Entries

   悲惨なりッ 第11回 乗鞍スカイライン サイクルヒルクライム

 こんばんわ。

サランラップ、取り出し口が分からなくなったので、説明書きどおり
セロテープを貼って引っぱったら、「ずっと斜め」 状態で延々と・・。
「ウッキイィィィッ!!!!」 と、3/2くらい残ってたのに捨てた とまぢふです。








 2年ぶりの 「乗鞍スカイライン サイクルヒルクライム」 。

・・・ 悲惨やったよ ・・・・・。








「現地での車検、4000円もするよ!」 との情報で、
「たあけらしいッ! 払えるかッ!」
とイキドオったワシ、親戚のマサハル君 (1つ年下) とこへ持ってったよ、自転車。
マサハル君とこは、工務店?自転車屋? よおワカラン。
とにかく、彼は16年前に ブリヂストン・ロードマンを譲ってくれた子。
すまん、マサハル君! あなたの自転車、あんなフウにしてまって! ↓
http://sossy.blog129.fc2.com/blog-entry-263.html

・・・まあ、色吹いてから なあ~んも進んどらんけどね・・・。

彼からもらった自転車、 放置 だいじにしとることを強調しながら話しをし、
今回のレースに向けての点検をしてもらったよ。
(このチェック用紙と引き換えに ゼッケンとかもらえる。 
そのいに厳しょうせなアカンのかよ?)

マサハル君とは 16年ぶりに喋ったけど、イイ子やったよ。
点検料はイランッ! といって受け取ってくれなんだし。





そんなこんなで、メデタク車検を完了させ、その足で受付け会場へ!!


午後 1:00 ちょうど。

 1DSC04035.jpg

どえらいイイ天気!
こりゃあ、あしたりも エエ天気の中ではしれるぞよ!
でも、あんまり暑いのもカナワンけどなあッ!






 2DSC04038.jpg

今回の参加記念品とか各種パンフ、プログラムは
ごタイソウなバッグに入れて渡されたよ。

この会場に来る前に、「むし博士」 さんから電話が!
「まだ受付けしてないんですか? 私たちはトックに済ませて、宿に向かってますよ!」
・・・早過ぎや! 落ち着きないな~

宿は 何度か世話になっとる、平湯温泉。
トットト そこへ向かいます。






 3DSC04049.jpg

いや、ホント、イイ天気やよ!
ココで向かいの山を あのいにキレイに見たの初めて!
なんて山? 焼岳? ワシ、よおワカラン。







 4DSC04054.jpg

むし博士、エントリーしたあと早速 いつもの宿 (愛宝館) に予約いれようとしたら、
なんと団体客で すでにイッパイやったとか。
で、安直にも、真隣の旅館に頼んだんやと!
(ヒトが やってくれとるコトに、そんな言い方ナイよね!)

「栄太郎 旅館」 さん。

ワシが着いた頃には、すでに むし博士ご一行様は いつものコース
(足湯、温泉タマゴ、平湯ぶらぶら) に出かけた後。
シヤナイで ボーーーッと待ったワシでした。










      5DSC04058.jpg

やっぱ、温泉旅館に泊まるんやで、豪勢にいきたいよね!!!
呑むぞよ~~~~ッ!!!
(でもまだ、宿泊料金も ナニも聞いてないワシです。)

ワシを招待しとくれた方々は、むしさん、サイボーグ・カトーさん、M田さん、M脇さん。





 6DSC04062.jpg

さあ、ヤリましょうッ!!






 7DSC04063.jpg

朴葉で焼く 飛騨牛。 ありきたりな 「朴葉味噌」 でないのがイイ!
(マイマイガの影響で、この葉っぱ、ホントに採れんらしいんよね。)



 8DSC04059.jpg

馬刺し! (ちょっと食い散らかしたあとですけど・・。)
こんなのが出てくるとは思わなんだ!!
脂が乗り、ねっとりした旨さで、もっと食いたかったよ!!





 9DSC04064.jpg

M脇さんも イイ感じになっといでるね~~!
なんでも、長崎の五島列島出身とか。
で、ワシ 聞いてみたの、
「 『トンファー』とか 『サイ』とか使えるんじゃないですか?」

 トンファー ↓

      トンファー230px-Practicante_tonfas


 サイ   ↓

      サイ150px-2_antique_sai

M脇さん、「?????」
ワシ、「だって昭和47年ころ、『水戸黄門』 で、五島列島でのハナシの時に
その島の僧侶が トンファーやらサイやら振り回しとったよ!
『カッチョいい武器やがな~!』って、思いましたもん!!
ブルース・リーの映画がヒットする前ですぜ!
水戸黄門、あなどれませんよ!!
やで、M脇さんも振り回せるんですよね? ヌンチャクはトモカク。」

・・・ワシも だいぶイッとったね~。 覚えとるだけイイけど。


でも・・・  宴会するにも 皆さん お酒やビールはホトンド たしなまれず・・・。
ワシと むし博士だけが ガバガバと・・。
前に失敗したに、学習してない。
(あ、いや、ヲトナになった むしさんは、ビール3本くらいでヤメました。)

部屋に戻ると、ヨイ子のワシたちは、午後 10時前には寝ました・・・。
昔は もっと 観光客しとったのにね~~~








 10DSC04076.jpg

で、朝4時に起きて スタート地点。


 11DSC04078.jpg

ごらんのとおり、むし博士ご一行様は おんなじジャージ着といでる。
つまり、みんな 「尾張トライアスロン クラブ」 のメンバーなんよね。
れっきとしたスポーツクラブ。

ワシは、フリーの参加やけど、「おじサイクル」 代表か?
れっきとした、「・・・・・」 な倶楽部。

いや、優劣は無いよ! 
どちらも 「あるカタルシスを得るために走る!」 んやで、同じ!!







クルマをここに置いて走るけど、その 「クルマのキー」 に悩む。
どこにしまっておくかを。。。
昔、ノリタケ君はジャージのポケットに入れて頂上で無くしたし・・・。

で、ワシ、スペアキーを自転車のサドルバッグに入れ、マスター(リモコン)は
リュックに入れとるよ。 おじサイクルツーリングでも。

いつも最終チェックで キーのありかを確認するんやけど、今回はまあ、慣れとるし。







 12DSC04144.jpg

今回の参加人数は 「940人」 !

よう ここまでになったモンや・・・。
ワシ、むしさんと参加した 「第1回」 なんて、 
「180人そこそこ」 やったでねえ・・・。
それも、高校生・自転車部がかなりの割合やったし・・・。

むしさんと談笑しとったら、取材の人が おいでて、
「何回くらい参加されてますか?」 って聞いて来た。
ワシとむし博士、
「第1回から全てです! 荒天で中止を除いては!!」
取材者、
「ヒエ~~!!!
私も最初から仕事してますが、そういう方に会ったの初めてです!!」

・・・ワシら、ちょっと誇らしかったよ。
やで、主催者に提案してよ、
『レジェンドたち』 っていうナンかを!!









      13DSC04097.jpg

サニ太さん発見ッ!!!

なんだよー、ローラーなんか漕いでッ!!
「ヲトコは ウォーミングUP無し」 で勝負だよッ!!

・・・って、「3本ローラー」 でやッてます・・・
たぶん、スゴイかたなんでしょうね・・・。 これに乗れるってことは。
ワシにしてみれば、「エロおやじ」 な印象しか無いんですが・・・。 スミマセン。


そうそうッ!!

ワシのブログに いっつもコメントしとくれる 「ひこ」 さんに初めてお会いしました!
ナマひこさんです!!

思いのほか 若くて、いかにもスタミナ・パワーありそうなガタイのかたでした!
残念ながら、喋くるのに夢中で、彼の画像を押さえ忘れたのが悔やまれます!
でも、本当にマジメそうでシッカリしてました。
またいつか ゆっくり お話ししたいです。









 14DSC04102.jpg

開会式。

ここにはだいぶ集まってきとるけど、まわりには ローラー漕いで
UPしとる連中が ワンサカ!
ワシも そうしたいんやけど・・・。
(実は持って来ました! 20分ほど漕ぎました。 でも開会式、スタートの1時間以上前。
冷えてまうわ! UPした意味無いやんッ!)


そんなこんなで、いよいよワシら、「オッサン」 のクラスの出走時間にッ!!

 15DSC04157.jpg

中学生~20代が140人くらい。 30代が 180人くらい。
40代なんか 240人も けつかる!
で、ワシら50代も 140人と、けっこう おる。
さらには 60歳以上も30人くらい ござる・・・。
(サイボーグ・カトー氏が このカテゴリー。 みんな、ウチで茶ァ飲んどれよ!!)

この時間になって、アヤシかった空から ポツポツと・・・・



そんなこんなで スタート~~ッ!!!








 


 16DSC04158.jpg

雨がショボつくけど、すんぐにカラダ暑うなるで ちょうどエエんよ!
水の補給も 口開けりゃ済むし!










 17DSC04159.jpg

・・・ むしに抜かれた。

走り出して 10分後に・・・。

アイツのカテゴリー (マウンテンバイク)、ワシより3分後に出走したんやで~!

まあ、いつものコトやで なあんも思わんけどね。

行け。 行って入賞しろよ、コノヤロ。










 21DSC04175.jpg

サイボーグ・カトーに抜かれた。
69歳に抜かれた。 やはり、ワシより 3分あとのスタート。

・・・まいッ回、おんなじパターンやがな!!

みんな、オカシイんやない?
どこにそんなパワーがあるの?

あと、ここでMTBの女子にも抜かれるのが いつものパターン。




 ん? なにやら上の方で カランカランッ! と、鐘の音が。










 18DSC04162.jpg

あ! あれは!!



 

 19DSC04163.jpg

そうッ! 今年も イクミン、やってくれました!!

女子MTB界の、日本代表選手もやった、「田近郁美」 さん!
飛騨・神岡 在住。
ここ、ノリスカでも優勝経験あり!
今回、このレースには参加しなかったけど、こうやってワシらを応援しとくれる!!
感激です!!




 






 20DSC04171.jpg

平湯峠。
前はここがスタート地点やったのにね。
ワザワザ過酷なとこにスタートを移さんでもエエのに!









 22DSC04183.jpg

さあ、「夫婦松パーキング」 にまで来たぞよ!
なにしろ ココまでが異様にキツいんよ!!

前は、「平湯峠」 がスタートやったに、何年か前に 「旧・ペンタピアスキー場」
がスタートに変わったの。 平湯峠より 4kmも下。
そこから平湯峠へ上がる道が、いちばんキツイ!!
スタート直後からイキナリ 「10%」 の坂!!

さらに、平湯峠から夫婦松 (3kmくらい) までもキツイ。

やで、「夫婦松を過ぎればラク」 が、ここ乗鞍をやるクライマーの共通した認識なんよ。 


は~~~、やっと夫婦松や~~~~











 23DSC04188.jpg

・・・ 全然、「ラク」 にならん ・・・・・

こないだ、5月に登った時は、もう 休み休み 走ったでねえ。

今日は全く休み無しッ!
っていうか、「休むコトを考える気が湧かんッ!!」

妙な アドレナリンが噴出しとるんやろうね~。
疲れとるのは間違いないんやけど、「休もう」 な気が起きん。
(ちなみに今回は、ペダル回転数を 『58回転』 に保って走りました。
けっこう、こんでも考えながら走っとるんやよッ!)












 24DSC04191.jpg

おいおい、かなり ガスってきたぞ・・・

上の方は 雨か?

っていうより、登り始めてもう 「1時間 26分」 。 
早い選手は とっくにゴールしとるやろうな。
申しわけない。 ワシら 遅い選手のために 寒い頂上で待ってもらって・・・。









 25DSC04194.jpg

 って、オイッ!!!

もう 下ってきよるがなあァァァ!!!!

・・・ 上、待っておれんほどヒドイんか?










 26DSC04200.jpg

・・・ ちょっと、ちょっとォ~、なんやのコノ 霧!
ひどいよ、見えんよ、アブナイよ!!!



と 思っとったら・・・



 27DSC04206.jpg

もう、「暴風」 + 「横殴りの雨」 !!!

下って行きよる人は、それこそ危ない。 スピード出とるとこに横からの風は!
それが、登って行きよるワシらでさえ 恐怖を覚える風!!

もう、自転車から降りて押すしかない・・・










 28DSC04207.jpg

ここらへん、開けたトコやでか、とにかく オソガかったよ!

押して歩いとるのに、
「あへ~~~!」
って、自転車が 路面を離れたヒトが何人も・・・。
まあ、両手でつかんで歩いとるで、自転車 飛んでってまうコトはなかったけど、
どんだけ軽い自転車なんや!!
・・・幸い、ワシのは 「重い鉄製自転車」 なので、そういう目には遭いませんでした・・。
前輪はフラつかせられれたけど・・・。









 29DSC04216.jpg

そういうヒドイ雨・風 (っていうより、『暴風雨』 !! 雨も ヒョウ混じりで痛い!)
が止んだ間を縫って、走ったり また降りて押したり・・・


そうやってやっと たどり着いたよ・・・・・・・・・








 30DSC04217.jpg

ゴール。

ごった返しとる。

もう、尋常やない状況やもんで、選手もスタッフも ちょっとパニくっとる。










 31DSC04228.jpg

ゴール後の休息の場は、もう、凍えるばかり!

あらかじめ 各自の防寒着なんかをリュックに入れ、
先に ゴールまで上げてもらっとる。
それを受け取って下山に備えるんやけど、甘いヒトも多いんよ。。。
乗鞍を 甘う見とっちゃアカンて!
(かく言うワシも、かつてヤラレました。爆。)
ウィンドブレーカもなんにもリュックに入れてない人。。。 信じられん。
あれほど下で、「手袋は全指タイプを」 とまで言っとったに。。
まあ、初めてのヒトはシヤナイけど、みるからに
「ヤッて来ました!」
なカタが、山頂でガタガタ震えて・・・。

ワシ、持っておった大きいビニール袋を、手・頭が入る穴あけて
震えとったヒトに やったよ。
「ちったあ 防げるかもよ。」
と。
ゴミ袋、役立つわ! (ね、AGさん!)

        ゴミ袋DSCN0403_11
       (2008年、5月での真弓峠。 寒かったらしい。)






で、ワシは 先にゴールして待っとるハズの むしとサイボーグらを探しに、
いつもの場所へ・・・。

でも、そのあたりには見当たらなんだ。

ワシは、ここに登頂するたんびに、「証明書」 をもらう(買う)んよ。

 32DSC04229.jpg

喜色満面。 でもさぶいんよ。






アイツらの姿が見当たらん。 もう 先に降りたんかもな・・・。 
このいに寒いでシヤナイやろ。 ワシもゴール地に戻ろ。







と、戻ったら、

「自走での下山は禁止とします。 シャトルバスが来ますので、それに乗ってお帰りください。」

・・・「下り嫌い」 のワシにとってはアリガタイ話しやけど、自転車は どおすんの?
「別の便で全て回収に上がりますから、ここに置いてってください。」


むしさんやカトさんらは、こうなる前に自走で降りたみたい。


で、ワシら 「遅い」 連中は、ここでバスに乗るんやけど、そんなコトを想定してなかった運営、急遽、旅館のマイクロバスとか濃飛バスに交渉したみたい!

山頂に取り残された 100人くらいの人間。

中には 防寒着も無いヤツも。
みんなで集まり固まって 雨・風・冷気 をしのいだよ。
この時の気温、「6℃」 。 でも、強い風と雨で、もう、体感気温は氷点下?!

やがて1台のバスが来て、それに殺到したけど、当然収容しきれず。

あとから来るのを待つのみ。

すぐ横には、「ホイールとかのサポートのため」 のクルマが。

バスを待っとる一人、
「あのクルマでも、4人は乗せられるんじゃない? 」

ワシ、
「カネで交渉すれば乗せてくれるかもね。 『タイタニック』 みたいに。」
その人、大笑い!

ホント、そういう気分やったよ!
こんな状況の中で 何十人も待たされとると。
いつ来るかワカランものを待っとると。



    33DCF00134.jpg

          ↑ 映画 「タイタニック」 より
     少ない救命ボートを奪い合う乗客










 34DSC04231.jpg

やがてメデタク、救援車に乗り込めれたワシら。

そのバスの中の暖かさ、もうホントに天国・極楽のように感じたよッ!!

上に残したワシのバイク、もうちょっとの辛抱や!
ちゃんと助けが向かうハズやで、待っとってくりょよ!!











あ。






あの自転車のサドルバッグに、ワシのクルマのキーが入っとるんやった・・・

いや、あんじゃないやろ。
リモコンキーは ワシが今 持っとるリュックの中にあるハズ。
でも今は 混んどるで確認できん。
だいじょーぶな、「ハズ」 や。







 35DSC04233.jpg

スタート地に降り立ちました。

バスに乗っとる間、気が気でなかったよ!


36DSC04247.jpg

ああ、あんな雲の厚いトコを走っとったんやな~、ワシら・・・。


で、問題のリュックを探ってみたら・・・




無い。



リモコンキーはリュックに入ってない。



なんでや? ワシ、入れたハズやぞ!






とりあえず クルマに戻り、ドアノブのとこのボッチを押してみた。
リモコンを持っておると、それを押せばロックは解除されるんやけど、
今は どこにあるかワカラン。

「バシャン。」

ドアロック、何事もなかったかのように ふつーに解除。

え?!  どゆコト?!  まさかワシの近くにリモコンが?








・・・ ジャージのポケットに入ってました。

ノリタケ君の二の舞にはなるまいと思っておったのに、
バッチリ、キーをジャージに入れておりました!!

それにしても、あの暴風雨の中、ジャージもびしょ濡れやったに、
しっかり働いてくれた リモコンキー。
さすが、水洗トイレに 2度も落ちて無事だっただけある!
ういヤツよッ!!!












 37DSC04266.jpg

むしの野郎は 「2位」 を勝ち取った。。。

スゴイ奴の身近であることを誇りに思います!!






 38DSC04272.jpg

サイボーグ・カトーさん、むし博士の賞品を あたかも自分がとったかのように・・・
むしさんも不安げ。

カトーさんも、その御歳で よーガンバッたわ!!
なんつっても、ワシより早いんやで!!
(ってワシ、遅過ぎ!!  シヤナイやろ?)












 39DSC04273.jpg

ああ、ワシの自転車ちゃんも、無事に生還いたしたらしいです!


それにしても今回の ノリスカ、 超・ハードでしたッ!!!!


 40DSC04276.jpg










 







スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/531-74dda7cc

トラックバック

コメント

[C2916] お疲れ様です

やぁ〜今年はギリギリ走れましたね。
完走おめでとうございます、僕も一度エントリー完走してますが最高の天気でしたが近年はやっぱり雨ポイですね!
サイボーグKさん相変わらず元気そうで立派です^_^
来週はお祭りよろしくお願いします!
雨かな〜(笑)
  • 2014-07-13 23:50
  • asano
  • URL
  • 編集

[C2917] 良いっっ!!!

とまぢふさん、お疲れ様でした!

当日はこちらも天気がよくなかったので、とまぢふさんは山に行くからどうだろうと気になっていましたが、案の定散々な目に遭っていたんですね( ´△`)
でも、怪我もなく帰ってこられてよかったです(゜∇^d)!!
とまぢふさんいい顔してるじゃないですか( 〃▽〃)イキイキしてますよ☆
バスに詰め込まれたり、大変だったけど、これもいい思い出になりますね!!
むしさん(/▽\)♪むしさんみるとなんかワクワクしますね!!しかし、2位とはなんとも素晴らしい!!
サイボーグさん、どんな人かといろいろ想像しましたが、あのお歳で参加・・・ますます素晴らしいですねq(^-^q)
私も、とまぢふさん応援団でうちわ(コンサートでよく見る〇〇LOVEとか書いてあるやつ)とか、旗とか作ってゴールで待ってればよかったなぁ(~▽~@)♪♪

いろんな想いがあると思うけど、とまぢふさんがやりきれたことにカンパーイ☆


  • 2014-07-14 01:46
  • おかいこ
  • URL
  • 編集

[C2918] 悲惨でした

上のゴールでまたお話したいなと思ってたのですが、それどころじゃ無かったですね。
しっかりと冬山装備持って行きましたが、豪雨で手袋は濡れ、ブレーキかけっぱなしで指の感覚なくなって、カーブでコースアウトしそうに何度もなって、大変な目に遭いました、
おまけに平湯峠から殿下平の下りで曲がりきれず、コンクリートブロックに激突して救急車で運ばれていく人を見るはで濡れた路面で強風の中降ることの恐ろしさを体験出来ました。

虫博士は二位だなって判ってましたので、表彰式みたいなとは思いましたが、寒さの負けてサッサと撤退して行きました、またどこかでお会いして一緒に走りたいです。

[C2919] 無事帰宅

帰ってこられました。
前日の予報では晴れ、当日の予報では午後から雨、実際はスタート時点から雨。
下山の頃には大荒れで酷い所では立ってるだけで飛ばされる方もお見えでした、遭難するかと思いましたよマジデ!

霧でゴールが見えず、最後の400mをゲロはくまで盛りこぎしようと思っていたのに出来なかったのが心残りです。
むしさんとは少しですが並走出来ました、サイボーグさんにもお会いできました。
また来年会いましょう!
  • 2014-07-14 12:40
  • サニ太
  • URL
  • 編集

[C2920] よかったです

いろいろあったようですが
無事に第一修行を終えられて
よかったです
でもすぐに第二修行が待ち構えておりますねぇ
第二修行も無事に終えられれば
坂バカ?を極められて
どんな状況のサランラップにも
立ち向かうことが出来るでしょう??
  • 2014-07-14 14:55
  • くずや
  • URL
  • 編集

[C2921] お疲れ様でした!

乗鞍の上の方はそんな状態になる事もあるんですね〜。
いつかは乗鞍!!と思い、2年経ちます…。
今度一緒に走るときは先導をお願いしますねっ!!
車のキーって自転車で走った後、僕もサドルバッグに入れますが、車に戻った時に毎回サドルバッグを開けるときに『無かったらどうしよ〜』っと不安に押しつぶされそうになります…((((;゚Д゚)))))))最初からスペア持っときゃいい話ですが(ー ー;)

  • 2014-07-14 21:44
  • ヤマ
  • URL
  • 編集

[C2922] 雨・雨・雨・・・

みなさん、ブログUP後、疲れて 放棄してたら こんなにもコメントが! 
ありがとうございます!


asanoさん、以前聞いてましたが、お知り合いになる前にノリスカに出動されてたんですよね!
わかりますよね?乗鞍の過酷さ・・・。
今度の神岡も、ある意味 匹敵します!
経験者だから わかりますよね・・・。
雨でも どっちでもイイです。(笑)


おかいこさん、頂上でウチワ振って待つのは よした方がイイですよ!
応援者専用のバスが出ますが、選手スタートの ずいぶん前。
寒い頂上で何時間も クルマに比べたら 「クソ遅い」 自転車野郎を待たねばならず・・・。

でも、おかいこさんが 上で待っててくれると分かっていれば、私も あと 「2分くらい」 は、タイム縮められそうです!!



ひこさん、感激しましたよ!
まさか私を探して歩いておられたなんて!!

駐車場でのコト、なんか、「初めてのデートでの会話」 みたいに、舞い上がってて よく覚えてません!
ホントに ゆっくり話ししたいです。

それにしても悲惨でしたね、今回。
去年、「強風で中止」 だったのも、この風のせい。
なんつっても、「風速 18m」 だったから。
自転車もヒトも アッサリ吹き飛ばされます!

でも、とってもイイ思い出になりました。
参加した甲斐がありました!!


サニ太さん、「遭難するかと思った」 は、ホント、『マヂ』 でしたよね!!
私も あんな、「恐怖を感ずる風」 ってのに遭遇したのは初めてでしたから!
風でバイクを持って行かれそう・・・ な方が何人もおられました。
私も、自転車に乗って漕いでるのは危険と思って降りましたからね。
霧もスゴかったですね。

「また来年会いしましょう」 はイイですけど、来週また ご尊顔を拝ませていただきます!!



くずやさん、最近 あなたのコメントに 「安らぎ」 を覚えます。
言いたいコトを ガーッって言った記事に、ノホホンとしたコメントの妙。

修行ではありながら、楽しみでもある。
”M “ でありながら、「ツライのはキライ」 な私。

今までも いろんな坂をヤッツケてきましたが、
「人生の坂」 は、そうそうには ヤッツケられません・・・。
サランラップも、そういう試練を与える お師匠様です!!




ヤマさん、今度 ご一緒する時の参考になれば幸いです。
そーいう山なんです、乗鞍。
先導はイヤです。 トットト 走って行ってください!

でも私が恐ろしいのは、
「自分のいるトコより下」 で稲光が光るコトです!!

そういう、非日常的な場所が、「乗鞍」 です。
それを楽しみましょう! 命がけですが。。。

キーは私、「マスター」 「スペア」 「ホームセンターで作ったスペア」 と、3枚持ってますが このテイタラクですッ!



  • 2014-07-15 00:26
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ