Entries

   八幡さま、お願いッ !!

 
 みなさま、お久しぶりです。




ま~、オウジョ こいとりますわ ・・・。


先月末に父ちゃんが倒れ(文字どおり 倒れとった!台所で。) 、
救急車で運ばれた・・・
脳出血やけど、1ヶ月くらいで まあ、復帰できるカモ・・・


までの オハナシやったよね。 病状に関しては。


その後 1週間は 割と症状も落ち着いてきとったんやけど、ところが入院 8日目 !
朝いきなり、病院からお呼び出し !


・・・ なんか、急にまた とんでもなく出血が起きて 脳を圧迫しとるらしい!
アタマの骨を カパッって取って、血を吸い出してまわなアカンらしい!

・・・6時間余りに及ぶ緊急手術で なんとか一命は取りとめたけど、
体じゅう チューブや電線?みたいなのがいっぱい・・・。
口には酸素マスクし、ベッド周りは何やら計測機械だらけ・・・。

いわゆる、「スパゲティ症候群」 ってヤツ。

これって、オヤジが いちばんイヤがっとった姿。
「あんなチューブだらけになってまで生きとうない。」
って言っとったらしい。  生前は。 (おっと! まだ生きとるんやった!!)


でもまだ手術したばっかりで、お医者様も この状態は
「治療の一環である」
と しとらっせる。


手術の前に、
「どうしますか? 手術しますか?」 などのようなことは聞かれなんだ。
もう、やる気マンマンな先生とスタッフやったよ・・・。
「手術室、準備完了です!」 「剃髪します!」
と、矢継ぎ早に。
アレヨアレヨの間に同意書 書かされ・・・。





で、今。
まだ意識戻らず・・・・・  です。




そんなトコに 今度はカアチャン。

こないだの日曜、草刈機使って 朝の6時からバリバリと 草刈っとったら・・・

「お母さん、めまいがひどくて立ち上がれずにいます!」
って、施設から電話。
お医者さんも休みやし、それほどひどくはなさそうやったで、
「めまいの薬だけ飲ませて様子みてください。」
って言っておき、また草刈りを・・・。

夕方になって寄ってみたらカチャン、ショボクレきって寝とったわい。
「無理してでも マンマ食わな いかんぞ!」
と言って帰ったよ・・。

次の日、施設のほうでカアチャンを診せに医者に連れてっとくれた。
夕方寄ったら、なんか ムシの息・・・。
目も、大仏さまみたいに うつろに開くだけ。
言葉は、単語を2つ3つ話せるだけ。

こ、こりゃアカンわ!
トオチャンより先に死んでまうわ!

・・・ な感じやったよ。






まあ、それでも、毎日 医者に連れていってもらい、
抗生剤を点滴してもらったお陰で、今日はもう だいぶ良うなった!!
でもまだ元気ないけどね・・・。



そういうワケで、先月末以来、ずっとビールも飲めずにいます。
だって いつ呼び出しくらうかワカランでねえ・・・。

お盆の間は 妹一家が来て、ジジババや 愚兄のメンドウをみていってくれたよ。

ビール飲んでないし、ケーチャンも食っとらんで痩せたぞ~~ 
ジジ・ババに対する心労もあるしね。
・・・と思いつつ体重測ったら・・・

「68.8Kg」 。

前より太っとるがなッ !!   1キロ以上もッ !!!

・・・ 妹どのにより、三度々々 規則正しく適正な量・内容の食事を摂っとったオカゲやろな・・・
確かに、「ビール飲むために夕食パス!」 なんてこともしとったし・・・。 嗚呼。

喜ぶべきコトなのか??  まあ、そうなんやろな。
これで運動でもすればバッチリやろけどね。





そんなこんなで、今日は 祖師野八幡宮の 月例祭と、宝物の虫干しがありました。

(相変わらずの前置きの長さ、許しとくれ!!)





  1-1gyifhty@.jpg

八幡宮の幣殿。




  1-2hjhfDSC04709.jpg

その中。




  1-3rkgDSC04722.jpg

老人長寿祈願祭もやるもんで、それなりのお年のかたが多い。




  1-4jkfrgiDSC04720.jpg

でも、こんなモノズキな若者? も。



  1-5jgordDSC04725.jpg

氏子総代の挨拶で お祭りが始まる。





  2-1kjfijrihhDSC04728.jpg

チカちゃんッ!  宮司どのの長女さんです。
ゆくゆくは この宮の神主になる・・・かも。




  2-2kjgiiiDSC04730.jpg

この人が、宮司の 「ほーいっつァ」。 
(こないだも今までも何度も説明しとるで、そのイワレは省きます。)

一連の神事が終わったあと、
「これで八幡さまが皆さんをお護りくださることは 間違いありません。」
と、嬉しいことを言ってくだれた!

トオチャン、カアチャン、神様が良うしとくれるってよッ!
頼みましたよ、八幡さまッ!!


そのあとは、恒例の 「虫干し」 やけど、今日は あいにくの雨・・・。




  2-4-1 i20120829213256012

ホントなら、こうやって大切な文化財に風を通してやるんやけど・・。
これは去年のようす。

ビラビラ~ってやっとるのは、「大般若経 だいはんにゃきょう」 。

鎌倉時代から豊臣秀吉の時代のもので、こうやって長年、
連綿と虫干ししてきたおかげで痛まずに残っとるんやなあ。






  2-3ktgijDSC04736.jpg

で、宝物殿からは他にも運び出された。




       3-3higtuhngbDSC04786.jpg

木製の狛犬ちゃん。 なんかカワイイぞ!
これでも鎌倉時代の作。

それにしても今日は、雨降りにも関わらずおおぜい来たよ!
そんなみんなの お目当ては・・・









       3-4jhgjiffDSC04840.jpg

これです。

これぞ この宮の宝、名刀 「祖師野丸」 ですッ!

いわれは、まあ、メンドウやで去年の記事でも見てね。
         ↓
 http://sossy.blog129.fc2.com/blog-entry-345.html

・・・って、これ見られたら、今回の記事の意味は無いんやけどね。
変わらん内容やし・・・。





  3-5jvtutvhvDSC04819.jpg

恐る恐る寄って見る人もいるけど・・・






  4-1rfhhjDSC04782.jpg

もうみんな、見たい見たい!!

後ろの掛け軸?は、「十六善神図」 といって、
神道での 「曼荼羅」 ?  マンダラは仏教での ああいう絵。 らしい。
これも室町時代のモノ。




  

  4-2kkkghDSC04792.jpg

遠くから ござった歴史ファンもおり、ごった返したよ。











  2-4-2kljgifhDSC04753.jpg

虫干しはしんけど、ナフタリンの入れ替えをする 大般若経。




  2-5kjhjvfDSC04751.jpg

これは豊臣時代で、比較的新しいヤツ。
写経したものではなく、「版画」 やね。
まあ、「印刷」 って言ってもいいか。




  3-1jdfkjiDSC04750.jpg

こっちはその、鎌倉時代の古いヤツ。
もちろん 「手書き」 での写経。
味があるねえ。




  3-2hfgfDSC04752.jpg

おじさんも 若い おぢゃうちゃんも熱心に見といでる。




これらのほかにも まだたんとあるんよ、お宝。

みんなが、祖師野丸ばかりをチヤホヤするもんで、
ちょっとスネたようなホトケ様が・・・





       4-3uyuugDSC04867.jpg

円空が彫ったホトケ様でした・・・。

ありがたがらなアカンよ!

こんなふうに、たくさんの神様や仏さまが おわしまします八幡宮。
ここに願かけたで、トオチャン・カアチャンとも 早う良くなるやろ!

と、思いたい。






ウチ帰ったら どシロが玄関の本棚の上で惰眠をむさぼっとった。

「シロよ、カアチャンもトオチャンもおらんで淋しいなあ・・・」













  シロnew_DSC04896

     「静かで エエ。」


・・・・だそうです。
















スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/454-e8280342

トラックバック

コメント

[C2146] ご無沙汰

元気そうで体重も増えて安心しました。
貴方が倒れると大変ですので、ケーチャン
アワアワで体調整えて下さい。
とぼけた顔の狛犬が 誠に可愛い誠に!!
又 会える事楽しみにしています。
  • 2013-08-26 09:49
  • 酷頭野郎
  • URL
  • 編集

[C2147] 草刈りカリカリ

とまぢふさん!!お久しぶりぶりぶりですヽ(*´▽)ノ♪
お母さん、お父さん心配ですね。
人の命って難しいです。助かるだろう命をお医者さんは、ほっておけなかったんです!!
でも、家族としては、管を沢山入れられてまで生きている事が幸せだろうか・・・と考えてしまいますよね!!
私は、お母さんがいくら寝たきりだろうと口が聞けなくなろうと生きていてほしかったなぁ。
とまぢふさんや家族の声はお父さんに聞こえているはずです!!
沢山声をかけて、身体をさすって、お父さんにどんどん刺激を与えてあげてくださいね!!

[C2148] 拝みましょう

父上さま
母上さまの
お体に関してはお医者さまに
おまかせして
我々はいろんなものに拝んで祈りましょう
神様とか
仏様とか
おてんとう様とか
あと祖師野丸にも
そういえば
こんなときに書くのもなんなんですが
去年のお祭りのときに
遠くから見ていたので
祖師野丸がわからなくて
あれは何だろう?とまわりの人たちが
言っておりましたら
妹さまが
「長いもじゃないの?」
と発言されました
豪快でした
そんな豪快な妹さまも拝みましょう?

  • 2013-08-26 16:27
  • くずや
  • URL
  • 編集

[C2149]

ブログの更新を拝見して安心しました、面倒を観るにせよ自分が健康でなくてはできません、ご自愛ください。
  • 2013-08-26 22:02
  • サニ太
  • URL
  • 編集

[C2150] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C2151] 御身大切に

なかなか更新がないので心配申し上げてました。

大変ですな。
ご両親同時に具合が悪くなっては。

ご健在の方がいいに決まってますが、
生物本来の意義からすると
子孫が元気なのが一番。
まずご自分を大切にしてください。


  • 2013-08-26 23:23
  • ナワ~ルド@峠おやじ
  • URL
  • 編集

[C2152] 久々で・・・

記事書くの 疲れました!

皆さま、本当にありがとうございます。

ずっと暗い気持ちで過ごしてましたが、いよいよ祭りが近づいてきて、当元の班長としての仕事がジワジワと始まりました。

それが、家のコトを忘れる機会みたいになり、ちょっとだけ元気を取り戻した次第です。

当元としての仕事の第一番、
「祭りの道具を宝物蔵から公民館へ搬出する」。
ちょうど八幡さまの月例祭と同じ日なので、願掛けもできて元気になれたのかも・・・。


酷頭さん、やっぱりワタシの体調をととのえるのは
アレとソレでしょうか?!
でも、その代わりにトマジューをガブ飲みしてこらえてます。
そういえば奥様、その後 いかがでしょうか?
私が気遣いの言葉もかけないままでいたことを 心苦しくおもってます。
こうやって酷頭さんから お便りもらえると なおさら。
また お会いしたいです!


おかいこさん、お久しブリブリブリッ・・・!
父の気持ちは いったいどんなだろう? と、そればかりが気になります。
確かにあんな姿で生かされてるのは望んでないでしょう。
お医者さんが言われるには、
「いちばん良くて、なんとか車いす。でも自らは動かせない。言語中枢やられてるから喋れない。食事も全介助。」

私自身が そんなだったら即、治療中止してほしいです。 いや、意識無くなって倒れたらもう、手術すら結構!!

おかいこさんのお母様は若くして亡くなられ、どちらにとっても大変つらい別れだったと思います。
何としてでも生き長らえてもらいたい・・・という気持ちは よくわかります。

重いハナシになってしまい申しわけありません。



くずやさん、もうあちこちに祈り捧げてますよ。
猫のシロにさえもね。
その内容は言えませんけど! (笑)

ところで、祭りの行列で 区長が うやうやしく掲げ持ってるのが 「祖師野丸」 ・・・ かと言うと さにあらず!
確かに化粧袋に入れられてはいますが、中身はレプリカ。
祭りの本番の時でさえ外へ持ち出されない、正に
「秘蔵の お宝」 !
そんな お宝が、この虫干しの時は ホントに無造作に展示されます。
「エエんかしらん?」 な気持ちさえ湧いてきます。
だって、触るのさえ許されるのですから!

祭り行列の そんな秘剣 (レプリカ) を、
「長芋」 呼ばわりする 我が妹どの・・・
確かに豪快です!
おおいに拝んでおきます。



サニ太さん、その後 お体のグワイは どうですか?

「ギヤを1段どころか、2段か3段落として漕ぎましょう」
のアドバイス、心に沁み入りましたよ。

まわりから、「タイヘンやね~、ガンバっとるね~」 と言われますが、頑張っててタイヘンなのは お医者さんたちと妹。
私はノホホンと暮らしてるバチ当たりです。

今後もトマジュー飲んで健康維持に気を使っていきますよ!
サニ太さんも ホドホドにねッ !!

  • 2013-08-26 23:25
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C2153] 相変わらず・・・

コメントに対しての返事が長いので、書いてるうちに ナワ~ルドさんからも いただけてました!

こういうのって、「順番」 とは限りませんもんね~。

ホント、色んなふうに考えてしまってる今日このごろです。
「生きるとは?」 とか、「人生の目的とは?」 とか・・・。

ただ単に、「生物としての命の火を消させない」 ように延命させることは、ごく一般人なウチのオヤジにとって必要なのか?
あの日 倒れた時点でもう、ホントは寿命だったのではないか? いたずらに蘇生させてしまったのでは?
・・・みたいなきもちでいっぱいです。
父には可哀そうだけど。
いや、父も そんな治療は望んでないかも・・・

あたま、グチュ~ な毎日です。

  • 2013-08-26 23:35
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C2154] きんのう 金山いきましたよ!

きんのう、堀越峠越えて金山に行きましたよ。きっととまぢふさんのお宅も通ったことでしょう。
今回は、とある本の記事で「金山の筋骨めぐりが今静かなブーム」とありましたので、下呂に住んでいた時は通り過ぎるだけだった金山の町をゆっくり歩いてみようと思い立ったわけです。
筋骨(まあ路地裏にある細かい生活道路ですね)、味わい深い景色でした。昔の金山宿の息吹が伝わってくる・・・そんな感想でした。とまぢふさんもこの町で育ったんだな、と感慨深かったですよ。

長々とすいません、金山筋骨めぐりの報告でした。
  • 2013-08-26 23:41
  • てっちり
  • URL
  • 編集

[C2155] 筋骨??

てっちりさん、ありがとうございます。

そういう生活道路? を言うんですか、「筋骨」。
フシギな言葉ですね~。どっから来てるんでしょうね。

そうそう、そういう 「人んチの裏」 の探訪がはやってるみたいです、金山の街ん中で。

住宅密集地の中を細い谷 (マグソ谷と呼ばれてる。本来は、長洞谷なのに・・・。)が流れ、その谷をまたいで家が建てられ、洗濯物が干され・・・みたいな風景があります。
私も中学の時、写生大会で そういう場所を描きました。 そんな若い自分から、そういう生活臭にあふれた風物が好きだったんですね~~。

超久しぶりに行ってみようかな・・・。
(私のウチは、そんな街の中でなく、どえらい山ン中ですから・・・)
  • 2013-08-26 23:53
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C2156] ご両親様 お大事に

こんにちは。

8月16日の日に墓参りに3ヶ月ぶりに乙原行きました。
中房にも立ち寄り「鶏ちゃん」手に入れようと思ったんですが品切れの様子でした、それでもうちのとーちゃんは中房のおじさんと仲良く話してましたよ。
で、帰りにほんと7年ぶりぐらいに「ほいどや」にも行き探したんですが「横綱ケーチャン」は手に入らず普通のやつを買って帰りました。2店舗ともうちのとーちゃんを覚えてたのには驚きましたw
うちも親が元気なうちは乙原にも連れてってあげるつもりです。

ご両親様、ご病気大変そうですが、快復
されることをお祈りしております。

  • 2013-08-27 01:11
  • ぐっさん
  • URL
  • 編集

[C2157] 親孝行

ぐっさん、よくぞ中房や ほいどやに寄ってくださいました!
お父さんを覚えておいでとのこと、さぞかし嬉しかったでしょうね。おとうさんも ぐっさんも。

横綱が売り切れてたとは驚きです!
いつも引き出し式の冷凍庫にギッシリ入ってて、
「おじさん、このいにストックしといて大丈夫なの?」
と聞いたことさえあるのに。
でも、この「横綱」は ここら近辺では中房にしか置いてありません。
金山の街の農協ストアやマツオカ、さかえ屋商店にさえ ありません・・・。
下呂のショッピングセンター・ピアにも置いてない、まぼろしのケーチャンです。(笑)

それにしても、お父さんを連れての里帰り、いい孝行ができましたね。
できるうちに やれることは しといた方がイイです。
私も できる限りのコトはしたいです。。。
  • 2013-08-27 06:56
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C2158] 難しい・・・

とまぢふさんのコメントを頂いて、私も普段思ったことあります!!
患者さん観ていて、急変して転院・・・もういいのに・・・って思うことたくさんあります。歳や本人の体力も気力も考えて。
私のお母さんの時は、日が経った今考えてみると、痛みをこらえ辛い思いをして生きていたので、楽になれてよかったと。
とまぢふさんは、すごいです。お父さん側からの目線で考えてるから!!
延命処置は私もされたくないかな。人の命はいずれ消えるもの。その時どうかじゃなくて、今までの生き方や生き証があれば、その人自体が消えてしまうことはないですよね。
とまぢふさん班長の出番が来たんですね!!
お祭りワッショイ!!!!
じっとしてると頭のなかぐしゃぐしゃになるから、動きましょう!!
めちゃめちゃ真剣にラジオ体操とかしてみるとかヽ(*´▽)ノ♪

[C2159]

ご無沙汰しております。

父上のご容体、ほんとうに心配しております。

父上のお考えは、現在、ご本人のおこころのなかにしかない状態かとお察しいたします。つまり、お話はできない状態にあられると拝察します。しかし、「自分の考えを言語化するのは、きわめて高度な能力である」といわれています。つまり、ご本人は言語中枢をやられて言葉は出せないが、思考力は奪われていない可能性が少なくないと、思うのです。

どうか、父上に、いろいろと話しかけてみてください。反応はできなくても、お分かりになっているかと存じます。聴覚は最後まで残るのともいいますから。

差し出がましいことを申してすみません。
  • 2013-08-27 12:16
  • たか
  • URL
  • 編集

[C2160] 深い話をありがとうございます。

おかいこさん、再びのコメント ありがとうございます!

おっしゃるとおりです。
「もうエエがな・・・。」
が正直な気持ちです。
でも お医者さんは 「人命を救う」 が仕事。
看護師さんやリハビリの方たちの、一生懸命にやってる姿をみると、申しわけなく思います。

ホントはもう、とっくに死んでて おかしくない状態で、しかも助かったとしても 「生けるシカバネ」 。

医療の進歩も、罪な場合があります・・・。

生きた証・・・ オヤジは作業小屋に壊れて動かなくなったオートバイを捨てずに置いてます。
いつだったか、そういうバイクを回収してる業者が来たので 出そうかと思ったら、
「そんな張り合いの無いこと、してくれるな!!」
とオヤジに怒られました。
なんでも、「生きた証」 だからだそうです。
私にはガラクタなのに・・・。
でも どのみち、これはやがて私たちへ「負の遺産」となるのです。
なので私はもう、モノには執着するのをヤメました。
墓場まで持って入れないのだから。
自分の写真さえ いずれ捨てようと思ってます。
別に、みんなに思い出してもらわなくてもイイし。
遺影さえも掲げられたくありません。

私、こういうヘンなヤツなんですよ、元々。



たかさん、ご意見 ありがとうございます。

近いうちにオヤジに話そうと思ってます。

「まあエエんやろ?」 って。

たぶんオヤジも 初めから そう思ってます。

これまでも、あれほど医者行けといっても聞く耳もたず、薬が切れてても、
「今まで飲んだ分が体に蓄積されとるでエエッ!」
などと 屁理屈をぬかすしまつ。
お金無いなら貸してやるから・・と言ってもかたくなに拒んだ くそジジイ。
「人の世話には なりとうない」
が信条の男、もはや自業自得です。

でも、体裁に看病はします。

親不孝モノな私です。



  • 2013-08-27 22:06
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C2163] 筋骨ムキムキ

筋骨は、「路地裏の道が筋肉や骨のように複雑に絡みあっている様子を表した表現」のようですよ。ほんとに細々とした道。まあブライバシーなんて0な感じですよね。でもまたこれがいいんでしょうね。

今回は金山のメインストリートだけの散策になりましたが、次回はぜひ祖師野も訪れてみようと思います、とまぢふさん。
  • 2013-08-29 18:33
  • てっちり
  • URL
  • 編集

[C2165] からみあい

なるほど。 
でも筋肉や骨って、複雑にカラミあってるイメージ無いですけどね~。
それより内臓とか、ゾウモツって言った方が グチュ~・・・な感じじゃありませんか? からみあい。

まあ、そんなコトバは てっちりさんが考案したことじゃないから 責めるつもりは毛頭ありませんが(笑)。

でも祖師野に筋骨は無いですよ。
ただ、金山の街よりは、ニンゲンの生活の上でのからみあい(しがらみ)が それこそグッチャグチャに筋骨です!!
  • 2013-08-29 21:25
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C2170] 祖師野丸の思い半世紀

1週間ぶりです。今も大変だと思いますがその後おやっさんとお袋さんはどうですか。○○ちゃんも身体崩さないようにご自愛ください。アルコールを抜いているとのことですが、祭りのお神酒程度で相当酔うかもね。

祖師野丸に思いを馳せて半世紀、感動しました。で、意外と年寄りの方の扱いが雑で本当にいいのかさえ思えるくらいでしたね。でもこれが祖師野の方々でとても平和な感じでいいです。やっぱり田舎はいい。

お祭りの時はしっかりお参りしにいきます。
  • 2013-09-01 19:58
  • haru
  • URL
  • 編集

[C2172] 同感です。

ホント、ちょっと昔までは正に 「秘宝の刀」 でしたからね!
おいそれと見ることもハバカられた・・・。

ああ、なのに、あの扱われ方・・・。
ぜったい バチ当たるとおもいますよ!
それでも今年は 去年よりマシ。
去年なんか、○巳さん、こともあろうか祖師野丸を
その鞘に抜き差ししてましたからね!!

いくら地元民に公開を・・といっても、これでは刀も
「千年の護りをしてきた甲斐がない!」
と嘆きますよ。。。

祭りでは、心ひそかに謝っておきます。
祖師野丸様に!
  • 2013-09-01 21:49
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ