Entries

アタック!! 酷道418号線!

きょうは、イッチャンと二人で
「酷道418号線」を攻めてきた! 

今日のモクロミは、
「どえらいイイMTB持っとるくせに、ダートを走らせたことがないイッチャン。野郎にマッドの洗礼を受けさせてやるっ!」

でも、それだけではカワイソウやで、「坂折峠」の激坂も堪能してもらい、余禄として、「新・旅足橋」を拝ませてやろうっていう、ワシの いわば「親ごころ」みたいなもんかな?


まずは本家「旅足橋・たびそこばし」が お出迎え。
(この橋を「旧・旅足橋」とは呼びたくない。)

     kokudounarazu1.jpg
吊り橋なんやけど、構造的に日本唯一のツクリなんやって、
「吊り橋マニア」の皆さまによると。
ナニがドウ違うか、ワシにはサッパリわからんけど、
なんやらアリガタ味が出て嬉しい。


     kokudounarazu2-2.jpg
ええ天気やった・・・。
ヤマザクラもきれいに咲いとって・・・。


     kokudounarazu3.jpg
恐怖の「二股隧道」に吸い込まれていくイッチャン・・・
野郎、このトンネルにまつわる逸話は知らない。
知らぬがホトケ。


     kokudounarazu4.jpg
そこを抜けて500m行ったところで、こんなことに!
今年 2月に行った時は こんなじゃなかったに!!

     kokudounarazu5.jpg
なんとか突破できんかと、覆い尽くした岩石の、
下から半分くらいまでの高さまで登ってみた。
向こうの下の方に見えるのが、ホントなら進むべき道。
崩落幅、3~40mくらいかなあ・・?もっとかも。


     kokudounarazu6.jpg
イッチャンも呆然とながめる。
・・・っていうか、テメエ、ヒトが真下におるのに、
上でガラガラするんやないわいッ!!

行って行けんコトはないけど、全体が「浮き石」になっとって、こうやって調査しとるハナから、足元の岩が「ガランッ」と崩れるしまつ。
ただでさえ歩きにくい急斜面を、自転車かついで行くのは あまりにも危険と判断したよ。
いつまた崩れだすかワカラン状態・・・。


     kokudounarazu7.jpg
結局、「酷道走破」はアキラメた。グヤジイ・・・。
イッチャンにあの「ドロ・ヤブ・ガラガラ・五月橋」を楽しませてやりたかったのに。 でも、こんどは恵那方面から崩落場所まで行こう!
そして五月橋を渡って、「廃茶屋・いさまつ」さんにおじゃまし、瑞浪のサーキット見学・・・。
イッチャン、クルマ好きやで、喜ぶかも。
   ↑
 ワシの「親ごころ」
(・・・って、実は、自分が行きたいだけ!)

さっき通った湯谷橋(『国道418』にバッテンがかかれた標識のあるトコ。○ンタマライダーさんと出合ったトコ。←判るヒトしかワカラン。)。
ここを、県道側に登って行くことに。


     kanban.jpg
これがあるトコね。
でも、「国道418」のマークにはっきりバッテンって・・・。あまりにもヒドイ扱いなんやない?
今回、八百津市街から新しい418号ができたで、
もうこの標識は撤去されるんやないかなあ?
今のうちに見といた方がいいよ、全国の「酷道マニア」さん。

で、先日ワシが「おじサイクル」の方々に合流するために走った道を、「新・旅足橋」に向けて登って行くよ! 激坂ONLY!!


     kokudounarazu8.jpg
途中、思いっきりハショリます!
ホントはワシらのデロデロなヘタリぶりな絵もあるんやけど、それはヤメとく。
激坂の途中で会ったおじさん、
「足を そのいに回いても、そんだけしか進まんのか?」
・・・ウルセー!じじいッ!!


     kokudounarazu9.jpg
到着しました、「新・旅足橋」。


     kokudounarazu10.jpg
本家「たびそこ橋」と、なんたる違いか!
高さは日本で3番目。
たった2本の橋脚しかないけど、その「橋脚~橋脚」間の長さは『日本一』だそうです!パチパチパチ!!

開通したばっかの今やでこそ、こんなにも「モノ珍しげ」な観光客来とるけど、この先の道は途中までで終わっとるんよねえ・・・。新丸山ダム建設とセットで作られた、「新・国道418」。
そのダム建設自体が頓挫しかけとる状況。
そうなったらやっぱり、恵那市までの全線開通は「ない」やろうな。 この橋の先の土地に用事がないかぎり、この橋も使われん。
やで、もうちょっとしたら、地元民以外では、マニアかタヌキしか通ることがない橋になるんでは・・・。
(おじサイクル・AG氏のコメントを揚げときました。ワシもそう思う。)


     kokudounarazu12.jpg
新旅足橋からは「激下り」で、アっという間に八百津市街に着いてまった。
偶然にも、今日は「八百津祭り」。
でっかい山車が曳かれ、しばし見物。



     dasi.jpg
豪華絢爛な山車、坂道はヤッパつらいよなあ!
若衆!がんばれよッ!!


     dasi2.jpg
でもやっぱ、オナゴ衆が曳いとるのに興味が行く・・
(絵的に「寄り」が足らんな! だってコッチは「ヘンなカッコウ」やでね。祭りの場から浮いた・・・。アルコホールさえ入ってればコワいもの無し!やけど・・・。)



・・・と、まあ、こんな一日やった。
ホントなら、一日メイッパイ使い、ヘロヘロになって戻るつもりやったに、駐車場着いたのは「午後1時半」。
本日の総走行距離、31km。とほほ。

消化不良ではあったけど、また次につなげるアレができたということで・・・。

     


    



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/36-ddb67413

トラックバック

コメント

[C23] 崩落現場

崩落現場が気になるよ。
向こう側に行けないとすると、恒例企画コースを変えないといかん。
で、仮にこの先ダメとならば、
http://drive.yahoo.co.jp/map/RTRdgQ_vjWOJN6.PyxeA--/detail
酷道418、いさまつ、たこやき、巴屋さん、新旅足橋、全てを満たすには↑コースしかないな!
  • 2010-04-11 18:35
  • G
  • URL
  • 編集

[C24] 新ルート作成

廃道回避ルートまで作っていただき、ありがとうございます。
・・・って、これ、フツーに「2コース分」あるじゃないですか!

酷道418を中心軸に、北側をめぐって戻るコースと、南側を周ってくるコース、どちらかで計画しますよね、フツー。
・・・それを一日でってか?

かなりM度の高いルートどりですね!

私は「南から攻め、五月橋を渡って、いつも休憩する場所から上へ登ってる県道を行き、『十日神楽』地区を経て 新旅足橋へ」なんてのが無難ではないかと。
ただし「酷道」はホンの数百mしか通りませんけどね。

・・・あ、ダメだ、タコ焼きと酒屋が置き去りにされますね。
やっぱりGさんのプランでしょうか・・・。
でも、そうすると時間的に「宴会タイム」がなくなりそうな・・・。
  • 2010-04-11 20:51
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C26] 「あの親子」165キロ

「こうもり野郎」さんのブログは面白いね~
しゃべり口調もテンポがいいし、読んでいても楽しいよ。今年の下呂のお花見残念だったね

「あの親子」165キロはヘンです。息子さんは結婚が決まってめでたしメデタシです。鉄人Kさんはまだまだ進化をとげているようで スバラシイです。

ところでなんでmiwaさんがいるの? 隊長さん家から車で来たのかしら??
  • 2010-04-12 20:49
  • mayuni
  • URL
  • 編集

[C27] mayumiさんへの返答

昨年はメカトラブルで走行不能になり、miwaさんをSOSして拉致して桜見に行ったんです。軽のmiwaさん号に自転車2台、大人3人が乗れるんですから今思うと不思議です。
あの時はよく飲みました!
  • 2010-04-12 20:59
  • G
  • URL
  • 編集

[C28] みなさん、ありがとうございます!

mayuniさん、お恥かしい限りです。
ただただ 言いたいコトをしゃべってるだけで、内容は薄いモノです・・。

今年の花見は残念でした! ><

来年はゼヒ、mayuniさんもご参加ください!

G隊長・・・

何回miwaさんのお世話になっているんですか?
・・・って、すごくうらやましいです! サポート要員が常におられるということが。
そして、いつもそれに応えてくれてるってことが。

・・・ところで「mayumiさん」って だれ?
  • 2010-04-12 22:12
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C29] なぞなぞ

初めてお会いしたのは、確か田舎の喫茶店でした。確かその日は、お月様やカモシカも見て、160キロくらい走ってたような

だーれだ??
  • 2010-04-12 23:38
  • mayuni
  • URL
  • 編集

[C30] えッ!? 

G隊長が言う「mayumi」さんと、このブログでの「mayuni」さんは同一人物?

「mayumi」と「mayuni」・・・。

気が付かなかった・・・・・・。
  • 2010-04-12 23:50
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ