Entries

   カアチャン たおれるッ !!

 いや、この頃 カアチャンいつも 横になっとるか、車イス生活やで、
「倒れ」 は せんか・・・。


こんばんは。

網戸も無しで 蚊取り器 焚いて寝るので、朝起きると 周り、
「虫の死骸だらけ」 な部屋のとまぢふです。








ワシのカアチャン、おととしの 11月終わり頃から、
そういう、「認知症患者対応のグループホーム」 に入所しとる。

それまでは、ヘルパーさんたちに協力してもらって 家で生活しとったけど
(オヤジは全く協力しなんだ!)、
まあ アカンようになり、ついに 放逐 入所させることに・・・。

ケアマネージャーの人には、
「お母さん、家族で看るにはもう限界ですよ。」
って言われとったけど ワシにしてみると、
「そーかなあ? 夜 徘徊するし、 言っとるコトもわからん。
シモのことも 半分できんけど、まあ、テキトーにやれとるでイイんやない?」
な気で過ごしとったよ。

・・・って、それって アブナイよね?

夜、ふと外に出たら カアチャン、「道路の真ん中で ボ~っと立っとった」 コトが、何度もある。
ワシが会社帰りに 跳ねそうになったことすら・・・。
「日清 カップ焼きそば UFO」 は、水入れて直接 ガスコンロに乗せて火にかけるわ、
洗濯器のタイマーを回すつもりで、「風呂釜」 のボイラーのタイマー回すわ・・。
牛乳の勧誘に来た人には、すぐに牛乳受箱を取り付けさせたし・・・。

やっぱ、限界やったんかね~。 
今にして思えば、そんなカアチャンを残して、よお会社行っとったなあ・・・。
ジジイなんか、いっさい関知しとらなんだしねえ・・・。


そんなカアチャンやけど、施設に入所させるのは 不憫で不憫で・・・。
だって、「軟禁」 やろ?
そりゃ シヤナイことやけど。

やで、ワシは許す限り 会いに行ってやっとるよ。
毎日・・・ とは言わんけど、ほぼ 1日置きに。

カアチャン、夜にワシが来ると ドエライ 嬉しがり、
「まさか お前が来てくれるとは、夢にも思わなんだぞよ~!」
とか言って喜んでくれる。
カアチャン、おとついも来たやんか、ワシ。
・・・ やで、ワシに会うことは カアチャンにとっては毎回 新鮮。
認知症、バンザイ!

それやのに 毎日、夕方になると 施錠された玄関口まで来て座り、
ワシが来るのを待っとるらしい。
「来るとはユメにも思わん」 のにナゼ?
認知症、せつない。。。









そんなカアチャン、4月末、部屋でシリモチついて 歩けんように・・・。
ほぼ車イス生活。

歩行の練習も してもらえとるみたいやけど、本格的なリハビリは無理。

っていうか、施設にとっては、「危うい状態で歩いてもらう」 のがいちばんヤッカイやでねえ。
転ばれて骨折でもされたら、それは施設の管理責任が問われ得ること。
施設にとって いちばんラクな入居者は、
「寝たきり」 。
時間ごとに様子みるだけで済むんやで。

カアチャンみたいなのが いちばんヤッカイやろ。
やで、「車イスから復帰」 なんてのは、心の底では望んでないかもね。施設の方は。


でもワシは、そんなの悲しい。
カアチャンは、ドライブに連れてってもらい、うまいモンを食べるのが、極上の幸せ。
ワシも、カアチャンが喜ぶ姿を見るのが いちばん嬉しい。

それが車イスでは。。。
介護の技術も無いし。。。

「カアチャン、足が 良うなったら、またどっか連れてってやるでな!」
「おお! 頼むわい!!」


心の片すみでは、もう そんなコトは無いのかも・・・ とも思っとるよ。
実際、歩いてもおらんのに、ヒザにミズが溜まり続けるカアチャン。
ワシには、その苦しみ・痛みが よお解るッ!
何年も経験したでねえ・・・。











今日、仕事しとったら携帯が鳴った。

「お母さん、全身の痛みを訴えた後、意識がモウロウとして車イスで
右に傾いて寝てます。 病院へ お連れしたいのですが、よろしいでしょうか?」


そんなコト、いちいち 伺いたてんなよ~~~ッ!!!!! (発狂)
とっとと連れてってくりょよ~ッ!!!
あ、いや、是非お願いいたしますうッ!!!







 なんとか意識は戻り、ボンヤリしながらも、会話はできます。
(相変わらず、なに言っとるかワカラン会話ですが、通じ合ってます、ワシら。)



去年の夏といっしょや。


これでまた全て、今後の行事はナシにせざるを得ません。

乗鞍スカイラインも 神岡トンチャンも。


いや、乗鞍レースが イヤさに、カアチャンをダシにしとるワケやないでねッ!
そのために コソ練 積んできたんやで!
(うそ。コソ練は、神岡トンチャンのためです。 
そうでなけりゃ、きんのうの 「奥美濃・飛騨周回 150km」 なんて、やらんよ!)



せっかく やっと自転車に復帰できたと思ったに、それは、
「カアチャンが安定しとる」 
という大前提を忘れたアレでした。




後悔しないためにも、しばらくは カアチャンに付き添ってやりたいと思いますので、
自転車野郎のみなさま、また しばしの ご猶予をくださいませ。










スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/527-feb412e6

トラックバック

コメント

[C2875] 認知症

とまぢふさん、こんばんわ!!
お母さんの具合はどうでしょうか??
とまぢふさんの切ない気持ち、胸に刺さります。
でも、バンザイと言われたように認知症だからこその幸せもたくさんありますね。
家族としては、まず認知症を受け入れる事ですね。
私の亡き祖母は10年以上寝たきりでお母さんが在宅介護をしていました。もちろん重度の認知症で、デイサービスに行けば「火事だ」と大騒ぎをしたり、大変な事もありました。
いろんなタイプの症状がありますが、とまぢふさんのお母さんは穏やかな感じで何よりです。
とまぢふさん、お母さんも歳を老いてだんだんと身体機能の衰えもあります。歩けることがイチバンだとは限りません。やはり、私の病院でもリハビリを進めるに当たって、歩行を進められない方もいます。それは、諦めなどではなくて、この先なるべく安全に生活できるようにするのと体の負担を減らすためにです。
家で生活できるレベルならある程度自分で動く必要がありますが、認知症があると危険の判断も難しく、歩行機能がどんどんあがると四六時中目が離せなくなります。
歩く事だけが出掛ける楽しみじゃないと思います!!
車椅子でも、美味しいものたべたり笑ったりできますよ♪
歩いて行かなくても、楽しめる場所はたくさん見つかるはずです!!
介護は、そんなに難しいことじゃありませんよ♪やってみれば意外と大丈夫です☆
とまぢふさんと、考え方が違っていたらすいません!!
またお母さんの状態報告お願いしますね!!
あっ!私は自分のお母さんが弱っていく姿見て、言葉に反応がなくても、手足が動かなくても、歩けなくてもいいから、少しでも長く生きてくれることが願いでした。
もし、寝たきりになっても、私は生きていてくれればいいと思っていました。
  • 2014-07-01 00:58
  • おかいこ
  • URL
  • 編集

[C2876] 認識を改めさせられました。

おかいこさん、ありがとうございます。
あなたのおばあさん、たいへんだったんですね。
それに比べれば、私の母は本当に穏やかなものです。 
(まあ、ものすごく不機嫌な時もありますが。)

「歩けることがイチバンの幸せでもない」
は、衝撃的でした!
病院でさえ、歩行のリハビリを勧めないことがあるとは・・。
確かに、おぼつかない足どりでウロチョロされては たまったもんじゃありません。かえって本人の負担にもなりますしね。
でもまだ、「何かをやって嬉しさを感じる」 という感情が残っているかぎり、「自分の行きたい所へ行けない」 というのは可哀想なものです。
車イス生活でも、(私にとって) 悲痛な気持ちが起きないよう、意識を改めたいと思いました。

おかいこさんの場合、お母様が弱っていかれ、反応が無くなっても長く生きていて欲しかったのですね。
そりゃそうでしょう、お母様 まだ お若いのですから!
本当に悲しかったことでしょうね。

私は・・・

そうなったら、もうイイかな? と感じるでしょう。
それが、母子 この歳になった者の、「言葉にしてはアレだけど、本音」 です。
ただ、母は以前、
「おりゃァ、200歳まで生きたいワイ」
などと言ってました。

コッチが死んどるわいッ!!!


  • 2014-07-01 06:54
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C2877] 五年程ですが

僕は五年程介護施設の介護職員でした。今は畑違いな仕事なんですが…
認知症の方にとって家族の面会が精神安定剤みたいなもので、面会後しばらくですがとても喜ばれます。落ち着いて寝れたりと介護職員にとってありがたいことです。
やはり自分のそばで看ていたいと考える方も多いですが、「一家共倒れ」では意味がないですし、事故なども心配ですから家族の事も考えると施設を利用していくことは、負担を減らすという意味で使ってもらえたらいいなぁと思っていました。
確かに認知症、転倒、歩行の関係は難しい問題だと思います。

でもお母様そんなに大事にしてもらってとっても幸せだと思います。
そんなに頻繁に面会される方見たことないです。
早く元気になって美味しいもの食べに行けるといいですね!お母様の食べっぷりのブログも大好きです!!
  • 2014-07-01 09:39
  • ヤマ
  • URL
  • 編集

[C2878] はじめまして

はじめまして。
カラスウリを検索していましたらこちらにたどり着きました。
お母様 素敵な方でいらっしゃいますね。
そして今私の実父が96ですが施設に入って車いすです。
色々拝読させていただきまして本当に身につまされるおもいです。ただ父の場合は今の施設に移って症状が改善されています。でも抱える問題は大差ない様におもいました。

シロちゃんとお隣のクロちゃん。可愛いですね。
天井事件? 思わず主人にも紹介してしまいました。
私のいる住宅は動物の飼育禁止なのでこっそりとウサギと暮らしています。
6月に10才になったので日記を書いてあげようかな^^ と思っています。
全くのド素人ですが自転車も好きです。
去年3台目に買い替えたのですがこけて鎖骨を折ってボルトを入れてから遠ざかっています^^;
でも娘夫婦は毎年チームを組んで富士山コース等のレースを楽しんでいます。
また楽しい日記にお邪魔しにうかがいます。

[C2879] チラ見

後悔されないように
カアさまに付き添っていただきたいと
思っております・・・
でも気分転換とかで
乗鞍スカイラインとか
神岡トンチャンとか
チラ見見学
チラ見参加
でどうでしょうか?
  • 2014-07-01 14:58
  • くずや
  • URL
  • 編集

[C2880] なにより

毎日鍵のかかった玄関で待たれてるという話は胸が熱くなりました、たとえ直ぐに忘れられたとしても、
自分が後悔しない事が大切だと思います、自分が一番良いと思うことをお母さんにしてあげて下さい。

[C2881] 足りない。

みなさん、温かい お言葉、本当にありがとうございます。
それにしても、私の状況は、世の介護家庭の皆さまから見れば、「ヘ」 みたいなものです。
施設に丸投げして、自分は好き勝手してるのですから。。。
本当に 一家共倒れ寸前でがんばっておられる方に申しわけなくおもいます。
介護の苦労が全ッ然 足りてません。
そんな私が、「たいへん・・」 なんて言うのは 「おこがましい」 のひと言です。



ヤマさん、そうだったんですか!
介護士をやってらしたとは!!
そうやって 老人や認知症、病気の患者の世話をする職業の方を私は、心の底から尊敬いたします。

母に会ったあとは、本当に寝つきがいいと、施設の職員さんが言われます。
まさしく、精神安定剤だと。
ただ、母は ありがたがってはいません。
毎日、「ウチへ行かならん!」 と言って職員さんを困らせてるそうで・・・。
その「ウチ」 というのは、今まで母が暮らしてた所ではなく、「母の生まれた家」 のことなので、やっかいです。
そんなサミシイ気持ちも、私が会ってやることで消えるということなので、やはり頻繁に顔を見に行かねばならないのです。



ちしゃ猫さん、初めまして!
こんな他愛もないブログを見ていただき、感謝いたします。

お父様も施設に入所されておられるんですか。
それで 症状も改善されたとは、本当に入れた甲斐があり 良かったですね!!
私も、まあ、自分のコトができるというのが、ありがたくも申しわけないな~と思ってます。
母に対し。 痴呆も進んできてますし。

あ、URL先のブログ、拝見いたしました!
ウサギの フーちゃん、ものすごく可愛いじゃないですか!
あちこちで したい放題ですね。 いいんですか?ベランダで育ててる植物を 食べられてしまっても。。。

動物を飼ってる・草花が好き・自転車もやる
・・・なんか共通点が多くて、嬉しくなります!!
今後も、気が向いた時に のぞいてください!
(私のカラスウリは可哀そうに、伸び上がるための枝を立ててもらっておらず、地面を這っております・・・。)



くずやさん、今夜 おじサイクルの隊長から電話がありました。

「お母さんのコトはあるだろうけど、これで 『スパッ』 っと自転車に関することを切らないでね。
神岡トンチャンへの望みも、捨てきらないでほしい」
と。
本当に嬉しく思いました。
こんな私でも、みんなにとっては 「仲間」 なんだと感じられて・・・。

母も、「危篤」 なんかではありませんので、様子をみながら いつかは復帰できたらな~ と期待してます。
でも、心臓と脳血管に持病を持つ母ですので、全く油断ができません。
チラ見に 行けたらイイんですが、どちらも遠いってのが難です・・・。



ひこさん、ありがとうございます。

「後悔しない」 ・・・ むずかしいですよねえ・・・。
キリがありませんから。
どれだけやってもね。
今の私にできることは、「なるべく一緒にいてやること」 なんですが、その時間の長短や、内容の濃淡で、「ここまでやれば後悔しない」 ってレベルは判りません。
いや、どれだけ長く・濃く付き添っても、結局は後悔するんじゃないかな・・・。
でもまあ、そういう性分の自分だと割り切って、後悔が大きくならないように やれる事をやっていきます。





  • 2014-07-01 22:29
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C2882] ふたたび

とまぢふさん、再びこんばんわ。
全然関係ない話ですが、家のトイレ水洗じゃなくて時期をみながら汲み取りを頼むんですが、今結構上まできてて(◎-◎;)焦ってます。
今日汲み取り頼んだけど来てもらえなくて・・・ちーーーん( ´△`)
どんよりした気分です。
で、気晴らし兼ねてさっき恵那峡サービスエリア(下り)に行ったけど、マイマイ蛾凄すぎます!!怖くて車から降りれませんでした・・・(;´Д`)仕方なく反対側のサービスエリア(上り)に行って、トイレ寄ってきました。
1回分節約( 〃▽〃)
とまぢふさん、どんなことでもそうだけど、できる限り頑張っても後悔は残ると私も思っています。
とまぢふさんには沢山の人がついていますよ♪
だいじょうぶ(゜∇^d)!!
  • 2014-07-01 23:58
  • おかいこ
  • URL
  • 編集

[C2883] マイマイガ

おかいこさん、再びのコメント、ありがとうございます!
…それにしても、トイレの話題、スゴ過ぎ!!
ウチも前は汲み取り式だったので、リアルにわかります。
梅雨時など、雨水が入り込んで増量・希釈化され、気をつけないと 「お釣り」が来る ( ; ゜Д゜) !

マイマイガ、私ら下呂市ではあまり被害ありませんが、多い地方はスサマジイですね!
先日の飛騨地方ツーリングの時は、道路上にウヨウヨいて、初めは自転車でよけて走ってたのに、もうキリがなくメンドーなので、プチプチと…(>_<)
おかいこさんの気持ち、わかります。 どこにも腰を下ろす場所さえない…

父の時もそうでしたが、仲間って、本当にありがたいものです。
  • 2014-07-02 06:59
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C2884] 頑張って!としか言えません。

こんばんは。信州Georgeです。
お久しぶりです。

さて、ナント言ったら良いのか?、、、、、。

いつも、頭が下がる思いです。
お母さんは、表現が出来ないだけで、心の奥ではありがとうと言っていることでしょう。

あとは看護する側の健康も気をつけてください。

多分、しばらくはブログも休止でしょうけど、待ってます。

では、また。

  • 2014-07-02 21:21
  • 信州George
  • URL
  • 編集

[C2885] 休止はしませんよ!

信州George さん、お久しぶりです。
コメント、ありがとうございます。

母、意外と 元気になってきました。
一時は、もうこのまま逝ってしまうんでは? とさえ思いましたが。
でも、心臓と脳血管にバクダン抱え、夏にいつも悪くなる母ですので予断を許しません。
去年の夏も、油断してたらブリ返して オウジョこきましたから。

ここしばらくは毎日 顔を見にいってますが、私は なんとか元気にヤッてます!

みなさん、ご心配を おかけしてすみません。
もう少し 様子見ます・・・。

ブログは続けます!!
  • 2014-07-02 21:52
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ