Entries

   は~、メンドくせ~~~・・・  

 またまた ヘンなクルマが入ってきたよ・・・
















 1-1yfghugtftrtcy.jpg

マツダ・キャロル。
昭和 43年、1968年式・・・。

カンベンしてくれよお~・・・・・






 1-2124_146_207_219-1382612977.jpg

もちろん、軽自動車やよ。

でも ごらんのとおり、4ドアで 3ボックス (ノッチバック) タイプ。
軽のクセに、ボンネット・トランク・キャビンが カクカクと別れとる・・・。
この当時 (いや、今に至るまで?) こんなふうにセダン型した軽って無かったでね~。
ドエライ豪勢なスタイルやよ!

いちばん後ろのガラスは、後席に座った人の後頭部が当たらんよう、
上に行くにしたがって 後部へ せり出しとる。
いわゆる、「クリフ・カット = 崖切り?」 ってヤツ。
まあ、苦肉の策かな?





 1-3124_146_207_219-1382613005.jpg

うしろから見ると、その個性的なスタイルが きわ立つ!!

ルーフの青色がイイね!


(そういえばクリフ・カットのクルマ、ちょっと前にあった・・・)
       ↓

 124_146_207_219-1382616924.jpg

トヨタ・will Vi。 2000年1月~2001年12月。
キャロルの発売は 1961年 (ワシの生まれ年やがな!) やで、
40年後にやっと、再登場したってことか・・・ クリフ・カット。


そういやあ、今回の祖師野祭りの時に・・・





 1-4124_146_207_219-1382614345.jpg

濡れたノボリを 公民館前のフェンスに干しとる・・。

手前のノボリが、「昭和43年」 に奉納されたヤツ。 
もうボロボロ・・。

つまり、そういうコトですよ。
昭和43年製なんてのはッ!

アカンですよ、そんな昔の工業製品使っとっちゃあッ! クルマもッ!







 1-5124_146_207_219-1382613029.jpg

でも なかなか カワイイ。
カエルみたい。




 2-1124_146_207_219-1382613052.jpg

ボンネットの中には エンジンは無いッ!

・・・なんか、ゴミ溜め みたいになっとるな~・・・
オーナー氏よ、片づけれよな!





 2-2124_146_207_219-1382613077.jpg


 2-3124_146_207_219-1382613101.jpg

後ろのトランクん中が エンジン・ルームになっとるんよ!
つまり、「RR」 車。 リアエンジン・リアドライブ車。

このエンジン、画期的なんよ。

なんつっても、「4気筒」 !
当時の軽でやで~~!
それも、「660cc」 やないでねえ。
「360cc」 やよッ!  1気筒、何ccよ?!

しかも、「4サイクル」 。
当時の軽でやで~~!
それも、シリンダー・ブロックは 「鋳鉄」 やないでねえ。
「アルミ製」 やよッ!! どんだけコストかけとんじゃ?!


まあ、意味ワカランかもしれんけど、とにかく
突拍子もないツクリしとるんよ、このクルマのエンジン・・・。
(のちに、「ロータリーエンジン」 なんてのを市販車用に開発してまう、マツダっていうメーカーのスゴサか?)





 2-4124_146_207_219-1382613125.jpg

ワシは、このリアエンドが好き。



では、このクルマの 「車検整備」 にかかろかね。




      2-5124_146_207_219-1382613153.jpg

まずは冷却水から。

漏れが無いのがフシギ。





 3-1124_146_207_219-1382613182.jpg

とりあえず、ファンベルトは ビシビシ。
交換やね。
(でも、メンドウやで やりとうない・・・。)





 3-2124_146_207_219-1382613206.jpg

エアクリーナを はずいてみた。




 3-3124_146_207_219-1382613230.jpg

「54年 12月 21日」 って書いてある。 この日に替えたんやろうな・・。
昭和54年に・・・。 34年前に・・・。

今回も交換は しんよ。 清掃だけ。 それもヤンワリと。
だって、圧縮空気を強うブッかけたら エレメントの紙、
ビリビリに破けてまうやろうで・・。




      3-4124_146_207_219-1382613254.jpg

エンジンオイルを点検。 

実はこのクルマ、ウチに入庫するのは 5,6年ぶりなんよ。
それまで どこで車検受けとったんやろ?
そこへ持って行けばイイのに・・・ オーナー。

ウチは、こんな「趣味のクルマ」を扱うような工場やないよ。

やで、一般的なクルマと おんなじ扱いするでね!
特別には しんよ!
「今さえ良ければヨシ」 で。

まあ、車検ってのは本来 そういうモン。次の車検までの安全を保証するモンではない。
でも、そんなコト言っとったら マンマ食えんようになってまうよ!
車検済んですぐ故障したんじゃ、信用無くすでねえ。

それでも、今回このクルマは そんなコト知ったこっちゃない!
だいたいが、程度判って乗っとるんやろ? オーナー。
それ相応の覚悟が無いなら、乗ったらアカンよ!

まあ、そのへんのコト、充分承知の上での入庫らしいで、
「受かればヨシ」 ってことです、今回。






 3-5124_146_207_219-1382613279.jpg

ディストリビュータ。 高圧電気を点火プラグに配電する装置。

今のクルマには、無い。




 4-1124_146_207_219-1382613310.jpg

その中身。

ここに付いてとる、「コンタクト・ポイント」 ってのが消耗品で、
車検ごとに交換するのがホントなんやけど、
今回 パス。
だって、部品なんて いつ入るわからへんし、とりあえず 接点の汚損・摩耗も見えんで。

この「ポイント」交換なんて、今じゃ 年に1回あるか無いか、の仕事。 
スバル・サンバーがいちばん最後まで使っとったなあ・・・。 
平成元年頃まで。
技術的に これ替えれるの、ウチの工場ではもうワシしかおらんよ・・・。
ワシも年とりました。




 4-2124_146_207_219-1382613339.jpg

プラグを点検しよう。

このコードを抜くのも神経使ったよ。
切れやせんかと・・・。





 4-3124_146_207_219-1382613365.jpg

小ィせぇ~~~ッ!!!

そりゃそうやね、360ccで4気筒のエンジンやも・・・。

かなりクスブっとるけど、エンジンかけて ブン回せば
焼けてキレイになるやろ。

・・・ かかればね。 エンジン。




 4-4124_146_207_219-1382613389.jpg

キャブレターと、インテーク・マニホルド。

シンプル。 吸気干渉、関係ねぇ! な形なのがイイ。





 4-5124_146_207_219-1382613415.jpg

エンジン 飽きたやろで、室内を お見せします。


 5-1124_146_207_219-1382613436.jpg


 5-2124_146_207_219-1382613459.jpg

これで大人が4人座ったんやでねえ・・・。
今と比べちゃアカンけど、当時はこれで嬉しかったんやろうね。




 5-3124_146_207_219-1382613478.jpg

こういうクルマを 今乗るっていうのは、趣味でしかないよね。
「目立ちたい」 ってコトがいちばん大きいかな?
悪いコトや無い。 
ワシやって、デコチャリに乗りたいのは ひとえに、
「目立ちたいから」 やでねえ・・・。

ボロやとか、ヤリにくいとか、文句ばっかり言うワシやけど、
ちょっとだけ、欲しい。 ちょっとだけね。


それにしても サニ太さん、これと おんなじクルマを所有してござるんやろ?
お疲れ様です!  
ちょっとだけ ウラヤマしいです。



まあ、キャロル編は ここまで。

今日、このクルマの他に、ちょびっとだけ珍しいのが入ったので。
















 5-4124_146_207_219-1382613529.jpg

「トヨタ ハイ・メディック」 。

まあ、「救急車」 ですわ。


このクルマ なんと、7月末に トオチャン倒れた時に お世話になった、
まさにその車両!
ワシも一緒に乗り込ませてもらったヤツ!

そんなクルマが入庫しました!






 5-5124_146_207_219-1382615549.jpg

ベースは、「グランビア」 。


ワシ、そのグランビアを単に改造しただけやと思っとったに、
案外 専用なとこあってビックリした。

ふつーにリフトUPしようともったに、かけるトコが無いッ!
ボデーの下回りに、なんやらジャマな配管や鉄板が付いとって、
リフトの足が うまいコトかからへんッ!
グランビアでは ありえんことや・・・。
ハア、やりにくい・・・  メンドくせ~~~・・・


なんとか上げることができ、下回りをみたら、
このクルマ、「4WS」 なんや!
つまり、後ろのタイヤにも 舵とり装置が付いとる!

小回りが効くようになっとるんやなあ。


・・・ そのくらいかな?

整備するには、内部の医療にかかわる機構は いっさい手出ししんから、ふつーと同じ。

ただ、「大急ぎ」 で、「完全なる整備」 が求められる!
そりゃそーやろ。

緊急車両が入庫すると緊張するよ。 消防車なんかもね。






 6-2124_146_207_219-1382613550.jpg

やで、チャチャっと済ませました!
作業風景の絵は ありません。
撮っとると 叱られるでね!
「仕事しよよッ!」 てね。

やで もう、検査ライン!




 6-3124_146_207_219-1382613570.jpg

検査員の T彦クンがしっかり見てくれます。 たぶん。



で、こうやってワシが写真撮っとったら お調子モンの I 藤クンが、

「ブログに載せるんスか? なんならボク、 モデルやりますよ。
この工場が閉鎖に追い込まれるようなヤツを。(笑)」


・・・ この救急車の中に入り込んで ベッド?に寝たり、
その ストレッチャーを引っ張り出して 工場ん中を走り回らせたりした絵を撮り、それUPしたら、たぶんアウトやろうね。



「じゃあ、『轢かれました!』 はダメですかね? 
横に寝ころぶだけ!」



・・・ う~~ん~~~~・・・・




寝ころんだらツナギが汚れるやんかッ!

そんなんで救急車や お客さんのクルマに乗り込むと思われたら
そりゃマズかろうッ!

やっぱダメ!
不謹慎!!
ボツ!


なんつっても、オヤジを乗せた おクルマ。
チャカしたらアカンよ!






以上です。 また こういう変わった?クルマが入りましたら、
レポートお送りします!

さあて、寝よ寝よッ!
















スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/465-625cfe4e

トラックバック

コメント

[C2239] 昔の車は楽しいですね。

こんにちは、
仕事頑張ってますね。

古い車のレポート楽しく拝見しました。
マツダは今も昔も、一風変わった開発力を持っていた様ですネ。

ロータリーに執着したり、ロードスターみたいな個性の強い車を作ったり。
何と言っても、コスモスポーツのデザインは最高です。
そんなマツダのキャロルは面白い。
最近は全く見なくなりました。
昔の車って、なんであんなに個性が強いのでしょうか?
反面、今の車は優等生ばかりで面白みに掛けますね。
そうなると、待ち遠しのはGTOの復活ですが、そちらは如何ですか?
  • 2013-10-25 17:55
  • 信州george
  • URL
  • 編集

[C2240] そーっと

古いくるまや
外車や
珍しいくるまは
ちらっと見たり
じろじろ見たり
するのは楽しいですが
さわりたくはないですねぇ
とくに古いくるまは
プラスチックは割れる
ねじは錆びて折れる
ゴムはひびひびでちぎれる
いけないことかも知れませんが
そーっとしておくのが
一番かも?
  • 2013-10-25 18:20
  • くずや
  • URL
  • 編集

[C2241] 趣味のハズが・・・

私もクルマ好きだったんですよ、たしか。

でも、趣味を職業にしたらアカンですね。
いや、アカンことはないけど、薄らいでいくような気がします、トキメキが。

信州georgeさん、お久しぶりです。
クルマ、好きなんですね~。
「昔のクルマは個性的」・・・同感です!
性能ウンヌンよりも、「目立つ」 を意識したとしか思えないヤツとか、とがりにトンガッた性能のエンジン積んだヤツとか・・・。

まあ、今のクルマ、悪くはないのですが、やはり面白味がありません。性能イイんだけど・・・。

私のGTO、今はもう私のじゃありませんから復活はムリです。 譲ってやったヤツ、どうしてるかなあ、「私のGTO」・・・。
いつか、レストア記を書きます。


くずやさん、お気持ちワカリます!
私も 「そっと」 しときたいです。
何もしないまま、お客さんに返したいです。
てきとーに書類だけ通して車検受かったように見せかけ・・・。

オーナーにも、わきまえて乗ってほしいですね。
たいていのヒトは、「車検終わったら新車になった」つもりでいますから。
勘弁してほしいですよ。
私んたの工場に こういうマニアックなクルマや外車を入庫させる人の気が知れません。
しかるべき工場に持って行ってほしいです。
(自分の未熟さをタナに上げて言ってるんではなく。)

それにしても今日の夕方、また1台 ワケのわからない外車のオープンカーが入庫されました。
ウチにそれ持ってきたクルマ屋、自分とこでメンドウみれるんだろうか? ・・・な、余計な心配が湧いてきます・・・。
ああ、ボロはイヤッ!

  • 2013-10-25 21:12
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C2242] 良いねぇ~

なかなか渋い車が入ってきましたねぇ
マツダだとほとんど部品が廃盤になっているハズ
維持も大変な車だね
人が乗っているとまた欲しくなるなぁ
またハコスカ買って乗ろうかな(お金が有れば)
  • 2013-10-26 12:14
  • 謎の男
  • URL
  • 編集

[C2243] 買え買えッ!

謎の男さん、今がもう最後のチャンスかもですよ!
ボロ車を探し出して乗れるようにできるのは。
そろそろ、そういうクルマも土に還るのが多くなってるでしょうから。
ボロいハコスカ、どっかの畑か竹やぶで拾ってきてください!
早くしないとホントに無くなりますよ!!

で、私のGTOと勝負しましょう!
(あ、もう私のじゃないか。爆)
  • 2013-10-26 14:02
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C2251]

ご無沙汰しています
MAZUDACAROL 360 OWNERS CLUB のサニ太です。
御社に車検にはいって来た車は、どうもCLUBとしては未確認の車のようです。
オーナーさんとコンタクトを取りたいくらいです。
新車を8年ごとに買い替えて5台を消費するより、1台の車を40年間乗りつづけることは大変ECOなことだと思います。
棒ハイブリッドにだまされてはいけません、走行中はECOでもバッテリーの廃棄に使うエネルギー、新車を作成するエネルギーは膨大です。
  • 2013-10-30 22:52
  • サニ太
  • URL
  • 編集

[C2253] 真のECO

サニ太さん、来ましたね~!

おっしゃる通り、「1台のクルマを長く乗り続けること」 は、環境にやさしいんですよね。
製造や廃棄の時のエネルギーは膨大ですから。

ハイブリッド車もそう!
いくら燃費良くても、元々の車両代が高い。
同一車両でHV仕様とガソリン仕様がある場合、35~40万円くらい高かったのでは? HV仕様の方が。
その差額を、浮いた燃費代でペイしようとしたら、16,7万キロは走らないと・・・。

ところでサニ太さんのキャロルは調子いいですか?
今回車検やったヤツ、「エンジン止まってる?」 くらいの 静けさでした!
さすが4気筒!!
でも、オイル漏れがね~~~・・・

  • 2013-10-30 23:19
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C2275] 調子は良いです。

先週は兵庫の旧車のイベントに参加してきました。
高速道路を70㎞で、、
キャロルは10台集まりました、此のくらい走るとだいたい10台に1台は故障します。
案の定1台はエンコ。
今時点で修理完了しています。
手間を楽しみに変えるのが旧車趣味の醍醐味ですね。
  • 2013-11-10 23:30
  • サニ太
  • URL
  • 編集

[C2277] 手間がかかるヤツ・・・

・・・ほどカワイイっていいますもんね!

それにしても、キャロルで高速とは 度胸一番ですね。

私も仕事ではボロ車はイヤですが、自分の趣味でボロ車乗ってた時は、その修理・改造は とってもヤリガイを感じてました!

今はボロ自転車の改造にかかりたいのですが・・・

  • 2013-11-10 23:42
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ