Entries

   「祖師野丸」 で 斬るぞッ !

 こんばんは。

ナゼか手首と 手の甲が痛む とまぢふです。













 001DSC05895.jpg

今日の中日新聞、「飛騨版」 のページに、こんなのが
載っとったッ!!

「狒々退治の刀 輝き再び ~ 下呂の『祖師野丸』伝説」

おりょりょ、おりょりょッ!!

内容は、今年の干支の「猿」にちなみ、その妖怪である
「狒々 ひひ」 がからんだ伝説ということで取り上げられとるんよ。

まあ、このブログでも 何度も取り上げた  
「祖師野丸」 。

源義朝の長男、「悪源太 義平 あくげんた よしひら」が、
当地・祖師野に残していった 一振りの刀のハナシ。

イケニエの娘の身代わりになって、ヒヒを討ち取った義平、
彼が残した刀が 「祖師野丸」 と命名されてまつられとる。
(県の重要文化財。)

新聞記事では、
「田口方一(まさかず)宮司は、
『義平はヒヒではなく、実際には山賊を退治したのではないか』
と推測する。」
「昨今、『刀剣女子』 が流行語大賞にノミネートされるなど、
刀剣ブームが到来している。」
「昨年の公開時には、それらしい女子が来た」
「祖師野丸がキャラ化されて人気がでれば地域のためになる。」
「今年は研ぎ師に依頼してサビを落とし、往時の輝きを取り戻す」

・・・などと、各方面の人からの談話を添えて書かれとった。

また、記事の絵は、「1987(昭和62)年発行の
『金山町の昔の話』 の挿絵から」 とあった。

 002DSC05898.jpg



ワシ、その本 持っとるんよお~
って、町民であれば 自慢にもならんけどね。
       ↓






 003DSC05904.jpg





それにしても、祖師野丸。

    004jhgjiffDSC04840.jpg






  005jvtutvhvDSC04819.jpg

上の2点は 2013年だったかの絵。

以下は去年。


 006DSC01055.jpg

ぞんがい おおぜいござったよ、年に一度の公開日。
毎年 8月第4日曜に行われる 「虫干し」 に見れる、
「八幡宮の宝物」 。
その中の一つが、「祖師野丸」 。







    007DSC01063.jpg

刀身は、柄(握りの部分)が無いので代用品?が付いとる。
鞘(さや)は価値あるらしいよ。
「藤巻き」 の拵え(こしらえ)。
かなりボロボロやけど、平安時代の太刀の風情を残すその姿は、
なんか、見る者 それぞれの心に訴えるモノを持っとる!








 008DSC01075.jpg

刀の 切っ先 (先端から 10cmくらいだけ)は、
研いであるで光っとるけど・・・









 009DSC01073.jpg

刀身全体は サビとる。





  0010DSC01071.jpg

かなりボロボロ。



もう何十年も前に研ぎに出したところ、その腐食度がヒドうて、
切っ先だけにとどめたそうなんよ。
しかも、その せいぜい 10センチ研ぐだけで 十何万だか
何十万だかかかったらしょう・・・。
そりゃ、10センチだけでとどめざるを得んワ!

で、今回、関の研ぎ師にだして往年の輝きにするって?!
初耳やぞワシッ!!

どんだけゼニかかるんや?
前に切っ先だけでヤメたのは、全体を研ぐカネがあれば、
ほかに回そうってハナシも出たかららしいに!
それに、腐食(サビ)を落としきったら、かなりヤセてまい、
刀身が細うなって姿が変わるらしいやないの?!

・・・まあ、水面下でどんなハナシになっとるか知らんけど、
期待はするよ!
今年の公開は 8月28日。たぶん。

(「水面下のハナシ」。 って、ワシが知らなんだだけ?)
         ↓

http://guiverxxx.web.fc2.com/index.html










あと、ワシが気になったのが 「刀剣女子」 !







 0011DSC01067.jpg

この方か?!

・・・いや、違うね。
お歳のわりにはキレイな人やけど。
 
(祖師野丸を前に話をしてござるのが、
田口方一宮司。 ホーイッツァ! 前回の記事でワシに
神棚を おくれた人。 ワシの高校時代、日本史の先生。)










    0012DSC01051.jpg

           おッ!








 0013DSC01094.jpg

彼女らやなッ!









 0014DSC01106.jpg

間違いない。 なんか ウットリというか、
目が座っとるっていうか・・・

それにしても、ちょっと前まではゼッタイこんなコトできなんだにッ!
「見ると目がツブレる」
とか言われ、子どもはもちろん、大人でも 幣殿の縁側の外からしか
拝ませてもらえなんだ。
それが、こともあろうか こんなニョニンふぜいが 祖師野八幡宮の
オタカラの目玉である 「祖師野丸」 を持ってかざすとは!

・・・権威も地に墜ちたと言うべきか、
開かれたと言うべきか・・・


まあ、ワシとしては、刀剣女子がチャランポランな気持ちで
宝刀に接してくれなければイイのです。
でも、ブームに乗っただけのヤカラには それは期待できんけどね。
もし そういう人間が祖師野丸に接したならば、ぜったい 祟りに
遭ってほしいよ!
あの祖師野丸伝説には後日談(といっても江戸時代!)があり、
代官でさえコワイ目にあっとるんやでね!

(・・・ただ、この日 来とくれた刀剣女子の皆さんは、
本当に真摯な態度で礼節をわきまえ、
「モノではなく、宝物を扱う」 という姿勢で祖師野丸に
接してくだれた。
そこんとこは強調しておきたい。)








 0015DSC01116.jpg

でも、このブームにあやかって、祖師野丸が周知されるのを
ひそかに祈る とまぢふです。

そういやあ、若者会の元会長、
「悪源太 義平をキャラにしたTシャツ作りたい!」
って言っとったにゃあ。
それも、「女子の姿をした義平を!」 って・・・。

「祖師野丸」が擬人化された 、
イケメン・ゲームキャラが見てみたい。
「ギャル」 な義平も見てみたい・・・。
元会長さん、頼んますよッ!!














と、こうやって記事を書こうとするワシをジャマするコイツ。
           ↓

 0016DSC05922.jpg






 0017DSC05923.jpg






 0018DSC05924.jpg

こりゃこりゃッ!  どシロッ!!
それはワシの夕飯やあ~~ッ!!!














 
    0019DSC05937.jpg

どけ、テメッ !
斬るぞ、祖師野丸でッ !!







おしまい。











 
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/660-67e08a0e

トラックバック

コメント

[C3934] 刀剣女子

紺色の服を着たお姉さんは、顎のラインがシュッとしていて、刀が
似合てって、刀剣女子といった趣がありますね。
  • 2016-01-08 01:49
  • 半袖にいちゃん
  • URL
  • 編集

[C3935] 刀剣女子が

祖師野丸より鋭い眼差しで私もお目にかかりに行きたくなりました、一体どっちを?
今年は8月28日ですか、この時期なら余裕で自走できますが、この日はかっとび伊吹の日、どちらを選ぶかこれから4ヶ月ほど悩んで決めます。

[C3936] 後日談…

昨夜は完全に修行…の失敗をされた様で^_^;

後日談が気になりますね。やはり血を吸っているだけに念がこもっているんでしょうか。
怖いもの見たさもありますが、年に一度となると見てみたい‼︎



  • 2016-01-08 13:24
  • ヤマ
  • URL
  • 編集

[C3937] 根菜女子

往年の輝きを放つ祖師野丸!
さぞや
まぶしくすばらしいでしょうねぇ
刀剣女子がいっぱい集まるかも?
そういえば
お祭りのとき
妹さまは祖師野丸のことを
ながいもと言われておりましたので
根菜女子でしょうか?

  • 2016-01-08 16:41
  • くずや
  • URL
  • 編集

[C3938] ブームのおかげ

半袖にいちゃん、やっぱ、そう思いますよね!
記事では刀剣女子を、かなり批判的に皮肉って書いてますが、あの時の彼女らは違ってます。
理知的でミーハーではありませんでした。
(かつての歴女ブーム?の時は、ヒドかったです)




ひこさん、動機が不純です!
でも OK!
何事もキッカケやモチベーションが必要ですからね。
今年の公開日は イベントが重なるんですね。 そういう時って、確かに悩みます!
でもまあ、祖師野丸はこの先 何年もここにあって、年一回は公開されるんですから、体力無くなってオジイチャンになった頃に来てもイイかもね。




ヤマさん、後日談は そんな血なまぐさいコトではありません。
江戸時代後期、権をカサに着た郡上藩の代官が、この祖師野丸を貸してくれ(実質、「よこせ!」だったと思う)と言ってきた。
やむなく差出したがその夜、祖師野ではひどい天変地異がおきた!
「これは祖師野丸を外に出した祟りだ!取返しに行こう!!」
と、夜中に郡上に大勢で向かって走った。
和良の辺まで来たところ、向うからも走り寄ってくる提灯行列が。
八幡でも大嵐と雷でひどいコトになってたという。
それで慌てて返しに来たものだった。

・・・というお話です。
返した上に、お詫びとして神輿が奉納され、それも宝物として今も祭りに曳きだされます。



くずやさん、よく覚えてらっしゃる!
祖師野祭りで 区長が うやうやしく三方に乗せた 細長い包み。
錦の袋に入ったそれを妹は、
「ナガイモか?」
と、バチ当たりなコトを言った。
祖師野丸じゃいッ!

・・・ウソです。
あれはレプリカ。包みの中身は別の刀で、
本物は蔵の中。祭りでさえも持ち出さない門外不出! 祟りがあるでね!
それが、虫干しの時はもう、いいように触られまくってますから、「ソレってドウなの?」な気持ちになります。





それにしても今回の 祖師野丸の研磨、刀剣女子さんたちの活躍によって実現しました!
本当なら私たちが すべきところを。
彼女らには感謝の気持ちでいっぱいです!

  • 2016-01-09 00:47
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C3939] 順調ですがな

正月にとあるアニメーターと打ち合わせして義平のよっちゃんは動き出しました。

春にはできそう。あげるね。
  • 2016-01-11 17:28
  • 元会長
  • URL
  • 編集

[C3940] さすが!

元会長さん、本当に コトが進んでたんですね!
忘年会での ヨタ話しかと思ってましたよ!!

あと、そういうキャラクター絵?
「石切丸と義平・祖師野丸」 で、けっこうステキなのがネットで見かけました!!
(探してください! 私もどっかへ行ってしまって探してます!)

そうそう、祖師野丸に輝きを取り戻そうと奔走した刀剣女子さんのサイトがあります!
本当に頭がさがります!
 http://guiverxxx.web.fc2.com/xchange.html

義平のよっちゃん、期待してますッ!!
  • 2016-01-11 18:27
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C3945] やがて

最終的には【そしの】の、ポータルサイトか冊子か何かでいろいろ勝手にまとめるつもりです。

そしのは、ネタが濃くて多いですな。
  • 2016-01-12 14:08
  • 元会長
  • URL
  • 編集

[C3947] これからも

どんどん発信してやってくださいッ!
こんなイナカでも、歴史があるってコトを。
期待してますからッ!

あと、ネタが濃いのは、あなたを始め、「濃いニンゲン」が多いからでしょう!
(私は存在感の極めて薄いニンゲンです。)

  • 2016-01-12 23:41
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ