Entries

   植えかえ 大作戦 !!

 あ~、今日は天気がイイね~~~ !

やっと 「その気」 になりましたもんで、ヤリます、植え替え。  




     1-1雑草園?

今咲いとる花は、ダイモンジソウのみ・・・

って、まるで 雑草園 ???
鉢のまわりにもクサが生えとるし・・・。







     1-2どシロ 日向ぼっこ

いい天気やもんで、どシロの布団なんかも干されとる。
その、干しに出したマットの上で くつろぐクソネコ!

ドケよ、テメ~!

ケツ向けとるのはジジイ。 花壇の手入れをしとる。
ワシの草花は、この花壇には いっさい植えとらん!
山野草やで、ハデなハナらとは 一緒に植えとうないもんで。


まずは、ワシの思い入れの強い コイツらの植え替えから。



     1-3セツブンソウから

セツブンソウ。

思い入れ強いわりには、放ッタラカシ!
どの草花もそう。

10年以上前に始めた 山野草。
自転車を始めたら オロソカに・・・。

まあ、アッチを立てればコッチが立たず・・・ やでね・・・。
細々ながら続けております。





     1-4セツブンソウ別鉢

このクサは、別の鉢もある。
2002年に種を播いて、それ以来 このプランターで育てとる、いわば
「 予備軍 」 。
かわいそうに、もうボロボロ・・・。


まずは 「正規軍」 の鉢を開ける。


     1-5セツブン開ける

ザラザラザラ~っと。



     1-6球根・・・

おおッ! 出てきたぞッ!! セツブンソウの球根ッ!!!


・・・ でも ・・・・









     2-1ボロボロに・・・

バラバラ・・・

管理が悪うて、球根は死んでまっとった・・・・

スマン・・・・・


5鉢あったのに、この中で生き残っておったのは わずか10球のみ・・・。
前回(3年くらい前)植え替えた時は、1鉢に8球植えたのに・・・。

スマン・・・・・








     2-2別鉢は・・・

10年ぶりに開ける・・・というより、今まで一度も開けたことないプランターを開ける。








     2-3健全なタマ

2002年に 100粒播いたタネ。 それが こんな球根に。

大きいものは 1cmくらいある。
しかも芽や根も出し始め・・・






     2-4全部で40くらい

とはいっても、播いただけで 放ったらかしは変わらず・・・。

採れた球根は 2つのプランターで 計 40個くらい。

でも、このプランターでの方が 鉢植えのより ハルカに成績いい。
タマがでかい! やや日陰の場所に置いてあったのが良かったのか?



そいつらを今度は、大きめの鉢に移す。
(上に見えるのが、今までの鉢。)
やっぱり、鉢が小さいと気温の変化に対しキビシいでね・・・。
ただ、今度は 水管理がまた神経使わならんことに・・・。
湿りやすい。 根腐れの危険がある。



     2-5用土

用土は、今まで使っとったヤツを。

とはいっても、そのママではマズイ。

ラーメンどんぶりに土を移し、ちょっと水入れて レンジで3分間加熱。
これで虫やら雑菌をコロス!!
どんぶり5杯分を殺菌加熱した後 水洗いし、古い生物体(枯れた根や茎など)を取り除く。

土といっても、硬い砂や軽石が主やもんで、キレイに洗えば また使える。
黒土などの粘度質のや、腐葉土やと こうはいかんよ。

腐葉土は使わん。  夏の暑さで鉢内温度が上がりすぎるで。
地植えなら、そんな心配しずに腐葉土使うんやけど・・・植物にとっては イイ土なんやでねえ。

まあ、そんなウンチクはエエわ。

そうやってキレイにした砂を鉢に入れ・・・






     2-6化粧砂

球根をのせて また用土をかぶせる。

そしていちばん上には、黒い 「富士砂」 を敷く。
これは、「化粧砂」 っていうヤツかな?

黒い地に、白い花が映えるで。

こうみえて、けっこうコダワリある ワシです。















         3-1シロの日なたぼっこ。

くそネコ、まんだ寝てけつかる!




     3-2う~~~ん!!




     3-3ゴロ~ン




     3-4こっちにゴロ~ン




     3-5暑うなってきた。




     3-6ネコ小屋のシロ

・・・ここに落ち着いたらしい。


まあ、ネコは放っといて・・・
次。






     4-1今度はコイツら

今度はコイツら。

フクジュソウと、ヤマエンゴサク。

まずは エンゴサクから。
これはイイ子で、全く手がかからなんだ。
今までは。。。。。






     4-2ヤマエンゴサク全滅?

ところが、ほぼ全滅・・・

球根、スカスカに・・・




     4-3辛うじて・・・

やっと生きながらえとったのは、この1個のみ!

大切にしないかんよ!
タネから育てて10数年。
生えとった現地ではもう ほとんど絶滅してまったんやで!
こんなことじゃ、「自生地を守る!」 なんて オコガマシょうて言えんよ!






次、フクジュソウ。

これはワシんたのトコには自生しとらん。
佐渡ヶ島産のタネを入手し、やっと8年がかりで咲かせた。
今年は咲かなんだ。
来年に期待しよう。 もっとウデあげて。
(ネットで調べたら、毎年 土をかさ上げしなかんらしい。
・・・知らなんだ・・・ 自生地では、根は深いとこにあるらしい。)










     4-4ヒナマツリソウは大丈夫!

これは 「ヒナマツリソウ」 。
セツブンソウとほとんど同じ類。

韓国・済州島に咲くセツブンソウ・・・。
おんなじ育て方しとるのに、球根はリッパなもの!

日本産のセツブンソウと交配してまわんよう、全く離れたトコで育てとる。
こういう気も使っとるんよ、ワシ。
(基本、外国産の植物はキライ。)







     4-5キクザキイチゲは?

キクザキイチゲ。





     4-6ゾロゾロと・・・!

毎年、葉っぱはドエライ育つくせに、花は全く咲きゃしないッ!!

鉢植えではムズカシイ花では あるらしいけど。

でも綺麗なんよね~、現地では。
絶対咲かせたい花です!

鉢の中、根でイッパイ!
どうすりゃ咲くんやろ?





     5-1テキトーに敷き詰めた

土を替え、テキトーに根を敷き詰める。

その後 ネットで調べたら、どえらい肥料食いらしい。
さらに、ブドウ糖を与えると成績イイらしい。

う~ん、このご時勢にネットで調べもしずに 無為に年月を送ったことが悔やまれる。





         5-2ヤマユリ・・・

ヤマユリ。

まだ茎や葉は青いで早いかな~ とは思っとったら・・・

実が生っとった!
それからまたタネ採れるし、と思い、もうちょっと待つことにした。
でも、実を充実させるのに養分をソッチにもって行かれ、
球根が肥えんのもイカンし・・・。

でも、ここまで大きょうなってまった実、来年の開花は期待せず、
タネが無事採れることを祈ろう!





     5-3オキナグサ・・・

オキナグサ

まだ葉があったんか?!
雑草園の中から鉢を引っぱり出して驚いた。

ヤセ細ってはおるけど、生きながらえとる・・・って感じ。
すまなんだ、新しいイイ土で植え替えたで カンニンしとくれ!!






こうやって いくつかを植え替えたけど、まんだドエライことある、鉢。

用土なんかもう テキトー。

何年かやって判った。
土の配合ウンヌンより、水やりが重要やって。

乾きやすい配合にしてまっても、その分、水管理さえシッカリしてれば問題無い。

・・・そんなコトも、趣味がコレだけならなんとかなる。
それが、他に興味行ってまうと・・・・

そんな微妙な水管理なんて できるハズないッ!!

って、開きなおってもアカンしね。
すまなんだ、ワシの愛する草々よ・・・

今度からはしっかりやるツモリやで、かんにんしとくれ・・・。









ところで、植え替えをやると、再使用する土もあるけど、どうにもならん土も。
そいつは、例の花壇に放かってやる!





      5-4花壇にたたずむ


花壇の土は 粘土質の黒土なんやで、砂主体の山野草土は 水はけ良うなるでエエやろ!
(でもそれは、混ぜてやってこそね。 ワシはただ山盛りに捨てるだけ。) 

そんな山盛りになった山野草用の砂。


どシロの気に入った!

この斜面のグワイがエエらしい。







     5-5寝心地いい。

寝心地もいいのか・・・?














     5-6でもヤッパここ!

でもやっぱココがいいんやと!

西陽を浴びるには・・・。









     







    
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/359-c5acbae4

トラックバック

コメント

[C1357] 山野草はむずかしい

いやあ、えらい魔物に魅入られてしまっておるのですね。

自然のものは貧栄養地に育っているものも多いので、水管理や日照管理が難しい。素焼き鉢は空気は通りやすいけれど、その分1日2回くらい水やりせんとあかんので使い辛いです。

時間浪費型の自転車乗りはプラ鉢やプランターの方が面倒はないでしょう。

えらそうに書いてる私は草の面倒は見きれないので木しか育ててません。
  • 2012-10-08 21:14
  • ナワ~ルド@峠おやじ
  • URL
  • 編集

[C1359] 素直な感想

素直に思ったままを。
1.ド白、可愛い~~~。 あの、ぼよ~んとクネクネ所作がウチのド黒(犬なんですが猫大好き&威嚇されてションボリ)にそっくりなんですが。。。ド白、可愛過ぎ。
2.山野草の用土ですが、えっ、土というか用土をチンするんですね!? 外のモノを家の台所のレンジで。しかもラーメンの器ですか・・・!凄すぎる。 
しかし理にかなっている。リユースするなら、そこまでしないと駄目ということですね。うmmm

モノの本に土は新しいモノを、と書いてあったので、じゃあ、毎回購入するのか?どうするんだ?と思っていたのでした。買っちゃったほうが効率的なんですよね。時間と手間と効果を考えれば。 でも、それじゃあ何かが違う。

3.最近、わたくし「維持」に苦労しています。新しいモン買うのも作るのもプラスのエネルギーだけあればOK。夢一杯。ワクワク。何も無いところに買うなり作るなりして満足っっ!!!!!! でも、維持管理さらには(もしかしたら、その結果残念ながら)処分するのは、それこそ「放っておいてご免なさい」の罪悪感と「捨てることになっちゃってご免なさい」の罪悪感。マイナスのエネルギーあるのみ。 
修理(再利用)する方が、使い捨てて新しく買うよりコスト高の時代なんですね。

4.山野草、師匠! わたくし、基本の土なるものを改めて「石原先生の本」で確認しました。買わなくちゃ。(探せばあるかもしれないが、今日午後半日は、植木鉢やプラスチックのプランター等諸々の亡父の置き土産を整理していて・・・・・・モノが多すぎて探せない。 整理だけでぐったり。

5.要らないモノをゴミ回収してもらうために、電動のこぎりで勇ましく切り刻んだのですが、プラスチックの棚の残骸は片づけるが大変だった。恐るべし人工物。自然に返れない。 木のモノはその辺に放っておけば朽ちて土に返るけど。 

6.はやく「植え替えします」っと言いたいです。 それって、芽が出るなり株が育つからならでは。格好いいーー。 

[C1360] ようやく

ようやく涼しくなってきましたので
行動しようと思えるようになりましたね
植物の植え替えとか
お昼寝とか
今年は暑かったので人間も植物も猫も
しんどかったですから・・・
私も何かやらねば・・・


  • 2012-10-09 15:27
  • くずや
  • URL
  • 編集

[C1361] なかなか 「その気」 が興きない。

みなさん、ありがとうございます。
マニアックな話題に お付き合いくださり・・・。

ナワ~ルドさん、おっしゃるとおりです。
たいてい、水涸れでヤッちまいます。
ところが、水 過多でヤッちまうことも・・・。
素焼きの鉢は、山野草にとって相性いいものです。
根にも空気が必要だったとは、これをやるまで知りませんでした!
フツーの花壇で育ててた園芸植物は、たいてい黒土でしたので・・・。
黒土といえば、粘土質。 それをナンとも思わず 山野草にも使ってた あの頃・・・。

空気は葉や茎だけでなく、根にも必要だったとは!
水だけでは窒息してしまうなんて、考えもおよびませんでした!

プランターでの栽培は、荒めの粒子で崩れにくい土を・・・ そんなことを学習できたのは、ずっと後から。

最近では、横着にプランターで栽培をしてる草もありますが、これも経験を積んできたから・・・と自負しております。

同じアウトドア趣味でも、自転車と山野草栽培はチョット かみあいませんね!


shikiさん、私なんぞは師匠たりえません!!
ズボラで飽き性。 

用土の再使用に、レンジでチン!は、セツブンソウだからこそ。 思い入れが特に強くて、ちょっとの雑菌もイヤだからです。(だったら新品用土使えよ!!)

それにしても、「維持・管理」 は、「新しく始める」 よりもたいへんですね。
なにしろ、ワクワク感がない。 まあ、翌年のデキを期待するところに多少のワクワクはありますが、初めてのものに挑戦する時に比べれば・・・。
でもこれこそが大切なんですけれどね。
こらえ性の無い私の、もっともアカンとこです!

ネコ。 今夜 久々に狩りをしてきて、エモノを私たちのトコに持ってきました!
カンベンしてほしいです。 その後の 「血の晩餐」 は。


くずやさん、ホント涼しくなりましたね~!
暑いうちは、やってられませんよ、植え替えなんてジミな作業。 (まあ、暑い時には たいていの植物、植え替え控えるもんですけどね。)

涼しくなったから、また自転車はじめよう! 
・・・・ な気分が湧いてこないからフシギです!!!
涼しくなっても、熱燗が恋しくならないのはフシギではありません。
ビール(発泡酒含む)党ですので。
  • 2012-10-09 22:14
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ