Entries

   現実的になったヨ、防災訓練。

 こんばんは。

以前、この書き出しで
「尾崎ママ造の画像を見たい!」
って言ってたのが、ついにかなった とまぢふです。












 こないだの日曜、恒例の 「防災訓練」 があったよ。







 0010DCF00469.jpg

毎年この時期にやるんやけど、たいてい、
「消防水利を開けての放水訓練」 とか、
「図上・避難訓練」 とかの、どっちかって言えば
「イザという時にどうしようもない」 みたいなのを・・。

いや、そういうのも、実際に目にしておくことは
必要やよ!
ちょっとでも、仮に疑似体験でも、それを行っておくことは
きっと何か、心の支えにはなると思うで。








     0011DCF00473.jpg

で、今回は、「実際に役に立つ」 ってコトを。

まずは、竹と毛布で作る 簡易タンカ。

竹に毛布を重ねるだけで、わりとシッカリしたタンカにできる。
けど、それも know-how があって、ちゃんと効果的に
やらんと、被搬送者がドスンッと落ちてまうッ!

被害者 モデルの O カドさん、不安げ・・・












     0012DCF00485.jpg

なんとか吊るし上げは成功!
でもそのあとまだ O カドさんには災難? がッ!

手近にあるモノで、
「骨折を想定して各部固定する」
のモデルを・・・
みんな寄ってたかって・・・。











 0013DCF00500.jpg

やがて到着した、信用ある方がた、そう、
「消防署」 の人たちによる 模範的 「簡易タンカ」 作り。







 0014DCF00504.jpg

O カドさん、こんどは安心して身をゆだねとる。





でもね、イザって時に、こんな竹さおとか調達できんかも。
いや、できんやろ、フツー。
備蓄しておかん限り。
(各地区、そういうのを備える「防災倉庫」を建設しだいた。)



というワケで、
「タンカがない場合のケガ人の運び方」 を。





 0015DCF00506.jpg

ただ 「おんぶ」 するだけやと、負われた人の意識がない場合、
上でグニャグニャしてズリ落ちてまうことも。

やで、おんぶした人は、負われた人の両手を自分でつかんで
運ぶと安定するらしいよ。











     0016DCF00509.jpg

再び O カドさんに ご登場願って。

2人で運ぶ時は、こういうフウにすると、狭いトコも
通れてイイらしい。
左右から両肩を支えて行くよりも。

どう? 
ワシのブログも ちったァ役立つやろ?
って、え? 知っとった?

・・・ チッ!













 0017DCF00510.jpg

あと、家の床がフローリングとかで滑りやすい場合、
こういうフウにして引きずり運ぶこともできるんやと!

ワシの新しいウチ、こういう床やで イザって時は
たのんますよッ! みなさんッ!!
どシロでは 全くあてにならんでねェ。












 0018DCF00497.jpg

次。

「AED」 を使った 心肺蘇生方法。

だれやしらん、
「LED」 な~んて言いよった。
そんなモンで心臓が動くかッ!!
(でも最近の LEDは超まぶしいで、ビックリは
させれるね。)




人工呼吸がハバカレる時、それはナシにしてもイイらしい。
なかなかできんやろね、「マウス トゥ マウス」 。

え? でも、呼吸させずに心臓だけ動かいても・・・
な思いをもったけど、とりあえずは
『脳に血液を送り続けることが重要』
なんやと。


患者の胸骨の真上に、自分の手の平を重ねて置き、
腕を伸ばして肩から体重をかけて真下に押すッ!

胸が 5センチ沈みこむように押さな、意味ないと!

それも、1分間に 100回のリズムで!

・・・これって、ドエライこと重労働やよ。
救急車が来て、その隊員に引き渡すまで続けならん。
やで、1人ではムリ。
できるだけ多くの人とローテーションしながら やらんとね。



ワシ、ふと疑問に思ったんよ。

「5センチも沈み込ませたら、ホネ、折れてまわん?」
て。


ワシが質問するより早う、体験したおじさんが 全く同じ
コトを聞いたよ、消防署の人に。 そしたら、

「最初の ひと押しで折れることも あります。」

ひえ~~~~!

「アバラ骨の途中がポキッと いくのではなく、
中央が外れるって感じです。
でも、この圧迫はやめないでください!
ホネ折れても、絶対続けることがだいじです。」

・・・ 悲壮感漂うよね、人命救助って。
でも、やらにゃならんコトなんよね。













 0019DCF00512.jpg

あたまクラクラしつつも、講習は終わりに近づいた。

さいごの実習?
「ハイゼックス炊飯袋」 を使った 「炊き出し」。

ハイゼックス炊飯袋とは、長さ20センチくらいの筒状の
ビニール?みたいな袋。
(たぶん、いや、ゼッタイ特殊な素材やろ!)
そこに洗った生米と水を入れ (それぞれの分量は、袋に目盛りがしてある)、口をしっかり閉じて湯の中で煮る。


ワシらがタンカやAEDの講習中に、お母さんがたが
公民館の中で作ってくだれとった!

それをみんなに分配して、今日の避難訓練は終わり!!

ああ、盛りだくさんの訓練やった~・・・












 

      0020DCF00517.jpg

出来上がったご飯、「各世帯に1つ」 やのに、
みんな、
「お前、持ってけ 持ってけ!」
と、余ったヤツを持たされ・・・。
たぶん 「あわれなニンゲン」 と思われとるんやろうね・・。

結局、アツアツのご飯が入ったのを 「6袋」 と、
「乾燥アルファ米」 をいただいて・・・。

こんなコトもあろうかと、その日の朝は ご飯炊いてなかったんよ!!
あわれでもイイ!!
これで 防災訓練に参加した甲斐があるってモンッ!!
やっぱ、ハラ減っておっては、ヒトの救助もできんでねえ。

来年は赤飯でも炊いてくれんかにゃあ・・・

















 あ、そうそうッ!


「尾崎ママ造」
とは、こういうヒト ↓

マンガ、「私立 極道高校 しりつ・きわめみちこうこう」
の登場人物の 一人。
(ちなみに 女性!)












 尾崎ママ造









 

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/635-dc7d27ff

トラックバック

コメント

[C3753] 酒の備え

おみやげ付き防災訓練
ご苦労さまでした
災害が無いことが一番ですが
なにがおこるか
わかりませんので
備えなければ・・・
我が家は酒の備えはバッチリです
  • 2015-09-09 10:09
  • くずや
  • URL
  • 編集

[C3754] やりました。

消防団として消火栓訓練の指導を僕にやれと。
まぁ若いの二人おったので手伝ってもらってやりました。
必死に説明するけども、みんな「はよーおわれ。ワシらに模擬訓練させるな」的なオーラで非常にやりにくかったです。
Oカドさん今度貸してください!
  • 2015-09-09 12:44
  • ヤマ
  • URL
  • 編集

[C3755] 備えあれば・・・

くずやさん、私とこには備蓄ありません、お酒・・・。
ゼヒ、届けてください!!
祖師野祭りまでに。。。
(おみやげでもらった ご飯、もう食べ尽くしました! 爆)


ヤマさん、お疲れ様でした。
お気持ち、よ~く判ります。
消防のヒト、地域住民のヒト、どちらも。
でも、地域に馴染んでおられる感じが微笑ましいです!
Oカドさんには よく言っておきます。

すいません、ベロベロで、こんな お礼コメントしか書けません。
眠いです・・・
  • 2015-09-09 23:20
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C3756] 尾崎ママ造

こんなキャラいましたっけ?
宮下あきらさんの女性キャラは枢斬 暗屯子くらいしか覚えていません、私立極道高校コミック探して読み直さないと.....

防災訓練毎年やらされてますが、実際いざとなるとこんな風には出来ないような気がしますが、全く知らないよりはマシなのでしょうね、ハイゼックスは山でコメを炊く時にも使えそうですね。

[C3757] スーザン・アントン

・・・その名を漢字書きできる ひこさんに脱帽です!
たぶん、「極虎一家」 だったと思います。
スーザン・アントン子さん、ユーミンの曲(『守ってあげたい』)をバックに現れる(船に乗ってたような・・・)シーンが思い起こされます!
って、どんだけマニアックなんじゃいッ!!

ハイゼックス炊飯は、お湯を沸かしておくのが大前提ですので、山では 「だったらフツーに飯盒で炊けば?」 ではないでしょうか(笑)?
山で湯を沸かしてカップヌードルを食べたことしかない私が言うのもナンですが・・・。

  • 2015-09-10 23:38
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ