Entries

   車検 - 融雪剤対策 - 


 こんばんは。

カレーには 「必ずビール!」 な とまぢふです。
(あ、カレーに限らないか・・・)












 ワシのクルマ、平成21年式 スズキ・スイフトちゃん、
3回目の車検を迎えたよ。


 80DSC_0022.jpg

来月が車検なんやけど、2月はもうドエライ忙しょうて、
自分のクルマなんか まともにやっとれん。 
職場のみんなに やらしいでねえ。

やで、休みの日に工場借りて思う存分やるのだ!
(記事は、珍しく土曜が休みやった 昨日のハナシです。)







 81DSC_0025.jpg

まずは 洗浄。
毎回そうやけど、今回も充分洗って、下回りを徹底的に
防錆処理するのだ!
ワシらんトコは、道路の融雪剤使用量が多いでサビやすいんよね。
特に スズキ車は!

初回車検の時は、フェンダー内のプラスチックカバーまで外し、
見えんトコにまでシャシブラックを吹きまくったでねえ。










 82DSC_0031.jpg

さらに、初めてこのクルマの 冷却水を替える。
最近のは、「スーパーLLC」 とか言って、
10万km・10年 交換不要! みたいなのもある。
ワシのも当然 そのタグイの不凍液が使われとるともったら、
「ふつーの不凍液」 やった・・・。車検ごとに交換しならん・・。
前回も前々回も替えとらん。
ワシ、なに屋?







    85DSC_0042.jpg

ジョボジョボジョボ・・・ と抜いた冷却水。
べつに、こんな容器に受けんでもエエんやけど、
抜けた量だけ入れれば間違いないやろ?
やで、その量を測りたいんよ。
(冷却水は、入れた後 完全にエア抜きできてないと
オーバーヒートしてまう。 出たのと同じ量が入れば、
エアは噛んでないってコトになる。)

容器に受けたはイイけど、何リットルあるんやろ?
目盛りが付いたジョッキに移せば済むことやけど、
文明人のワシ、そんなメンドウはしないのだ!







    86DSC_0043.jpg

この容器の面積と、溜まった水の深さをかけりゃ、体積がわかる!

メジャーは 工場長の T 彦クンのを勝手に使う。
濡れたのは拭いとけばエエやろ。 拭かんかもしれんけど。






    87DSC_0044.jpg

 ん~~と、 6cm !

で、このペール缶の内径が 28.5cmやったで・・・








 88DSC_0048.jpg

円の面積に高さ(深さ)を かけりゃ、体積が出る!
ああ、小学校出といて良かった!!

半径×半径× 3.14 で、面積。 それに高さかけたら・・・

「約 3.8リッター」 っと出た!!
ああ、ワシって天才・・・

アレ? このクルマの取説では 「5.1リットル」 になっとる。
エンジン内部やヒータとかにまだ残っとるんやな、冷却水。
ホントなら、それらも全部抜いてまってこその
「不凍液交換」 なんやけど・・・。
まあ、エエわい。
今までだって ず~っと、こうやってラジエタから抜くだけやったし。
どこの修理工場でもそうやと思うし。

でも、ホントにこの計算の数値どうりの量やろか?
ワシの計算、ホントに あの公式で良かったんやろか?
ホントはもっと少ない量しか出とらんのやないやろか?

疑問と不安が、ヒタヒタとワシの脳内を占拠しだいた。













    89DSC_0054.jpg

ええ~いッ!  シヤナイッ!!  測ってまえッ!!



    90DSC_0057.jpg

まあ、やはり 3.7リッターくらいありました。
(ジョッキの目盛りもいい加減やで、まあ、計算どうりってことで。)

なにやっとるんやろ? ワシ。
最初からジョッキで受けよよ!




新品の不凍液 2リッターをブチ込み、あとは水を 1.7リッター
入れきってまえば、交換完了!
(入りきらんのよね~、中のエアが抜けん限り。
エンジン暖機しながら ちいとずつ水を注ぐ。メンドくさい。)













    84DSC_0036.jpg

オイルも替えるよッ!
冬場はこの、「0W-20」 って粘度のヤツを入れる!
この数値が低いほど 「や~こいオイル」 で、ネバリによる抵抗が少のうて、
冷寒時の始動性や燃費の向上が期待できるんよ。
ただ、や~こけりゃイイわけではないでね。
そういうオイルを使うのを前提で設計されたエンジンやないと、
ヘタすると壊れてまうでね、エンジン。







 83DSC_0034.jpg

オイルを抜く。

最近のクルマはオイル量管理もシビアでね・・・。
昔やと、
「オイル交換で 4リッター、エレメントも替えたら 4.5リッター」
な~んて、ぞんがいテキトーやった。
(ゲージで確認は するけどね。)
今、そんなキッチリした数字 (0.5リッターきざみ) のオイル量持つクルマなんて めったに無い。
たいてい、「オイル交換 3.9 エレメント交換時 4.1」 とか。
そんなのどっちも 「4.0リッター」 じゃイカンのか!!
って叫びとうなるよ。

でもね、これで裁判になったコトもあるらしいでねえ。
「取説では 2.9リットルなのに、なぜ 3リットルの請求?!」
みたいな。
で、負けたんよ、整備工場側が。そりゃそうや。
逆に、4.1のところに 4.0リッターでは不安がられるやろうし。
メンドくさいよ、ホント。

で ワシは、オイル交換要請があったら必ず取説か チャンペラをみて
正確な数量を測って入れよる。
請求もモチロン、そういう 「半端な数値」 を。
思うに、オイル交換時に その量が
「作業する工場(スタンド)ごと」 「作業する人ごと」
で違っとったらダシカンッ!
確かに、レベルゲージには上限・下限があって、その間にあればイイことにはなっとるけど、
お客さんにしてみれば毎回 その注入量(請求額) が違ったら不審に思うやろ。

やでワシは、交換作業時には、目立たんけど、ハッキリと
その量を書いておる!
         ↓ 一例

   DCF00018.jpg

オイル注入口のキャップに書くことが多い。

あと、さっきの写真みたいに オイルパンに直接書き込む。
ここなら全く見えんでね、オーナーには。

だいたい、そういう表示がボンネットの裏なりにステッカー貼るとかして
明示してないのがオカシイよ!
待っとる お客さんに、いちいち取説を引っぱり出させて・・なんてできん!













 91DSC_0066.jpg
 
フロント・ディスクブレーキ。





 92DSC_0065.jpg

リヤ・ドラムブレーキ。


今回、これらの内部の部品(ゴム製)を替える!
重要保安部品で、昔なら 良かろうが悪かろうが 車検ごとに替えよった部品。
それが 90年代ころ? 「過剰整備」 なる問題がマスコミとかで騒がれ、
やがて大幅な 「整備項目の縮小」 にまで発展した。

やで、これらは 「ブレーキ液もれ」 「ピストンのサビ・摺動不良」
がなけな、交換されんようになった。
ワシのクルマ、13万km以上走っとるけど、そんなの皆無!
でも、やっぱ、替えとくに越したことないでね。
(ってゆうより、メンドーやで替えなんだだけ!大っ嫌いやも、
シールキットとかカップキットの交換・・・)







    93DSC_0062.jpg

これがデスクブレーキのキャリパーって言われるヤツ。
中のピストンを外し、ゴム部品を替える。





 94DSC_0064.jpg

取り出されたシール部品。
他愛ない、ちょっとしたゴムやよ。
単価もたいしたコトないものやけど、その手間がね・・・。












 95DSC_0071.jpg




 96DSC_0072.jpg




 97DSC_0073.jpg

これが毎回やっとる、「下回り 全面まっクロすけ!」 。
もう、普通に施すシャシブラックの 10倍くらいの量を使って!

フェンダーライナーこそ外さなんだけど、床下とフェンダー内、
これでもかッてくらい、イロを吹きまくった!!
サビるでね、スズキはッ!




ああ、やっと済んだ~~~
午後 5時ちょうど。



午前中は カアチャンを医者に定期健診に連れてったもんで、
会社に入ったのが 正午。
昼メシも食わずに ぶっ通しで作業。
なんつっても、この日の午後から大雪になるって予報やで、
なんとしてでも今日中に済ませならん!
翌日の日曜は、雪で来れんかも知れんでね。。。

幸い、雪はまだ小降りや。

あ、そういやあ今夜、イサトマンとこで飲み会(二人だけ)するんやったんや!
急いで帰らねば!!











 98DSC_0081.jpg

おりょ? ずっと先を行くのは・・・













 99DSC_0084.jpg

嗚呼ッ!  やっぱ 「融雪剤散布車」 やがな~~~!!

せっかくさっき、イロ吹いたばっかやのにい~~~~・・・・
まだ ナマ乾きやのにい~~~~~~
















 100DSC_0095.jpg

夜。イサトマンとこで・・・。
観よる映画はもちろん、「トラック野郎」 。





 101DSC_0161.jpg

桃さんと、島田陽子さん。

ヘベレケになって観るワシら。。。
















 102DSC_0172.jpg

12時過ぎて帰る。
玄関そとまで送ってくれる イッチャン。

雪は そう降っとらん。



 103DSC_0175.jpg

この程度。



 104DSC_0173.jpg

さぶい。




    105DSC_0183.jpg

足あと。




    DSC_0179.jpg

夜空を見上げる。
あしたりは大雪か・・・

長靴・リュック・傘・・・・  そこまでして行かなアカンのか、飲み会。

いや、行かんならんのやッ!












あ~、今 ベロンベロンやもんで、この記事の落としどころを失いました・・・
すいません。





おしまい。
















スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/664-713d4d5d

トラックバック

コメント

[C3961] 昨夜は

そちらは対して雪降らなかったのですね、こっちでは凍結防止に塩カル撒くくらいですが、関ヶ原の方に行くと融雪剤散布車に遭遇します、アヤツとすれ違うと車が白くなってサビが怖くなります、スズキ車乗りなので出来れば今年は遭遇したくないです。

[C3963] 散布車

ひこさん、こんばんは。
今日は予報に反して、少ししか降りませんでした。 積もったのも 35mm。 35cmじゃありません。

融雪剤の散布車は、「気温0℃以下になると予報され」ると、強制的に出動となるそうです。
なので、ここらでは毎日その姿が拝めます。
でも、そのお陰で私たちは安全に走れるんですから、本当に感謝してます。

ひこさん、そのクルマに遭遇しなくても 道路にはビッシリと撒かれてますから、融雪剤。 アウトッ!
それにしてもスズキ車の腐りには辟易します。
覚悟しといてください。
  • 2016-01-25 00:55
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C3965] 融雪剤

カレーにも「必ずビール!」
さて
融雪剤は必要だとは思いますが
車にとってはキビシイですねぇ
時々スキーに行かれる車は
マフラーとか錆が目立ちます
雪深いところをよく走行する車は
錆・さび・サビです
ブレーキのききが悪いとのことで
見てみますと
ローターの内側が錆びて変形して
パッドが当たっていませんでした
怖い怖い・・・
あと
玄関そとまで送ってくれるイッチャンさんに
島田陽子さんなみの星星星を感じたのでしょうか?
  • 2016-01-26 16:04
  • くずや
  • URL
  • 編集

[C3966] 錆びる・・・

くずやさん、中古車の新規登録するクルマで、下回り ビックリするほどサビたのが入庫することがあります。
業者、よくこんなボロを買って来たな・・・ってのが。
オークション会場では むずかしいでしょうが、もし下回りを見てたらゼッタイ手を出さないようなクルマを。

ローターの錆びは当地もヒドイものですよ!
だいたい決まってますけどね、よく錆びる車種。
そのため研磨機を導入してますが、最近では新品(社外品ですが)の価格も下がってて、判断に悩むところです。

愛知県でも、知多とか行くと 荷台の下部をまっ黒に塗った軽トラをよく見かけます。
潮風や積荷(鮮魚)でサビるんでしょうね。

・・・イッチャンには星は全く出ません!!
酔っぱらってても。



  • 2016-01-27 00:44
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C3967] 僕の車お願いしていいですか?

 いいですね!

 僕は昔トヨタの某工場で働いていたことがあったのですが、当時は若いこともあってか? はりきってソアラなんぞ3台ものりついで…

 当時のトヨタのCMかなんかでいつかはクラウンなんていうキャッチフレーズとかあり僕もオジサンになったらクラウンとかって思ってましたが、何故だかこの歳になってカローラにのって、いろいろ弄ってたら愛着がわいちゃって(笑)
 お安くなんてこれっぽち言わないのでとまじふさんとこに入庫してもいいですか?
 で、そのガッツリ下回りやってもらいたいです。

 今年は新車から3回目の車検が・・・ 
  • 2016-01-27 21:45
  • スター★マン
  • URL
  • 編集

[C3968] クルマ好き

スター☆マンさん、本当にクルマが好きなんですね~!
同じクルマを3台も乗り継ぐなんて、よほど思い入れがあり、惚れ込んでたんですね。
あの当時は 「ハイソカー」ブームで、今にして思えば
「何で若くしてオッサンぐるまを?」

でも、そういう時代であり 皆が酔ってました。
だから、「いつかはクラウンに・・・」 も 当時は真剣だった。。。

今、カローラということですが、確か特別なクルマでしたよね?
メーカーでは出してない 「GT」 を名乗ったバージョンだったかと。
そういうこだわりと 入れ込みようがステキです!

車検、私は皆がフツーにやることは あまり興味なく、どーでもイイようなところにチカラ入れます!
そのアレが、「下回り、コテコテに吹き付け」。
スター☆マンさん、シャシブラに限らず、是非 ご自身で納得いくまでやってください!
こういうのは ヒトに任せてはアカンです!

(あの作業終わってフと見渡したら、建屋内中、黒い霧で充満されてました! 30分以上、イロ吹いてましたからねえ・・・。 鼻ミズもまっ黒でした・・・)

これからもカローラ・アクシオGT、かわいがってやってください!
  • 2016-01-28 23:54
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ