Entries

   冬が来る前に・・・


 今日は文化の日。
普通やったら、まあ かなり寒うなっとる頃。

やのに、なんで このいに のくといの?
まあ、寒いよりはイイけどね。



というワケで、この時期恒例の、「草の植え替え」 をやりま~す!


ちなみに 今咲いとるのは、こんだけ・・・



 1-1124_146_207_219-1383480657

 リンドウ。




     1-2124_146_207_219-1383480733

 キイ イトラッキョウ。


・・・こんだけ。



で、今日ヤルやつは、春に咲く花で 日陰に鉢を移したるヤツら。




 1-3124_146_207_219-1383481260

いろいろ乱雑に作っとります・・・。

ここはコイツらの通常の置場やないんよ。
普段はもっとジミ~な薄暗い日陰に置いたるんやけど、
そこに置いとくとジャマになるかも・・・なので。

ってのは、トオチャンが まあそろそろアレやで。
通行のジャマになるんよ、鉢どもが!

・・・そんなコトはともかく。

さっそく植え替え大作戦で~すッ!








 1-4124_146_207_219-1383481286




 1-5124_146_207_219-1383481311

 ・・・ べつにタネ播いたわけでもないに、勝手に生えてきさがったヤツら・・・。

「ダイモンジソウ」。


こんな花 ↓ ↓ ↓


 2-1-11124_146_207_219-1383482984.jpg

 白う咲いとる花。
こんなふうに置いとるもんで、こぼれダネが勝手に あちこちの鉢に入るんよね。

やで、今日は そういう 「よそ者」、「侵入者」 を集める作業もしようかともう。




 2-2124_146_207_219-1383481336.jpg

 エイザンスミレ。 こいつもアチコチに芽ぇ出しとる!

花は こんなふう。 (絵は借り物。) ↓


 2-3124_146_207_219-1383481822.jpg

野のスミレの仲間としては大型の花が咲き、キレイやよ。

やでワシも採ってきて育てたんやけど、なかなか気ムヅカシイ花。
もちろんタネから始めたんやけど、その鉢ではすぐに絶えてまった。
でも ある日、知らんうちにアチコチの鉢から芽生えとって・・・
そっちの方が育ちがイイでムカツク!







 2-4124_146_207_219-1383481363.jpg

これは 今年の初夏に ほいど屋のニイさんからもらった ササユリ。

実生 2年目のホントに小さい苗をもらい 植えつけたんやけど、
すんぐに溶けるように枯れてまった・・・。 2ヶ月くらいで。

やでアキラメとったんよね・・。

ところが!  球根、まんだ生きとった!!
(直径 5mmくらい・・。)
鉢ごと捨てずにおいてよかった~~

自生地での写真 ↓


      2-5214_146_207_219-1383483903.jpg

ワシのうちの近く、「池之島公園」 に咲く。
ただ、昔は たんとあったに、今年は 「3本」 しか確認できなんだ!
今は硬うて青い実を付けとる。
まあちいとして、その実が熟したら タネをわけてもらうよ!
ウチで増やいて、またこの公園に戻すのだ!
そして昔みたいに たんと咲かすのだ!

・・・って、何年後?
このユリ、タネから育てると 咲くのに 8年かかるでねえ・・・。






 3-1-3-1124_146_207_219-1383481390.jpg

ヒトリシズカ。  
まんだ葉は茂っとるけど・・・








 3-2-3-2124_146_207_219-1383481461.jpg

バッサリ 刈ったった!
まあエエやろ? 葉の寿命も残りわずか。
いまのうちに 株を更新し、春に向けて力を溜め込ませるのだ!

トオチャンも すでにアレやもんで、ワシはツライ決断を下しました。
バッサリと。
でも、多年生の植物と違って、「新たに芽吹き返す」ことはありません。
一年草と同じで、花咲かせ タネ播いたらオワリ。
タネから育ったワシらが、代わりに成長する・・・。
「成長」したんやろか、ワシ・・・ ああ・・・。



で、ヒトリシズカとは、こんな花。



 3-3-3-3124_146_207_219-1383481894.jpg

ひっそりと早春に咲く。
いかにも 一人、静かに・・・。
(鉢植えやと、「一人静」 やなしに、「三人カシマシ!」 やね!)






そのヒトリシズカの鉢をあけると・・・


 3-4-3-4-3124_146_207_219-1383481480.jpg

なんじゃコリャ~~ッ?!

土はドコ行ったんじゃあッ?!!
根が食ってまったんかあッ?!!



・・・・ と、そこへ・・・・















      3-5-3-5-4124_146_207_219-1383481503.jpg

「あいきパパ」 登場ッ!

「鯛を釣ったで、写真撮ってくれ!」 って。

・・・そんなの、釣ったトコで連れに撮ってもらえよ~!
わざわざウチに持ってこんでも・・・。

もしかしてそのタイ、まるまるワシにくれるんか?

「なワケないが! まあ、ちぃとは分けてやるわい。」

・・・まあ、そんなデカいのをマルマルもらった日にゃ
こっちがオウジョこくけどな!
なんでも、77cmもある、「天然」 のタイやそうで・・・。
イケスやなしに、野の?岩場で釣ったのは リッパやね。 

写真撮ってやったら ソッコーで帰って行った あいきパパ。
あとにナマ臭さを残して・・・。



さあて、続き!
ワシは忙しいんや!!








 4-1-124_146_207_219-1383481526.jpg

これこそが、今回 真にやりたかったヤツ!

このブログを通して知り合った 「shiki」 さんから送られてきたモノ。

「スズラン」 です! それも 野の、野生のスズラン!
信州・八ヶ岳産。




 4-4-124_146_207_219-1383481933.jpg

スズラン。
日本のは こういうふうに、葉の下に楚々と慎まやかに咲く。
イイね~、情緒あるね~。




対して、フツー 栽培されとるのは こういうヤツ。 ↓


 4-5-124_146_207_219-1383481869.jpg

「ドイツ スズラン」 。

葉より高う花を咲かせ、もう、なんてゆうか、
「オレがオレがッ!」 の自己主張!!

まあ、それが悪いワケやないけどね。
ハナやかでキレイなんやで・・・。

でも、日本の山野草にこだわるワシは、あえて おしとやかな
「日本すずらん」 を育てることに喜びを感じる!

そういやあ、下呂市にも「鈴蘭高原」 ってトコがあり、
確かに生えとったらしい。 野生の日本すずらんが。
ところが今や見当たらないのか、整備された高原入り口の花壇には
「ドイツスズラン」 が植えられッ!!
「日本すずらん」 で行けよ~ッ! 恥をさらすなよ~~ッ!!
ハぁハぁ・・・

(これ、前にもどっかで書いたような・・・?)

まあ、どーどもエエっちゃ、どうでもエエですよね?
フツーの人にとっては・・・。







それはそうと、shikiさんから届いたこの包み、葉っぱは
「イカリソウ」 やないの?


イカリソウ ↓

 
 4-2-124_146_207_219-1383481802.jpg

これはワシの裏山にもあるよ。
おもしろい形した花やで、ワシも育てとる。

そんなイカリソウを なんで?

・・・と思って・・・  その茎・葉を切り除いたら・・・


 6-1-124_146_207_219-1383481623.jpg



この葉は 「イチヤクソウ」 では?




      4-3-124_146_207_219-1383481915.jpg

「ベニバナ イチヤクソウ」 。
この 「紅花種」 やったらイイな~!

でもたぶん、普通のイチヤクソウやろうな。 白い花の。
とは言ってもワシ、その普通のすら育てたコトないし・・・。

これはもしかして shikiさんがワシを試しとるんでは???
う~~~ん、緊張するにゃあ・・・・




と、なんか、赤い実が付いとった・・・





 6-2-124_146_207_219-1383481552.jpg

ああッ!
これはスズランの実やがなあッ!!!




 6-3-124_146_207_219-1383481653.jpg

小さい・・・



      6-4124_146_207_219-1383481682.jpg

割ってみたら、中にタネが入っとった!!

こ、こりゃ、タネからもやってみよ・・・・って、暗に示しとるのか?
やでワザと1つだけ実を付けた株を送ってきたのか?
き、緊張する~~~ッ!

スズランの親株でさえ育てたことないに、その上 タネからやなんて・・

でも、オモシロそー!  タネからこそ、栽培の醍醐味!!


というワケで、ワケもワカランまま、用土を配合し、タネ播きしたよ。
とりあえず、「水持ち良く」「腐植質土に育つ」 な生育環境やと想像(違うかもッ!)し、
「鹿沼土 5」「赤玉土 2」「軽石砂 1」「腐葉土 3」 な感じで各土を混ぜこぜにしてやった。
(数値は、配合割合でなく、単にカップ数。)



で、親はどうなっとるか・・・





 6-5124_146_207_219-1383481703.jpg

・・・なんじゃ、よおワカラン。
どれがスズランで、どれがイチヤクソウやイカリソウの根なのか・・・

これじゃ、別々にして植えるなんてムリやなあ。






 7-1124_146_207_219-1383481728.jpg

洗ってまえッ!




 

 7-2124_146_207_219-1383481753.jpg

これかなあ???
たぶん コレやろうなあ・・・

ワシはてっきり、「球根」 で育つんやと思っとった。
「スズラン」 なんて名前しとるけど、「ユリ科」 の植物なんよ、
これ。 やで、球根かと・・・。

でも違った。
そういやあ、「ナルコユリ」とか、「チゴユリ」 なんていうヤツらも
こういう「ランナー」ってヤツを伸ばして増えるんやった・・。
「スズラン」も そーゆー仲間なんやろうな。












 7-3124_146_207_219-1383481773.jpg

というワケで、鉢に植えつけ、あとちょっと土をかぶせれば
本日の作業は終わりです。

ず~っと そばで見とった どシロさんも お疲れ様でした!


おしまい。

オチなしです。 すいません。 寝よ寝よッ!
















 
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/467-6816c88b

トラックバック

コメント

[C2254] 興味があります

オチなしかぁ~
花とか
草とか
あまり興味がないし
でも天然鯛のその後には
興味があります
あとシロちゃんのポーズにも
興味があります
  • 2013-11-04 08:25
  • くずや
  • URL
  • 編集

[C2255] 気になる・・・

確かに気がかりです、天然鯛の その後。
あいつ、調理師なので さばくのは お手の物。
「サク」ではなく、すぐに食べられる「刺身」の状態で持ってきてくれるのを期待してます!!

どシロは、あの写真撮るまでずっと、自分のチンチン舐めてました!!
  • 2013-11-04 12:02
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C2256] 質問

いろんな草花(もしかして雑草まで?)よう知ってござるで、
お聞きしますが、キノコなんかも知っておいでですか?
ニュースでみていると、キノコのエエモンとワルモンは外見では
紙一重みたいで、山で採るのはおそがいけど。
ま、そんな冒険をする度胸も食欲もないんだけれどね。
  • 2013-11-05 00:38
  • 半袖にいちゃん
  • URL
  • 編集

[C2257] おかあさん

とまぢふさん山野草好きで、まるで私のお母さんみたいです(◎-◎;)
私のお母さんは、水はけのいい土を山のなかに探しに行ってましたが、とまぢふさんは配合してる土ってどうされてるんですか??
10年以上前の話ですが、鈴蘭高原にも何度か行きました!!
何かしら、野草を頂いてきたかは不明ですが・・・(-_-;)
今なら、もしお母さんが、野草を根こそぎ自分の物にしようとしたら『コラーッ!!』って注意したいですね!
野生の山野草が結構減ってるみたいだから(´Д`)
鉢植えかまってるとこ、本当にお母さんみたい(*≧∀≦*)
あと、鯛めちゃめちゃでかくないですか??おすそわけはありましたか??
ネコライオン、我慢できずに購入しちゃいました!!

[C2258] 生き物を愛する心

山野草の趣味もいいですねぇ。
私は以前お話ししたように、植物は室内用でクワズイモやらパキラを育ててるだけなんですが、熱帯魚を飼っておりまして、その流れで水草をやります。

水草は結構デリケートで、日照料やら、肥料やら、魚との相性やら、結構いろいろありますよ〜
でもうまいこと水草が茂り、その中を熱帯魚が泳ぐ光景はなかなかです。やっぱり植物にしても、生き物にしても、自分が手をかけたぶんだけきれいになったりと、応えてくれるのがいいですよね!

下呂にいた時は、下呂には熱帯魚屋がないので、岐阜からの帰り道、全ての買い物を済ませ、熱帯魚屋さんに駆け込み好きな魚を買って、また下呂の下宿まで猛ダッシュで帰って魚をやっと水槽に入れてたという懐かしい思い出があります。
  • 2013-11-05 20:59
  • てっちり
  • URL
  • 編集

[C2259] 中途半端な野郎です!

半袖にいちゃん、お久しぶり!

・・・すみません、キノコ(当地では『コケ』と言いますが) だ~~~いッ嫌いなんです!!
料理に付いてくると、バランとか、他の大きめのモノ(輪切りレモンとか)で隠します!
ソレを見ながら食べるのは、「何か汚物を目の前にして食べるのと同じ」な感覚で・・・。

というワケで、コケには全く詳しくありまっしぇ~ん!!  すみません。
山で見つけても、私にとっては全て「毒キノコ!」
半袖にいちゃんも、あんなモン、食べないに越したことはないですよ!!


おかいこさん、お母さまも山野草が好きだったなんて!  なんか、嬉しいです。
でも、お母さまのように、山で土を取ってくるほどのマメさは私にはありません・・・。
店で買ってくるだけです、土。
あ、そう言えば、山砂だけは自分でフルイ持って行って採取したっけ。
そうやってコダワッテ育てても、結局 開花まで至らせることできず、枯れさせてしまったモノがどれだけ多いか!
・・・けっこう、飽き性なんですよね~。。。
こんな野郎が、「育てて増やそう!」なんてオコガマシイ!

あ、鯛ねえ、持ってきてくれました! 刺身にして。
まだ食べてないので楽しみ~~~!


てっちりさん、私も水草に興味ありますよ。
「梅花藻 バイカモ」 なんて、ものすごく育ててみたい!  でもムリだろなあ・・・。
それにしても、水草もいろいろ形に種類があってオモシロイですよね。
それぞれ育つ環境も違い、それによって育て方も違う。
肥料なんかも要るんですか?! 驚きましたが、まあ、よく考えりゃ当然ですよね。
キンギョのフンではダメ?

下呂にも、大型ホームセンター行くと置いてあります、熱帯魚。
でもコダワリのかたからすれば、「あんなモン!」な感じかな?

てっちりさん、よほど好きなんですね、熱帯魚。
下宿ででも飼うなんて・・・。
でもそれ、引っ越しの時にタイヘンなのでは?



  • 2013-11-05 23:26
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C2260] おきのこ

とまぢふさん、過去にきのことなにかあったんですか??(◎-◎;)
きのこがそこまで嫌いとは・・・。
恐ろしい事件があったんですね(汗)

[C2261] イチヤクソウにスズランなどなど

余計なお仕事を押しつけたshikiでございます。この忙しくも大変な時期に・・・それと分りながらますます、お騒がせさせてください。
1.リンドウ:欲しい・・・種、出来たらください。
2.白のダイモンジソウ:欲しい・・・定番でしょう。種、出来たらください。
3.アカのダイモンジソウ:欲しい・・・同上
  ちなみに、ウチでも駅前で誘惑に駆られて買った桃色のダイモンジソウが
  株ばっか太って花が咲くない。買った時の花の種から小さな芽が出て
  2つほど育ってます。(自然に。)
4.笹ユリ:欲しいけど、8年ですかあ。。。でも、芽は出るんですよね。
  沢山種採れたら、分けてほしいかも。
5.押しつけたイチヤクソウは、何色か私にもわかりません。
  白も紅花もあるから。数種類自生しています。
6.日本スズラン:これかなあ→がソレです。ずいぶん立派に育ったみたいです。(移植した時はもっと弱っちかった。)スズランはイチヤクソウと混ざって自生しているので、分けるのが面倒だったんです!それに移植後根付くのに、イチヤクソウは強いから保湿になるし。(常駐していないから、水の世話とかできない。)
種がついているのは送る直前に見つけたのでプレゼント。種のついてない株が2つか3つくらいあったでしょう?
それらはまだ若い株で今年花は咲きませんでした。

ウチ(神奈川)の近くでも、リンドウが自生していたり、こないだなんかトリカブトも見つけてしまいました。眼を疑いましたが、あれば絶対トリカブト。(崖の草ぼうぼうのところに生えていた。)
私の母も草花好きだったけど、今は自分の事だけで世界が回っているようです。トーゼン、草むしりから何から何まで、全部のしかかってくる。好きじゃなければ全部刈ってしまいたいところですが、やっぱり芽が出てきたり、枯れたと思ったものが生きていると、嬉しいものですよね。そういう小さな喜びで、アマタの苛々が和らいでいるんだと思います。趣味は多い方が良い。
デモ、種植えなきゃ、植え変えしなきゃ、のプレッシャーはありますねえ・・・特に生き物植物は時期を待ってくれないですから。お世話もあるし。
だから、種欲しいけど、欲しくない。欲しくないけど、欲しい・・・
でした。
  • 2013-11-06 11:44
  • shiki
  • URL
  • 編集

[C2262] 洗ってまえ、のやつ

何度もすみません。洗ってまえ、の写真の、イチヤクソウの葉っぱの上に、4本根を出しているの、スズランです。
その下の「これかなあ」も多分そうですが、立派すぎ。地下茎はあんなに太くなるか・・・写真のせいか、たぶんそうだと思うけど、もしかしたら、あの異常に繁殖力の強いギボウシかもしれないから、気を付けてください。
  • 2013-11-06 11:59
  • shiki
  • URL
  • 編集

[C2263] 気を付けます。

おかいこさん、いや、おきのこさん?

コケはアカンですよ~、マズイっすよ~。
昔、私がそれ(コケ嫌い)と知ってて悪友が、
「これ、鳥肉の煮っ転がし。食え。」 って言って、弁当のオカズの一つを私に くれました。
そう信じ込んだ私は、なんの疑いもなく口に放り込みモグモグと・・・。

「グ、グウェ! ブ・・ブブ・・・」
と、声にならない声を発して洗面所へ駆け込み・・・。
あとはもう・・・

なんであんなにマズイんやろ? コケ。
とても人間の食いモンとは思えません!!

「気を付けよう、それはコケかも知れないよ。」



shikiさん、ありがとうございました!

私も不思議だったんですよ、「なんでこんなにゴチャゴチャ一緒に送ってくれたんだろ?」 って。
・・・みんな一緒に育ってるんですね!
イチヤクソウとスズランが一緒ってコトは、かなり弱い光のトコで育つんですね、どちらも。
とても参考になります。

「欲しいリクエスト」、なんとか叶えてあげたいと思います。
鎌倉で育ってくれると嬉しいですが、「ゼッタイ枯らすなよ!」 などと申してプレッシャーかけませんから、どうぞお気楽に。

むか~し、咲かせた後に放ったらかしにしてたセンノウ、鉢土も乾ききってたのに、春に芽が出たのにはオドロキました!
愛情が湧いてしまったものです。
(でも結局 数年で絶やしてしまったけど。)

「タネ、欲しいけど欲しくない。でも欲しい」
・・・よ~くワカリます。
管理タイヘンなんだけど、花を自分の手で咲かせたい。 でもメンドウ・・・   この葛藤。

そういえば、「ギボウシかも知れないから気を付けて」。
だいじょうぶ。 きちんと育てますよ!
「刈り棄てるほどはびこる」 shikiさんとこと違って、私の近くにはあまり無い花なので。
ありがたく頂戴いたします。

  • 2013-11-06 22:45
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C2264] 花より鯛

わしには雑草としか思えない!やくたいもないのがゴロゴロしとる様にみえるよ。
それよりあの鯛あいきパパからのおすそ分け美味しく頂きました!
  • 2013-11-07 12:17
  • 世界の富蔵
  • URL
  • 編集

[C2265] やっぱ、そうかな?

富蔵さん、私も鯛 いただきました!
あんなデカい鯛なので 大味かな~・・・と思ってましたが ナカナカどうして。
美味しく頂きました!

それにしても、私の大切な草花の鉢を、
「やくたいもない」モノとは!
・・・まあ、あのボロ家に置けば、キチンと並べてあったとしても 「やくたいもない」 と見えますけどね。


  • 2013-11-07 21:57
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C2266]

撮影協力ありがとうございました
( ´ ▽ ` )ノ
ばばと、かみさんに撮ってもらいましたがまったく物になりませんでした非常に助かりました。
刺身は大味で旨くなかったと思いますが、食べていただいてありがとうございました、次は旨そうなサイズが釣れたら届けま〜す待ってて下さい。
  • 2013-11-07 22:19
  • あいきパパ
  • URL
  • 編集

[C2267] うまかったよ~!

あいきパパ、ごっつぁんでした!
妹も 旨い旨い! て言って食ったよ。
あやうく私の分が無くなるトコでした。

それにしてもデカい鯛やったね~!!
コワイ顔した・・・。

「さらに旨いヤツ」 がある?
期待してます!!



  • 2013-11-07 22:45
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C2274] リンドウ

関係ないけど、リンドウ→野菊の墓→民さん→松田聖子→学生時代の彼女。
と連想した、どうしてるかなあの子。
  • 2013-11-10 22:11
  • サニ太
  • URL
  • 編集

[C2276] リンドウ → ・・・

アカン、な~んも連想できません、リンドウから。

それにしても、野菊の墓からは 民さん行かなくても 直に聖子ちゃんへ飛べるのでは?
さらに、聖子ちゃんから学生時代の彼女?
その彼女の名が聖子ちゃんだったのでしょうか?

・・・きっとそのコ、幸せになってますよ!

リンドウからの連想、サニ太さんって ロマンティストだったんですね。
  • 2013-11-10 23:36
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ