Entries

 敬老の日 スペシャル PART Ⅰ かあちゃん編

 おじサイクル、G隊長から、

「郡上 美並から、小那比・鳥屋市のルートを探索せよ!」
との使命を帯びた。

で、指令とは逆方向からの道順で 探ってみることにしたよ。
郡上 美並から向かうんでは遠いでね~。




というワケで、先週 自転車で行ったルートを クルマで行く。
ALL自転車でではツライでね~。
ついでに、ドライブがてら カアチャンも乗せていった。


前回の記事の通りにクルマを走らせて 鳥屋市 (とやいち)へ。

今日は、その鳥屋市の お不動さんに寄ってみた。





     1-1不動堂

前回は、ここにかつて小学校があり、それを偲んだハナシやったけど、
今回は ちょっと衝撃的やった!




     1-2不動堂

ちょうどその時間に、ここを当番で管理しといでるオバチャンに会えた。

やで、この お不動さんの中にも入らせてもらえた。
(って、いつでも拝みに中に入ってイイらしい。 知らなんだ。)




     1-3不動堂

“お不動さん” なんやで、とうぜん 「不動明王」さまが 祀られとる。

が、広場の前には 「円空の里」 のでっかい標柱があった。

実は江戸時代、かの円空さんが この地を訪れて、各戸にヤッカイになったげな。
その時に、「メシを食べさせてもらった」「風呂に入らせてもらった」「泊めてもらった」 ・・・などなどの理由で、そのお礼に木彫りで仏さまを作り、置いていったらしい。
この 不動堂にも泊まったらしく、何体かを残していった。

その 円空さん、生涯で 12万体の仏像を彫ったとか・・・

ここ鳥屋市でも、22体の円空仏が残されたんやと!





    1-4不動堂

お不動さんの中。
厳重な扉と錠に守られた お不動さま。




     1-5不動堂

まだ円空さんの名が知られてなかった昭和時代、その円空仏展があったらしい。
その時に、このお不動さんからも多く貸し出されて、その感謝状が。
昭和36年・・・て、ワシが生まれた年やがな!!

そんな感謝状が、もう何枚も このお堂の中に掲げられとった。






     1-6不動堂

お堂にある木彫りの仏さま。

・・・でも妙に新しい感じ・・・

それもそのはず。
実は、このお堂にあった 22体の内、21体までが 7年前に盗難にあった


・・・このオバチャンも言っとった。
「私ら、どんなにショックだったか・・・」


そりゃそうやろ・・・  何百年も大切に地区で守ってきた仏さまが、
一夜にして ござらんようになってまったんやでね・・・。

カギを壊してまでの犯行やったと。

たった1体だけ無事だった仏さまは、ちょっとはずれた場所に おいでたもんで
難を逃れたらしい。 やで、その1体はもう、このお堂に祀ることはされず、
代々の区長の元で管理されとるらしい。

「円空の里」 の標柱はムナシイけど、地区の人たちの無念さが込められとる気がする。













        2-2林道口




     2-1林道へ

そんな 不動堂から少しだけ行ったトコに、「八幡町・小那比 おなび」
と書かれた標識が! 
「生屋~鳥屋市 なまや~とやいち 林道」の標識も。

ここトヤイチから、この山奥を入っていけば、郡上市に行ける?
なんか信じがたいで 地図を見たら、点線で道が書かれとった。
確かに 真西は郡上やけど・・・

「14トン車、お断り」みたいやけど、10トンでもアカンのやない?
地図上では点線の道なんやで~





     2-3割とイイ道

道は、ワリとイイ。




     2-4分岐に・

途中に分岐が。





     2-5小那比へ行く。

右行けばイイらしい。 判りやすい標識で、好感もったよ!









     2-6道、おぞい

・・・でも、道、オゾイ・・・







     








     3-1道、オゾイ、

みち、オゾイよ・・・

でもまあ、舗装はされとるし、穴ぼこの荒れた路面やないで、
ロードバイクでもOK・・・ と思う。

ただ、木陰は湿っとって、青くコケむしとる。
こっちからは登りで、後輪がスリップするかもね。
また、向こう側からやと かなり急な下りやで、ブレーキが要注意やね!
ヘタにかけると、両輪ともツルル~ンッ・・・と。

ああ、オソガイッ! クルマで良かった~~~!






     3-2刈れよ!

放ったらかされたミチなのか?
道路 両脇から遠慮もなくススキやら木の枝が伸びてきとる。






     3-3峠。ここから郡上市




     3-4祠あり。。。




     3-5注意せなかん!

と、思う間もなく 峠頂です!
ここからは関市ではなく、郡上市です!!

峠の風景としてはイイんやない?
ホコラもあるし。
それに空の青さと雲・・・

名前が無いのが惜しい峠です!







     3-6秋やなあ。。。。

ススキもすっかり秋を語ってます・・・

(この峠、林道入り口から 2.8キロ。)













     4-1生屋地区。

生屋 なまや 集落に降りました。
ここまでの道中も 破綻のない路面でしたよ、隊長。







     4-2のどかなり。




     4-3のどかなりⅡ




     4-4のどかなりⅢ

絵に描いたような山村風景。













    4-5アヤシイ道!

フと、妙な脇道があった。






     4-6おお!美濃東部農道!!

やっぱりか!!!

そう、「美濃 東部農道」 の郡上側!
どうも鳥屋市から、ここまでトンネルと道路でつなげるらしい。

・・・でもねえ・・・

あの峠頂の風景を見られないのは なんとも もったいない気がするんよ。

・・・なあんて言えるのは、ワシがココで暮らしとらんからやろけど。
地元民にとっては切実なアレやったんやろうで・・・。






     5-1ヘアピン






     5-2工事が進む

   生屋地区も、工事の槌音が聞こえる。
すんごいヘアピンカーブを通っておったんやね、今まで。

もうすぐイイ道ができるんやで、待っとってよ!!







     5-3太い道にでた!

県道63号、 美濃加茂・和良線に出た。
右の橋は、「黒瀬橋」。
それを渡って北へむかう。






     5-4ここから入る

ああ~、ちょ~っとワカリにくいかな~

本通り?から、今来た道を見たとこ。
右の奥から出てきたんよ。

ここまで、林道口から 6.2キロ。






    5-5GS跡
  
さっきの道は、わりと新しい。
平行した旧道で見つけた。
かつてはガソリンスタンド(日石)やったみたいね。



最近の日石(新日石?)は、こんな感じ。

     nisseki2.jpg





ちょっと前まではこんなフウ。

    nisseki1.jpg

あの古~い 日石のマークを覚えてますか?








    nisseki3.jpg




それがここには ありました!

ワシ、右の赤い星と CALTEX はトモカク、
左の図柄が 「こうもり」 やったとは、かなりヲトナになってから知りました!
それまでずっと、「イカリ」 やと思っとった。。。
(やっぱ、コウモリってメデタイ生き物なんや!!)





・・・まあ、脱線するとまたナンか言われますんで 本題に。

なんやったっけ?
















    5-6またまた分岐

おお、そーそー。

3キロほど上流に行くと、こんな標識が見えてきた。

     6-1美並へ行く。

右行くと、洲河すごう。  左は美並みなみ。







     6-2林道、なに線?

県道 鹿倉・白山線。
まあ、いい道でしたよ。 ロードでもOK!




     6-3おなびバス

途中とちゅうで見かけたバス停。

なに? 小那比バスゥ~? ここらでヤッていけるんかい?
このあたり一体を「小那比」っていうのは あい判った。

郡上の一地域でのみ運行される 小那比バス・・・。
乗ってみたい・・・。 でも、たぶんアレやろうな・・
このバスが運行されとったのって、昭和50年代くらいまでやないの?
懐かしモノが大好きなワシには ビビビ・・・と来ました!







     6-4表地盤




      6-5表地盤Ⅱ

カアチャンの ご登場!

「おなび」の案内板前にて。

ああ、やっぱりトンネルやら高規格道路やらでつなごうとしとるんや!

でもねえ・・・ 平成24年度中の完成って・・・ やっぱムリやよ。







     6-6トンネルやあ!

おおおッ! トンネルやあぁぁぁッ!!






   7-1ハザコトンネル

その名も、「羽佐古 はざこ」トンネル!

羽佐古谷 はざこだに の横を通るからなのか、ハザコ地区があるからなのか?

とにかく絶対、ハザコの名は オオサンショウウオと関係がある!
郡上やワシらんトコで ハザコって言ったら、まちがいなく大山椒魚やでねえ!








     7-2トンネル内部

まあ、こんな内部の様子なんてドーでもええんやけど。
1200mくらいやよ。 そして、行く方に下り。
今までのトンネルって、全部 一方的に下りやった。
郡上側から金山側へは全て「登り」やで、覚えといてね。





   7-3下り、7%強!

トンネル出てもさらに下り。 7%強。
これがドレだけの値かは、自転車乗りだけがわかる。
歩きとか、ましてやクルマでは全く判り得ない、恐ろしい数値・・・。
登りだったらコレが・・・。







    7-4右は旧道

振り返ってみた。
右が旧道で、「大峠」から降りてきたミチ。
自動車優先のミチは酷や。 一直線で登らせ下らせ・・・
グネグネしとった方が、勾配やさしいんやでねえ。。。







7-5オゾウなった・・・道。

途中で、道はオゾうなったけど・・・








  7-6国道にでた!

やがて国道 156号線へ出ましたあぁぁぁ・・・!

鳥屋市から 16.0kmです。
道路は全て舗装路で、ロードバイクでもOK!
(多少、コケむしたとこありますが。)

でも、ここから鳥屋市まで全て「登り」ですぜ! 隊長!!






   8-1国道にでたⅡ




  8-2ハザコ~?!

国道には出たが、この交差点名が ハザコ~?!
ぜったい突き止めてやる!!  その名の秘密!!!








   8-3郡上八幡に向かう。








  8-4長良川

長良川に沿って、郡上八幡に向かう。
ワシんとこの 馬瀬川下流では、網漁が始まってからか、釣り人の姿は無い。
でも、ここにはたくさんの鮎師らが・・・




そんなこんなで昼になり、母ちゃんがハラすかせたらしい。

で、この街道筋の蕎麦屋さんに入った。
ここは以前、やはり母ちゃん連れて入ったことあるで。
もう10年以上前やけど・・・。












  

   8-5おすましババア

・・・ケッ!  すました顔してケツカル!!







  8-6とろろざる蕎麦

ワシらは、「とろろざるソバ」を頼みました。







   9-1食う!







      9-2うんま~い!

母ちゃん、「オリ、蕎麦食うのなんて 何年ぶりやろえ?」


・・・ババア、こないだも そう言ったよなあ?
丹生川やドライブイン飛山で食ったアレはナンやったの?
・・・まあ、エエけどね。











     9-3はあ・・・・・・



     9-4うんまかったあ~ッ!

「うんまかった~~~!!!」

と、しごく ご満悦なカアチャンでした。

・・・母ちゃん、いっつも同じカッコウやね。服装。
でも、お気に入りみたいで、ワシの言うことなんかには全く聞く耳持たない。









  9-5休憩場所。

母ちゃん、クルマで出発しだしたら、今になって「トイレ行きたい」。
・・・やで、あれほど言ったやろ? 便所行かんでもエエんか?って。

まあエエよ。


アレ? ココって、7月のトンチャンツーリングで夜中に避難しとったトコでは?





     9-6-1-1こないだは・・・





    9-6-1彼らと・・・

あ、左がワシね。 もうイッてまっとる。
右は 酷頭野郎さん。 完全にイッてまっとる・・・。

G隊長もチラっと・・・ね。



9-6-2彼も・・・

トクモ君にはお世話になりました!
クルマ汚してゴメンね!!!









   9-6-3なんてん街道

郡上八幡を後にし、堀越峠へ向かいます。
「なんてん街道」とあるように、このあたりでは南天を栽培しとる。







     9-6-4エエ天気や~









  9-6-5堀越に。

もうすぐ、堀越峠の途中に合流する 。






9-6-6堀越とうげ!

堀越です!

なんか懐かしょう感じてまうねえ~。







    9-6-7和良

・・・和良村に入りました。
いや、今では 郡上市「和良町」か・・・

ベンコラシイわいッ!

おんなじ郡上市でも、「旧・明宝村」は、町と付くのを拒み
単に 明宝だけ。 イサギヨイ。















 ウチ着いたら、どシロが喜び・・・


    9-6-8怒ったぞー!!

食いつかれました!!



それにしても、留守を頼んでおいた父ちゃんが こんなんでは・・・




    9-6-9ドブサってケツカル!!


・・・ハァ~~~・・・ 死んどるんやないか?


あしたりは、このクソジジイの要求を聞いて介護用品家具屋さんへ・・・



テメ、年金使ってまうなよ!!!

って、敬老の日やで、ちょっとはアレしよか・・・。


















スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/349-7e02c912

トラックバック

コメント

[C1279] ご苦労様です。

話しの脱線が多かったですが(笑)
事細かいレポートですね~!
あとは隊長のGOサイン待ち?
  • 2012-09-17 01:23
  • asano
  • URL
  • 編集

[C1280] 報告ありがとう

本当は昨日こっそり行く予定だった。
土曜日の仕事がめちゃきつくて、
体がバキバキときしみ、
日曜日に自転車乗れる状態では無かったです。
そこへPO店さんから、105移植完了mailが。
それで暇つぶしてました。

さて、本題のコースですが、拙宅~自走~羽佐古交差点から~新トンネル~鳥屋市~金山~風呂入って、+泡泡輪行帰宅狙ってました。
次回、タイミング計って決行のつもりです。
asanoちゃん、その時は一緒に。
細かな報告書ありがとう。
これで一つ山里コースができました!

来夏の神岡rideにはこの金山→美並ルートで来れますね。
  • 2012-09-17 07:50
  • G
  • URL
  • 編集

[C1281] 久しぶりに

久しぶりに父上さまの雄姿を見させていただきました
大昔にお伺いした時
お昼ごはんに・・・を飲みながらカレーを食べて
そのままバイクにまたがり仕事に行かれた雄姿を
思い出しました
  • 2012-09-17 08:36
  • くずや
  • URL
  • 編集

[C1282] 新ルートの開拓

走ったことのない道を行くのって ワクワクしますよね!

だれか私を 日本のどこかに目隠しで連れだし、放り去ってくれませんか?
ナビも地図も無しで家に帰る・・・
やってみたい!

初めての道は発見が多いんですよ! asanoさん!!
ついつい、「ああ!あれは?!」 とかのね。
やで、帰ってから調べると、これまた記事で報告したくなります。 そして、長文に・・・・・。


隊長、こんな報告で良かったでしょうか?
で、new105に換装?!
コルナゴの方ではなく、前のアンカーをですか?

ご提示のコース、良いですね!
ぜひasanoさん 拉致して走ってきてください。
私は家で くつろいでますから(笑)。
次回の神岡トンチャン祭り、やっぱ 夜中にあんな山ん中を走るのはムリ!! コワ過ぎ! 絶対出るよ、おばけ。


くずやさん、昔みた私のオヤジの印象が よほどキョーレツだったみたいですね。
そんなジジイ、足腰が弱ってきてるのに、2km以上離れた実家(廃屋)に遊びに よく出かけます。
「行きか帰りをバスにしろ!」 と言っても聞く耳もたず・・・
顔まっ赤にして帰ってきますよ、炎天下を。

で、バス路線も廃され、「アレが欲しい」 と言い出し始めました。
今日はジジイ連れて、そのアレを見てきます。
  • 2012-09-17 10:00
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C1283] 羽佐古

奇遇ですなあ、ちょっと前にその小那比の記事を書きました。
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/blog-entry-1709.html
けっこう大好きな地域で、野々倉には廃校になった分校があります。しかし大峠(羽佐古峠)にトンネルができていたのにはビックリしました。

羽佐古峠の名前も郡上市役所の職員さん(ネット友)に聞いて、ずいぶん前から知ってましたが、サンショウウオとはいまだに結びついてませんでした。八幡側の谷は羽佐古谷と言うらしいですね。
  • 2012-09-17 15:53
  • ナワ~ルド@峠おやじ
  • URL
  • 編集

[C1284] 廃校好き!

ナワ~ルドさん、ありがとうございます。
その分校、すごく昔に母ちゃんと寄ったことあります。
しかも夜。

今回の旅でも訪れたかったのですが、私のカン違いで もっと下流にあると思ってました。
なので、「なんで無いの?取り壊された?」とまで。

小那比小学校も廃されてたんですか!
道中で目に入り、写真だけは撮りましたが・・・。
あんな鉄筋建て校舎が すでに廃墟だったなんて・・・。

ハザコは郡上郡(旧も含めて。わが地も昔は郡上郡)ではオオサンショウウオのことと認識されきってます。
羽佐古谷の名が引っかかります。
どこにでも居るハザコなのに、あえてその名をつけられてるのが。 よほど多かったのか?って。

いつか調べてやります!
  • 2012-09-17 16:31
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ