Entries

   修学旅行


今日、同僚の I藤氏が言った。

「今頃 うちのチビ、名古屋かな~」

なにそれ? 学校行事?

聞くところによると、彼の子ども(小学生) が修学旅行だとか。

「奈良・京都に行くんやけど、こづかいが『6千円』やで~!」

・・・ありえん。
小学生やろ? なにに使うの?

I藤氏いわく、
「子どもらで話しあったらしいよ。
『ビンボーなウチの子のことも考えて、大金は よそう』 って。
しかも親ども、『足りなんだらドウするの?』 なコト言うヤツもいたって。
・・・それで 6千円かい? ヨソはどんだけ裕福なんや?!
ならウチは、その裕福な子と親から分けてもらおう、こづかい!
足りん分も。」

たしかに。

ワシらの頃に比べるものではないかも知れんけど、
そんなバカ親と、バカ子ども・・・・

はあ・・・・・・・。


修学旅行は、小学生の時はワシの年だけ
「静岡」。

それまではズッと 「伊勢・志摩」やったのに・・・
ワシらの次の年からまた、伊勢・志摩。
なんでワシらだけが行けなんだの? 伊勢神宮・・・。


あとから思うと、ワシが小6の年は 1973年(昭和48年)。
その年は、まさに伊勢神宮の 「式年遷宮」 の年。
やで、ワシらだけ別のトコになったんかな~ って、漠然と思った。
かなり大人になってから。

嗚呼ッ!
ワシも行きたかったよ、お伊勢参りッ!!


でも、この 小学校の時の修学旅行はもう、ハッキリ覚えとるもんね~!
全部ッ!

トヨタの工場見学行った時、その時に発表されたばかりの
「トヨタ セリカ リフトバック 」

     sportscar_01_img_L.jpg


展示してあった車両は、ターンテーブルの上に乗って
グルグルゆっくり回っとった。

それをみんなで押し止め、逆方向に回してやった!

・・・その様子を見とった ヨソの小学校グループ(やはり修学旅行!)が、
「イナカもんは すぐなぶる~~ッ!!」
とハヤシたてた!

ワシらは恥ずかしくもあったけど、ソイツらとケンカする肝も無い。
シオシオと、皆がいるとこへ戻るしかなかった・・・。


宿は浜名湖が太平洋と接する 弁天島。

ワシ、それまで 「二階以上で寝たことない」 もんで、もうソレだけで
嬉しょうてカナワなんだねえ!
なんつっても、ウチは平屋やったで。
(あ、今でもそうか!)

食事の時。
カッチはトマト食えんもんで、こっそりユウジにやる。
先生にそれを見つかるとアカンで、ユウジに「早よ食え!」とせかす。
大急ぎでトマトをほおばるユウジ。
・・・いそいで詰め込んだもんでユウジ、
「ゲ~ッ!」 と吐き出す・・・

夜。 

ベンが、何を思ったか 宿の「火災報知機」のボタンを押した!
宿中に響き渡る非常ベルッ!!
旅行初日からのパニック!!!


・・・いい思い出や~

翌日は雨で、予定が変更され、舘山寺遊園地。
今で言う、「浜名湖パルパル」 。

カワイピアノの工場見学とかにも行った・・・。

バスのなかでは、「つなき&ミドリ」 の替え歌を歌い、
同乗しとった女の子を泣かせてまった・・・
(ワシやないよ、そんなムゴイことしたのは。)

ああ・・全部覚えとる。  小学校の修学旅行・・・。
また行きたい。




中学は、東京。
あんまり覚えてない。 行ったトコとかエピソード。



高校もやはり東京。

自由行動があり、事前に行く予定をグループごとに決めるんやけど、
「ハラジュク行って~、アメヨコ行って~」
みたいなことをホザク連中ども。
ナニそれ? 地名? ニホン? 

な ワシでした、当時。
(あ、今もか。)


東京・浅草行った時、大きな紙袋も買ったよ。
「雷門」 の写真がデカデカと袋いっぱいにプリントされたヤツ。
取っ手も付いとり、便利そうな袋やった。
それからの行動、常にその紙袋といっしょに。

     おのぼりさん

        ↑
    どこやろ?ココ。 NHKの辺か?



伊豆大島の三原山に登った時も、「学生服着て、雷門の紙袋下げ」・・・。

まさしく お登りさん!!

ああ、また行きたい、三原山・・・。
アシタバのテンプラの、なんと旨かったことか!





最終学歴は、トヨタ自動車直営の 自動車整備専門学校。
愛知県清洲町にあった。

2年課程で、いわゆる旅行は  無い。

1年生の時は、トヨタの工場見学。 もちろん日帰り。
・・・おい、それって小学生レベルやないかい?

2年生の時は、岐阜県 恵那市にあるフィールドアスレチック場で運動・・・
のハズが、雨降ったもんで変更。

で、行った先は、「伊勢神宮」。

小学生の時の修学旅行の夢が、その時にかなえられました!!




そんだけのハナシ。


ああ、行きたい、旅行・・・。

こづかいは 3千円でイイよ。










スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/360-b9c3c90c

トラックバック

コメント

[C1362] 三原山も伊勢神宮も

げげっ、三原山なんて行ってないもんね(ToT) もちろん伊豆大島なんて。伊勢神宮もおかげ横町だけで神宮には入ったことないし(ー_ー)

叔父さんがトヨタマンやったけど、工場も行ってないし、行ったことあるのはパルパルくらいやよ。
  • 2012-10-11 23:53
  • ナワ~ルド@峠おやじ
  • URL
  • 編集

[C1363] 修学旅行~

修学旅行~
なつかしいですねぇ
私は小学生の時は伊勢志摩で
米を持っていきました
中学生の時は東京で
体育館で新幹線に乗る練習をしました
高校生の時は広島?の江田島で
カッター訓練をしました
専門学校の時は
そんな事だったんですか・・・
忘れてました
あと残るは人生の修学旅行・・・
  • 2012-10-12 16:40
  • くずや
  • URL
  • 編集

[C1364] どっか行きたい

おはようございます。

ゆうべは会社の懇親会でイッパイありましたが、私は親が心配なので 食事だけ共にし、全く飲まずに帰りました。  トホホ。

そこでも、昔の修学旅行のハナシで盛り上がり・・・
みんなディープな思い出をかかえており、やっぱ特殊な旅行なんだなと思いました。

さて、ナワ~ルドさん、そのころの修学旅行で伊勢神宮の参拝はなかったのですか?!
そっちが驚きですが、同じ岐阜県でも 私ら飛騨地方と違い、岐阜市あたりからだと伊勢は近すぎるのかな?

パルパルと呼び名が変わってからも、その前からも、その遊園地は あの時1回だけです、行ったのは。
今でもロープウェイあるんでしょうか?
それを乗りにだけ行きたいです。


くずやさん、「米を持って」 ?
いつの時代? 泊まったのは 木賃宿?
新幹線に乗る練習?
・・・とても一宮の都会の学校のするコトとは思えません!
でも、イイ学校ですね!!
広島でのカッター訓練など、最近は そういう体験旅行?みたいなのが増えてますが、ハメはずす旅行で またヤラセられるのは気分が盛り上がらないと思います。
って、やっぱり修学旅行は学業の一環なのでしかたないか・・・。

人生の修学旅行、いつ行きましょうか?
  • 2012-10-13 08:57
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C1365] 6千円は多いですね。

家の娘が修学旅行のお小遣いは3千円でしたよ。やっぱり小学生で6千円は多いでしょう。
なぜか、ベンとかユウジとかよく知っとる。先輩なので呼び捨てはいかんですね。ベンさんユウジさん。
僕の年も、静岡でしたよ。中田島砂丘、弁天島で潮干狩りもしたね。今住んでいる所から車で1時間ちょいで行けちゃう距離ですが・・・。金山の実家の方が遠いですね。

たまにトヨタ本社に行くことがあるんですが、車が展示してあるところ、今でも平日だったら誰でも自由に見学できますよ。展示されてる車でレクサスのISCオープンカーのルーフ部分は性能開発試験は小生がやりましたよ。この車は全部モーターで全く大変な車でした。競合車のベンツSLKとかBMW、プジョー、ボルボ、ルノーメガーヌなどなども調べたりしたね。これは全部油圧式のオープンカーでした。運転もしました。

伊勢神宮は15年以上前忘年会で一回だけ行きましたが、遷宮されたらもういっぺん行ってみたいですね。

ところで、来週お祭り余興には酒飲みに行っていいかな?お酒もって行きますよ。

来週水曜日から金曜日まで出張で明宝スキー場第3駐車場で電気自動車COMSの走行試験に行くんですよ。そのまま実家に行きたいと心ですが、一旦試験車を会社に持って帰らなければならず、翌日再度、金山に向け出発となります。
  • 2012-10-13 17:58
  • URL
  • 編集

[C1366] ありゃりゃ、記憶違い?

そうですか~、春ちゃんも静岡やったかね~!

私の年だけかと思ってました。
潮干狩り、いきましたね~。

トヨタ、今でも玄関先に あんなフウに展示してあるんでしょうか? 新型車。
レクサスの設計に関わったなんてスゴ~イ!!
ヨソは油圧だけど、トヨタはモーターで勝負? それぞれ一長一短はあるんでしょうが、信頼性がイチバンだと思います、整備士の観点からは・・・。

いよいよ祭りが迫ってきました!
今度の土曜は神輿かつぎですので、よろしければ参加してください!
あと、その夜は、このブログによくコメントくださる「くずや」さんも いらっしゃる予定です。 飲み明かしましょう! 「明宝なんかでテストするワケ」 なんかも 聞きたいです!
  • 2012-10-13 21:34
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C1371] 伊勢神宮

私は小学校2年から高校まで親の仕事の関係で三重県(四日市→鈴鹿)だったのですが、伊勢神宮には1度行ったキリです。飛騨高山は両親が好きで度々行きました。ろうそくと街並みと五平餅は忘れられません。奈良も好きで、正倉院展へは必ず高校をサボって平日観に行きました。近鉄で1時間。懐かしいです。

[C1372] 日本中を股にかけ・・・

すごいですね~!

育ったのは三重県なんですか?!
ということは、自然に出る言葉使い・イントネーションは関西弁なんでしょうか?

今の お住まいは鎌倉。
で、八ヶ岳に別荘を持つ・・・。

羨ましいかぎりです!!

飛騨高山へも何度かいらしたことがあり、乗鞍岳でスキーをしたこともあるんですよね?
・・・なんか、異次元の世界のヒト ・・・な感じです。

奈良の正倉院展には、学校をサボッてでも行った・・・
アカデミックなですね~。

今こうして思うに、私ほど凡庸に生きてきたニンゲンもいないのでは・・・。
皆さん それぞれ波乱万丈で、一芸に秀でてる・・・。

なんか、自分がチッポケに見えます。

あ、イイのか!  それが 「自虐ブログ」 の真骨頂だから!!

shikiさん、いつも ありがとうございます。

  • 2012-10-16 21:50
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C1376] あのですね(すみません)

こちらの雰囲気がとっても温かいので、ついつい出張ってしまっています。皆さま、雰囲気壊していたら、すみません。
そもそも、こちらへは山野草の種からの育て方情報を探していて「マツムシ草の芽が出た」記事を探し当てた事がきっかけでした。あまねくインターネット時代といえども、(だからこそ随分逡巡して)マトモなのはこちらともう一か所だけと結論付けました。
とまぢふさんの語りが余りにも楽しいので、山野草以外のブログにも厚かましくもお邪魔しています。
生まれは鎌倉ですが、父の転勤で2才から京都→滋賀→三重(小2から高校まで)→東京と動き、話せば長いのでハショリますが、三重時代は「そうなんやで」、とか「アカンやんか」とかバリバリ関西弁でした。大阪とも京都とも名古屋とも違う言葉です。なんともいえへん。(何ともいわれへん、とは言いません。) 
親とは標準語。 親はふたり揃って鎌倉生まれの鎌倉育ちで、山が好きで滋賀は良かったのに三重はなじめず、定年後八ヶ岳に永住するつもりで別荘地に引っ越した矢先に、鎌倉に戻ることになったのです。
近江・京都は好きだったらしく(要するに鎌倉の面影か?)、京都・奈良、正倉院展から鈴鹿の山、飛騨高山に冬はスキー夏は街巡りと、まあ色々親の趣味に付き合わされて自分も好きになりました。

車も同じく、です。最初の思い出がコルト1000です。母が助手席、父が運転して、その間に座ってました。まだ、東名高速が開通するかしないかの時代に、盆暮れに鎌倉の親戚の家に四日市から一晩かけて通ったのを覚えています。箱根越えがマジ大変な時代でした。
親の影響かお寺にまします仏像の雰囲気が好きで、人混みが嫌いなのと高校も「生物部」と称して、先輩と三重の野山を遊び歩いていましたから。。。自然人です。(都内の博物館の仏像展は興味ない。)

あのですね、だから、何かに秀でているとかそんなんじゃなくて、単にフラフラしていただけ。
ひとりっ子だし幼馴染もいなかったけど、ずっと腐れ縁だった今は亡き友人とその仲間の高校時代の雰囲気が、今回思い出されて。いや、多分同じイントネーションで「ナニが大変かて、練習やろ」「アイツこーへんかったで」、とか、「ホンマにいけすかん奴や」、「マァええんとちゃう?」みたいな。 
チョット大阪アレルギーがあるのと(大阪といっても一部で、しかも特定の傾向だとお断りしておきます)、所詮根っからの育ちではないので、つられて変になるらしく、今では敢えて関西弁は使ってません。

Shiki

[C1377] 人生いろいろ…

とっても詳しい自己紹介 ありがとうございます!

「まともなのはココと もう一つだけ」
なんて、誉め過ぎです!
自分の恥じをサラシてるだけのブログを。

shikiさん、親さんのアレとは言え、本当にいろんな所を廻ってきたんですね!
イナカにしか住んでない私には 羨ましい限りです。
それにしても、コルト1000って…。かなりマニアックですよ!
その車名を持ち出せるなんて。
よほど強烈な想いがあったんでしょうね。

大阪アレルギー… 実は私は 大いにあります。

それにしても、なにがきっかけになるか判らないものですね、ヒトとヒトが出会うのは。(実際にはお会いしてるワケではありませんけどね。)
今後もよろしくお願いいたします。
今朝は どシロのせいで早起きさせられました!
  • 2012-10-18 05:52
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ