Entries

   浦島太郎と呼ばれて・・・ Ⅱ (峠ヂゴク篇)

 こんばんは。
「からし豆腐」 ってのは、全国的なモノではなかったとガクゼンとしてる とまぢふです。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%97%E8%B1%86%E8%85%90












 ・・・ それは 1通のメールから・・・


「みなさま、浦島太郎氏の希望により、今回のツーリング企画、
『白川町・10峠』 にいたします!!」


 おいッ!!

ワシはな~んも希望なんかしとらんぞ!!
ナンで そーなるんやッ!

・・・ワシはただ 隊長に、

「こないだの  『金山~ハザコ周回ride』 のあと、
ツッチーとhimiyoshiが ベンコらしいこと言ったよねえ!
『坂らしい坂、ありませんでしたね。』
『平地ばかりでした。』
『小川峠は期待ハズレでした。』
などなど。
・・・ そんなコト、『白川・10峠』 をやってから言えよ!
おじサイクルを ナメとるな?!」

・・・ って言っただけ。
隊長も、
「おおッ! そうや!!」 って。

それが ナンで、「ワシの、たっての希望により・・・」 になるの?
ワシはただ、彼らに経験させてあげたかったダケやよ・・・。
あの過酷さを。 それによる満足感を。

ワシは参加なんか しとうないワイッ!!
坂バカたちだけで やってくりょよ~、そんなコトッ!!!












 2DSC02949

・・・ あ~あ ・・・。
結局 来てまったよ、白川町役場の駐車場・・・。

この絵は、今日のコースを確認しとる朝礼中。 午前7時ちょっと過ぎ。
なんか、みんな 「うなだれ」 とるねえ。

そりゃそうやろ、こんな ヂゴクなコース。


「まず4つの峠を攻めて、途中の造り酒屋へ寄ります。
そのあとは、加子母の食堂が開いてれば昼食としますが、
やってない可能性・大です。 なので皆さん、私の指示どうり
食料・水満載で来られてるでしょうね?
マヂで山ん中です。 補給箇所は皆無です。
で、昼過ぎころに 峠 3つヤッツケます。
今回は、ツッチー氏とhimiyoshi氏の欲求不満を解消させるべく、
とまぢふ氏が提案した企画です。
こんなMなツーリングに参加表明してくださった皆さんに敬意を表します。」


・・・ だから。
ワシは提案しただけだって!
ナンでワシを強制参加させるの!!

・・・ シヤナイ。 隊長には逆らえませんから・・・。











3DSC02997

今日、ホントに快晴ッ! 
雲ひとつ無い 「日本晴れ」 !!

・・・ そんなイヤな天気の中、空に向かって行きます ・・・トホホ・・・









 4DSC03010

まずは、「中野方 なかのほう 峠」。
岐阜県白川町と、恵那市を分けとる。

最近 整備されて、ダラダラと長い道やけど、上の方はケモノ道。







 5DSC03012

やっと峠頂。
ワシ、とうぜん ビリでの到着。
シヤナイやろ! 自転車乗ってなかったんやし!!








 6DSC03015





7DSC03023

皆さんも、イイ感じで お疲れのもよう・・・。

さあ、休んでばっかりも おれんで、とっとと下るよッ!

・・・ ってワシ、その下りもニガテなんよね~。。。

以前 走っとってコロんでから、それがトラウマになったんか知らん、
「転ぶのがコワイ」 人間になってまっとるんよ。

ホントなら楽チンな下り坂、それが急やと オソガイ。
やで、時速も 最高35kmくらいしか よう出さんのね・・・。











 8DSC03027

今 下って来た 中野方峠。
下っとる途中の絵はモチロン ございませんッ!









 9DSC03032

で、下りきったら今度はまた 「登り」 。
「蛭川 ひるかわ 峠」 を目指します!
はあ・・・・・・。

それにしても、こいいう風景は ワシら 飛騨には無いねえ。
「遠くに山々が見え、その すそ野に家や田畑がある」 ってのは。
東濃地区 独特の景色やと思うよ。










 10DSC03045

峠アタックの途中。
「燃料補給しようよ!」
な、 泡太郎さん (だと思う) の たっての希望により、小休止。

水くらい、皆さん各自で用意しとるやろ?

・・・ まさか? え、そんな? 悪魔の燃料をもう?





 11DSC03065

通りすがりの お婆ちゃんに挨拶するのは お約束です。
(お姉さんであってほしかった・・・) 











 12DSC03066

燃料補給を済ませた皆さん、水を得た魚のごとくスパート・・・

でもない。

悪魔の燃料は、「精神」 にだけ作用します。

気温 27℃。
走り出しは 17℃ やったのに。
ワシが起きた 午前5時は、11℃やった・・・。 6月半ばの気温かソレ?
ツッチー氏の地元、山之口村ではたぶん、ヒトケタだったのでは?

もうこれ以上上がってほしくありません、気温・・・。









       13DSC03073

その ツッチー氏。

ベンコらしいコト言うだけあって、ワシらが難儀しとる坂をスイスイと・・・。

やるやんけ。

でも、そんな ツッチー氏に隊長、
「オマエ、ツッチー、ちったァ空気読めよ!
シュシュシュ~っと一人で勝手に行ってまいやがって!!」

な、痛烈な お言葉。

イイやんけ! 彼は ドエライ楽しんどるんやで!!
ワシらにとっては ヂゴクやけど・・・。









 14DSC03076

蛭川峠は かなりオゾイ道。
国道やない、地方道やでシヤナイんやけどね。




      15DSC03083

こんな山ん中の道、アレが出るぞよ~~!





 





 16DSC03087

そう。
クマ。
オソガイ。
ワシも下呂市内の国道 41号線上で見たことがある。
毎日のように、広報の放送で 目撃情報が流されとるよ。 

みんな、クマを あなどってはアカンよ!
「リラッ熊」 みたいなヤツが現れるワケやないでね!
どっちかって言うと、「メロン熊」 を想像した方がイイかもね。
 
まあ、比較ってコトで・・・

    リラックマ ↓

 リラックマRK




  メロン熊 ↓

 メロン熊o0640056912828743296

・・・ 全然 ユルうないがなッ! メロン熊!!
でも、好きや~。 クマモンなんかより!






そんな、「熊」 が出る道を走ったワシら。




 17DSC03091

蛭川峠の頂上に尽きました!!


 99DSC03093.jpg


けっこうキツかったっス!













 18DSC03095

AGさんのハンドルには 初めから 「クマ鈴」 が!

・・・でもコレ、隊長には不評。

「夜中の蛭ヶ野峠 (郡上市) を越えてる時、この鈴が
『チリ~ン・・・ チリン・・・』
って鳴ってるのを聞きながら走るのって、ナイぜ!」


やで、隊長は、




 19DSC03097

このゴツくもウルサイ、熊鈴を!

「ジャランジャランッ! ジャンジャンジャンッッッ!!!」
な、ウルサさ!

鈴持っとっても、クマはオソガイで とっとと 降りよまい! この峠!!










 20DSC03098

・・・皆さんは 「ピュ~ッ!!!」 って降りて行き、ワシはそのあとを、
ブレーキ 思いっきり握りしめながら 「ソロ~リ ソロリ・・・」 と降りて行く。

皆さん、お待たせしてスイマセン!
坂は、「登りも下りも遅い」 とまぢふです!!






 21DSC03104

・・・ 東濃地方の地形は 酷やよ・・・。
 
またこういうダラダラした長くキツい坂が延々と・・・。
次に向かうは、
「遠ヶ野 とうがの 峠」 。





ワシは・・・




      22DSC03147

ああ、来るんやなかった・・・・







と、ここでッ!!



 23DSC03113

隊長に ア~クシデント~~~~ッ!!!

ヨタヨタと登っとる最中、なんか、
「バキンッ!」
って音が!!












 24DSC03117

降りて点検する・・・


「アカン、スポークが1本 折れてまったわ!」




・・・隊長、やはり負荷かかり過ぎとったんやね、スポークに。
体重、だいじょーぶ?



まあ、スポークは適当に処置したけど、1本折れたために車輪全体のバランスが狂い、
回すと ヘゴヘゴと波打ったように回る・・・。
たった1本のために、ここまでホイールがダメージ受けるとは・・・。
スポークって何本もあるけど、1本1本がドエライ役目を負っとるんやね!


そんなやで、マトモに走れんようになった 隊長号。
リタイアするにも、こんな山ン中。。。

そこへ ツッチー氏、
「私、スポークのテンションを調整してみます。」





 25DSC03122

折れたスポークの反対側のスポークの張力を下げてやる。
そういう工具を持参してきた ツッチー氏。
ワシらは、パンク修理のための必要最低限の工具は携行しとるけど、
スポークのテンションをアレする道具なんて持ち合わせとらん。
いや、持っとっても、よう使わんし!


スポークの張力、1本いじると、隣や反対側に影響する。
ホイールの振れがどんどん大きくなったり収まったり・・・。
ほんのちょっと いじるだけで ドエライ変わる、ホイールの振れ。


そうこう しとるうちに、なんとか 「真っすぐ回る」 ようになった 隊長の車輪。


ツッチー氏に聞いてみたよ。
「今までにも、こういう作業 したことあるの?」
そしたら、
「私、ホイールは初めから 手で組んでます。 スポーク・リム・ハブ、
バラバラで手に入れて、全て自分で組み上げてます。
なので、自転車ショップには行ったことさえ ありません。」

・・・ 衝撃的やったよ。

隊長さえも、

「おんなじ 自動車整備士なのに、違うな~」
と、ワシを見つつ・・・。

フンッ! ワシは 「自動車」 整備士や!  
「自転車」 の整備は専門家に任せとるんや!


・・・ 負けたよ。
ツッチー氏には。
坂でもメカでも・・・。


その後 隊長、さっきまではツッチー氏に毒づいてたのに、
『ツッチー先生』
とまで・・・。











      26DSC03126

でも、そんなことがあっても淡々と走る ツッチー師。

隊長のバイク、そうは言っても 「応急処置」 には変わりなく。

まだ2つしか こなしてない峠やけど、隊長、
「この 遠ヶ野峠を越えたら私はリタイアする。 そのあと どうするかは、
みんなで決めよまい。」









 27DSC03155





      28DSC03158

なんとか峠頂には着いたよ。

で、隊長、
「私はココ降りたらもう ツーリングを中止して戻ります。
あとは、あなたたちの自由です。」

え~~~!・・・ 
酒蔵寄ったり、加子母の食堂は?

隊長、
「一つ提案します。 ここで峠アタックを終え、東白川村の、アノ店に寄るというのはどうでしょう?」


・・・ 異議無しッ!!

ワシはもう、大賛成やよ、その提案!!
最高やないの?!

坂バカたち (特にツッチー師) には、ここで断念するのは物足りんやろなあ。

・・・ ところが、特に異論も出ず、すんなり隊長の案に乗ってまった皆でした。



さあ、あの店や~~~~ッ!!




 30DSC03170



 31DSC03183

峠を降りると、真っ正面に お店が。
イヤ、ここが問題の店ではアリマセン。

またいつものアレで、
「こういう店を見つけたら 必ず寄らねばならない習性」
みたいな・・・。


またもや 「魔の燃料」 補給です!!

そんなの、アノ店に着いてからにすれよ~~~~!!!











 33DSC03215

ゆるい、イイ坂を下って行くと、途中に 真新しいトンネルが!

これがなければ、またキツイ山ごえをしなアカンかったんやけどね・・・。
コレができとると分かっとるからこその、隊長の提案でした。





 34DSC03236

長いトンネルを抜けると・・・








 35DSC03239





 36DSC03240

どえらいイイ道が・・・。


実はコレ、こないだ走った、
「ハザコトンネル」 を含めた 「美濃 東部農道」 の一部なんよね~。
あの道と同じく、ワシら、このトンネルと それに続く道を走っておる間、
クルマ 1台とも すれ違わなんだ!
・・・ホントに必要なんか? こんな道路・・・。
まあ、あの店には行きやすいけど。










 37DSC03248

着きました~~~~~!!!!




 38DSC03254

「白草食堂」 で~すッ!!

おじサイクルでは お馴染み。
ワシも個人的に訪れたことがあるよ。










 39DSC03256

とりあえず、「カンパ~イッ!!!」

・・・ アワの立たん飲み物での絵です。
一応。
コンプライアンスのアレでね。







で、注文たのんだ後 皆さん、なんか気がかり的なコトが??

 40DSC03257












 41DSC03258

そう。
今日はサッカー・ワールドカップの、「日本vsコートジボワール」 戦。

まあ、山やってる最中にスマホで結果は判っとったんやけどね。。。
便利になったって言えば便利やよね。
どこにおっても、情報が手に入るって。

でも、あとからワクワクしながら楽しみにする・・・ってコトは無うなった・・・。





まあ、そんなサッカーの試合なんて どーでもエエんよ、ワシら!




 42DSC03259

ここ、白草食堂のおかみさんがまた キレイなシトでね~。

「○○さん、なに 盗撮してんですか!?」

・・・正面からやで、盗撮とは言わんやろ?

でも、シャイなワシ、ここまでです・・・ 
ホントはもっと、迫って撮りたかった・・・。









 43DSC03260

ケーチャン、6人前!
来た~~~~~ッ!!!!










 45DSC03269


 44DSC03268

もう、しんぼうタマラん面々です!



あとはもう、セキを切ったかのように・・・。



ケーチャンは アッと言う間に食い尽くし、次に トンチャンを 6人前。
それすら すぐに・・・
で、また 6人前を追加し・・・



本当にユメのような時間でした。



サニ太さん、エロ・下ネタ爆発ッ!!
こんな方だとは知りませんでした!!










 46DSC03281

昼 12時ちょうどに着いて入った お店。

出たのはナント、14時47分・・・。

どんだけ 食い騒いだんや!

でも・・・ ああ・・・ イイ時間やったよ・・・・・・・・










 47DSC03291

お店を出たあとすぐ、どっかの旧道に入って お昼寝。

もう 3時やってのに、また 「1時間休憩とれ!」 との、隊長命令!!






 48DSC03294

爆睡しとったらしい・・・












 49DSC03306

起きたら 4時。

ワシ、たった 10分くらいしか寝てないハズやったのに・・・
おかしい・・・・。

寝起きでまた、リュックに残っとった オニギリを 2つ食べたよ。
どんだけ食えるんや?!

そんなこんなで、4時半、再出発。

スタート地の 「白川町役場」 に向かいます。












 50DSC03316

一日、ホントにイイ天気。

隊長はたぶん、こういう状況に持ち込むべく、前日に仕込んでおいたんでしょう。
「スポークにヤスリがけ」 ・・・

素晴らしいタイミングでした!
近くに 自転車の職人がいたことも幸いしましたね。




ヂゴクを見ることを覚悟しとった 今日のツーリング。
思わぬ展開となり、私には サイコーの ride になりました。

声をかけてくださった隊長をはじめ、仲良くしてくださった皆さまに
心より感謝いたします!!








  ↓  本日の行程


1IMG_20140615_0001



























 






スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/523-501574f5

トラックバック

コメント

[C2843] (o^∇^o)ノ オモロすぎ

出勤前なのであまり時間がアリマセン。

とにかく面白かったよ。

G隊長のスポークが折れるなんて…
水崎Kさんなら分からんでもないけど。

あ、もう行かなアカン。
  • 2014-06-17 08:11
  • marumo
  • URL
  • 編集

[C2844] これはもう

あれです、隊長の仕込みです(笑)
まさに絶妙。華麗。計算通りだったのではないでしょうか。いやぁ行きたかったなぁ。確か去年も似たような感じだったので、完全版を味わってみたいです。
その時は当然とまぢふさんもご一緒にお願いしますね。十峠を笑って走破するとまぢふさんを見たいです^^

[C2845] 写真の

ウェアの色見てたら、蛭川峠の団体さんはとまぢふさん達だったのですね、丁度同じ時間に私も走ってました、頂上にいったら用を足そうと思ってたら大勢いたので諦めて下って行きました......
白川町の黒川あたりは初めて走りましたが、道は広いし車は少ないしで良い所ですね。

[C2846] お昼寝

とまぢふさん、ツーリングレポート楽しかったです!!
私は、みなさんのお昼寝場面の一枚がすごーく気に入りました(*´∇`*)
白草食堂、私も一度行きました♪
けいちゃんウマイなぁ☆
食べたくなっちゃった( 〃▽〃)
  • 2014-06-17 09:01
  • おかいこ
  • URL
  • 編集

[C2847]

ひこさん\(⌒日⌒)/初めまして
泡太郎でござます

この峠はもの足りんと言う顔で
スルーと降っていかれたローディさんは
ひこさんだったんですね

一緒にマーキングしたかったなー

こうもりさん
「この花の名前を教えて」と聞いた
似我蜂草?ともう一つ(名前を忘れました)
似我蜂草で調べたらは葉っぱが違っているような
モヤモヤしてます

  • 2014-06-17 20:53
  • 泡太郎
  • URL
  • 編集

[C2848] 早くなってるぅ!

とまぢふさん、今回早かったです!
体調がいいのか?それともコソ練でもしていたのでしょうか?

あんなに楽しい自転車整備を人に任せてはいけません(笑)


  • 2014-06-17 21:16
  • ツッチー
  • URL
  • 編集

[C2849] こんなの、ツ-リングレポートじゃないッ!

おじサイクルの隊長から、
「あなたの記事、そのまま 『今回の おじサイクル・ツーリングレポート』 に使わせてもらったでね!」
なメールを受け取りました。

おいッ!
ワシが気ままに 「脚色 倍づけ」 して書いとる記事、おじサイクルの正規のレポートとして丸投げしたらアカンでしょうッ!!
ワシだって、正規レポートを楽しみにしとるんやで!!


・・・ まあイイや。
だいたい、ああいう感じやったんやで。


marumoさん、ご一緒できると思ってたのに残念です!
坂バカの皆さんには アキレるばかりです・・・。

それにしても隊長のスポーク折れはミゴトでした!
marumoさんの「心の友」、Kイチさんのハナシは、随所で出てきてましたよ!
私も是非、彼と走ってみたいです!
今回、アナタがいなかったことが残念でなりません。
・・・でも、もう知ってるか!
おじサイクル独特の 「走れば走るほど体重が増えるツーリング」 を!
楽しいものですよね~!!
今度 ご一緒できる時は、ハヂケましょうねッ!!!


himiyoshiさん、記事中で呼び捨てにしてて申しわけございません!!
なにしろ、イキオイだけで ウソ・ホントをぐちゃぐちゃ混ぜて書いてるブログなので・・・。
今度 お会いした時、正式?に 謝罪いたします!!

・・・それにしても今回は、本当にhimiさんにも参加していただきたかったものです。
あ、でも、中途半端に終わったから やっぱり 「たるいな~」 な感想だったかもね。
だとすれば、正真正銘の 10峠?
・・・私はイヤです。
おじサイクル隊長も、この白川方面とは相性が悪く、いつも自らリタイヤしてます・・・。
でも いつかは ヤラネバ! ですよね。
私はイヤですが。



ひこさんッ!
なんたるコトッ!!
あなたでしたか!? あそこで シュ~ッと走り去った方は!
なんで止まってくれなかったの?!
超ニアミスじゃないですか!!
あり得ないコトでしょう、ふつー。
あんな国道でもない人里離れた峠での超・

接近遭遇!
ザンネンのひと言ですよ、私ァ。

で、あの時 思ったこと。
「あの人のリュック、かなり斜めにズレてるなあ。直してやりたい。」
でした。
皆、そう思ったそうです。
今度出会った時は、ご一緒に用足ししましょう!



おかいこさん、アノ 白草食堂にも行ったことあるんですか?!
・・・ う~~~ん ・・・
あなどりがたし。

私が行ったコトある場所、とっくに制覇してるみたいな・・・。
ホントに神出鬼没ですね、アナタは!!
東濃方面に強い おかいこさん、イイお店とかあったら是非教えてください。
もちろん、「変態野郎ども」 にとっての イイ店ですよ。



泡太郎さん、先日は ご無礼いたしました。
あの植物は、「ジガバチソウ」 でも 「クモキリソウ」 でもありません。
おっしゃるとおり、葉っぱが違いすぎます。
私の地元で見つけたことありますが、もう 10何年も前のハナシ・・・。
そんなウロ覚えの記憶でテキトー言ってしまったことが恥ずかしいです。
あれから調べてみましたが、「ノギラン」 っぽいかな~・・・。 でも、図鑑の絵では、花柄が枝分かれしたのは載ってなかったし・・・。
もう一度、花咲いた頃に走ってみますか?
私はイヤです。

それにしても、あの峠で出会った自転車乗りさんには驚きましたね!!



ツッチーさん。
アナタを、「師匠」 と呼ばせていただきます。

なにが、「早くなってるぅ!」 ですか?!
追い付けもしない私が。。。
逆に足を引っ張ってた私が。。。

たしかにコソ練はしてました。
だって、あの ハザコトンネルrideでは 思い知らされましたから、
「コレではイカンッ!」
って。
・・・でも、やはり 急に始めた 「付け焼刃」 な練習では、ああいう峠を攻めるには・・・   ねえ。
もっと鍛えます!!

それと、「自転車整備」 。
私も 「自動車整備」 なみにできるようにガンバリます。
(って、自動車整備も ままならないのに・・・。)
  • 2014-06-17 22:40
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C2850] 泊めて

おもろいレポートありがとう、今度はお泊り付きで10峠を走破いたしましょうね。
  • 2014-06-18 12:44
  • サニ太
  • URL
  • 編集

[C2851] だから、床が抜けます!

サニ太さん、ありがとうございます。

10峠を こなした後は、温泉にでもつかってユックリし、ヒトごこち付いたら そのまま ヲトナらしく帰るのが吉です!

わが、「旧・アジト」 、いつツブスか未定ですが、その前の 「ケーチャンパーチー」 を開くかどうかも未定です。
お泊まりの際は、「金山温泉・ゆったり館」 を お勧めします!

・・・それにしても、サニ太さん・・・

「もう一人の師匠」 と呼ばせていただきます!!
(何の? かは、たずねないでね。)

  • 2014-06-18 22:38
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C2852] ビックリ!

泡太郎さん、峠を登ってからビブ付きパンツだったので上を脱がなければならず、人気の無いところですまそうと思ってたら、
大勢のローディーさんがいて、ある意味熊に出会うよりビックリでした、ちょっとチビりそうでした。

とまぢふさん、いつもリュックのズレには悩まされてます、後半になると腰にきます、今回何もないかもとイッパイ持って行ったので尚更でした。
乗鞍晴れると良いですね、その時にはしっかりとご挨拶させていただきます。

[C2853] 確かに クマ以上・・・

ひこさん、クマに遭うのも確率少ないですが、人気の無い峠頂でおおぜいのニンゲンに遭うのもビックリしますよね!!

私 以前、一人で白川の とある峠を走ってたら、
「自衛隊の総お迎え」 みたいなメに遭って ビビったものです!
まるで、映画 「野生の証明」 みたいな・・・。

今回の ride、補給箇所ナシ ということで、リュックはパンパンに食料や水入れてました!
とにかく私、燃費悪いのです!!

泡太郎さんや サニ太さんは、細身で 積載量も
「エエの? たったそれだけで?!」
な感じ。
ああいう体質に憧れます。。。

乗鞍、晴れるか荒れるか、悩ましい私です (爆)
  • 2014-06-19 23:00
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C3213] 声をかけてくれてありがとう

こうもりFANの皆様、こんばんは
泡太郎でございます

本日、樽見鉄道サイクルトレインに参加しました

本巣市役所駐車場で、「泡太郎さんですか?」と
好青年に声をかけられ、びっくり

あの、白川ライドの時に、
「リュックが傾いていた」
伝説の「ひこ」さんでした

ブログなどで顔出しは「NG」の方もありますが
顔出しで、ひとつの繋がりができました
  • 2014-10-26 20:36
  • 泡太郎
  • URL
  • 編集

[C3215] ある意味、「効果」 ?

ホントは こういうブログでは 「ガン出し」 はイケナイことなんでしょうけど、皆さん やさしいかたばかりなので甘えさせていただいてました。

その甲斐?あってか、泡太郎兄さんに お声がかかり・・・。

最近の「個人情報」をトヤカク言うのも 度が過ぎてる感じがしてますが、これも 「世の趨勢」 と・・。

でも、開けっぴろげな私のブログのおかげ?で、ツナガリができたということに喜びを感じます。

でもまあ、趨勢にはさからえませんのでホドホドにやっていきます。

それにしても、声かけてくださった 「伝説の ひこ」さんに感謝です!

泡太郎兄さん、お疲れ様でした!
報告、感謝いたします!!




  • 2014-10-27 00:43
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ