Entries

ヂゴク ! ツッチー道場 「あゝ野麦峠・紅葉篇」

 こんばんは。

 イカ刺を食べると必ず、ホホの内側を噛んでしまう
とまぢふです。










 2日経って 筋肉痛に悩まされとるよ・・・。
ツッチーの口車にもね。


先週、おじサイクル企画で 「御嶽横断 ride」 をやったんやけど、
ワシとツッチーは 本隊と別れて 別コースをとって帰った。
で、その ツッチーにヤラレた。

・・・ってのが、前回の記事やったよね。


あの記事 UPしてからワシ、ちょっと思ったんよ。
「ツッチーさんを イジリ過ぎたにゃ~」
って。
だってワシ、彼とは そんなに面識あるワケでもない、
たまたま おじサイクル企画で 2,3回ご一緒しただけ。
そんなヒトを、このブログで あそこまでアレしたのは
マズかったかな~~・・・ と。


ブログ記事は、最近にない 好評?を得たのか、
コメントもたくさん寄せていただき、嬉しかったよ!
ただ、ツッチーさんのコメントでワシ、
「ああ 彼、怒ってるな・・・」
って感じたの。 そりゃ そうやワ。

ところが翌日 彼から、
「野麦峠 ヤリに行きませんか?」
と メールが!

こりゃ、ワシへの報復をタクランどるのでは?
帰るに帰れんトコまで引っぱっといて、
その後ワシを置き去りにして走って行く
・・・みたいな。


シヤナイ。 
あんだけイジリ倒したんやで、ツッチーさんを。
彼の挑発? に乗るしかないやろ・・・。
それにしてもツッチー、こだわるねぇ、「野麦峠」。
前回のツーリングの時も さかんに さえずっとったし。











     101DSCN2085.jpg

ツッチー師。 
今回のスタートは、下呂市萩原町の「JA飛騨・浅水支店」 。
浅水と書いて 「あさんず」 と読む。

今回は たった二人だけのツーリング!
コワ~~~~ッ!!

天気がちょっとアレやけど、降水確率は日中は 0%やで
心配ないやろ・・・。

で、そもそもワシらが行こうとしとる 「野麦峠」 とは、
まあ、説明するまでもないわね。 ↓ リアルな、「峠」 として
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E9%BA%A6%E5%B3%A0
昔、飛騨の少女が越えて行った峠。
信州・諏訪の製糸工場へ糸つむぎに。
悲喜こもごものアレとともに。 ↓ 小説・「あゝ野麦峠」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%82%9D%E9%87%8E%E9%BA%A6%E5%B3%A0

  ↓ 映画 「あゝ野麦峠」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%82%9D%E9%87%8E%E9%BA%A6%E5%B3%A0_(1979%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)




ここ萩原から野麦峠行くには、選択肢が 3つあるんよ。


まずは、「位山 くらいやまルート」

位山ルートIMG_20151014_0001

こないだ暗がりを帰ったコースを、逆にたどる。






「国道ルート」

国道ルートIMG_20151014_0003

国道41号線をたどり、久々野まで行く。





「鈴蘭峠ルート」

鈴蘭ルートIMG_20151014_0002

濁河温泉への分岐を経て行くコース。




3つの位置関係 ↓

選択肢IMG_20151014_0005

どれもまあ、距離的には似たようなもん?
国道のが いちばんラクなんやけど、ツッチー許さんやろな・・。








ツッチー氏のアレで、「位山ルート」 で しゅっぱ~つッ!!
はァ・・・・。

 102DSCN2088.jpg

 最初っから登りONLY !
アイツの姿は トッくに消えとる・・・。





 103DSCN2104.jpg

位山林道に・・・ 
あ、いや、これでも県道 98号線って言うんや・・・。




 104DSCN2119.jpg

こないだも、こんな道あったよね・・・。




 105DSCN2130.jpg

ガツンと登る!
先週、真っ暗な中、このいなトコを よお降りて行ったよ。





 106DSCN2155.jpg

紅葉が始まっとる。
でも、道のすぐ下が川やで、峠頂上はまだ遠い・・・





 107DSCN2163.jpg

位山神社。 ぞんがい 由緒ある社。
この近くに、「峠まで 600m」 の標識が!
うれし~ッ!!

・・・ まてよ、まだあの牧場にも さしかかっとらんに、
「あと 600」 なんてのは ガセやろッ!!





 108DSCN2177.jpg

やっぱりな・・・。 1kmくらい走らされたよ、この牧場まで。
(たった 1kmがツライ!! この激坂は!)

でも今日はイイ天気で、のどかな風景やね~~。

ツッチー、もう 峠のテッペンで待っとるやろで、ワシも急がねば!





 109DSCN2184.jpg

おおッ! たぶん あそこが 位山峠頂!




 ・・・・・って・・・・


 110DSCN2191.jpg



     111DSCN2192.jpg


ツッチー、おらんがな~~~ッ!!
どこ行った~~~ッ!!!


・・・たぶん、こんなサブイとこでは待っておれんのやろな・・
標高 1080mやし・・・
ワシも降りるか。





 112DSCN2201.jpg

キツイ下りやけど、ラクちんで良い!





 113DSCN2203.jpg

あららぎ湖に到着。






 114DSCN2211.jpg

ツッチー師、優雅にオニギリ食ってやがった!!

ワシ、遅れること判っとるやろ?
エエの? こんな調子で野麦まで・・・。
行き着けるんか? 日暮れまでに帰れるんか?

「大丈夫です! 今日は明るいウチに戻れますよ!!」

まあ、師匠に遅ればせながらも ついて行ければね・・・。











 115DSCN2219.jpg

峠道を下りきり、国道41号線を渡って 久々野町役場近くに。
10:10。 スタートから 25km。
ここからは平坦だからと、ウィンドブレーカを脱ぐ師匠。

「野麦峠まで 50km」 の看板があった。

時速 50キロなら 1時間。 25キロなら 2時間。
でも、10キロやと 5時間・・・。
この先、たぶん 平均時速 10キロになるのでは?
やとすると、野麦峠に着くのは5時間後の 「午後3時」 ?
ムチャやよ・・・ そんな時間に着いては・・・。
帰れんようになってまうがな。

あ・・・ そうか! これが狙いか!! ツッチーの!!!
こうなりゃナンとしてでも 平均時速 10kmを越えて
ブッ飛ばいて走らにゃ! 激坂であっても!!






 116DSCN2226.jpg

・・・とは言っても、休もうよ、道の駅くらいでは・・・
「道の駅 ひだ朝日村」 を アッサリ通過するツッチー師・・・






 117DSCN2250.jpg

秋神湖にかかる大橋。
右折し、これを渡って行くと秋神温泉とか鈴蘭高原へ行ける。
今は、直進あるのみ!! めざすは 野麦峠ッ!! ああ・・・ 





 118DSCN2256.jpg

権現トンネル。
3kmくらいある、なが~いトンネル。

これをくぐるとすぐ、「道の駅 高根工房」 がある!
こないだ 「根岸季衣さん似」 のオバチャンから五平餅買ったトコ。
そこで休憩やな!









 119DSCN2261.jpg

・・・ あっさり スルーされた ・・・ 
待ってよ~~、ワシもう ヘットヘトなんやで~~
報復やな、これは・・・。









 120DSCN2266.jpg

このいな奥地にも 人の営みがあるんやね・・・
と言っては失礼か。 祖師野も似たようなもんやし。




 121DSCN2286.jpg

ここらまで来ると、山も けっこう、色づいてきとる。




     122DSCN2290.jpg

 おおッ!








 123DSCN2291.jpg



 124DSCN2296.jpg

やっと休憩。
高根 第一ダム。 アーチ式の美しいダム。
11:40  距離 55km。

ここで出会った20歳くらいの自転車青年に撮ってもらいました。







 125DSCN2301.jpg

やがて、「野麦峠」 への分岐の橋!

そこを左折してすぐ、

 126DSCN2305.jpg

「野麦峠まで 19km」

周りの紅葉がキレイ。
でも、天気がアヤシイ。





 127DSCN2314.jpg

このいな奥地にも・・・






 128DSCN2318.jpg




 129DSCN2322.jpg

ああ、まだ 4キロしか来てないんか、さっきの標識から!
まだあと 15km・・・
試練が続く・・・ 時刻はもう、正午を過ぎとる。
到着・3時なんてヤバい。 
いっくら遅うても、2:30には 峠を出にゃマズい。

この頃になるとワシ、
「残りのキロ数と 今の時速」 のコトばっかり考えてまっとる。
峠に 午後2時に着くには、時速 8キロ以上で走らねば!
でも、超・激坂続きで、8キロはおろか、
「6km/h」 になることも・・・。







 130DSCN2333.jpg

見てッ!
気温、「6℃」 やよッ!!

さぶいハズやに、汗ダクで・・・。





 131DSCN2334.jpg

ああ・・・
クルマや オートバイは ラクでいいね・・・。







 133DSCN2351.jpg

やや開けたトコになった。





 134DSCN2353.jpg




 135DSCN2355.jpg




 136DSCN2358.jpg

なんと、こんなトコにも集落がッ!!
ニンゲンって・・・。




 137DSCN2362.jpg

! 学校 (跡) まであるッ!!

そら恐ろしいまでの執念を感じるよ。
こんなトコにまで住もうとした先人のアレに。
ワシらはなんてヌルい暮らしをしとるんやろう・・・。




 138DSCN2364.jpg

おお! あそこにツッチーが休んどる!!
確か言っとったもんな、
「峠の下に食事処があるので」 って。
ここでハラごしらえやッ!!











 139DSCN2367.jpg

休業日やった・・・。









 140DSCN2369.jpg

ふらつくアタマで、来し方をかえり見る。
12:51。

ここから峠頂まで、9km。
雨も降りそうやし、ココまで来れば充分やよ、ワシ。
そしたら ツッチー、
「なに言ってんですか! あとたった 9キロでしょうッ!?
行きますからね、野麦峠!! お助け小屋でご飯ですよッ!!」

でももう 午後1時になる・・・
峠まで 9km、2時に着くには
時速 9キロ以上で登らにゃならん・・・

「桃さん、ムリだよ~~!」
と、トラック野郎での ジョナサンの叫びを上げたいワシでした。









 141DSCN2381.jpg

シヤナイ・・・ 行かにゃな・・・
フツーに白樺が生えとるのが、なんか、ココロを折る。







     142-1DSCN2388.jpg

・・・ ツッチー ・・・・・ テメ ・・・・






でも






 142-2DSCN2396.jpg




 143DSCN2393.jpg




 144DSCN2403.jpg




 145DSCN2401.jpg




 146DSCN2412.jpg




     147DSCN2404.jpg




 148DSCN2411.jpg

紅葉は美しい・・・。




 149DSCN2417.jpg




 150DSCN2426.jpg

 ああ、あれは もしかして・・・






     151DSCN2425.jpg




 152DSCN2437.jpg




 153DSCN2438.jpg

野麦峠、到着ゥ~~~~!!!

午後 1時43分  距離 75km !!
標高 1672m・・・。




 154DSCN2441.jpg

この先は長野県 松本市!




で、ツッチーは?






 155DSCN2450.jpg

こんなトコで震えとった。。。

早よ入ろ、「お助け小屋」 !
ワシも助けてェ~~~~!!!

 156DSCN2446.jpg




 157DSCN2455.jpg




 158DSCN2470.jpg

ツッチー師は 「親子丼」、ワシは 「カレーライス」 を注文しようともったに、
「すみません、ご飯が切れてしまい・・・」

おい、まだ 午後1時台やぞ!!
シヤナイで、「てんぷらうどん」 にしたよ。



     159DSCN2467.jpg

持って来たおにぎりをここで食おうッ!
自分で握ったヤツやでか、よけいウマいよッ!!

それにしても、この 「お助け小屋」 、
当時の女工さんたちにとっても本当に命の絆的な存在やったやろうね。
小説や映画の主人公、実在した 「政井みね」 さんの写真なんかも
展示してある。





     映画 あゝ野麦峠 813EclNyg1L__SL1439_

1979年の東宝映画、「あゝ野麦峠」

大竹しのぶさんが、政井みね役。
その兄を、地井武男さんが・・・。
(DVDで出とるんやね! 買わねばッ!!)








     160DSCN2472.jpg

このストーブは ダテではない。
マヂ、これ無いと おれんッ!


しゃ~て、ハラもふくれて 体も のくとうなったッ!












     162DSCN2453.jpg

「ああッ! ニィ様ッ! 飛騨が見えるッ!!」

みねさんの心境で叫んでみたよ。








     163DSCN2452.jpg

ツッチーにも やらせた。 ムリヤリに。

あいつ、ダシカンなあ。
まだ 「照れ」 が捨てきれとらん。






     161DSCN2476.jpg

 って、そんなコトしとる バヤイではないんよッ!!
雨が降り出いてきよった!
早よ降りねばッ!!
予定どおり、午後2時半に立つ!!
(調子こいて長居してまったよ。)

 







 164DSCN2478.jpg

途中の寺坂峠にて。

全て下りではないんよ、野麦からの帰り。

雨でスリップしやすいで オソガイ。
濡れた落ち葉なんか踏んだら、アッサリもって行かれるし。
ブレーキも きつう握ると、タイヤのグリップが追い付かず
スリップする。
やで、下りでもヘタにスピード出せらへん・・・。
時速35キロくらいしか・・・。











 165DSCN2492.jpg

そんなこんなで、やっとこさ着きました~、
道の駅 「たかね工房」 。
午後3時42分 距離は 105kmに。

根岸季衣似のオバチャンがやっとる売店、もう閉まっとった。
ショック大。。。

建物内外で流れとるラジオでは、
「今夜は所により雨となるでしょう。」

降られたわいッ! トックにッ!! ズブ濡れやッ!!!


ツッチー、ここでスマホをイジりだし・・・。
なんや? 奥さんにでもメールしよるんか?

そしてちょっと経ち・・・

「鈴蘭峠越えで帰りますよ!」

なんやと~~?!
ワシもう、アシ 売り切れてまっとるぞ~ッ!!
何を血迷って、そんなタワごとを?!

「今、検索してみたんですよ、スマホで。
来た道、位山峠越えだと 『グ~~ン』って感じですが、
鈴蘭峠なら 『ピッ!』 と ショートカットですよ!!」

・・・でたでた、ツッチーのショートカット理論。
ワシはダマサレんぞ!

「な~にが 『ピッ!』 なの! そんなトコ行かんでも、
国道で帰ればイイやんかッ!」

「な~に言ってんすか! そんなことしたら、ネタ的に
ダメでしょ!?」

・・・ コイツ、痛いトコ突いてくれた ・・・

「いやワシ、野麦峠来たってだけで記事にするから」
と言おうとしたけど、やっぱ グラっときてまった、
ツッチーのコトバに・・・

「ホントにショートカットなんやろね?
位山への登りの方が、スズラン峠への登りより短い気がするけど。」

「いや、間違いないです。 確かに登りはありますが、下れば
速いですからね、鈴蘭から小坂までは。 このあいだのアレで
判ってるでしょ?」

・・・シヤナイ。 行くか。 雨も止んだし。。。







 166DSCN2496.jpg

秋神温泉に向かう橋を渡る。





 167DSCN2498.jpg

普通に走るには、 風情あって、良い景色ではある。
(坂でなければ なお良い。)




 168DSCN2508.jpg

さ~て、鈴蘭高原へ向けて登るぞお・・・。

ちなみに、このコースの概要  ↓

鈴蘭ルート詳細IMG_20151014_0004

右から左へ進む。
道の駅 たかね工房をでて秋神貯水池をさかのぼり、
秋神温泉の手前を右折。 ひたすら鈴蘭高原に向かって登る。
ゴルフ場を過ぎて鈴蘭峠。そこを降りたら、先週のコースに出て
小坂を目指す。





 公民館前DSCN2511





 169DSCN2510.jpg

途中の公民館で休憩。
これから本格的な登り。
ツッチー師、ウィンドブレーカを脱ぎだす!
「また雨降るよ!」 とワシ。
「降ったら濡れて行くだけです!」

・・・ ヲトコらしいやないのッ!!

でもワシの脚はもう、悲鳴をあげかけとる・・・
左ヒザの内側が痛むんよ・・・。





 170DSCN2520.jpg




     172DSCN2523.jpg

・・・ ああ、口車に乗るんやなかった ・・・




     171DSCN2521.jpg


電灯が 「スズラン型」 しとるで、近いには違いないんやろけど・・

このころワシは、「1kmごとに休んで」 やっとこさ登ったよ。




 173DSCN2524.jpg

おりょ? 横に入る道には なにやらゲートが・・・
あれって もしかして・・・

先に行って待っとるツッチー師には申し訳ないけど、
確かめにゃナランのやッ!!





 174DSCN2529.jpg

ああッ! やっぱりッ!!

「鈴蘭高原スキー場」 への入り口ゲートやッ!!

むか~し、中学2年の時にココへ遠足に来たんよね。
バスで。 このゲートだけはシッカリ覚えとった。
でも後年、自分のクルマで何度も高原へ来たことあるけど、
このゲートは見ずじまいやった。
幻やったのか、撤去されたのかと思っとった。
それが、こんなトコにあったとは・・・



 175DSCN2530.jpg

ああ、今日の営業は終わったんやね。
(何年前に?)
そしゃ、いつかまた来るわ。

あかんあかん、ツッチー、怒って待っとるやろで、早よ行こ!





 176DSCN2538.jpg

もうそろそろ暗うなりかけ・・・




 178DSCN2559.jpg

ああ、5時やがな。
(いつものスポーツウォッチは、電池切れてまっとったで、
今日は高校卒業時にオヤジに買ってもらったヤツ!)





 179DSCN2561.jpg

さぶい。もう峠頂やろうで、ウィンドブレーカを着よう!
(だまされた。まだ先やった、テッペンは!)






 180DSCN2562.jpg

ツッチーにはアレでも、ワシは初めて走る高原道路。
途中に分岐がいくつもあって、不安になったよ!




 181DSCN2568.jpg

でもやっと、見覚えのあるスタンドが現れたで安心!!






 182DSCN2571.jpg




 183DSCN2572.jpg

まぢ、暗うなりかけとる!
ここにツッチーが来とるハズなんやけど・・・






 184DSCN2573.jpg

おった、おったッ!!
すまんね~、スッカリ待たせてまって!!
ガタガタ震えるツッチー師やった。。。
(早よ、ウィンドブレーカ 着れよ!)










  185DSCN2575.jpg

記念撮影。
標高 1220m・・・。


ここを下って、先週 おじサイクルで登ってきた道に出るのだ!








 186DSCN2584.jpg

途中は暗くて滑りやすくてコワイ、急な下り坂やったで、
写真はありません!
午後5時27分、125.4km。
(・・・たしか先週、この時間が 位山峠頂やった。)









 187DSCN2585.jpg

道の駅 「ひだ小坂 ハナモモ」 まで来た!
ドエライ速いと思ったよ! 
先週は、ここから鈴蘭への分岐へ登るまでの 10.75km、
「1時間10分」 もかかったでねえ・・・。
それが この下りは、
「21分」 !!

「ねえ 師匠、やっぱショートカットだったんですね!」
「モチロンッ!! 私はウソ言いませんッ!!」







 188DSCN2590.jpg

途中、ワシの自転車のライトが電池切れでダメに!
でも慌てず、テールライトのと入れ替えて
コト無きを得たよ・・・。
(ホントなら明るいうちに帰れると踏んで、電池も替えなんだ。。)












 で、無事、このツーリングも大団円を迎えました!

 190DSCN2591.jpg

午後 6時37分、あさんず農協に到着~~ッ!


ツッチー師、

 189DSCN2592.jpg

「先週と同じくらいの時間に帰り着きましたね!
ショートカットのオカゲで!!」
「峠が75kmだから、また同じルートで帰ったら 総走行距離、
160kmになってましたよ! それが今 140km!
すごい、20kmも儲けましたね!!」

ワシも ヘットヘトで、そうなのかと ホント嬉しく、
ツッチー師に感激し、お礼を言いまくったよ!

「ありがとうございました! また鍛えてください!!」








・・・でも、よお考えたら、
峠で 75km。 同じミチを往復なら 150km。
今、ショートカットして 140kmやなしに、 149km。

150 - 149 = 「 1km 」 。 


・・・ ツッチ~~~~~~~~~ッ !!!!!!!!!
 





 (ちなみに、題名 「紅葉篇」 としましたが、
「新緑篇」 は ありませんから!)







スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/642-d1ee74d1

トラックバック

コメント

[C3819]

見ただけで十分な行った気になるレポート、ありがとうございます。もう下呂部隊は屈強なヒルクライマーの集団になりつつありますね。素晴らしいです。
ネタとはいえ、とまぢふさんの芝居も磨きがかかってます。本当はへっちゃらなんでしょう。ともあれ綺麗な紅葉、この目で見ると感動的なんでしょうね。

ぜひ、新緑編もお願いしますね。
  • 2015-10-15 06:27
  • himiyoshi
  • URL
  • 編集

[C3820] 期待してます

「二人きりで野麦峠」・・・
天候もまあまあ
景色、紅葉は抜群!
二人の信頼関係もUP!?UP!?
でも、限りなく
「ひとりぼっちの野麦峠」のような・・・
今年はたくさんツーリングに行けて
よかったです
あと
「新緑篇」のまえに
「豪雪篇」期待してます
  • 2015-10-15 15:21
  • くずや
  • URL
  • 編集

[C3821] ホントにショートカットなんやろね?

このフレーズ、何かの合言葉??

一つ質問が、ここ最近の自転車乗りながらの
自分撮り写真、 まさかと思いますが、使い回しやあらへんよね?
  • 2015-10-16 00:13
  • 半袖にいちゃん
  • URL
  • 編集

[C3822] 幸せやね

いいな~、行きたかったな。つっちーと走りたいな。

健康で自転車乗れるのが幸せですよ。
膝を痛めて医者のお世話になっています、平地でも痛いしまつです。
  • 2015-10-16 08:45
  • サニ太
  • URL
  • 編集

[C3823] 美しい

紅葉の野麦峠は只々美しいですね、私もいつか河合村から峠に向かってみたいです、でも晴天で寒くない時が良いですね。
曇天のようでしたが峠から飛騨は見えたのでしょうか?

[C3824] 健脚に脱帽

 お久しぶりです。相変わらず健脚で、ブログも絶好調で何よりです。当方今年は転勤で色々忙しく、自転車通勤からスクーター通勤に変わったこともあって、あまり自転車で走れていません(言い訳?)。近所の峠でも息切れする始末です(笑)。今後も読み応えのあるレポート、楽しみにしています。
  • 2015-10-16 20:51
  • こま
  • URL
  • 編集

[C3825] さぶい・・・

とまぢふさん、こんばんは♪
野麦峠ご苦労様でした☆
ツッチーさんの体力、本当にすごいですね(◎-◎;)
紅葉も綺麗ですね!!
雨が降っちゃったから、ちょっと残念やったけど、また晴れた日にも行けるといいですね☆
いかの刺身で思い出したけど、私いかソーメンめちゃくちゃ好きで、こないだ100円寿司行った時、いかソーメンだけ食べて帰ってきました♪♪
あぁ(*´-`)
また食べたくなってきた・・・
  • 2015-10-17 00:20
  • おかいこ
  • URL
  • 編集

[C3826]  えせ峠師です!

みなさん、すみません! 
ゆうべはベロベロでパソコン立ち上げられなかったものですから・・・。


himiyoshiさん、「リハビリ」 と称した ride やってますよね?
あんないいバイクで。
ガシガシ漕いでやってください!!
こんな私でも、ヤマ登ってるんですから!
(イヤイヤながら・・・)

下呂支部で屈強なのは、ツッチー師とヤマさんです! 私は お荷物・・・
ノリスカ終わったあと、腑抜けになってたのを おじサイクルや師匠に叩き起こされました。
せめて週一は走ろうかと思います。

himiyoshiさん、お互い リハビリの身、
ガンバリましょう!
(でも新緑篇は、イヤです!)




くずやさん、あなたもイイカゲン、「自転車ヤリましょう!」
かつてMTBで私にイロイロ教えてくれた・・・。

今度の旅、2人の距離が いっそう縮まったかもしれません。
イヤ、離れたかもね。 ダマサレっ放しで。

それにしても、「一人ぽっちの野麦峠」 、よくぞ お分かりで!
ほんとマヂ、そうやったんです。。。
師匠は、登りも下りも速い!!
私は常に一人でした・・・・・。

と、今夜はココまで!

明日はシャンッ!しますから!!


「豪雪篇」 、ネタ的には魅力的ですが、
「生命の危険」 がありますので、
泣く々 「ボッ」です。 すいません・・・。
  • 2015-10-17 00:27
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C3827] すみませーん!

ツッチーさんのメールに、「野麦峠行く?」との事で、行く気になってホイールも山用に変えようかと思っていました。
数ヶ月に一度、息子の野球の練習が休みの日があるのですがまさにその日に休みになり、「僕も自転車で行きたいな〜」と最近何度も言っていた息子の為に、山はとまぢふさんに任せよう!という事になりました。
行くつもりが急に変わってしまいすみませんでした。

中津川インターの横のグランドまでの往復95キロでしたが、獲得標高1400m超えのペースの上がらない1日でしたが息子も頑張って走りきれました。

金山さんもかなりキツイ山でしょうにすごいですね。
今後は僕もツッチーさんにご教授?置いてけぼり?にされながら鍛えて行きます!
  • 2015-10-17 06:35
  • ヤマ
  • URL
  • 編集

[C3828] づがれだ~~~

すみません、ゆうべは コメントのお返し、くずやさんまでで OUTでした! 眠くてねむくて!!




半袖にいちゃん、確かに私のブログは 「盛り」 が多いです。
(脚色・・と言ってほしい。)
でも、今回(前回も)は、ヒッジョ~~ニ厳しい ride でした!!

まぢ、ショートカットしなければ 死んでしまうような・・・。
それを 2度もダマサレたんですからね。。。
ツッチー師の愛のムチの痛さったらナイですよ!

ところで、写真の使い回し。
これだけは、アリマセン!
ただ、衣装を持ってないので、先回のツーリング時とほとんどイッショのカッコウ。
なので、使い回しみたいに見えますよね。
なんつっても この 10年近く、新しい ウェアを買ってないので・・・




サニ太さん!
ヒザ傷めてるんですか?!
つらいでしょうね・・・。
私も3年くらい、ヒザ痛に悩まされましたから。
仕事はおろか、トイレも不自由する日々が・・・。
結局は 「痛風」 だったんですけどね。
原因がわかるまで、ほぼ毎週、ヒザのミズを抜きに通いました。
今はクスリで抑えられて、ああして激坂もヤレます! 遅いですけど・・・。

自転車に乗れないこと、サニ太さんのような方は本当につらいでしょうね。
早く良くなることを 切に願ってます!!





ひこさん、河合村からですか?!
オニのような計画ですねッ!!
河合村といえば 「天生峠」 。飛騨市の西端。
野麦峠は高山市の東端。
飛騨地方北部を完全横断するような、命知らずのコース!!
ぜひやってほしいです! ひこさんならできる!!

今回は、途中はすごくキレイでした、紅葉。
でも、野麦峠頂では 寒くて景色を堪能する余裕というか、「それどころじゃないッ!」 でした。
記事で 「飛騨が見える!」 な絵がありますが、周り全部飛騨ですし。 山しかみえませんし。
位山峠登ってる途中の方が、遥か彼方に集落見える地点があって、「ああ!」 な気分が湧きます。




こまさん、お久しぶりです!
いつか祖師野祭りでお会いしたことが懐かしく思い返されますね。
(ちなみに明日、その祭りです! 3年ぶりに獅子をやれます!!)

健脚なんかではありませんよ。 単なるのん兵衛で、完全メタボですから!!
ムリヤリまわりから引っぱり出されて走ってるようなものです。
(な~んて言うのは悪いね! みんなに。)
でもホント、自転車って楽しいですよね!!
エンジン自分で、とんでもないトコ行ったり、「旅」 を楽しめたり。
走ってる時はツラくても、それが大きいほど思い出に残るし。そしてまた行きたくなる。ツラサを忘れてしまって(笑)。

こまさん、峠で息切れ、上等です! 当たり前です! だからまたヤリたくなるんです!!
(ビョ~キですね。)




おかいこさん、いかソーメン、やばいです。
私も大好きで、ケーチャンが焼けるのを待つ間に食べるのは たいてい ソレです!
でも、ホホを噛む・・・。

紅葉、キレイにはキレイですが、自転車乗りながら(走りながら)撮ってますので、イマイチ・・・
停まってジックリかまえて撮りたいけど、ツッチーが待ってると思うとねえ・・・。
いつかクルマでカーチャン連れて行きたいです!
私らのトコは植林された針葉樹ばかりで、こんな紅葉はありませんから。

それにしても、100円寿司でイカそうめんだけって・・・ なんかもったいない!





ヤマさん、息子さん孝行しましたね~~!
やっぱ、そっちをとるべきですよ!

・・・ツッチーと張り合えるのはアナタだけですから、今後は彼のメンドウをみてやってくださいよ、ホント頼んます!

それにしても息子さん、ますますアレになって行ってますね。
もうちょっとしたら親子で おじサイクル参加?
あ、そういえば 根尾のサイクルトレインに参加されるんでしたね!
彼らの毒気から守ってやってください!!





・・・すみません、あした 祖師野祭りなのでもうベッロンベロンです。
くずやさんが泊まりにきてます・・・

あ、それと、携帯を洗濯機にかけてしまったので・・・

  • 2015-10-17 20:02
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C3829] 鈴蘭高原が・・・

すばらしいツーリング、お疲れさまでした。
とまぢふさんが思わず立ち止まった鈴蘭高原・・・私も幼いころ登山帰りに立ち寄ったことがあるんですが、残念なことになってたんですね・・・

しかし、とまぢふさんやツッチーさんのパワーには恐れ入ります。自動車でも行くのためらってしまうコースなのに・・・
  • 2015-10-19 22:43
  • てっちり
  • URL
  • 編集

[C3830] 美しさは残ってます!

てっちりさん、こんばんは!

鈴蘭高原、かつてのスキー場はもう ありません。
ゴルフ場は整備されてます、きれいに。
残念と言えば残念かも知れませんが、明媚な風光は昔のままだと思います!

パワーがあるのは ツッチーさんだけで、私はヤッカイ者でしかありませんから・・。
そんな私を誘ってくれる彼に感謝してます。
でも、あんなトコは、クルマで行くに限りますよ!!

てっちりさん、今年は どこも、いつもに増して紅葉が綺麗だといわれてます。
是非 行ってみてくださいッ!!

  • 2015-10-19 22:58
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C3831] お疲れ様でした。

今回もイジってもらい有難うございます。
前回の御嶽rideが利いてかクルクル脚が回ってましたね。
超回復だと本人談(笑)
帰りは、ほとんど引いてもらいました。
一人旅なんて嘘です!

豪雪編いいですね!
冬はMTBにスパイクタイヤを履いて雪の林道を
上っているので何時でもOKです。

皆さんとも是非走りたいです。宜しくお願いします。
今頃は祭りの記事を書いてるでしょうか?
お疲れ様でした。
  • 2015-10-19 23:29
  • ツッチー
  • URL
  • 編集

[C3832] そのとーり!

今しがた、祭り記事をUPしました!

帰りにツッチー師を引いただなんて、それこそウソです!
豪雪篇はゼッタイいやです。
(MTB用スパイク持ってる時点でもう、『変』ですよ!!)
命の保証が無い旅は行きたくありません!!
・・・でも、昔の女工さんの苦労に比べたら・・・ いや、それでも行きません!

皆さん、彼をよろしくお願いします。
  • 2015-10-20 01:05
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ