Entries

   「 女城主 」 ツーリング !!

 こんばんは。

ささゆりトンネルが通れず、1ヶ月も 10km以上を
遠回りして通勤してる とまぢふです。








 さて、超久しぶり (約半年!) に自転車乗ったよ!
なんつっても、去年の
「ヂゴク! ツッチー道場」
以来やでね!!






その舞台は、
おじサイクル 『女城主ツーリング』 !











 004DSCN3146.jpg
 


 005DSCN3148.jpg

岐阜県・瑞浪駅に集合した面々。

泡太郎さん、marumoさん、おさむさん
コーちゃん、yukiちゃん。
と、ワシ。

あっれ~??  G隊長は~~???

・・・ 事情があって、急遽 ドタキャン!

いや、そんな言い方はマズイよね、いつ 何どき
なにが起こるか わからん毎日なんやで。


とにかく、G隊長 不参加と知ってワシ、どえらい不安になってまったよ・・。
場を盛り上げて引っぱって行くヒトが おらん・・・。

でもまあ、気心の知れたメンバーやで、なんとかなるやろ!



というワケで、今回のツーリングの隊長は
「泡太郎」 兄さんということになりました!












 DSCN3116.jpg

なんと事前に仕込んだ、「 観光ツーリング」 マップ !
あ、観光やないね、我々は 「体を鍛えに行く」 んやで!





    008DSCN3119.jpg

地図には、立ち寄る場所などがタクサン書き込んである。
「大正村でラムネ」「岩村でカンカラ餅とカステラ」「山岡の寒天」
「どこそこでカツ丼」 「焼き芋」 ・・・

やっぱ、観光やがな!

その中で最たるモノ・・・


 009DSCN3127.jpg

「ユッキーと温泉、混浴!」
すごいね~、仕込み!
そりゃ ワシも入りたいッ!!






    0010DSCN3130.jpg

「なによソレ~~~~!!」
と ユッキー (yukiちゃん) 。

スタート前から 盛り上がります!

さすが 「泡太郎隊長 (仮)」 !!









 そんなこんなで 午前 8時、しゅっぱ~つッ!!!

 0011DSCN3155.jpg





本日のコース ↓

001IMG_20160314_0001.jpg

JR中央本線 瑞浪駅をスタート・ゴールとし、まずは
明智町 「大正村」 へ。 その後 峠を越えて 上矢作町へ。
で、本来の目的地 「岩村町・岩村醸造の酒、『女城主』 」
を目指します!
山岡町で名物の「寒天」をアレしつつ、道の駅 「らっせい・みさと」
で あわよくばソバでも・・・
そして最後は瑞浪駅前で五平餅!

・・・う~ん、体というよりやっぱ、「胃袋」 を鍛えるツーリングやね・・











 0012DSCN3157.jpg

気温、「0℃」 。
ワシ、薄手の手袋やもんで、手がカジカンで カジカンで。。

でもそれから、基本 「登り」 やで心拍上がり、やがて手も
のくとうなってきたよ!





 0013DSCN3160.jpg

半年ぶりの自転車は コタエる・・・
でもなんとか着いて行っとる。。。


そんな登り基調のミチを、ワシ以外にも苦しんどった人が・・







 0014DSCN3165.jpg

「来ないよ~」
と、yukiちゃん。
旦那の コーちゃんが遅れとるのだ!

marumoさんは無情にも・・・









 0015DSCN3179.jpg

「ごめんなさ~い!!」






 0016DSCN3178.jpg

実はコーちゃん、花粉症がひどいタチで、前日も一日中
臥せっていたらしい。
それでも楽しみにして今日、出てきては みたものの・・・


というワケで、
「一人 脱落」 ッ!!

それでもコーちゃん、
「サポートカー やりますッ!!」
って。
嬉しいね~~!


泡太郎隊長(仮)、
「じゃあ、次の休憩地、『昭和村』 で待機しててよ。」

おいおい、「大正村」じゃないの?

「あ、そっか~! 昭和村じゃ、いくら待ってもボクたち
現れないよね!!」
「なんなら 『明治村』で待っててもらったら?」

そんな目に遭わされたら コーちゃん、カワイソー!











 0017DSCN3214.jpg

「世界一の狛犬」 をみんなで一緒に見て、それから 昭和村
いや、大正村に向かいました!
コーちゃんとは ここで しばし お別れ。










 0018DSCN3230.jpg




 0019DSCN3247.jpg




 0020DSCN3273.jpg




 0021DSCN3262.jpg

まずは お決まりの記念館で。
ワシ、ここは 7年ぶりで懐かしいッ!
でもあの 「シイタケ茶」 も健在やったよ・・・


と、そこへ 泡太郎隊長(仮)から 差し入れ(おごり)が!


 0024DSCN3267.jpg

「大正村 ロマン ラムネ」  190円。


みんな、
「190円なら、もっと違う炭酸飲料のみた~~~いッ!」
って。
そりゃそうや。
でもワシら、「清いサイクリスト」 なんやで。
(これが G隊長なら間違いなくアレやったろう!)




そのあと、 「大正」 を堪能すべく散策!


 0025DSCN3286.jpg

「新旧・明知郵便局」
みんなが入ろうとしとるのの隣が、今の郵便局。
こういう界隈やもんで、それフウに建てなイカンみたいやね。




 0026DSCN3299.jpg

旧・明智町役場に向かう道。
風情があるね。





 0027DSCN3309.jpg

大正村役場。
今年って、「大正 105年」 なんやってね!
知っとった?!



 0028DSCN3314.jpg

説明してくれる おばちゃん。
「今日って、何日やったっけ? ああ、私もアカンようになってまったよ~」
「いや、ボクたちも そろそろ そうなってますから大丈夫です。」
・・・説得力なし!










 0029DSCN3278.jpg

さっきの記念館でガイドのおばちゃんから、
「団子杉見にいくの? 自転車ではエライよ、坂キツイから。」

それを聞いて 「ヒルクライマー魂」 に火を着けられたワシら!
(ウソ。)






 0030DSCN3317.jpg

「隊長~、ホントに行くの~?
団子杉ィ・・・・」








 0031DSCN3321.jpg





    0032DSCN3333.jpg

ダ・・・、ダートになってまったがな!!












 0036DSCN3337.jpg

やっと着いたよ~~










 0037DSCN3348.jpg

おおッ!
こんな形の杉は見たコトないッ!
まるで 「淡墨桜」 の 「杉バージョン」 や!

樹齢 1000年を超えるとか。
「嘉永年間の記録にもすでに『団子杉』の名が載っており・・」
の説明看板があった。
戦国時代、明智城築城の折りには、この横の沼から
水を引いて使ったとか。



 0038DSCN3357.jpg

そのヌマ。

イモリは おらなんだけど、川鯉が 優雅に泳いどった。
marumoさんが餌をやったら、これまた優雅に奪い合った。。





さて、いいモノを見してもらったあと、いよいよ
峠越えて 上矢作(かみやはぎ)へ向かうよ!

ちなみに、忘れ去られとった コーちゃん、
やっと瑞浪に戻り、これからコッチにクルマで向かうと。
「ボクたちもう、大正村出るから、先に上矢作の道の駅
で待っとって。」
と泡太郎隊長。
(『仮』は もう外します。エスコートぶりに脱帽しましたので。)












 0039DSCN3376.jpg

人里を離れたあとは・・・




 0040DSCN3390.jpg

10kmくらい、こんな感じの 登り道。。。





    0041DSCN3393.jpg

marumoさん、お先にね~~~!

って、ホントはこんな写真撮る余裕なんて無いんよ、ワシ!










 0042DSCN3399.jpg

ああ・・・  あれが・・・





 0043DSCN3403.jpg




 0044DSCN3406.jpg

頂上、「大馬渡 おおばど 峠」 ・・・

ここに 一等賞で着いたのは おさむさん。








 0045DSCN3419.jpg

みなさんも到着!








 0046DSCN3423.jpg

さて。
この峠を降りていって 上矢作の道の駅に向かうんやけど、
そこに行くには もう一つ道がある。

登ってきた道から脇に入って、更にちょっと登っとるミチ。
「ラフォーレ・福寿の里へ行けます」
って書いてある看板・・・。
そここそ、これから向かう 道の駅。
近道っぽくは ある。
思案する泡隊長。

でも それよりナニより、ハラ減っとるんよワシ!




 0047DSCN3424.jpg

前の晩に作ったヤツ!
隊長、すかさず、
「あ! 『おにぎらず』 じゃん!」
よくご存知で~~~~

これを食べ始めたところで・・・








 0048DSCN3425.jpg

この峠頂に建っとる家から現れた おじさん。

もう、ヒトを見るのが久しぶり?!
な感じで 喋る喋るッ!!

「ここは中馬(ちゅうま)街道って言ってな、名古屋の大曽根が始点なんや。
そこから昔は 5頭立ての馬車でドエライこと往来しとったもんなんやぞ!
向うに見える山は 愛知県の茶臼山。ここが美濃・尾張・信州、
遠州の交通の要所やったんよ。
ところで フクロウって、どんな鳴き声や知っとる?」


 0049DSCN3429.jpg


・・・ワシ、もっと おにぎらず食いたかったに、このオジサンに悪いで
聞き続けたもんで、3個しか食べれなんだ。

「あんたら、体を鍛えに来たんやろ?近道したらアカンわ!
ここを下って登り返す道を行かにゃ。
あそこに見える道はラクやで、行ったらアカンよ!」











 


 0050DSCN3434.jpg

おじさん、ありがとね~~~~

ワシら、ラクな道 行きま~す!!!













 0051DSCN3442.jpg

・・・ おい。
オッサン。。。

どこがラクなミチやねん?!









 0052DSCN3447.jpg




 0053DSCN3450.jpg

yukiちゃんが来る前に~~~~!!!









 でも、山の尾根づたいを縫って行く この道、
ところどころの展望はスバラシかった!

 0054DSCN3468.jpg





で、やっと下りになり、ホウホウのテイで到着しました、
「道の駅 上矢作 ラ・フォーレ 福寿の里」  ↓

 0055DSCN3477.jpg





コーちゃん、
「待ちくたびれましたよ・・・」 ↓

 0056DSCN3481.jpg









で、ここに着いたのが ちょうど正午!
泡隊長、
「でしょ? 予定どうり どんピシャッ!!
ボクの采配どうりですよ!!」

 0057DSCN3482.jpg







 0058DSCN3487.jpg

道の駅内の食事処で それぞれ注文して食べたんやけど、
みんな、「カツ」だの「唐揚げ」だの「アジのフライ」
「カレーライス」・・・
がっつり系ばっかり!







 0060DSCN3491.jpg

ハラもふくれたで しゅっぱ~つッ!
12:40。 休み過ぎ。
もちろん、あの強力な燃料補給はナシです。
キヨいのです!












 0061DSCN3503.jpg

「新・木の実トンネル」 。

「旧・木の実トンネル」 を行くと言う手も提案されたけど、
ワシが拒否ッ!

・・・もう、ああいう坂は イヤ!


このトンネルを越えてちょっと行ったトコから、
件の 「岩村城」 へ行く道があるとか。

コーちゃんには、そこの
「出丸 でまる 駐車場」 で待っとってもらうことに。




 



 0063DSCN3512.jpg

その、城への分岐。
ここからまた登り・・・










 0064DSCN3514.jpg

岩村城は高いトコにある。
日本の山城の中で、いちばん高いトコにある城らしい。。。
って、後から知った!

さすが 隊長と おさむさんは ガシガシ漕いでのぼる!!









 0065DSCN3515.jpg

ああ、もうダメ!
こんな激坂、乗っては上がれんも~~~!!!




 0066DSCN3519.jpg

もう ヘナチョコな 3人です。。。








で、やっとこさ 平坦な場所が現れ、そこには案内看板が。

 0067DSCN3522.jpg

「出丸 駐車場はこちらです。」
ありがとう。

コーちゃん、もう到着したろうな。
ワシら、こんなに遅いんやで・・・。



と、そんなトコからさらにハゲしい坂がッ!!




 0070DSCN3528.jpg

なんなんよ、このミチ・・・


さすがに隊長も自転車降りて 押しだいた。。。


ところが・・・













 おさむさん、DSCN3524

三四郎ばりのかけ声を発して猛然と駆けだしたのは
我らがおさむさん!








 0069DSCN3526.jpg

ボーゼンと見送るしかないワシら。











 0071DSCN3532.jpg

やっと着いたワシらを叱り飛ばす!

「すみません、親分。。。」
(おさむさんって、コワもてで、知らない人が見れば
もろ ○クザ!)














 0072DSCN3537.jpg

いよいよ、女城主が君臨した
「岩村城址」 です。

石垣が残るのみやけど、そのサマが みごとである。
yukiちゃん、
「石垣フェチってのが居るんですよ、世の中には。」

え? 城ではなく、石垣を愛するって?





    0074DSCN3541.jpg

「この曲線がタマラナイ・・・って言うらしいんですよ、
彼ら。。。」
と、yukiちゃん。












 0073DSCN3567.jpg

「これ、ノヅラ積みって言うんだよね」


・・・ あ痛たたたた・・・・・

居たよ~ 石垣フェチ!
おさむ親分・・・。









 0075DSCN3538.jpg




 0076DSCN3572.jpg





 0077DSCN3555.jpg





 0078DSCN3558.jpg





 0079DSCN3546.jpg

まさに、「ツワモノどもが夢の跡」 。。。

で、コーちゃんは?











 0080DSCN3554.jpg

居たッ!








 0081DSCN3563.jpg

「恐ろしさを感じます、こんなにも杉に囲まれて・・・」










 0082DSCN3583.jpg

その後、
「日本一の里村風景」
が見える展望台に行こうってことに。
でも、また登って、そのあと下って戻るんやろ?
もうココでイイに?
「そやね。」
アッサリと隊長。

じゃあ、行こまいか、岩村城下へ!












 0083DSCN3593.jpg

着きました、岩村の本町!
おさむ親分も 大喜び!






 0084DSCN3598.jpg




    0085DSCN3636.jpg





 0086DSCN3600.jpg

おひなさまを飾る催しものが 3月から4月にかけて行われとり、
今日はその 真っ最中。





 0088DSCN3605.jpg




 0087DSCN3602.jpg

ワシら、「浮いて」 ない?




 0090DSCN3610.jpg







 0089DSCN3603.jpg

それにしても、岩村が このいに由緒あり 古い町並みが残され
観光客がおおぜい訪れとるとは、思いもしなんだよ!





で、ワシらが入ったのは・・

 0091DSCN3611.jpg

「かんから餅」 の 「かんから屋」 !
そのまんま!!









    0092DSCN3622.jpg

みんな揃ったで、「いっただきま~すッ!!」









    0093DSCN3615.jpg

5個ある。
きな粉とかゴマ(えごま?)、アンコをまぶした餅。
やさしい甘さが沁みるね~~~






 0094DSCN3623.jpg

作っとるトコを盗撮!










 0097DSCN3625.jpg

かんから餅を食べたあと、またまた散策。
それにしても 浮いてない? ワシら・・・





 0095DSCN3642.jpg

お雛さまが そこかしこに飾られとり・・・







 





 0096DSCN3631.jpg

ワシとyukiちゃんとで めおと雛や~~~~ッ!!!!

・・・コーちゃん、ゴメンなさい。。。












 0098DSCN3645.jpg

で、メ~ン・エベント、
「岩村醸造謹製 『女城主』」 を味わいに!






    00100DSCN3648.jpg

おお~、並んどる 並んどる!!






 0099DSCN3655.jpg






 00101DSCN3647.jpg

さっそく品定めをする方々・・・





 00102DSCN3654.jpg

あんまりガッツいた印象もたれるとアカンで、
体裁に酒蔵へ。。。





でも、肝心の 利き酒っていうか、試飲が無くて・・・
「甘酒」 を盛んに振る舞っておったんよ・・・
でも、いっくら 「ノン・アルコールだよ!」 って言われても・・・
ワシら、ジュースを飲みに来たんやないんよ。。。

シヤナイわね。
清いツーリングなんやし。













    00104DSCN3657.jpg

じゃ、そろそろ時間や。
明るいうちに戻りたいもんね、瑞浪駅。
この時点で 午後 3:11。
走行、52.15km。





    00103DSCN3656.jpg

シッカリ買ってた 泡隊長、
「帰りの電車の中で 親分と飲む」 んだとか。

今日、泡さんと おさむ親分は 電車での輪行。
ワシらはクルマやもんで、当然飲めん・・・ シクシク・・・

この酒やミヤゲを コーちゃんに預け、身軽に自転車で帰路につく。
サポートカーがおって良かったね!

さあ、瑞浪に向かって帰るよ!
ここ岩村は 全行程の半分ちょっとなだけやでね!














・・・ と・・・・



 00105DSCN3660.jpg


アクシデント!  パンクッ!!




 00106DSCN3666.jpg

手・・手・・手・・・





 00107DSCN3662.jpg

サポートカー登場! 良かったね~。
大きな空気入れもあるし。

(だが、この時点で 異変に気付いてるのは サポートカーの
コーちゃんだけだった・・・)







 00109DSCN3673.jpg



なんとか修理を終えて、また走りだすよ!











 00111DSCN3676.jpg

あれ?

「阿木川ダム」 やがな・・・

どこ走っとるんや、ワシたち・・・。
山岡町の寒天を目指しとるハズやよ???







 00110DSCN3674.jpg









 00112DSCN3680.jpg

ありゃ~~~~、
どこでどう間違えたんや? って言うか、
岩村出た時点でもう、方角間違えとったんやに~~~!!

シヤナイ、恵那市街まで行って戻ろう!
「らっせい・みさと」 は、 そう遠うない!!








    00113DSCN3682.jpg

元気出して行こ~~うッ!!











暮れ~なずむ町の~

 00116DSCN3695.jpg

ひか~りと





 00117DSCN3702.jpg

影の~中~

もうちょっとやよ、道の駅は。。。




 00114DSCN3684.jpg



 00115DSCN3685.jpg

ああ、やっと着いたよ、「らっせい・みさと」 。
当然、蕎麦を食べとる余裕など無く、ソソクサと
トイレを済まして出て行きました!









 00118DSCN3705.jpg

そこからまた、激しい アップ・ダウンの連続。。。
延々と。。。






 00119DSCN3708.jpg

見えてきました、瑞浪のマチが!
さっきのトコから 16km・・・
泡隊長は 「10km足らずだよ!」 って言ってたのに・・・






 




 00121DSCN3714.jpg

でもね、終わってみれば ホント、いろいろありましたよ!
コーちゃん、
「コース違ってるけど、自転車ではコッチの方がイイって判断したのかなって思ってました。」
ですと。




事故も無く、無事に観光できました。

ただでさえ長い ワシのブログ。
それでも書き切れんコトが、この他にもイッパイ!!


やっぱ楽しかったよ。
苦しいけど 楽しかったよ。

仲間がいればこそやね!

まあ、ワシも寝るわ。




ちなみに、間違えたあとのコース  ↓


00120iMG_20160314_0004

×印が本来やったけど、ナゼか すごく遠回りをして来ました。
「走り足りなかったんだよね?」
と、泡太郎隊長の弁。

やっぱ アンタは 「仮」 やあ~~~~!!!


でも、ありがとうございました!

(総走行距離 89.08km 午前8時~午後6時までの 10時間。
実走行時間は・・・ 5時間 00分 43秒! 半分は 「休憩」 !)











スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/675-c19c7c94

トラックバック

コメント

[C4035] あっぱれ!and 喝!

相変わらずスバラシー写真にオモロイ文章。
笑って読ましてもらいました。

アップダウンの連続で、とてもシンドかった上に終盤へ来てのルート誤りの発覚で、またまた上り坂!
『豆腐の足』の私は泣きそうでしたよ。

でも終わってみれば、『楽しい想い出』ですね。


あと、コーちゃんに対し『置いてけぇ』は…
とまぢふ氏の演出ですので、誤解しないでね。
  • 2016-03-16 07:57
  • marumo
  • URL
  • 編集

[C4036] 団子杉と言えば

大正村クロスカントリーの時の苦しいポイントの一つでした、指の爪が3つも死んでしまうほどの激坂続きの明智村あそこに半年ぶりの自転車で向かうとはクレイジーとしか言えません......

かんから餅は私も大好きで、美味しかったのでお土産に持って帰ったらきな粉やエゴマが餅の水分吸ってカピカピになってこんなマズイものお土産に持って帰ってくるなって叱られたのを思い出しました、最近は自転車乗りも試飲出来ませんね、この間泡太郎さんと走った時も全くアルコール補給出来なくて悲しかったです。

[C4037] どえりゃぁ〜長い(笑)

泡太郎隊長お疲れ様でした。
話しが長すぎで今朝遅刻ギリギリでした(笑)
自分も走ったかのように細かく素晴らしいですが山の上からの画像はなかなか伝わりませんね、実際に見たら凄いんでしょうね!
参加した人の特権でしょう時間は走ってみたいです^_^
  • 2016-03-16 12:25
  • asano
  • URL
  • 編集

[C4038]

こんにちは。
この記事読んでたらお昼休みが無くなるくらいの長編、
楽しく読ませていただきました。
今回はハードな山岳だったようですね。
半年のブランクにも関わらず楽しそうに上られてるみたいで、流石山の神の異名を取るとまぢふさんです。

番外編は次回に楽しみにしてますので、よろしくお願い致します。
  • 2016-03-16 12:33
  • himiyoshi
  • URL
  • 編集

[C4039] アップダウン

以前下呂から土岐に行った事があって、大きな道路を通らずに行ったら瑞浪辺りはずっとアップダウンの思い出があります。
瑞浪は今まで通過点でしか無かったですけどみんなで走れば楽しそうですね!
なかなか参加できませんが、おじサイクルの皆さんと走りたくてウズウズしてきました。
でも登りという言葉にゾッとします‼︎

[C4040]

ジャイアン  ありがとーねー

岩村で、カスティラー二個購入後
&一升瓶担ぎ、瑞浪までは・・・
諦めモードを醸し出したところ
ジャイアンから、駅まで運びますよ

瑞浪から名古屋までの居酒屋列車は親分と貸切
一升瓶空々

時間が押し、ウッキーちゃんと混浴できませんでした

あはは
  • 2016-03-16 21:15
  • 泡太郎
  • URL
  • 編集

[C4042] 長すぎッ!!

みなさん、コメント ありがとうございます!

私も薄ら薄ら気付いてましたよ、「長すぎる」って。(笑)
あの時の楽しさを、撮った写真見ながら どう記事に組み立てるか・・・。
選んだ写真だけで 120枚も!(撮ったのは 600枚以上!!)

・・・そりゃ、時間かかるわ~




marumoさん、楽しい思い出とは、「苦もあり、楽もある」ことが必要ですよね!

コーちゃんは あなたの「心のささえ」といつも おっしゃってる。
すみません、あのカットは私の 「盛り」 です!



ひこさん、神出鬼没ですね~。
ポスター貼ってありましたよ、大正村内のアチコチに。 クロスカントリーのが。
あんなアップダウンの激しいとこを走るなんて・・・。
そりゃ、爪も壊れますって!

それにしても、サイクリング途中で アレの補給が ためらわれる時代になってしまったこと・・・
寂しさを感じるのは私たちだけじゃないんですね!



asanoさん、あなたが参加してたらたぶん、アレを強制的に出させたと思いますよ、「醸造所」で。

展望が開ける場所は、ホントに絶景でした!
苦しまなければ見られない景色です!



himiyoshiさん、「山の神」なんて異名をとった覚えはありませんよ!(笑)
激坂を自転車押して歩く神なんて いません!

半年乗ってないコトの不安は大きかったです。
皆さんがそれぞれのペースで走ってくれたので、私もなんとか付いて走れただけです。

・・・番外編は ありませんからね!




名無しさん。
東濃地方は 「丘陵地帯」 で、とにかく坂が多いですね!!
からだ鍛えるにはイイですよ~!
でも、「登り坂」 が嫌いなんですよね?

大丈夫。私たちだって、平らな方がスキなんだから!
みんなで走れば楽しくなる! ・・・これは「法則」ですね。
是非、おじサイクルで ご一緒したいです!

・・・って、あのコメントを送ってくださったのは「ヤマ」ちゃんでは?!




泡太郎さん、お勤め ご苦労さまでした!
感謝してますよ、あなたの引率力に。

それにしても電車、貸し切り状態だったとは驚きでした! ご褒美でしたね、あなたたちのガンバリに対する。
・・・混浴があれば至上のゴホウビだったのにね。



  • 2016-03-17 00:03
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C4043] 良き仲間達

岩村城・かんから餅・なんとかカステラ、見どころ食いどころ激坂など味わい深いところいっぱいで羨ましいかぎり。
それにしても相変わらずのいい仲間達です、行きたかったな。
  • 2016-03-18 08:34
  • サニ太
  • URL
  • 編集

[C4044] 坂王

サニ太さん、久しぶりのツーリングは 超楽しかったです!!
ずっと以前の私なら、あんなに寄り道はしなかったでしょう。
「距離をかせぐ」に徹して。

でも、いつの頃からか、「仲間で走る」ようになり、その楽しさに気付かされました。

それでもストイックに自分を攻めたい時はソロで、癒しを求めずにはおれない心境の時は みんなと・・・。

走り方の広がり・深みを得ることができました。
皆さんたち、仲間のおかげです!

坂も強いのに、私らのバカさにも飛び込んで付き合ってくれるサニ太さんのフトコロの大きさには感服つかまつります!
  • 2016-03-18 23:02
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ