Entries

   「 ブルース・リャン 」 を知ってますか?


 こんばんは。

「サロンパス」 や、「ロキソニンテープ」 の匂いを異常に好む
どシロに手を焼いてる とまぢふです。



こないだ借りて観た DVD  ↓

 1-713a0Wg6QKL__AA1000_.jpg

「 燃えよ! じじいドラゴン 」

・・・ おもしろかったよ。
まさか あんな年寄りが カンフーの達人だったなんて・・・ みたいな流れが。

ワシがビックらこいたのは、この映画の出演者に、
「チェン・クァイタン」 さんがいたことッ!!



 2-0130114_52920.jpg

この映画の主人公やないけど、チェン・クァイタンって言ったら、1970年代の
「ブルース・リーから始まった、香港・カンフー映画」 のスターの一人。

・・・懐かし過ぎ、しかも現在でも活躍しておられることに、
涙が出そうになったよ・・・。



で、主人公の 「じじいドラゴン」 は・・・



 3sub3_large.jpg

こんなヤツ。

確かに ジジイな、カンフーの達人。

その他の登場人物をそろえると・・・

 4sub1_large.jpg

若者も登場しとる。
そりゃ そうや。
こういうヤツとの対比によって、ジジイが ひき立つんやでねえッ!

で、まん中で座っとるジジイも、なんか、ジャッキー・チェンの映画 (たくさんあり過ぎて思い出せん) にも出とったヤツやね。

いや、そんなコトより、この映画の主人公のジジイ。
「どっかで見たことある。 でも 思い出せん・・・・・。」


それが、風呂入っとったら急に思い付いたよッ!!

「ああッ! 『リョン・ピック』 の役をやっとったヤツやッ!!」










      5dvd.jpg

 『 イップ・マン 』 。 ただし、TVドラマ版。

この中で、若き イップ・マンに 「詠春拳」 を伝授する師匠、
「リョン・ピック」 の役で出とった オッサンやッ!


 ↓ 

 6hjgfd.jpg

この絵ではわからんけど、メガネかけて出とる場面も多く、そのアレで思い出せたワシです。
演 ・ 「ブルース・リャン」 。
だれ? それ。









 7DSC03328.jpg

イップ・マンに詠春拳を教えたのは、リョン・ピックの他に もう一人。







 8DSC03334.jpg

そもそも、初めに師匠となったのが、「チャン・ワーソン」 。
左の人ね。

イップ・マンが香港に亡命し、そこで出会い、不可思議な詠春拳を操ってたのが、
リョン・ピック 師。

その彼に付いて 新たなる 詠春拳をも会得したイップ・マン。
故郷の 仏山 (ふっさん) に帰り、元の師の チャン・ワーソンのところに戻ったところに、
リョン・ピックが現れ、「弟子の取り合い」 に。






 9DSC03336.jpg

・・・ まあ、最終的には、チャンとリョンの技の 「イイとこ取り」 をし、
詠春拳に さらなる磨きをかけたイップ・マンになったんやけどね。



「チャン・ワーソン」 の役やっとる人も、いいかげん、「ジジイ。」

演じとるのは、「元 華 ユン・ワー」 さん。
全然、カンフーの達人には見えん、「ショボくれたオッサン」 。




で、ワシ、調べて見たんよね、

「ユン・ワー」 と、「ブルース・リャン」 。



そしたらナンと、以前ワシが 映画館へ出向いて観た映画の中に、
二人とも出といでた作品があったッ!!











      10-51VZJV22KTL.jpg

『カンフー・ハッスル』
2004年・香港映画。

・・・もう、10年も前になるんか~~







主演 ・ 周 星馳 チャウ・シンチー。
( 『少林サッカー』 でも主演しとったね、彼。 )


この映画の中で、
「豚小屋砦」 と称されとるアパートの大家として、
「ユン・ワー」 さんが出とった。



 13DSC03311.jpg

ヨメさんとは仲がイイのか悪いのか・・・




 14DSC03312.jpg

でも、ホッペタに ほかの女からのキスマークを消し忘れとっては アカンでしょ!

・・・ 当然、このヨメさんからは 半殺し (っていうか、『未必の殺意』 ) に
ヤッツケられた ユン・ワーさんでした・・・。




そこへ現れたのが・・・








 11DSC03316.jpg

見るも オゾマシき・・・

いや、全然 強そうに見えん老人。
このヒトこそ その後、あの、リョン・ピックの役をやることになる、
「ブルース・リャン」 さん。





いろいろあった後、





 12DSC03317.jpg

と、あの夫婦に迫る。





 16DSC03320.jpg



 17DSC03319.jpg

「伝説の二人」 と言われた、あの夫婦。


実は こんなやけど 夫 (ユン・ワーさんね。) の方は、









 15DSC03313.jpg

「太極拳」 の名手やったッ!!!

奥さんの方も、「獅子咆」 という大技を持った 武道家!







かくして、この夫婦と リョン・ピック・・・ やなしに、
あれ? この映画での役名、なんやったかな?

まあ、エエわ、
とにかく、ジジイ・ばばあどもらの格闘が始まるのでしたッ!!


 18DSC03323.jpg





 19DSC03324.jpg





 ・・・というワケで、あの年寄りたちは タダモンではありません!

ブルース・リャン、 ユン・ワー。 
ジジイといえども、 あなどりがたしッ!!
(あ、チェン・クァンタイさんもね。)












        20101030_1222021.jpg

・・・ ちなみに これは、若きブルース・リャンさんと、われらが 倉田保昭さんとの
ツーショット。






おしまい。










スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/524-22576b9f

トラックバック

コメント

[C2854] 知ってます

じじいドラゴン、私も観ました
  • 2014-06-21 09:08
  • yuki
  • URL
  • 編集

[C2855] やはり、アナタだからこそ です!

yukiさん、ありがとうございますッ!!
こんなマニアックな記事に反応してくれるのは、アナタだけだと思ってました・・・。

以前、「ドニー・イェンが どーのこーの」 な お返事をいただきましたよね?
それで確信いたしました。
「こいつ、カンフー映画にも造詣深い!」
と。

お若い女性なのに、こんな ヲトコ臭い映画にも興味が おありとは!
そういえば、「トラック野郎」 にも食いついてきましたよね。

申しわけありません、私の独善的ブログを見ていただいてて・・・。

これからも こんな感じで行きます。
支離滅裂って言うか・・・。

それにしても、「ドニー・イェン」 が演じる イップ・マン は最高ですね!!
  • 2014-06-21 23:23
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C2856] ブルース・リャン、 ユン・ワー

初めは二人共?でしたが、カンフー・ハッスルの説明で良く理解出来ました、燃えよ! じじいドラゴン が見たくなってきました。

闘え! ドラゴンは見てましたが、記憶が曖昧でブルース・リャンさんの記憶は残ってないです。

[C2857] ギャップ

世の中、ギャップが有ればあるほど
ほぉ~~~~~~~と思いますよねぇ
尊敬されたり
軽蔑されたり
将来、おなかが今より出て
髪の毛が今よりさみしくなり
よぼよぼになっても
自転車に乗ると
ダーーーーン
と走れるひとになってください?
  • 2014-06-22 11:44
  • くずや
  • URL
  • 編集

[C2858] 相変わらず映画紹介面白いです。

最近忙しくブログ見ないうちに二つ更新されてますね!
しじいドラゴンは知らなかったですが、とまぢふさんの紹介する映画は気になりますね〜。こんど見てみます!
前回の記事のコメントからですが、もしよろしければそのうちにご一緒したいです。
いつも一人なので他の人のペースについて行けるか不安ですが。
また土日が基本仕事なのでその時には休み取ってでもご一緒出来たらと思います。アドレス載せておきますので暇な時にイタズラでもして下さい(笑)

[C2859] 継続は やっぱ、チカラやね~~~

ひこさん、ありがとうございます。
「カンフー ハッスル」、観たことがあるんですね?
面白い映画ですよね!!

・・・ それも、10年も経てば ダレがドコにドンナ役で出てたかなんて・・・。
私もまさか?! と思いましたもん。
強烈な役だったにも関わらず、
「全く覚えてない。」 ・・・。 ダシカンです。

「闘えドラゴン」 、私、全く知りませんでした!
当時 (1974年) 、私らのトコでは テレビ東京系列の放送が無かったので・・・。
その番組の主演が 倉田保昭さんで、客演として ブルース・リャンさんも何度か出てた。
・・・と、今しがた Wikipediaで知りました。(爆) 
Gメン'75 にも リャンさんゲストで出たらしいですが、全く覚えてません。

そんなモンですよね? ヒトって。



くずやさん、イイこと おっしゃいますね!
私も、「見た目 こんななのに、実は・・・」
な、水戸黄門みたいになりたいです!!

一種の、「変身願望」、「ギャップにより得られる カタルシス!」 みたいな・・・。

でも、それも 諸刃の剣。
「ヨボヨボなのに ダーーーーンッとしてる」
だったらイイけど、
「シッカリしてそうだけど、実は全然ダメ」
な方がリアルにありそうです。

若い時と、歳とった時、当然ギャップはあります。
なのに、若い時と変わらないってのは インパクトありますよね。  いや、それより、
「若い時 あんなヤツだったのに、歳とったら 別の方向に飛んでイッてしまってるッ!!」
の方がギャップあるかもね。
長年 会わなかった人から見れば。

私は昔、全く運動が大嫌いな野郎だったのに、今じゃ、ケーチャン大好きなミドルですからね。

あれ? 全然 ハナシがつながらない・・・。
まあ、「ボケた」 ってことで、これを若い時からのギャップととらえてください。
(あ、どうせボケるんだから驚かないか!)



ヤマさん、忙しい間を縫って、こんなトロいブログを見ていただき、ありがとうございます。

私、ああいうカンフー映画が好きです。
でも、あまり詳しくないので 突っ込まないでくださいね!
自分が見た映画で、面白かったモノは 紹介せずには おられません。
まあ、人 好きずきですから 私が思ったほどには、その映画を気に入るとは限りません。
でも、それをどう、
「ヒトに観たいと思わせるか」
が、映画の予告編集者だったりするワケですよね。
ウソ・方便を駆使して。
私も そんな感じです。
なので、私の記事で 「観てみたくなった」 とおっしゃってもらえるのは、とても嬉しいことです。

自転車の件。
・・・ ぜひ ご一緒しましょうよ!

先日の記事を お読みいただければ、だいたい私の実力と、私がヤッカイになってる倶楽部の実態を ご想像できると思います。
まあ、個人的には皆さん優れた能力を お持ちですが、どなたも、『合わせる』 というチカラが強いため、とても居心地よくさせていただいてます!



 
  • 2014-06-22 18:15
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C2860] 知ってますとも!

 もう知ってますとも! Gメン75にも出てたし当時は有名でしたよね。
 香港カンフー映画の全盛期でしたね。
 それに比べたら今はすごく衰退してしまいましたね。
 Jチェンもヤングマスターまでですかね僕が見れたのは・・・
 現在のカンフーハッスルも少林サッカーもネタ的には面白いのでTVでは見ますが、DVDを買ったり借りてまでは見ないですね。
 ワイヤーアクションは許してもCGまで多用してはちょっとね。

 ちなみに僕が好きな当時のマイナーカンフー俳優は、1番にカーターウォンと言う方です。 中でも太極元功と言う悪役が主役?と思われる映画で2人の悪童(金魔王、銀魔王)のうちの一人で青龍刀でも切れない鋼の体の無敵な悪役でした。  最後は師匠の仇をうつのですが、その倒し方が勝ち誇った彼が笑って口を空けたそこへ手裏剣を投げて倒すという正義らしからぬ汚い手で倒すのですがそのくらい無敵な悪役を演じてました。

 もう一人あげるのなら、これは少しメジャーな方ですが、先のJチェンの出世作である酔拳、蛇拳で敵役を演じたホアンチェンリーで、もうこの方の足技ときたらブルースリーよりすごいです。
 空中2段蹴り、回し蹴りなど足も手の様に器用に動かして、酔拳のときの台詞で足7割と言うのが~
 後に知ったのですが、この方実は韓国のかたでテコンドーの達人だそうで(※ヤングマスターで出ていた敵役のかたもちなみにテコンドーの達人で韓国の方だそうで)

 いかんカンフー映画の話題ではとめどもなく書きそうなのでこの辺で・・・

  • 2014-06-26 20:27
  • スター★マン
  • URL
  • 編集

[C2861] ジャッキーはやはり、清朝末期で!

スター☆マンさん、そんなコアな方だったんですかッ!!

・・・ J・チェンは私も同感で、ヤング・マスターまでが最高・・と思ってましたが、後年の、「酔拳・2」 で、やられました!
「ドラゴン・キングダム」 「新・少林寺」 でも思いますが、ジャッキーは 「時代劇」 がいちばん似合うと思ってます!!

カーター・ウォン、検索してみました。
・・・わからん。。。
でもたぶん、私が観たカンフー映画の中に、必ず出演されてるハズですよね。
そういう、マイナーな俳優さんを注目されてるってのがスゴイです! スター☆マンさん!!

で、酔拳での敵役の人、(劇中では、『鉄心』 でしたっけ?) 足ワザがすごいですよね!
テコンドーの達人だとは、後で知りました。
ヤングマスターの敵役の人もスゴかった。
役人に護送荷車に縛りつけられてたのが、仲間の一味たちによって助けあげられたあとの反撃・・・。
凄まじかったです!

酔拳2の敵役の人も、ものすごくカッコ良かったですね!!
http://www.youtube.com/watch?v=S5oiP0FwDNo

・・・あかん、たいして詳しくもないのに、カンフー映画だと熱くなってしまいます。

なんか、古いヤツを観たくなってきました。
カーター・ウォンさんですか。
覚えときます。

  • 2014-06-26 22:56
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ