Entries

   思ひ出を すべて包みこみ ・・・


 こんばんは。

「結婚生活には 3つの袋が~」
・・・なんていうスピーチが また聞きたくなってる とまぢふです。











こないだの日曜、カアチャンをウチに連れてきたよ。



     001DSC02810.jpg

嬉しそうな カアチャン。


新しいウチにはもう、なんべんも連れて来とるけど、
いつまでたっても、「自分のウチ」 って気が起きんらしい。



 002DSC02526.jpg

手前が新居。
奥は、旧・母屋。


でも、今年の初めまでは こんなやったでねえ。
   
        ↓







     003DSC00102.jpg

手前が 旧・アジトが入っておった コウバ。








    004DSC02823.jpg

実は今日、「トオチャンの三回忌」 をやるんよ。
ただ、どナマカワで カネも無いワシ、一周忌以降のアレは、
簡素簡素で行こまいって決めとるんよ。

やで、今日の三回忌も 「なんちゃって」 なヤツ。
お寺さまに代わって、ワシが読経するんやで!
ワシと妹、カアチャンの3人だけでの 三回忌。


・・・ カアチャン、いまいち解ってない。
トオチャンが アレしたって・・・。









そんなカアチャンでも、もちろん 若い時は あった!











 005IMG_20151026_0003.jpg

昭和 37年 9月。

ワシ、「1歳」 。 憎たらしいやろ?
カアチャンの ハラん中には 妹どのが おる。
(こうやって見るとカアチャン、今の妹どのに
あまりにもソックリで オソガイッ!!)

後ろのが、母屋。
大きな石が 転がっとる・・・。



で、現在のソコ ↓



 006DSC01679.jpg

戸はサッシに代わっておれど、基本、変わらず。
雨戸の戸袋は先の写真当時のまま!











 007IMG_20151026_0002.jpg

ワシ、3歳ころ。 カワエエやろ?
田んぼでタコ揚げしとる。

向うに見える、洗濯物を干した家が、ワシのウチ。
さっきのカアチャンとの場所の反対側。

この家、昭和 35年築で、この写真撮影時点でまだ
4年くらいしか経ってないんよね。
でも、すでに古色蒼然としとる・・・。
古材を使って、
「雨風さえしのげればイイ」
という オヤジの哲学に沿って建てられた我が家・・・。
ホントに大工かよ?!


現在の姿 ↓








 008DSC08497.jpg

やっぱり、洗濯物が干してある。
ちょっと増築もされとる。













 009IMG_20151026_0001.jpg

妹とワシ。

玄関前にて。
セピア色になった カラー写真が、イイ味を出しとる。
向うに、「ハンドル式・洗濯物絞り」 を備えた洗濯機が見える。


現在の玄関先 ↓








 010DSC09831.jpg

かなり印象ちがうけど、変わっとらん。
灯油タンクの向う側は増築された分。
上に屋根が付けられ、車庫になっとる。

玄関ガラス戸は変われども、その右横のは
全く同じのがずっと使われとる・・・。





カアチャン、こんな家がずっと恥ずかしかった。
天井が付けられたのは、ワシが10歳くらいになった
昭和 45,6年やったでねえ・・・。
「人を呼んでも 恥ずかしょうないウチに住みたい」
が 口癖のカアチャンやった・・・。


それがやっと 叶えられた。





     011DSC02883.jpg

ワシの部屋で どシロと たわむれるカアチャン。
(でも内心、オソガイ。)
妹も、シロの喉を なぜてやる。
(でも、内心 オソガイ。)









 012DSC02858.jpg

「カアチャン、抱っこしてみよよ。」
「うひゃ~! 重たいなあ、くそネコ!!」

・・・ 確かに この絵の どシロ、かなりデカいよね!!












 013DSC02905.jpg

「カアチャン、今 なにしよる わかるかい?」
と聞く 妹どの。









 014DSC02910.jpg

「う~ん ・・・・・」

ちょっと考えこむ カアチャンやった。



彼女が目にしとるのは・・・













 016DSC02716.jpg

「母屋の解体風景」 !











 017P1060277.jpg

これは、その翌日。

もう、建物は   無い。













 018DSC03429.jpg

完全に 無うなってまった・・・


ワシらの思ひ出とともに 永遠に・・・・・











 020DSC03586.jpg

でも、新しい朝日が射してくるッ!

















     021DSC_0345.jpg

今夜、カアチャンがおる施設に行ったら、

「ウチを壊いた? いつ?」


・・・ まあ、新居も自分のウチとは受け入れず、
かつて過ごした母屋も、すでに頭から抜けとる。

カアチャンのウチとは、娘時代を過ごした、
「嫁ぐ前の、生まれた実家」
にまで戻って行ってまっとるんよ・・・。


トオチャンやワシ・妹と過ごした家への愛着が
無うなってまっとるのは、
ワシらは、「破壊してしまった」 という
「後ろめたさ」 を持つ必要性が無いということ。

でも、反面、
「カアチャンに喜んでもらおうと、新しく家を建てた」
という、「張り合い」 も 無うなってまった・・・。




そやけどワシは嬉しいぞ!


自己満足かもしれんけど、やれることはやったんやで!

















 




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/645-3f47df56

トラックバック

コメント

[C3853] 親孝行やね

ちょっとセンチになってしまう内容でしたが、愛情がいっぱいで
よろしいですな。  今と昔の写真が時代を感じさせてくれてこれもいいですね。 なんか映画でも一本見たような気持ちになりました。
  • 2015-10-28 23:47
  • 半袖にいちゃん
  • URL
  • 編集

[C3855] 一代記

ひと それぞれ人生があります。
その人 本人にとっては、それこそ 「波乱万丈」 でありましょう。だれでも。

ところが、ああやってボケてしまうと悲しいものです。

私は最近、「これは撮っておかねば!」 な、
「人の生活痕」 「なにげない風景」 に心を動かされます。
が、
「どうせあと、17年だし。。。」
と思う気持ちも湧いてきてしまい、
「あとに遺す」 という気持ちが失せます。

コレクションも、棺おけに入れられないし、と。

なので、今を 精一杯 生きる気持ちで やってます。

・・・変な コメントの お返しで すみません。

  • 2015-10-29 00:02
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C3856] 前に進むという事

お母さん、新居で猫を抱いていい顔してますね〜!
でも思い出の詰まった家を壊すのは寂しいですね。僕も10歳の時に高速道路の関係で立ち退きしてますからとまぢふさんの子供の頃の写真を見ていると寂しい気持ちが思い出されます。
お母さんの顔を見ていると認知症も悪い事ばかりでは無いのかも…?
  • 2015-10-29 18:50
  • ヤマ
  • URL
  • 編集

[C3857] そう! 認知症の幸い

ウチの前の道路、反対側の家は 立ち退きで イイ思いをしてます!! 軒並み・・・。

なんでコッチ側に歩道とかを広げなかったのか?!

・・・と、こんなコトは 今さらトヤカク言うつもりは ありません。

ヤマさんも それまで住んで親しかった家が無くなったんですね!
10歳という多感な時期に。
きっと、10歳なりの 凝縮した「詰まった思ひ出」があると思います。
イチバン、心に沁み込むころですよ、全てが。
そんな頃に立ち退きを強いられたヤマさん、心中 お察しします。。。

私の母のヤマイ、けっこう 都合イイんですよ!
こちらや 向うにとってマイナスなこと、全て忘れてもらえてますから。

でも、私の顔は最後まで忘れないで・・・っていっても、4回に1回はアヤシイです。。。

  • 2015-10-30 00:16
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C3859] ああ昭和

写真を見てると幼かった頃のことを色々と思い出してしまいます、アナログでものも不自由な時代でしたが、子供の頃の家の中は暖かかった記憶が残ってます、今のわが子達は携帯ゲームばかりで遊んでいて、大人になって懐かしさを感じるのは古いゲーム機だけだったりするのではと不安になります。

旧母屋も無くなり、自宅を建てようシリーズもそろそろ終わりですね、色々と勉強になりました。

[C3861] こんな私でも思い出いっぱい!

親にどこかに連れて行ってもらったことは皆無、遊ぶにも機械(ゲームなど)は無い。
それでも、思い出は いっくらでも湧いてきます。
「懐かしさを感じるのは古いゲーム機だけ」
・・・それでもイイじゃないですか?
その時代・世代の思い出を、そうとも知らずに背負って生きてる子たち。
それはソレで、きっと彼らなりの「共通の昔話」になるんですから。

旧アジトも 旧母屋も無くなってしまいました・・・
一つの時代の終わりを身にしみてます・・・。
あれって、「自宅を建てようシリーズ」だったんですか?!
全く思いもしてませんでした、私自身が 知らず知らずのうちに そんなシリーズを立ててたなんて。。。
あとちょっとです。
あとちょっとで完結しそうです、そのシリーズ・・・。

  • 2015-11-02 22:25
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ