・ところが! 驚きやったのは、そういう解説をしてくれる ここの店主さんと、
その話しを受けて ガチで対応して話す われらが moniさん!



        満足!

普段はこんなオッサンやのに、ナゼか妙にウンチク垂れる。
酒屋の社長の歴史話しに 対等にわたり合っとる。

「キシ カゲユ」がどーのこーの、「斉藤ナニガシ」がどーのこーの。

ダレそれ?

歴史好きを標榜しとるワシでも知らなんだよ、『キシ カゲユ』 『斉藤利治』。

ここの酒屋のオヤジは地元やでトモカク、moniオヤジって・・・。
料理得意でカヌーまで持っとって、釣りや音楽、クルマにも精通しとる。
で、本業は 「美容師」 。 ウソやろ?







        聞けよ!

・・・でも安心したよ。

社長が一生懸命解説してくれよるのに、moniさん始め、隊長もダレも
  「聞いてやしない」 。

そりゃそうやな・・・。  目の前に 「お酒」 チラつかせられりゃ・・・。




松井屋酒造さん、ホントにありがとうございました。

富加が こんなに歴史ある町だとは マッタク知りませんでした!



長居したあと、ここで聞いた 「清水寺」 へ向かうことに。

走る道中、この町に匂う 「昭和」 に酔いました。
(決して、さっきの酒蔵で酔ったのではありません。)
「ファンタ」や「スプライト」の看板がフツーにぶら下がってる・・・。

その中でも目を引いたのがコレ。



        かじた警察署




            かじた署2
  


さっきmoniさんが酒蔵社長に聞いてた。

「この先に床屋さんフウな廃屋があるけど、なんですか?」

以前から この界隈を知ってたmoniさん。
これを 「床屋さんフウ」 って見てたのがすごい。
で、社長、
「あれこそ、 旧 加治田駐在所 ですよ!明治6年に建てられ、太平洋戦争後まで
現役だった警察署です。 
その後、警察機能は引越して、後から床屋さんが入りました。 
表入り口付近のタイルが、床屋さんの名残りです。」

・・・moniさん、すごい。 
ワシにはただの廃屋にしか見えんけど・・・。
土蔵にバルコニーを付けて 洋風に見せただけの・・・。

でも後から調べると、なんか大切な文化財に思える。
ちゃんと残しておかなイカンのやないかなあ?
         


なあんて思いながら走って、間もなく着いたよ、 「清水寺」 。




        清水寺へ

ここでもmoniさん炸裂!

「京都にもあるだろ? 清水寺。 そこと一緒なんよ。 坂上田村麻呂が開基。」

ワシもちょっとヒケラカそうと、
「田村麻呂って、『初代 征夷大将軍』の? 彼がここまで来たの?」
って言ってみた。

「そう。だけど彼が直接来て普請の指揮したワケじゃないんだよ。
そういう寺を建てなさいと指令しただけ。でもそれで開基になるのな。」

・・・完敗です、moniさん・・・。






        DSCN9514.jpg

でも、こんなチャラけたオヤジ・・・

山門に用意してある杖を目ざとく見つけ・・・






        登る。
  
でも、みんなこの杖を使って登る・・。

スティック2本使って歩くのって、最近はやり出したアレやない?
ノルディックなんとかやったか、ヒマラヤンなんとかやったか?
あの時聞いたけど、もう忘れた!!






            登る。2

隊長も、今回 「たこ焼き」 につられて参加したmayumiさんも登る。

ワシらって、「自転車乗り・サイクリスト」 やないの?
なんで こんな山に登らなアカンの?





         撞く

・・・オヤジィ・・・。
やりたい放題? 勝手に撞いてイイんか?鐘。






        清水寺本堂

苦労して登った甲斐があるよ!

ホントに古刹って感じがする。
京都のに倣って、「音羽の滝」もある。 
(乙羽? すみません、よく判りません。)








           ショウジョウバカマ

「ショウジョウバカマ」 もう咲いとるんやね~。
ワシらんトコでは まだツボミがふくらんだトコやに。

・・・って、ワシ、ハラ減ってかなわんのよね。

もう タコ焼き屋目指そまいッ!!









        たこ丸

お寺や歴史より 「食い気!!!」






 

         食うッ!

ウマイ!! タコ焼き、お好み焼き、鯛焼き、、、、

食いすぎやろ?!



         たい焼きも

・・・いつものごとく、店で2時間近くダラダラと・・・

ホント、ワシらって、「食い物屋」が無いと走って行けれん種族。










        うだつ街

〆はアカデミックに、「うだつのある街並み」 見学。


あ~、ワシ今 眠うてシヤナイ。
ちょっと中途ハンパな報告書やけど、ここで閉じますね~~~

今日は朝から飲みっぱなしで・・・・・・・

ごめんなさい!  

でも、最後まで雨に降られず、ホントに参加してよかったよ!
「中止になってほしい」 と思っとったワシが恥かしい。








            
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/163-703709c3

トラックバック

コメント

[C385] お疲れさまでした。

僕も同様、明日は雨で中止と思いすっかり飲みモードで途中で隊長から…電話、明日カッパ持参で決行⁈ え~生殺し‼ (とまじふ節)(笑)
気持ち悪く参加でした。でもおじサイクルですね~笑いとシュワちゃんで気持ち悪いのもどこかへ…(笑)

今回も写真といい、酒屋の大将の説明わかりやすく編集されてますね!素晴らしいスッ!

俺に着いて来~い、moni隊長の笑顔が素敵ですね~(笑)

結果参加して良かったです。(笑)
  • 2011-03-21 23:24
  • asano
  • URL
  • 編集

[C387] ホント、楽しかったね!

そうそう、アナタも中止判断でフライングしたんでしたね!
昼間っから酒屋に入りびたって・・・。

それが無情にも 「決行!」 。
・・・お気持ち、よ~く判ります。

でも、やっぱ参加して本当に良かったですね!
お互い。(笑)

moniさんの 「オレについて来い!!」 はアヤシイものだと判ったのも収穫です。

今回も たった32kmの旅でしたが、ドエライ濃い、笑いイッパイの いいツーリングでしたね!
  • 2011-03-22 00:15
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C388] チャラケタオヤジ

ワシも前日もう少しでアルコホール漬けになるところだったス
雨降ったら放射能の黒い雨が心配だし、いつぞや黄砂の雨に降られたときにチャリがまだらになって汚れた時があったやろ。
放射能は目にみえんけど、降り始めが一番ヤバイらしいからねぇ。

まっ、この年までくるとそんなに気にせんでもええけどね。
いずれにせよ、ワシらには目前のたこ焼きのほうが大事だともいえる。
でも、わし、たこ焼き喰うてる時心の中で被災者の皆さんにスマンってつぶやいとったんやで。(すこしだけだけど)

>moniさんの 「オレについて来い!!」 はアヤシイものだ<
ちゃんとたこ焼き屋までついたやんか!
  • 2011-03-22 11:12
  • moni
  • URL
  • 編集

[C389] 「オレについて来い!!」

確かに、美濃市に入った時に聞いたセリフは カッコ良かったです!
すんなり 「たこ丸」さんに着けましたからね。

・・・でも2時間後、「たこ丸」を出た後はなに?

「うだつのある街」行くまでも、「アッチ?」「いやコッチ?」
・・・まあ、そこにも着けたのでヨシとしましょう。 で、、、、

・・・見学終えて「うだつのある街」から、関市方面に向かおうとしてるのに、グルグル走りまわったあげく、また 「たこ丸」が現れた時は・・・絶句でした!

でもまあ、その時点で皆 大笑いしてたからOK! 
さすがでした。



moniさん、実は私も似たようなことを少し思ってました。

「こんなウマイもの、老親に食べさせたいな」 って。

・・・少しだけね。





  • 2011-03-22 23:13
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ