Entries

   えッ ?! もう 20年も 経ってまったの ?!


 今日、「乗鞍スカイライン」 が冬季通行止めを解除され、
本格運用されだしたよ!


そのスカイライン、今年はなんと、「開通 40周年」 !


 入場券1IMG130510002-1

上のヤツは、昭和48年 (1973年) に、それが開通したことを祝って発行された 「名古屋駅入場券」 。




 入場券2IMG20130510001-1

裏を見ると、スカイラインの営業は 6月1日かららしい。
昭和48年のみは、7月1日から。

(こないだの「片づけ祭り」でも、これは捨てれなんだ!)





ここで、乗鞍スカイラインの歴史を。



そもそもこの山岳道路は、昭和16年(1941年・第二次世界大戦の年)
に日本陸軍が、航空機用エンジンの高地実験施設を乗鞍岳の
畳平(たたみだいら) に作ろうと計画して建設された軍用道路なんよ。

その実験施設での成果はどうやったか・・・ 
知りたいとこでは あるよね。


戦後 昭和23(1948)年、岐阜県の県道に編入され、翌年から登山バスの本格運用が始まったらしい。
で、ついに昭和44(1969)年に 対面通行可能に拡幅・舗装工事が敢行された!

・・・それまでの20年間って、過酷なミチやったんやろうね~。
たぶんダートばっかりやったのでは?


そんな県道・乗鞍線にまつわる 悲しい話が・・・。


拡幅工事が始まる1年前、昭和43年 8月18日に起こった
「飛騨川 バス転落事故」


「乗鞍岳からの ご来光を拝み、高山観光を」
とのふれ込みで募った バスツアー。

・・・それが悲劇にまきこまれ・・・


それほどまでに人気の高かった 乗鞍山岳道路。

昭和48年 (1973年) 7月。  拡幅・舗装工事も終わり、
ついに、 乗鞍スカイラインとして開通されたのですッ!!











そんなスカイライン、1993年 (平成5年)に、開業して20年経った。

そんな折、「20年前のクルマでスカイラインを登ろう!」
な企画が持ち上がっとった・・・らしいんよ。
ワシは知らなんだけど。


その当時に所有しとったクルマ、
「三菱 コルト・ギャランGTO」 昭和46(1971)年式。

ある日、それを庭先で整備しとったら、ウチの前を通り過ぎた1台のクルマが慌てて引き返して来た!
そのクルマは 「いすゞ 117クーペ」 。


「こここ・・・このGTO、 あなたのですか?!」
「ええ・・ まあ・・ そうですが・・・。」
「今度 乗鞍に登る企画があるんです! ゼヒ参加してくださいッ!」


ワシ、そんな とてつもないトコに このクルマを走らせる自信無いよ~

と、丁重にオコトワリしたんやけど、熱い かの方は、
「いえいえ、みんな似たようなボロいクルマやでダイジョウブです!!」

・・・ ぜんッぜん 説得力無いやんか~~~!

















 1-1jhIMG201305150003-1

その日 たまたま遊びに来とった妹夫妻の子、ワシの甥っ子です。
「ゲン」 と 「シン」 。 GTOの前にて。
コイツラ、覚えとらんわな~~~・・・。
20年も前やし。。。















 1-2ghjIMG2013050004-1

いや、まあ、 結局 参加することにしたんですよ。
平成5年、5月15日。
出発前に、カアチャンに撮ってもらいました。 朝 5時頃。











 1-3kfIMG0130510001-1

高山の手前で、ワシを誘ってくれた 117クーペのかたと落ち合い、
ここ 平湯峠まで走りました!
もうすでに何台もの ボロいクルマ ヒストリックカーが集まっとった!

ここって、ちょっと前までの 「乗鞍スカイライン・サイクルヒルクライム」
でのスタート地点なんよね。 アノ、自転車レースの。
ただ、この黄色い建物は 取り壊されてまって、もう今は・・・無い。
諸行無常・・・です。














 1-4bdfIM20130510002-1

さっきの平湯峠から場所を 「夫婦松 パーキング」 に移したよ!
ここでボロ・・・ いや、「往年の名車」 が勢ぞろい!!








 1-5kjghI013050007-1

ワシです。

てへへ・・・  ちょっきり 20年前。

タイヤ&ホイールは いつも履いとるヤツとは違う。
「雪あるかも・・・」 と、会社の先輩に 「スノータイヤ」 を借りて
それを履いて来たの!! ちょっとダサダサです~~!

あ、ホイールだけやなしに、ワシもか?
イイのッ!  20年前なんやでッ!!



 2-4MG01305150008-1









そして、夫婦松パーキングを後にして 登る。




 2-1jdkI0130510005-1






 2-2khdIMG0130510006-1


スカイライン事務局の計らいで、ワシらは おエラがたの車列のすぐ後を走らせてもらえたんよ。
一般車両は ズ~~っと後ろ。 天気にも恵まれて気持ちよかった~~!!












 2-3ldhIMG0130510011-1

畳平にて。
(ワシのは、あのオレンジのヤツ。)

こうして見ると、アッサリとクルマで登れた時代が懐かしいね~。

いやいや、今ここに来れるのは ごく限定されたVIPのみ
・・・と解釈しよう。

バスやタクシー、または、「自転車」 で!

まさか何年か後に ワシがここを自転車で登ることになるとは、
ユメにも思いませんでした!!










 


 2-5IMG0130510012-1

開業20周年とあって、スカイラインの頂上では いろんな催し物があった。

・・・でも、ワシら・・・

「サブイんよッ!!!」
体感温度は 氷点下!


みんなが集まったところで、枡に酒を注いでもらい 「かんぱ~いッ!!」
ってやったとたんに 「ビュ~~~ッッッ!!!」 って突風が!

もう あっちこちでビショ濡れになったヒトが・・・。

ワシもすぐその場を離れて 土産物屋さんに逃げこんだよ!

















 3-1dfIM0130510009-1


畳平でのアレも トドコオり無う終わり、さっさと下山。

いや、ホントにイイ天気で 誘ってくれた人には感謝のみですよ!
(ただ、その方の名前もなにもかも失念してまったワシです。)





そんな、わが GTO。


 3-2IMG2013051ygyh001-1


このクルマは GTOの中でも別格。
なんと 「MR」 っていうグレード。

三菱自動車初の 「DOHC=ツインカム」 エンジンを積んだクルマ。
総生産台数は、わずか、「830台」 。

その、「1/830」 のクルマを所有しとったワシ。

ああ、そのうち、このクルマのレストア(=再生)記事でも書こう!
見とうないって?  いんにゃ、それは許されませんッ!!




 


そんなことがあった 20年前。

乗鞍スカイラインとして開通されて20年。
そして、その20周年記念が終わり、さらに20年経った今日。


・・・ウソやろ?

あの時からもう 「折り返し」 てまったの?

そう言や今日、サッカーJリーグが発足した日でもあるんよね!
20年前の、まさに今日!

いろんな意味で、感慨深げな一日を送ったワシでした。


(で、開通40周年の今年、ヒルクライムレースは ちょうど10周年。
そんな記念レースやのに、出場するかどうか、微妙なワシです・・・。)
















スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/432-f76be9ea

トラックバック

コメント

[C1962] 乗スカ

懐かしいなあ。
私ゃ、そのダート時代の経験者です。

初めて行ったのが小学校5年生。
あの東京オリンピックの年の8月ですぞ。
ですからオリンピックより前だね。

高山本線はSL。たぶんC58牽引。
濃飛バスのボンネットバスがエンジンを
ウンウン云わせ、土埃を巻き立てて
登っていきましたよ。

畳平で一泊してご来光見ましたね。

それ以降は車で数度。キャンピングカーで3度。

自転車では学生の時ですから昭和47年に長野県側から登りました。
それから通算7回くらい登りましたかねえ。
  • 2013-05-16 00:32
  • ナワ~ルド@峠おやじ
  • URL
  • 編集

[C1963]

GTOお家にあるのか~、必ずレストアせーよ~。
車体の色も一番ええオレンジ、確か横浜銀蠅の翔とタクも白いの乗っとったような記憶です。
チャリも時間見つけてがんばってこいで~な、オラッチもがんばるで。
  • 2013-05-16 12:37
  • サニ太
  • URL
  • 編集

[C1964] こんばんわ!

とまぢふさん、お疲れ様です!!
ヒルクライム、出場は微妙なんですかΣ(ノд<)
私、車のことはあまり分からないけど、やっぱり昔の車はかくばってて格好いいと思います☆今の車はまるっこいの多いしなぁ( →_→)
いろんな道には、良い出来事や、悲しい出来事、いろいろありますね!!とまぢふさんみたいに、歴史を振り替えること、とっても大切ですね!!忘れてはいけないこともあるから。
私は、夏にむけて、カイツブリの子育てが見たいからあちこち行ってみようと思っています。とまぢふさんも、自分の好きな自転車や、気が紛れる事、100%の力を出せなくても、適当に楽しみましょうね☆



[C1965] 思いで深いものたち・・・

ナワ~ルドさん、うらやましいです。
私、そんな土煙り立つような道路で乗鞍登りたかった!
SLも今だかつて乗ったことナイし・・・。
ご来光は運がカランできますよね。 乗鞍は気象条件が悪いことが多いらしいから。
それでも拝めたということは良かったですね!

自転車は、岐阜県側ではどうだったんでしょう?
「スカイライン」として開通する以前は。
開通後は禁止されてましたよね?
長野県側(エコーライン)は OKだった?
貴重な体験されてたんですね!



サニ太さん、あなたも確か ボロ・・・ いや、ヒストリックカーを所有してましたよね!!
とても貴重で、私の憧れでもあるクルマを!
「360ccなのに、水冷4サイクル、4気筒、ブロックを含めてオール・アルミエンジン」
な アレ。
普段のアシにはなり得ないでしょうが、「所有するヨロコビ」は大きいかと!

私のGTOは、あくまでも 「過去の」 所有ブツ です・・・。

もらった当初はヒドイものでした。
色は白でしたが、「族仕様」 の時代もあったとか。
で、カネかけてレストアしたんです!

前々(さらに前?)オーナーが、1800ccにボアアップしてたのを、私は あろうことか オリジナルの 1600ccに戻した・・・。
色は、「GTOといえばコレでしょ!」 な、
「ケニア・オレンジ」 に!

語りだすと止まらなくなりそうなので、ここまでにしときます!

自転車は、やっぱ、乗らないとダメですかね~~??

  • 2013-05-16 22:44
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C1966] カイツブリ

おかいこさん、すみませんでした。
ほかの方への お礼コメント書いてるうちに、コメントいただけてて・・。

カイツブリといえば、新見南吉の 「一年生たちと ひよめ」 という話しを思い出します。
「ゴンぎつね」 じゃなくてスミマセン。

ごく一時期、新見南吉にハマり、彼の故郷の半田市へ行ったものです。

「ひよめ」 とは、カイツブリのこと。
彼が半田の池で見た ひよめって、どんな鳥?
って思い、半田で適当な池(沼?)を見たところ、いたんですよ! カイツブリが!!
今から6,70年前に彼が見た鳥が、今こうして私の前の池でも潜ったり浮かんだりしてる!!
・・・感動したものです。

また半田に行ってみたいものです。

南吉のココロに触れるためにも・・・。

  • 2013-05-16 22:59
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C1967] そういえば・・・

おはようございますっっ!( ̄- ̄)ゞ
そう言えば、昨日仕事休みだったので、カイツブリの親子探しに出かけたんですが、関のふるさと農園行きました!!やぎさんたち別の場所にいて、触れなかった(´Д`)前に行ったときは触れたんですけど☆
昨日のブログ記事、私の彼が見て10回以上は『凄いなぁ、スッゴいなぁ!!すごい人やなぁ!!!!』って言ってましたよヾ(*T▽T*)

[C1969] GTOカッコいい!!

 おおぉぉ~~とまぢふさんの青春時代ですか!

 いや、是非まだこれからも車にも力入れてくださいよ!

 僕もこの歳になって再び1分の1の模型を作ってる感じで車弄りしていますし・・・

 でもこの時代の車はスタイルが皆個性がありましたよね。
 僕はダルマセリカが好きでした。

 また当時の乗鞍スカイラインのツーリング風景は今見てもカッコいいですね。
 今でも旧車なんかでこのような風景もありそうだし。

 初めましてサニ太さんのコメントにも目がいきました。
>横浜銀蠅の翔とタクも白いの乗っとったような

 ↑もう僕の青春時代でした。

 本当気がつくと早いもんですね。 時が経つのは・・・
 
  • 2013-05-17 19:39
  • スター★マン
  • URL
  • 編集

[C1971] スゴイひと

おかいこさん、で、カイツブリの親子は見つけられたんですか?
関の農園近辺にも そんな池があるのでしょうか?

彼氏さんにも興味が湧きます!
私のドコが 「スゴイ」 と思うのか?
スゴイのは景色やクルマなのでは?



スター☆マンさん、かつては私も それなりな「クルマ好き青少年」でした・・・。

昭和の終わり頃、当時所有してた AE70カローラ(セダン)のエンジンをボアUPさせ、ミッションをATに乗せ替え・・・。
Fアブソーバは、中のオイルをイロイロ替えて試してみたり・・・。 面倒を面倒とも思わずに のめり込んでた時期がありましたよ、私にも。

スター☆マンさんが、今なお クルマに夢中でおられる事は 何て言うか・・・ 
「いつまでも『少年の憧憬』を追いかけ続ける情熱」 を持ってる・・・ってコトですよね?

コレってだいじなコトだと思います!
いくら歳を重ねていっても。

そういう方々って、若々しいんですよね。

私も いろんな意味で そうありたかったものです。

  • 2013-05-17 20:21
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C1972]

しばらく更新がなかったときのこと、案じておりました。

さて、GTO、たしかスピードメーターは180キロまで刻んでありませんでしたか? 小学校低学年の頃、友人の家がこれに乗っていて、それは憧れたものでした。外から運転席を覗き込んで・・・・

あの頃、180キロまでメーターは表示されていないのが普通だったと記憶しています。

その当時からしばらくして、今は亡き伯父がクラウンを購入。キンキンに冷えた車内、音がしない(と思えた)走行時。ふかふかのシート。ギアを変えなくてよい(オートマチックという言葉も知らず)、そして何よりも、窓がスイッチで自動で動き、運転席から全席の窓が動かせる・・・・

すべてが驚嘆の的でした。

「日本自動車博物館」、旧車がひしめくすさまじいスポットです。この前に訪れてみて、しばし興奮で言葉もありませんでした。

さて、私も自転車復活させないと!
  • 2013-05-17 23:10
  • たか
  • URL
  • 編集

[C1974] ちっちっち・・・・

たかさん、「180キロ」 は、今のクルマでの表示です。

私のGTOは、「220km/h」 まで目盛りが切ってありました!

・・・ 「そこまで スピード出せるか?」 は別として・・・。

昔は良かったですよね~

カタログにでさえ、「ゼロヨン、12.6秒!」 なんてのを堂々と謳えてたんですから。
今、そんなコトしたら、「暴走族を助長する気か?!」 と、オトガメをうけるでしょうね、メーカー。

そんな良き時代に乗ったクラウン。
さぞかし驚愕的なコトばかりだったかと お察しします。
私のウチでは クルマを所有したことさえなく、オヤジのバイクのみが頼みの綱でした・・・。
ですので、そういう話は興味深いものです。

自動車博物館とは、石川県のアレでしょうか?
すごく行きたいと常々思ってました。 かつては。
トヨタ博物館と、河口湖のアレで終わってます・・・。

たかさんも、そんなクルママニアだったんですね!

自転車、気が向いたら 再開します・・・。

  • 2013-05-18 21:42
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C1978] あの時代は車に味があった。

あの年代の車には、職人技的なつくりで味があったね。懐かしく思います。

乗鞍スカイラインに27年ほど前にそんとき付合っとた彼女と行ったんやけど、その日の前日に連れがパジェロ(初代)を貸してくれって言うんで、代わりにそいつの車で行くことになったんよ。
で、そいつの車は三菱ミラージュ(エリマキトカゲのCMのやつ)、確か電子制御キャブだったと思う。その車が坂は登らんし、乗鞍スカイライン終点の駐車場に止めて売店なんか俳諧して、帰りENG駆けようとしたら空気が薄うてかからんのよ、かかっても止まってまう。生ガスの臭いはするは、黒鉛は出るは、バッテリーはあがる寸前であせりました。
ENGかかったら標高が下がるとこまでアクセル踏み込んだまま下った苦い思いでもありますね。

確か今は自家用車では上までいけんくなっとるよね。あの頃はオーナーたちの集まりみたいなツーリングが結構あってよく見かけたもんです。そん中のGTOいいですね。
  • 2013-05-19 08:24
  • URL
  • 編集

[C1979] 初めて登った時は不安だった・・・

初めてクルマで登ったのは、昭和59年の秋、長野県大滝村を震源とする大地震が起こった翌日でした。
なので不安でした・・・。
その時はカローラ(キャブ車)に乗ってて、登る前に、
「エンジンかからんようになるぞ!」 「キャニスターからガソリンが吹きだすらしいぞ!」
などと脅されたものです。

でも、杞憂に終わり、快調そのものでしたね。
春ちゃんの場合、やっぱ M菱車だったからかも。
・・・って、GTOもM菱でしたね!!

GTOは難なく登りましたが、水温計がちっとも上がらずあせりました!
帰り、丹生川の町まで降りたらやっと上がりはじめ・・・。
なんやったんやろ?

乗鞍、今ではマイカーでは登れません。
なので春ちゃんも自転車で どーぞッ!!
  • 2013-05-19 16:34
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ