Entries

 敬老の日 スペシャル PART Ⅱ とおちゃん編

 きんのうは母ちゃん。
今日は父ちゃんのために。


このブログには ほとんど登場しん、ワシのパパ。
昭和 02年生まれの 85歳。

ご想像どおりのヘンクツもの。

耳が遠うなったのは幸い。
ワシらが悪口言っても聞こえない。

足・腰はまだ丈夫いので、2km以上離れた、ヤツの実家(廃屋)に
よお遊びに行きよる。
「せめて行きか帰りはバスつかえよ!」
と言っても、聞く耳持たん。

炎天下に、顔まっかにして帰ってくる。。。

そんな昨今やったけど、ナニをドウ思ったか、
「電動 車椅子が欲しい。」
なんてコキさがった!!

ワシ:「やで、バスに乗ってけよ!」
父ちゃん:「バスは こないだ廃止されてまった!」
ワシ:「バスを拒んどったくせに、今さらトロくさいコト言うな!」
ジジイ:「そんでもオレも年くってまったでなあ!」


クッソジジィ~~~ッ!

母ちゃんと違って、ボケとらん分、かえって始末に悪い。

ジジイ、杖つくのが嫌い。
「年寄り臭うみえるで。」
・・・充分すぎるほど 年寄りやがッ!(怒)

そんな父ちゃんが、いわゆる「シニアカー」に乗りたいって言ったのは意外やった。
ワシにしてみれば あんなクルマ、悪いけど、
「年寄りでござい~~、ヨボヨボですう~~」
って宣伝しとるように見える。 ワルイけど。

やけど、わが父ちゃんには違って見えとったらしい。
『最先端の乗り物』 みたいな・・・。 
まさにEV! エレクトリック・ヴィークル!
まあ、そのとおりやけど・・・。





     1-1はるる

金山の町にも、介護を考えた店がある。
母ちゃんも世話になっとる。

そこに先日相談してみた。
「レンタルでシニアカーってどうですか?」

店主、暗いカオをした。

「介護認定受けた方で、月 3000円のがあるよ。
でも、お父さん受けてないやろ?」

・・・うん。6年くらい前に脳出血で不自由になった時に認定されたけど、
グワイ良うなってまったら、自分で勝手に認定解除手続きしやがった!!

その認定受けてないと・・・
「月 3万円」 チ~ン!

そそそ・・・そのいに高いの?!

「やで、中古がカナリ出回っとるもんで、みんなそれを買いなれるよ。」
・・・う~ん。 事前にネットで調べたけど、新車やと、40万近い。
中古はピンキリ。10万以下から、30万超まで・・・。

ネット通販では不安。実車を見たいもんで、ココに相談してみたんよ。
そしたらやっぱり そういう需要があるらしく、何件も扱ったと。

「とりあえず、2台くらい取り寄せるで、気に入ったのを選ばせては?」
の提案に乗りました。

ああいうクルマは、バッテリーが命。
やで、中古車といえども、バッテリーだけは新品を付けてるのだとか。
それで値段は、16~7万円。
まあ、そんなとこやろ。 新車の半額で。










     1-2試乗

店の駐車場広場で試乗会です。
店長の奥さんに促がされ・・・





     1-3試乗

乗り込む父ちゃん。




     1-4試乗

「こっちを引けば前に進むし、このレバー引けばバックするでね。」

ジジイ、聞こえとるんかよ?
なんか、嬉しょうて かなわんのか、ソワソワしとるぞ!
たぶんウワノソラ・・・。






        1-5試乗

もう、走りとうてカナワンのやろうな・・・
ちゃんと説明聞けよ!





     1-6試乗

ワシはもう、ビビリまくり!
だ、大丈夫か? ちゃんと停まり曲がれるか?

















     2-1試乗

行け~!  ジジィ~~~ッ!!!



     2-2試乗



     2-3試乗




     2-4試乗

・・・ 「ふう~。」 てな感じで戻った。

う・・・うん、まあ、なんとかなる・・・ってかな??
知らん。







     2-5試乗

店へのスロープも難なくこなした父ちゃんやった・・・





     2-6試乗

・・・けど、店内で暴走してまって、中にあった納入前のモノに衝突!!
・・・ し、知らん、もうッ!!










     3-1試乗

奥さんから話しを聞くジジイ。
たぶん、聞こえとらん。
耳遠いし、コレが手に入るっていうアレで。







        3-2試乗l

なんちゅう顔しとるんやろ・・・
ウチでは絶対見せん表情。



そんなクソジジイを またクルマに押し込んで帰ろうとしたら・・・
「白川町の、白山様に行ってみたい」 などとヌカしやがった!

・・・まあ、敬老の日やでシヤナイか・・・・。


なんでも、そのお宮は ココら辺でも見れんような立派な お社らしい。

ジジイのリクエストに応えて、その白山神社にむかったよ・・シクシク。










     3-3ドライブ

とりあえず、下油井 しもゆい を通過して。





     3-4下油井駅




     3-5駅前

JR下油井駅と、その駅前広場?










     3-6踏み切り

踏み切りを越えずに、左の急峻なミチをいくが・・・
スグに通行止め。 この先で道路の拡張工事しとるらしい。

シヤナイで、またちょっと戻り、さっきの踏み切り越えて国道に。
ず~っと大回りし、道の駅・白川 ピアチェーレから回りこむ。






     4-1茶畑






     4-2茶畑

このへんは、「白川茶」の産地で、こんなような風景が広がる。








     4-3神社へ

やっと神社への道にかかった。






     4-5悪路





     4-6悪路




 5-1悪路


お宮へ行くだけの道やもんで、オゾい。
でも、これが祭礼の日やお正月には クルマでごった返す・・・らしい。
雪が積もっとったら、登れんよ!
10%越えるような急な部分もあるし。

これが約4km強続く・・・。








    5-2着いたよ・・・

着いた。 「大山 白山神社」。

駐車場、広い!  これと同じくらいのが、この下にもある。
やっぱ、・・・そのいに来るんや、参拝者。

それにしても、こんな高いトコに、よお造ったね、お宮。
そして駐車場。

鳥居もデカいし。






     5-3白山神社



         5-5大鳥居

まさに鳥居をくぐろうとしとる、父ちゃん。
その対比で デカさがわかる!







         5-6石段

石段を見上げる。
これ登るんか・・・。

父ちゃん、ビビって、
「オリャ、もうここでエエ。 賽銭箱も置いてあるし。」

ジジイッ!  ダレのためにココに来たんや!! トロくさいッ!!
登るぞ! 石段ッ!!!





         6-2登る

トボトボと登りだす父ちゃん。

風もあり、天気も良い。

が、回りには いつしか暗雲が広がっとった・・・。


     6-1アヤウイ天気

駐車場にはワシのクルマが1台のみ・・・。
しまったなあ~、今朝 布団干したまんまで出てきたぞ。
雨が降り出さなエエけどな~・・・。

母ちゃんはデイサービスに行って 家におらんし。。。
今ウチにおるのは、どシロだけ。
あいつ、寝てばっかで使えん・・・。



石段をやっと半分登ったら、


     6-3振り向けば・・・

「快晴時に振り向けば、名古屋市が見える」 な看板。

振り返って見た。








     6-4なんも見えん

・・・やっぱりね。 な~んも見えん。

それにしても、高いトコなんやね、ここ。

ジジイ、ついにネを上げた。
「まあ登れん。 ここで充分や。降りる。」

・・・しやない。気をつけて降りよよな。

でもワシだけでも登ろう! 










     6-5現れた!

やあっと現れたよ! 







     7-1神社。。。




     7-2jghjk:ういyふお




     6-6由緒書き




     7-3内部。


う~ん・・・。

今から1200年以上前に、加賀白山から勧請されたらしい。
由緒ある お宮や!
金山・菅田の桐洞きりほら村を経てこの地に・・・と書かれとる、由緒書きには。

それについて、金山の昔話に、こんなのがある。

昔、桐洞の水晶山に 白山妙理大権現が祀られており、村人たちからあつくあがめられていた。
 そんなある夜、大嵐が吹き荒れた。
翌日、白山さまを心配した村人たちが やっとのおもいで山に登ってみると、
神社は倒木でつぶれ、屋根もめくれた哀れな姿になっていた。
さらには、ご神体までもがなくなっており・・・。
山を降りた川べりで村人たちは見た!
大きな岩の上にくっきりと馬のひずめの跡が2つ。
「これは、白山さまが水晶山から馬に乗って逃げた跡や!」
それからいく日して・・・
白山さまは、隣の大山の静かな所に移られた、と噂がひろがった。
これはきっと、袋坂峠を通る人馬のやかましさに愛想をつかし、
ちょうど嵐で本殿も傷んだので、静かな大山の地に移られたんだ、と話し合った。
ひずめの跡のついた岩は、明治43年の大洪水で流されたが、現在の大山の白山さまと、桐洞村とは、このような縁で、大祭の時はおおぜいがお参りに行くようになった・・・。









         7-4奥の院への石段

本殿も高いトコやったけど、この境内からさらに上に伸びとる石段があった!

「奥の院」 とよばれ、こっちが本来なんやろか?  よおワカラン。
ただ、その石段は文化財になっとるらしい。
(ってもう、「段」の様相は崩れてまって、無いし。)

この奥の院まで登りつめると、加賀の白山連山がみえるらしいが、
さすがに もうそこまでは登れん。
下で父ちゃんも待っとることやし。





     7-5かすかに見えるけど・・・

なあんか、かすかに見える・・・どこやろ?
そんなことより、早う降りなかん!





    7-6kjkjlltrtg76yjhにう

なんか、また天気良うなってきた!

で、父ちゃん、ドコ行った?

ああ、そんなトコか。



         8-1待っとった。

まあ帰ろうか?  堪能したか?

「気が済んだ。」 と、父ちゃん。








   8-2いうydfghjもdrs

小1時間もおったけど、ワシらの他に参拝者なく・・・。
でも、上にあった記帳ノートを見ると、毎日何人かは やって来とる。




帰りは、山道下ってから別の道を開拓した。
なんかココも、高規格道が作られとるみたい・・・。








     8-3;lくyjtdfgm
 






     8-4;lkkjhgghjきjyghcげc6vt






     8-5kjhcddjjhytyhj

なんなの、なんなの!  この高地に!!
なにを作ろうとしとるの!
美濃東部農道とおんなじ感じやがな!!
ていうか、ここがその東の工区?







     8-6lkjhgsdhhkjk;lyrt7うい

やっと下の道に出たけど、ココどこ?








       9-1lkjyhdfひぃh7tghいう

白川町のどっかやろけど、さっぱりワカラン。
川の流れ見たら、上流へ向かって走りよったで、あわてて Uターン!







     9-2jhgfdsぅ67;gg

「水戸野 みどの 公民館前」 っていうバス停があったもんで、やっと判った!

ミドノのしだれ桜でプチ有名やで。

そういやあ、昔、おじサイクルツーリングで来たよね・・・
このあたりから、1番目の峠に入って行ったんや!
懐かしいにゃ~、「美濃白川・10峠


今日は地図さえ持ってきとらんもんで、もうタイヘン!
お宮へ行くのに、イキナリ通行止めくらった時もあせったよ。

でもまあ、なんとかなるもんやね。
(ナビ、付けようよ・・・。)

















     9-3mgんhmjlふおh

ウチ帰ったら、どシロは 起きたばっかの顔しとった。
(眠うて仕方ない時や、起きたては、下まぶたが二重になる。)



それでも、後ろにナンか気配を感じた!
ビクッ! と。

     9-4lくjythgdghbjひ





         9-5lkjhgdふy7tghvrdふぃうh

















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


         9-6.、mjhjhgfdgtsrcmhmt

「な~んや。ジジイか。」





おい、どシロよ。
今日は敬老の日やぞ!

そんな気はサラサラ無うてもなあ、ちったあポーズくらいしてやれよな・・・。







   




  








   
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/350-adad07ef

トラックバック

コメント

[C1285] スペシャルな

シニアカー・・・
きっとノーマルではもの足りないので
スペシャルなシニアカーに・・・
期待しております
  • 2012-09-19 11:30
  • くずや
  • URL
  • 編集

[C1286] 平等に!

とうちゃんにも、そば+酒 食べさせて上げてよ!
かあちゃんは、毎回 食べているのに?久しぶりに 蕎麦 食ったと、ボケかますので、次回は、頼むで、とうちゃんに、天ぷらそば・熱燗 食わしたって!お願いします。
とうちゃんが、酷頭と ダブり 可愛そうです。ので
宜しくお願いします。
  • 2012-09-19 16:49
  • 酷頭野朗
  • URL
  • 編集

[C1287] とおちゃんにも 救いの手を!

くずやさん、わかってますね~!
このマシ~ン、ジジイ絶対カスタマイズするでしょう。
まずは、カゴを倍くらいの大きさに。
なんてっても、タケノコを10本くらい積まねばならんのですから!
ただ、基本的にジミなのが好みです。
店にはもう1台、シャンパン・ゴールド メタなカラーリングで、カウルもデカいのがあり、私は断然そっちだったのに、父ちゃんは、ジミな紺色を・・・。
でもきっと、反射材とか貼り付けるハズです!!
フックとかもたくさん付けて・・・。
私は安全面から、「デコトラ」風なイルミネーションを付けたいのですが、電池がね・・・。

酷頭さん、先日のトツゼンの直電話には驚きました!!
関西弁でまくしたてられ、汗だくでしたよ!!
で、わがオヤジと酷頭さんが、どうかぶるんですか?
今現在の、置かれてる立場?
私のオヤジはもう、言いたい放題のワガママいっぱいですから!!
蕎麦食わせること ありませんよ。
ましてや酒なんて・・・。医者にとめられてるのに、コッソリと工場に隠して飲んでました!
「酔ってフラついとるのか、脳出血でフラついとるのかワカランで、酒はやめてくれ!」
と、何度言っても知らぬ顔。トボケとる!
私の父親は、何食わせても、ドコ連れて行っても喜ぶ気配すら見せません。
(て言う前に、オヤジ、「嫌いなもの」しかないので。食に関しては。)
照れはあっても、提供者に何らかの反応を示してほしいものです。イヤならイヤでもいい。 それを表してもらえないと、その後に善処しようがない。
無反応はカナシイものです。
その点、母ちゃんはドエライ判りやすい。

かわいそう・・・と、こっちが思ってることすら想像してない、「心の機微」を知らないニンゲンです、オヤジ。
でも、そんなんでも親ですので、子の務めとして「人生を全うさせてやりたい」と思ってます。
ボケた母にしても。
(ボケてては、人生の全う感なんてあるのかな?)
  • 2012-09-19 23:25
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C1288] やさしいさが

行間ににじみ出てますね。 やさしいんですね、とまぢふさんわ。。。 ウチでは同じく昭和一桁の「おばあちゃん」に対して、家族は何もしてあげなかったよ。敬老の日だってわかっていたかもどうだか。
愉快な文にわはは、と笑いながらもチョッピリじ~んときたのでした。
  • 2012-09-20 02:54
  • shiki
  • URL
  • 編集

[C1289] ヒトそれぞれ・・・

shikiさん、ありがとうございます。

家庭や家族のアレにより、親族の間でもイロイロな状況がありますよ。
ウチはまだ、ボケてるとはいえ、なんとかみんなで生活できてます。

これがホンの少ししたら、もう愛憎まみえた、 家族同士のバトル・ロイヤルになるのかもしれません・・・。

ですので、私の記事で、私がヤサシイと勘違いしてはイケマセンよ。(毒笑)

親は親として遇しなければならない・・・・という義務感で動いてるだけです・・・。

  • 2012-09-20 22:08
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ