Entries

   知れよ、己。 乗るな、口車 !

 こんばんは。

 「イカ わた煮」 の缶詰が近所のスーパーに
並ばなくなってショゲてる とまぢふです。












 いや~、こないだのツーリングは キツかったね~~!
ここ数年でイチバン! のキツさやったよ。

次の日、休もうかと思ったも、会社。












 001DSCN1291.jpg

今回の旅は、ここ、飛騨小坂駅から。
ここに皆さんが集まる。

ワシは下呂市民やでここへ自走し・・・
なワケないやんッ!
ウチから 50km以上 離れとるんやで。
当然 クルマに自転車積んで来たよ!!








 002DSCN1294.jpg

おじサイクル 下呂支部長 ・hiromiさんと、ツッチー。

ツッチーは下呂市萩原町在住で、ここまで自走。 10kmやと。
支部長は、ワシらを見送りに。
(ホントは ツッチーに会いたいだけ!)

「濁河かチャオで 昼12時になると思うけど、
どこでご飯にしよう?」
と、ツッチーに聞いたら彼、
「え?! そんな時間にはならないでしょう?
12時には とっくに通過してるでしょ、ソコ!
・・・でも、隊長のペースだと アレかな・・・」

おいおい!
そんなコト、絶対に隊長の前では言うなよ!!


と、ココでワシの携帯が鳴った!
汽車で来よるG隊長からかな?

・・・妹どのからやったッ!!
叱られるッ!! 最近、遊んでばっかやったで!




・・・ はァ・・・良かった~~~、
母屋の解体の件やった。
今日のコトは、
「楽しんでこいッ!」
と、菩薩さまのような おコトバ・・・










 003DSCN1296.jpg

そんなこんなで、おじサイクル御一行様の到着ゥ~~!








 004DSCN1324.jpg

駅前で記念撮影する。
今日は 「六本槍」 。
左から 翔一郎クン、G隊長、オサムさん、ツッチー師、ワシ、泡太郎さん。

オサムさんとはワシ、 初顔合わせで緊張!
(なんか、すごいコワモテ!!)

このあと朝礼をし、



 005DSCN1339.jpg

寒い中を しゅっぱ~つッ!
(8:38)












 006DSCN1350.jpg

5km走ったトコで もう休憩!
だって、駅前からもう始まっとるんやも、登り坂!

先回りしとった 下呂支部長から、みたらし団子の差し入れです!
とにかく、食える時に食っとけ! やよ。
この先 40km、食いモン屋は無い上に、
「登り only」 なんやでね。。。







 007DSCN1359.jpg

人家は この辺まで。

あとはヒタスラ、登り坂を楽しむ? のみッ!










今回のコース。  ↓

コースIMG_20151006_0002

左の方、飛騨小坂駅を出発し、下島温泉を経由
「御嶽山パノラマライン」 をたどります。
38kmの登りを走り切ると、御嶽山のふもと、
「濁河 にごりご」 温泉。そこをカスメてさらに行く。
濁河峠まで登れば、眼下に広がるは
「チャオ御嶽スキー場」 ! 

そこから日和田高原まで下ったら、2分隊します。

G隊長以下 4人は、右へ向かい、木曽福島に。
そこからJR中央線で 名古屋方面へ。
ワシとツッチーは、左の 旧高根村や朝日村を経て
久々野町、そして R41で小坂に戻る。(緑色の線)

どっちも過酷やよッ!











     008DSCN1365.jpg

山に入りました・・・






 009DSCN1376.jpg

「山岳地帯」 って言ってもいいかしらん・・・。








     010DSCN1370.jpg

 まあ、いつものカオになります。









      011DSCN1367.jpg

今日はワシ、武器を備えとるんよ!

先日の 「余呉湖ツーリング」 で ヤマちゃんが付けとったヤツ。
「バックミラー」 ですわ。
これで、後ろの状況を把握し、作戦を練りながら走るッ!
・・・って、なんのために?




今まで登って来た途中、ツッチーや若い翔一郎は
遠慮してか ちょっと後ろを走っとった。

でも途中からヤツらの姿がバックミラーから消えた!
もしかしたらワシ、あいつらを 「チギった」 ?!
やるやんか、ワシッ!!











     012DSCN1361.jpg

・・・ 5分も経たんうちに ツッチー登場ッ!!

荒い息づかいも聞かせず近づいて来たもんでビックリした!!
慌てて右に避けたら、そこには 翔一郎ッ!
アヤウクぶつかりそうになったよッ! 危ないッ!

「お前ら忍者かッ!! 気配消しやがってッ!!」
罵声を浴びせようにも、息が上がって声も出ず・・・

アッサリとワシを追い抜いて消えた二人でした。
(途中遅れたのは、暑くなり
ウィンドブレーカを脱ぐために立ち止まったダケみたい。)











 013DSCN1379.jpg

おおッ!
御嶽山が見えた!!






 014DSCN1405.jpg

若者は放っておき、ワシら熟年組は ボチボチ行きますよ。








      015DSCN1397.jpg

こんなイイ滝が、道のそばにあるに、コレを見ずに登っていったんやね・・ 若者たちは。
まあ、いいけど・・・。








 016DSCN1414.jpg

鈴蘭高原への分岐で、若い衆は待っとってくれました!
10:22





 017DSCN1429.jpg




 018DSCN1416.jpg

濁河まで 23km・・・  はァ・・・。


そういやワシ、ここをドエライ前に走ったことあるんよ。

2003年 11月。
その時の 「ツーリングメモ」 ↓



 IMG_20151006_0001.jpg

もう 12年も前か・・・

で、その中、この
「濁河までの道中」 の記がイイ。





     IMG_20151006_0001 - コピー

『乗鞍よりエライ。はっきり言って、まあエエ!』


・・・それでもヤッテまうんよ。
タアケなんよ、自転車乗りは。









 019DSCN1466.jpg

「パノラマライン」 にふさわしい風景になってきたよ!








途中、泡太郎さんが見つけた。
ナンて草花?

 020DSCN1438.jpg

泡太郎さん・・・あなたが大正解!
「ツルリンドウ」 !

こんなふうに、キョロキョロしながら行くのが、
この苦しさを忘れながら登るコツです。
(忘れれるかッ!!)









 021DSCN1482.jpg






 022DSCN1485.jpg








 024DSCN1498.jpg

途中、どえらい見晴らしのイイとこで。





 023DSCN1489.jpg

おにぎり泡太郎。





 025DSCN1493.jpg

ここから見えるのは、
「大溶岩流の跡」 。





 026DSCN1491.jpg

中央上部が、雲に頂きを隠された御嶽山。




 027DSCN1501.jpg

その御嶽から流れ出た溶岩は かつて、向うの山とこちらの
山の斜面との間を埋め尽くしとった。

それが何万年ものあいだに川が うがち削って流れ・・・。
上部が平らになって伸びとるのが、かつての溶岩流の上面。







 028DSCN1503.jpg

「翔一郎、大学では こんなコト教えてもらえなんだやろ!」
「いや、学部 違うし。」

・・・ いや~、親子が こんな状況で いられるコトに
G隊長は、 えも言われぬヨロコビを感じとるんやろうね。






 029DSCN1513.jpg

そんな展望を楽しんだあと、また登ります!
 








 030DSCN1529.jpg

大平展望台。

ここまで登って いい加減つかれたよ!
11:40

スタートから3時間。

・・・ でもまだ、「25kmしか走ってない」 。。。  

・・・時速 8キロ・・・。




 032DSCN1544.jpg





 031DSCN1540.jpg

ここで始まりました、
『ツッチーの 自転車ぺダリング講座』 !

師いわく、
「太もも前側の筋肉使っては疲れます!
大腿筋の横を使わなくては。」

・・・ ンなコト言われたって・・・
ですよね?









     033DSCN1616.jpg

さあッ! 気を取り直して行くぞッ!!








 034DSCN1637.jpg

みごとな白樺の原生林ッ!

やっとちょっと 平坦になったよ。
うれし~!!





     035DSCN1627.jpg

コワモテのオサムさんでも、喉は乾く!
昔はトライアスロンもしてたという、いわばワシらの先輩。
もう、何十年ぶりかで乗った自転車。

・・・それにしても彼、おじサイクルで参加したのは
今日がまだ 2回目だとか!
なのにもう、こんな試練が?
・・・イヤにならないで下さい。 こんなんばっかや ないから。






 



 036DSCN1662.jpg

おおッ!
見えてきた!!
ニゴリゴ温泉の入り口!!!



 037DSCN1682.jpg


思わず バンザイ!  の、泡氏。

・・・って、今、
12:53 。    スタートから 37km。




 038DSCN1671.jpg


言ったやろ? ツッチー。
12時に通過するのは不可能やって・・・。





 039DSCN1675.jpg

それにしてもここはもう、紅葉が始まっとる。
下呂市 唯一のスキー場、「濁河温泉スキー場」 。
 
 


そこからさらに まだ登る! 
濁河峠まで!!


 040DSCN1697.jpg






 041DSCN1700.jpg




 042DSCN1715.jpg





 043DSCN1719.jpg

濁河峠頂。
気温 11℃・・・。
さぶい。











     044DSCN1734.jpg

気温、「8℃」 に!

朝、登り始めた時よりさぶいよ!!
さすが 標高 1800m台!





でもね。。。


 045DSCN1741.jpg

ま~だ 登らならんのよ!!

それも、真新しい道路で!
きのう今日、アスファルト敷いたばっかみたいな路面やよ。




そんなトコ走っておっても。。。







 046DSCN1744.jpg

とにかく、自転車を停めとうなってまう!
写真撮りとうなってまう!

カメラを向けるのは、、、








 047DSCN1743.jpg

見て! この景色!!
(先回の 『にょにん』 の方がイイって?)













 048DSCN1759.jpg

登る。

 049DSCN1765.jpg

登る。。。


     050DSCN1781.jpg

登る。。。。。











 051DSCN1784.jpg

下る。













 チャオDSCN1810

「チャオ御岳 スキー場」 !












 052DSCN1794.jpg

「飛騨御嶽 尚子 ボルドーロード」 の碑にて。








     054DSCN1809.jpg

「翔一郎、もっと右だ! 向うの乗鞍も写すぞ!」

・・・ 親バ○ と笑うのがハバカラレるほどの
堂々とした態度!
いや、この歳で この2人の関係は 羨ましいよ!!






 055DSCN1804.jpg

オサムさんも、むづかしい お顔で構図を決めながら・・・





 059DSCN1821.jpg

ツッチーは、そんな風景には興味無い!
さすがアスリート!!







せっかく来たんやで、ワシも撮ってもらおうッ!


 053DSCN1799.jpg

「コラッ! ちゃんとせえッ!!
いっつもフザケた格好しやがって!」

と、罵声浴びながら 隊長に撮ってもらいました。

だって、恥ずかしいし照れるもん。
カメラって。





それにしても今日は好天に恵まれたヨ!


 

 057DSCN1824.jpg



 058DSCN1813.jpg

正面に乗鞍岳。


回れ右すると、



 056DSCN1822.jpg

御嶽山。

1年前の惨事を感じれんほどの美しさ。
(噴煙は、向う側なのでこっちからは見えん。)



そんなこんなで、ずっと美しい景色を見続けたかったけど
ココを離れます!
14:02
距離 44km。

 




 060DSCN1826.jpg




 061DSCN1831.jpg

隊長、
「50km/h以上は絶対ださないようにッ!」

下るだけやで気持ちイイイのに~~~~!!









 062DSCN1837.jpg






 063DSCN1841.jpg





 064シラカバ

なんでみんな、ココに停まらんの?
このいにキレイなトコやのに!



 






 065DSCN1848.jpg

御嶽・高地トレーニング場のひとつです。
1500m以上の高地で心肺能力を高める目的で、
この御嶽に作られたんよね。
高橋キューちゃん尚子氏は、アメリカ・ボルドーで高地トレをやった。
それに あやかって、「ボルダーロード」 って名づけられたのがココらへん。
今年はすでに、英・仏から 東京オリンピックに向けて?選手が
合宿に来といでる!

・・・どうか、日本の中で そういう聖地になって欲しいです!!
ワシら飛騨人にとっては。











 066DSCN1855.jpg

ついに 日和田高原まで降りてきたよ!
14:17



 067DSCN1861.jpg

この T字路を 右に 30数km行けば木曽福島。
左に 50kmくらい行けば 飛騨小坂!





 068DSCN1867.jpg


 069DSCN1872.jpg

じゃあね~! お気をつけて~~!!

4人が木曽路へ。
ワシとツッチーの2人は飛騨・野麦方面を経て 小坂へ・・・


ここまでの途中、何度も彼は言いよったんよ、ワシに。

「帰り、野麦峠まで行きませんか?
てっぺんの 『お助け小屋』で お茶しましょうよ!」
って。


行くかッ!!

野麦峠への分岐から頂上まで 22kmもあるんやぞ!
陽が暮れるわいッ!
っていうか、もう、脚が残っとらんッ!!
 
今はただ、「無事に小坂まで帰る」 ことしか
考えれんッ!!

・・・って、言ってやったの、ツッチーに。
そしたら、
「久々野まで降りて先、どうやって小坂まで行きます?」
って聞いてきた、ワシに。

「どうって、フツーに国道41号線を下って行くよ。」





それを聞いたツッチー、


 ツッチー070DSCN1875

明らかに不満げ。

そして言った、
「国道使わずに行く道ありますよ。」

え? R41、飛騨川を挟んで対岸には道路が無かったハズ、
久々野から小坂まで。 裏道なんかあったっけ?

「ウルトラ・ショートカットなコースです!
クルマも少なく舗装もされてる。ゆっくり走れるから
安全なミチですよ!」

お~!
そりゃエエやんかッ!!
ワシも知らんかったよ、さすが地元民!!

で、ドコなの、そんな夢のようなミチ。
















     

     位山071DSCN1876


 



待て~~~~~~~ッ!
こら、ツッチーッ!!!

く、くらいヤマ越えやとォ~~?!



・・・ た、確かに 国道41号線は走らんでもエエ。
大型トラックとかの恐怖は無いよな。

でもそれ、ショートカットか?
たとえそうやったとしても、激坂で かえって時間かかるんでは?

「いや、登りはありますが、頂上から長い下りだから
かせげますよ!」

う~~ん。
なんか、調子いいハナシやけど、誠実そうな彼の言うコトやし・・・。

「わかった。野麦をアキラメさせたんやで、付き合うよ!」

・・・タアケやったよ、ワシ。









 072DSCN1880.jpg

ああ、湖面に映る 「傾きかけた陽」 が美しい・・・。


 073DSCN1881.jpg

下り基調やのにツッチー、それでも ガシガシ漕いで行くッ!
時速 40km以上で!!
ワシも シヤナシでついていかなかん。。。

下りなんやで、ラクしよまいか~~~



 074DSCN1887.jpg

この橋を渡り切って右行けば 「野麦峠」 への道。
ここを諦めさせたワシへの当てつけか、あいつ、ますます
スピード上げやがるッ!!
ついてけんッ!!





075DSCN1903 - コピー

高根 第一ダムで休憩。
14:47。

今まで知らなんだ、ツッチーの「身の上ばなし」 なんぞも聞いて。

それにしても ハラへった・・・。

途中、ソバ屋があったけど、14:30を過ぎとって ボツ。
あとは 道の駅に賭けるしかないよ!






 076DSCN1907.jpg





 077DSCN1910 - コピー

ああ、やっとメシにありつける~~~


・・・ と思いきや、
「食堂は当分 閉鎖します」 
との、ツレナイ張り紙。。。
ショック大!!



 078DSCN1916 - コピー

この売店? で、ツッチーは五平餅を2つ。
ワシは 五平 1つにジャガイモ団子、飛騨牛串焼き1本ッ!!

ガッツリ・・・には 遠いけど、まあ、ハラは満たされたよ。
団子も、おばちゃん(根岸季衣 似。)の好意で、本来 串一本に
ジャガイモ3個 なのを、「4個」 で焼いてくれたし!







 079DSCN1924 - コピー

さあ、早う行かんと日が暮れるよ!
って、もう日没近い!!

これで 位山(くらいやま) 越すんなら、ホント、
「暗いヤマ」になるよ!!






 080DSCN1927.jpg

この信号を左折すれば久々野方面・・・

って、アレ?  ここ前、コンビニがあったトコやよね?
嗚呼、諸行無常なり・・・。








 081DSCN1929.jpg

久々野から 国道41号線を横切って、ヤマに向かう。

ホントにエエんか?
ホントに ショートカットなんか?
坂、そのいにキツうないってのは ホントか?


「僕たち、クライマーじゃないですか!
やっつけましょうよ、位山ッ!!」

クライマー → くらいまー → 位山 ?

なるほど・・・ なんて思わんぞ!!








 082DSCN1950.jpg

ついに日没。。。

先を行くツッチーの姿は、かすかにテールライトで
それを知るのみ・・・。
(この夕陽が沈みよるあたりが、位山峠。。。)

もう、ヘットヘト・・・
時速 7キロくらいでしか登れん・・・








 083DSCN1964.jpg

スキー場、「モンデウス位山」 への分岐にて。
全く元気なツッチー。

ああ、来るんやなかった・・・
くちグルマに乗るんやなかった・・・
16:52

「大丈夫です! この先、宗教施設があって その先から
グワっと上がりますが、たいした距離じゃないです。」

その、「グワッ!」 がオソガイんよ!! ワシには!









 084DSCN1974.jpg




 085DSCN1990.jpg

 8% 。
 それが 2km続いた。
 




     086DSCN1979.jpg

ツッチー・・・ テメ・・・

いや、ワシが 「身の程知らず」 やったんや・・・

ヲノレのチカラが無うなっとるのを気付かず・・・
若い頃とおんなじ気持ちでおった・・・


でも、そんなコトをココで今さら 身に沁みてもシヤナイ!
行かにゃイカンのや!!






 087DSCN1998.jpg






 088DSCN2007.jpg




 089DSCN2008.jpg

「あららぎ湖」









 090DSCN2011.jpg

ちゃんと待っとってくれたツッチー。

「もう ほんのチョットですから!」

・・・だまされるもんか。 









 091DSCN2020.jpg

この絵で見る以上に、もっとホントは暗いんよ。








 092DSCN2031.jpg

ああ、あれは もしかして!





     093DSCN2034.jpg








 094DSCN2043.jpg

ついに登りきったぞ~~、位山峠!!
午後5時38分、 102km。

もう、闇がすぐそこまで来とる!!

クマ出るぞ!








 095DSCN2047.jpg

途中に牧場が見えた。

こんな急斜面に放牧されりゃ、牛も足腰が鍛わるよ。

って、もうヤバイくらい暗うなっとる!
早よ降りにゃ!

なのにツッチー、
「途中にボクのヒルクライム練習コースがあるんですよ。
その入り口を通過することになってるんですが、」
「行かんよッ!!」 
即答です!

(このあとは、超・急な下り坂&暗がりにつき、
写真撮ってません!)















 096DSCN2051.jpg

やっと下まで降りきり、JRの踏切。
もう 飛騨小坂駅は近しッ!!
午後6時26分。












飛騨小坂到着! 午後6時31分。

総走行距離 124km!



     097DSCN2062.jpg

なんとツッチー、ここ、ワシがクルマ停めたトコまで
ずっと先導して来てくれたんよ!!

途中、彼の家への分岐があったに、
迷わず小坂駅に向かったツッチー・・・

彼が先を走ってくれた(ホント、いつもずっと先)からこそ、
ワシもガンバって走れた。 遅れてはなるまい!と。
彼のテールライトが、まるでワシの水先案内人みたいに・・・。

うッ・・うッ・・・・

ありがとうな・・・・













 099DSCN2059.jpg

ツッチー、いや、ツッチー師をたたえて。。。


今日はホントにカラダの芯から疲れたよ。
でも、ツッチー師のおかげで、ツラくはあったけど
ショートカットできたことだし。
(でも、時間的にはハルカにかかったのでは?)






無事、ウチに着き、今日のデキゴトを振り返る。
隊長、あのあとどんなドラマがあったんやろな~
とか。

その彼の動向です ↓

http://outdoor.geocities.jp/syou_toppo/151004ontake/report.html







どれどれ、国道を迂回して位山を越えるコース、
どんなんやったろ?
地図で確認してみよっと!















ショートカットコースIMG_20151006_0003


・・・ どこが 「ショートカット」 や?!

正規ルートの 1.5倍くらいあるやんかッ!!


ツッチ~~~~~~~~~ッ!!!!!

























スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/640-11436b78

トラックバック

コメント

[C3801] お疲れ様

報告書upお疲れ様。
久々野へと別れてから更なる試練があったんやね。
私らは17時には足湯に入り、電車を待ち、そんな頃、激坂上りしてたとは。
獲得標高は計り知れないほどだね。
苦しい上りばっかりやったけど、楽しい、充実した一日でした。
お疲れ様、そして、ありがとう。
  • 2015-10-07 06:15
  • G
  • URL
  • 編集

[C3802] おはようございます

おはようございます

ショートカット詐欺には笑えました

電車の中で声を、出さずにニヤニヤして読みきりました

おもろいわ~(笑)
  • 2015-10-07 06:46
  • AG
  • URL
  • 編集

[C3803] 笑い

翔一郎がケラケラ笑って読んでます。
  • 2015-10-07 06:55
  • G
  • URL
  • 編集

[C3804] 今回は

今回は硬派&ハード&男の友情ツーリング
でしたねぇ
しかも達成感バツグンのようで
天候も景色もバツグンで
よかったよかったです
でも
やっぱり
ものたりない・・・
「にょにん」だ
トラック野郎にマドンナがいなかったら
ものたりない・・・
でも涙あり笑いあり感動ありの
映画みたいなツーリングでしたね



  • 2015-10-07 18:28
  • くずや
  • URL
  • 編集

[C3805] 恐るべきツッチー氏

今回行けませんでしたが、自分がどれだけ登れるのか、おんたけの景色はどんなんか。行ってみたかったですが、コレは本気でエラいやつですね。見ているだけで弱音が出そう。。
それにしてもツッチー氏とのやりとりは笑えました!
ツッチー氏の恐るべきショートカット!
  • 2015-10-07 19:26
  • ヤマ
  • URL
  • 編集

[C3806] himiyoshi

とまぢふさん、とても基本的な、そして大事なことを忘れてます。

「自転車乗りは、95パーの人が嘘つきです。」

肝に命じて・・ますよね。それでも騙されるとまぢふさんが素敵な方なんでしょうね。


残り5パーの善人、himiyoshiでした。

いや~。面白かった~ww
  • 2015-10-07 19:35
  • himiyoshi
  • URL
  • 編集

[C3807] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C3808] お疲れ様でした。

一緒に走ってましたっけ?(笑)
ってくらいよく伝わりますね〜^_^
恐るべしショートカット、僕なら平らな遠回りを選択しますが…^ ^
  • 2015-10-07 21:46
  • asano
  • URL
  • 編集

[C3809] クライマー二人旅!

先日はお疲れ様でした。
暗くなる前に帰りたかったので前を引いたのですが、なぜか後ろについてくれない!ゆっく~~り走っても後ろにいな~い!僕のことが嫌いなのか?「こいつの世話にはなるまい!」と言う意思表示なのか?
悩みながら走っていました。

位山コースがショートカットだと言い出したのは、とまじふさんです。
大回り、まあまあの上り有りは当然知っていましたが、
「ショートカットになるな」といわれ「うっうん・・」と言ってしまいました。
もう何を言っても信用してもらえないのかなあ・・・




  • 2015-10-07 22:09
  • ツッチー
  • URL
  • 編集

[C3810] 御嶽の景色は

いつも車から見てますが、カーブが多いのでじっくりと見れないので自転車だと思い切り楽しめて良いですね、このルートならご一緒したかったです。

帰りはてっきり乗鞍登って戻ってくるのかと思いましたが、位山ルートでしたか、クライマーは位山のセリフで私も仲間を誘ってその内走ってきます。

それにしてもおじサイクルの親子鷹は微笑ましいですね、中学校から親との行動が殆ど無かった私なので、G隊長の様な親父になりたいです。

[C3811] 戦い

なんでもない時間との戦いより、日没時間との戦いは、
迫り来るものがありますね。  どうぞ時間と体力に
ゆとりあるプランで。 と言いたいですが、それを度返し
する狂行こそがこのブログの醍醐味。  期待してます。
  • 2015-10-08 23:33
  • 半袖にいちゃん
  • URL
  • 編集

[C3812] ショートカット詐欺!

こんばんは!
ゆうべはベロベロでPC立ち上げておらず・・。
こんなにコメントいただけてるなんて思いもよりませんでした!!
それもこれも、ツッチー師の お陰です!!

あと、ツッチーさん、ちょっとイヂリ過ぎたフシがあり、ゴメンなさい!
(会社の T グチ君に言わせると、私のブログは 『80%盛り』 とのこと・・・)
でも、あなたをリスペクトしてるんですよ、よく読むと・・・


G隊長、本当にありがとうございました!
あなたの6年ぶりの今企画、「なんでまた?」と思いましたが、そんな深慮遠謀があったとは・・・。さすがです。
ついて行くのが精一杯でしたが、絶対、生涯思い出に残るツーリングとなりました。
いろんな意味で。

翔一郎クンは素敵な若者ですね!



AGさん、もう何年も ご一緒してませんね~~
 あなたのバイクのフレームが、今回 初顔合わせの「オサムさん」 のソレなんですよね?
カッコイイ自転車なのに~!
昔乗ってたコルナゴフレームを、また手元に戻してカスタマイズしたそうですね。
つまり、それが自分にいちばんあってた・・。
ある意味、私とLOOKの関係?
「響かない」。。。

電車の中で、こんなトロ臭いブログに目を通していただけたコトが嬉しいです!



くずやさん、今回は にょにんの出るマクは ありませんよッ!! ヲトコ祭りですから!
(あ、イヤ、やっぱ 居るに越したことはありません、にょにん。)

今回、ただただキツイ登りを行くだけでした。
でも、終わって思い返してみると、それぞれに「ドラマ」がありましたね~。
私とツッチーさんのも そう。 別れて木曽福島へ向かう途中の本隊も そう。
今回に限らず、おじサイクルツーリングでは毎回 必ず、心に残るドラマが生まれます!
それだけ、異様なコースとメンバーなんです!



ヤマさん。
若者が言うセリフじゃありませんよ!
先回も私らを置いて ツッチーさんとバトルしたあなたたち。
ツッチー師とハリ合えるのはヤマさんかasanoさんか・・・みたいなフウですから。

それにしてもツッチーさん、私も それほど面識があったワケでもないのに、 とても人間味あふれる方で。。。

いつか皆さんとハリあっても恥ずかしくないよう、鍛えときます!! 



himiyoshiさん、それ ホントのコトなんですか?
「95%は、嘘つき」 って。。。。、

私のブログの8割はウソ・・・って言うヒトもいますが、せいぜい 10%です、「盛り」は!
ただ、今回の記事では ツッチーという人をイヂリ過ぎましたね。
記事の中でも言ってるよう、彼は「誠実そう」ですから。

でも、ウソだと判ってるのにダマサレたフリをして従う・・・ほど私は純粋ではありません!
ホントは過酷さを味わいたかった Mなニンゲンなんです!




asanoさん、臨場感が伝わって来たと言っていただけるのが ひたすら嬉しいです!!

ああいうシチュエーションを今までに味わってきた経験があるからこそ言えるコトバですよね?

思えばasanoさんとは色々なツーリングで ご一緒させていただきました。
何年も前から あなたはもう、ハルカに越えた存在です!
ここらで私も名を上げねば・・な気持ちにさせられるほどの クレイジーぶり!
もの凄く刺激になりますよ!! 自転車も その他も!!
なので、こういう状況では必ず 「キツイ、峠越え」 を選択するべきです! あなたは!!



あわわわ・・
御大登場ッ!!
まさかのツッチー師!

ツッチーさん、質問があります。
ああいう場合、「引いてもらってるコト」に、引け目を感じる必要は無いんですか?
「あとで自分も引かなければ」 と思う負担とかは?

・・・っていうよりアアタ、早すぎるんですよ!!
いつ、「ゆっく~~り」走る場面がありました??
さっきの質問以前に、「そのスピードに ついて行けん」、貧脚な私なのです!!

あと、「ショートカットだ!」 を、私が言ったオボエは ありません!!
(あたま、マヒしてて覚えてないかもですが・・・)

今回の記事、ツッチーさんをダシにしてしまった感はあります。
(そのお陰で、このような食いつき=コメント数の良さ!)
その点は 謝ります。 ごめんなさい。
でも、あなたをリスペクトしてるからこそのアレですから!
私などが足元にも及ばないという・・・。

それにしても、初めての二人旅なのに、私が気を遣うことなく過ごさせていただけたことに感謝します!
(あなたが気を遣ってたコトに気付きもせず・・。)

おじサイクルとは別に、野麦峠に誘ってくれるのは、報復を狙ってでしょうか?(笑)
今後もヨロシク私をヤッツケてくださいッ!!




ひこさん、乗鞍登って帰るは、いくらなんでもM過ぎます!!
(来週 ツッチー師、野麦峠攻めを打診してきてます。 まさか、松本市へ下りて長野側から乗鞍登って戻る気では? と恐怖心をいだいてます。)

こうやって、峠と山をつないでコースを作る時、私たちは幸せなトコに住んでるな・・・と思います。すぐ近くですから。
でも、「行きたくない」 です!!

おじサイクルの隊長親子の関係はフシギです。
あそこまで子供が親について回ってるのが。
きっと、そんなの超越した 「共通の趣味」 になってしまってるんでしょうね。
ズっと続けていってもらいたいものです。

ひこさんだって、お子さんたちを山に連れ出し、それを子供さんらもイヤがってない。
いい感じだと私は思ってますよ!


  • 2015-10-09 00:55
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C3813] コメントの返事の最中でした!

半袖にいちゃん、ありがとうございます!

「時間との戦い」 は、もう日常茶飯事ですよね、お互い。
(いや、ダレもがか?)

それの最も基本で究極が、「日没との戦い」 です!

今回の最後の走り、私は覚悟してましたから
「真っ暗な中を走る」 ってのを。
でも ツッチー師は、「なんとか明るいウチに帰ろう」 としてた・・・みたいな。

だったら そう言えよ!
「オレについて来いッ!!」 って。

ホント、自転車でも ピッタリと後ろについて走れば 風の抵抗が激減されて、楽に走れるんですよ。
私もツッチー師がハッキリ言ってくれたら甘えたんですけどね・・・。
でも いかんせん、私の足の貧弱さは どうしようもなく・・・。

そのお陰?で、ツッチーさんをダシにして このような記事に仕立て上げられました!

何度も 「野麦峠ヤリませんか?」 って言われても シカトし続けましたが、「位山」 は私も 「記事的に面白いカモ」と、ゲスな心が動き・・・ 狂行してしまいました!

でも、ブログ記事云々ではなく、やって良かったと つくづく思ってます!
  • 2015-10-09 01:25
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ