Entries

春 満喫ツーリング

     1ennkei
絶好のサイクリング日和!! 風もなく、天気も最高!!

場所は、岐阜県 奥美濃、郡上市白鳥町 石徹白(いとしろ)。
この山奥に、樹齢1800年以上と言われる大杉がある。
それを見に行こう・・・というツーリングです。

詳しいレポートは こちらで。

今回のワシのは、途中々々の「自然」をレポートするよん!




     2itosiroyamabuki
               「ヤマブキ」          
大杉に向かう道は どえらい急坂ばっかり!
そんなトコを自転車なんかで行こうってのがムチャ!
・・・でも、まわりに目をやると、春もたけなわ・・・




     3winghills
・・・とはいえ、遠くの山々にはまだ残雪が・・・
スキー場「ウィング ヒルズ・白鳥リゾート」から。




     4gama
このスキー場で一休みしてたらノソノソと・・・。
陽気に誘われて起きてきたガマガエル君!!
手の平サイズの、立派なヤツ! でもカワイイッ!




     5itosirosato
石徹白(いとしろ)地区は、高原。
木々も春色な、のどかな田舎です。




     6tyuukyo
途中にお宮がありました。 
「白山中居神社」:はくさん ちゅうきょ神社。
その境内のすぐ横は湿原で、ミズバショウが満開!




     7sibuki
山道を行くと、その道端に上から水しぶきが・・・。
冷たくてきれい・・・




     8sinryoku
ちょっと走っては停まり、景色を眺めてまた走り出す・・・
のサイクリングで、なかなか前に進めません。
(坂がキビシ過ぎて・・・も ありますけどね。)




     9itosirosugi
やっと着きました、「石徹白の大杉」。
下の休憩所から、四百二十段もの石段を登らねばなりません!
登山するサイクリストって・・・?

それにしてもデカイ杉!
幹まわりは、13人が両手をつないで やっと囲みきれる太さ!
屋久島の「縄文杉」が発見されるまでは、日本で1,2を争う大きさの杉だったとか。 今でも、5番目らしい。 

ここ、すごく標高が高く、この杉のまわりにも雪!

では、この杉のまわりの山野草をどうぞ!!


     10nekonome
               「ネコノメソウ」




     11enreisou
               「エンレイソウ」
この草は、亜高山帯に生える。この地の高さがわかる。




     12miyama katabami
               「ミヤマカタバミ」
私も、鉢に作っている。「カタバミ」と名は付けど、
雑草のアレとは違い、花は500円玉位の大きさはある。




     13syoujou bakama
               「ショウジョウバカマ」




     14sumire?
               「スミレ」
正式な種名わかりません。ダハハ・・・。




     15yamazakura
               「ヤマザクラ」
地表面から、顔を上げて、むこうの山を見ました。




     16kobusi
               「コブシ」
さらに、頭上も見上げてみました。 いたるところに
花がいっぱい咲いてます。




     17zazennsou
               「ザゼンソウ」
座禅を組んでいるような姿から。 
ミズバショウとよく一緒に咲いてることが多い花です。
この草もミズバショウも「サトイモ科」で、その仲間は花に「仏炎苞・ぶつえんほう」というビラビラを持つのが特徴。

ザゼンソウの花の匂いは・・・クサイッ!!

ちなみに、「仏炎苞」を持つ花 ↓

     1みずばしょう
           「ミズバショウ」


     2さといも
           「サトイモ」


     3カラー
           「カラー」


     4コンニャク
           「コンニャク」

み~んな「サトイモ科」。



話しは戻って・・・
     18hikinotou
               「フキノトウ」




     19kogomi
               「コゴミ」


・・・ここ、石徹白を離れ、ひるが野高原へ。
そこから見る景色です。 
いかにも「牧歌の里」といった雰囲気があります。

     20kougen



・・・というわけで、本日の自転車ツーリング、
ハゲしい峠越えが5つ6つあり、へろへろになりながらの
110kmでした。
景色と気候が良かったので、激坂のツラさも忘れ・・・
忘れることはアリエませんね。 キツかった~!


ウチ帰ったら、わが家の鉢植えも咲いてました。

     sekkoku.jpg
               「セッコク」
鉢は、小学生の時、図工の時間に作った焼き物です。
確か、パイナップル型の容器を作ったハズ・・・。
それをチョット加工し、こんな鉢として使ってます。




     1うらしまそう
               「素芯ウラシマソウ」
白花化したウラシマソウです。花の先のタランと垂れたものを、浦島太郎の釣り糸と見立て、このような名が付けられてます。 先人のネーミングのセンスに脱帽です!
(この草も「仏炎苞」があり、やはり「サトイモ科」です。)


・・・以上、蛇足も交えて、春爛漫のツーリング報告でした。
 









スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/46-4c534544

トラックバック

コメント

[C45] こま

はじめまして。奥美濃CCの『こま』と申します。いつも楽しく読ませていただいています。この時期、あちこちで見掛ける黄色い花が、『ヤマブキ』という名であることが、このレポートでわかりました。ありがとうございます。前から気になっていたので。他の花の名前も(できれば)覚えたいと思います。いつもすぐ忘れてしまうのですが(笑)。今後も楽しいレポートを期待しています。

[C46] 嬉しいかぎりです!

こまさん、ありがとうございます。

こんなトロくさいブログでも お役に立てたということが嬉しいです!

自転車を始めたきっかけは、「90日間、クルマの運転を禁じられた」からなんですが、
「ハマッた」のは、自転車で山へ「マツムシソウ」を探しに行ったことからです。
この山野草は、秋に咲く良花で、鈴蘭高原でよく見られます。
ずっと前に、久野川峠で見かけ、「ああ!こんなトコにも生えとるんやあ!」と ビックリしたものです。

それなら、私が住んでるトコでも、高いとこ行けばあるかも・・・ と、走り出したのです。
結局、その草は無かったのですが、私にとって初めての超ロングツーリングになっていました。

もう疲労困憊の極みで、ヘットヘト・・・。

でも、1週間もしたら、 また自転車で遠乗りがしたくなり・・・。
という感じでした。

わたしも良い仲間にめぐり合え、自転車ライフを満喫しております。
またどこかで ご一緒になれたら、その時はヨロシクお願いいたします。
  • 2010-05-16 08:28
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ