Entries

   懺悔ざんまい、鳥越林道ツーリング !


 こんばんは。


「賞味期限 2月26日」 の納豆を妹どのにアッサリ捨てられ、

ショゲ返ってる とまぢふです。











 久々に行ってきましたよ~~、

「おじサイクル企画 ツーリング」 。

ワシのゴールデンウイークの最終日、5月5日に。


その2日前に隊長からメールが来た。

「急なハナシですけど、あさって 5月5日、

『鳥越林道ツーリング』をやります。参加可能な方は

連絡下さい。」


ワシ、「参加。」 とだけ 即答。

カッチョエエやろ? ヲトコ気見せた気がしたよ!





















 1DSCN3859.jpg


関ヶ原町役場に集まった面々。 午前7時20分。


「こんなダラけた格好のを撮るな!」

と怒った隊長。 

「ちゃんと朝礼やるで、それを撮ってよ!」


ハイハイ・・・っと。











 2DSCN3863.jpg  


ちゃんとした朝礼 ?


急きょ決めたわりには、ワシ含めて8人も集まったよ!

みんなヒマなんかねェ~?


G隊長(クラーク博士みたいなカッコウしとる人)から右回りに、

yukiちゃん(女性)、コーチャン(座っとる人)、おさむ親分、

AGさん、泡太郎兄さん(座っとる)、翔一郎クン。


ワシと コーチャン・yukiちゃん夫妻以外はみんな、自走! 

愛知県一宮市とか岐阜市のハズレとかから 30km以上を!

お疲れ様です。

(これから まんだ 100kmくらい走らにゃならんに、

どーかしとるよ、アンタら!!)

天気もサイコーにエエし、楽しい rideになりそうやねッ!

(って、激坂やで それはナイか。)














 3DSCN3873.jpg


7時45分、関ヶ原町役場を出る。


さすが天下分け目の合戦地、道路端にはノボリ旗が!

「三つ葉カシワ」紋 やで、「山内一豊」やな。
















 4DSCN3913.jpg


幹線道路はオソガイで、脇往還を行くんやけど、けっこう、UP-down

がハゲしいんよね~。


ちなみに今回のコースは、関ヶ原から滋賀県・米原、長浜市(といっても

琵琶湖から離れた山ん中!)を経て 「鳥越 とりごえ 峠」 を目指す!

そこから先は、峠に着いた時間しだい・・というヤツ。

そこを岐阜県側に越えて、また峠をヤッツケて滋賀県に入り、

「りっちゃんの店」 で山菜定食を食べるのが常やけどね。















 5DSCN3899.jpg  


途中のコンビニで補給&補てん。 (もう?!)


G隊長と その子 翔一郎クン(以下、『翔』)。

イイね~、親子でこうやって趣味を同じくしとるってのは!


翔、「リュック背負ってきてないからボクの食料 持ってって」

と、オヤジ(隊長)にねだる。

「た~け~! 自分で何とかしろ!」 と叱り飛ばいた隊長でした。












 6DSCN3917.jpg


長浜市のホント、北の方まで走って来た。(岡谷町かな?)

いい風景やよ・・・のんびりノドカな。。。










 7DSCN3935.jpg  


町中に入ると、かつては けっこうな往来があったことを偲ばせる家屋が。

「ベンガラ」を塗った家が多い。









 8DSCN3939.jpg  


ここを右折して、鳥越林道に向かう。


ワシ、全く覚えとらん・・・。

以前 2回来とるのに・・・。











     9DSCN3946.jpg  


ここから始まる、件のミチ。

「延長 12345m」 ってのが、ゴロいいね!

(でも、12kmも登りonly・・・)






 10DSCN3947.jpg  


コーチャンも、去年来て この標識は覚えとったと!

でも、その林道を走った記憶はナイのだとか・・・。

苦し過ぎて、「イヤなことは忘れる」回路が働いたんやって(本人談)。
















 11DSCN3959.jpg  


数キロ走った先、道路脇に ご神水が!

「堂来清水」 ってゆうらしいけど、何て読むんやろ?

なにせ、「平成の名水百選」 に入っとるらしいんよ!

こんな 片田舎の湧き水が選ばれるんやで、よほど由緒あるんやね~。。。








 13-1DSCN3986.jpg  


名水のほとりには 「踊子草 オドリコソウ」 が咲き誇っとる。





 13-2DSCN3985.jpg  


「シャガ」 も。













     12DSCN3973.jpg  


で、ここでハラごしらえしようってゆう隊長命令。

「途中でハラ空かせては登れんで! 鳥越をなめたらアカンぞッ!」

・・・まだ 9時45分。 でもみんな弁当を食べだす。

水も豊富やしね! (それも ご神水やでね!)











      14DSCN3982.jpg  


さっきの ヲドリコ草さんも見ておいでる。

ワシらの無事な登山を お祈りください。











 15DSCN3999.jpg  


キャンプ場からいよいよ登り!

(さっきの ご神水から ほんの数分。)















 17DSCN4028.jpg  


新緑の中をヒタスラ登らされる・・・















     18DSCN4007.jpg  


まあ、いつものワシの アレです。。。 すいません。










 19DSCN4038.jpg  


山肌の白いトコが何層か。。。

それだけ屈曲を重ねて登る林道。。。








 20DSCN4049.jpg  













 21DSCN4054.jpg














 23DSCN4077.jpg  


た、高いよ・・・


ハルカ彼方に (たぶん)長浜市街が。。。













     24DSCN4082.jpg  


とにかく今日はワシ、

「心拍数を 160以下」 で走ることに決めとったの!


こんな激坂で それやると、時速は 7~8キロに。

ホント 急なトコは 「5Km/h」 にも!

歩くのと そう変わらんが!!















  25DSCN4104.jpg








そうこう しとるウチに・・・



  28DSCN4131.jpg


ああッ!!  


峠頂やがなッ!!!!!
















  29DSCN4136.jpg  


ワシの前に一人が登って休んでござった。

知らんヒトやった。


え? おじサイクルの人々は?   おらん?!


ってコトはワシが 1等賞ッ?!

(11時15分、役場から 37km。)











      30DSCN4151.jpg


ああ、なんというコトでしょう! ワシがトップを獲ったなんて!!

ワア~っとみんなで登ったあと、さんざん 散りぢりになり、誰がドコら

辺におるのか全然わからんかった・・・。










 32DSCN4142.jpg  


すぐ後に おさむ親分が到着!


「キッツイわ~ッ! まあエエよ、こんな坂!」

なんつっても、標高 1040mやでね・・・。









  31DSCN4149.jpg  


岐阜県側を臨む。


さっきの先着しとった人、コッチから一人で上がってきたらしい。

ワシらが8人もの部隊で今、登りつつあることを話したら

「イイですね~、そんなに大勢が趣味を一にしてヒタスラ向かうなんて!」

さらにワシが言った。

「そのあとのシュワシュワを楽しむのが第一目的です!」

「ますます羨ましいです~~~!!!!」

(今回はクルマで来とるワシ、そのご褒美はありません。シクシク・・)












  33DSCN4145.jpg  


yukiちゃん到着! なんと、他の衆を置いてきて 3着ッ!!


「スゴイですね~~! 女性も倶楽部に居て しかも速いッ!!」

と、先の人。


ワシもビックリしたよ!!

失礼ながら、これまでワシが知っとるyukiちゃんは・・・





と、AGさんも到着!






  34DSCN4161.jpg  


「ハイタッチしてよお~~~ッ!」 

と yukiちゃんが叫ぶも AGさん、




  88DSCN4163.jpg


「足、つってますから・・・・ごカンベンを・・・」

と、チカラ無げに。


それにしても yukiちゃん、テンション高いねえ~~!!














  35DSCN4167.jpg  


隊長も着いたッ!

「アレ~? コーチャンはトモカク、若い衆はまだなの?

それにしてもココ、こんなにキツかったっけ・・・」

と隊長。

ここでも yukiちゃん 大はしゃぎでハイタッチ!

もしかして彼女、坂が大好きの

「M嬢」 なんでは?




おさむ親分は濡れたウェアを着替え、さらにウィンドブレーカを。

着替えまで持って登ってきたの?

ワシら、「ちょっとでも軽く」 を身上に登るのに・・・

さすが親分! 命知らずッ!!







ここ、鳥越峠のテッペンは 標高 1040m。

しかも強風が吹いとる。

さっきまで汗ダクで登ったに、急激に体が冷やされる!

やで着いたらすぐウィンドブレーカを着なアカンのよ。


・・・なのに嗚呼・・・


初めて登ったyukiちゃんは そんなコト知らなんだ・・・

持ってきてない・・・

さっきまで はしゃいどった彼女、ひな鳥のように震えだす・・・


隊長が叱る。

「なめとんのかヤマを! ウィンドブレーカ持ってくるのは

当たり前だろ!!」


・・・ これ、ワシが初めてココに登った時と おんなじ!

あの時も叱られたもんね~、隊長に。

可哀想に思ったワシ、

「リュックに何か入っとらんかにゃ~」と探ったら、ありました!

「携帯カッパ」 !!  300円のヤツ!!

yukiちゃん、これ着なよッ!







 36DSCN4178.jpg  


「ありがとう、コウモリさんッ!!」




・・・でも、それ着た姿って・・・









 37DSCN4177.jpg  


隊長が笑いながら追いかけて撮る!


「まるで ゴミ袋かぶってるみたいだよ! いや、ゴミ袋の方がまだ

マシかもね!」


せっかくワシが放出してやったモノを!





















 38DSC_0038.jpg  


ああ、ホントや。

ゴミ袋かぶってるみたいな。。。


いや、「はごろもを まとった天女」 って言えばイイかも? 

なんにしても このゴミ袋で難を逃れたんやでねえ。





(すみません、皆さん。

今回の記事、この辺で半分です。

読んで遅刻しそうな方は、ここで お降りください。

記事はまだ続きますが、私もちょっと反省してます。

『本人が読んでも20分かかるのはどうか・・・』と。)


















 



 39DSCN4192.jpg  


この峠からは ハルカ彼方に琵琶湖が見える!!







 40DSCN4188.jpg


時は新緑の候。







 41DSCN4191.jpg  


いつしか、ワシらの他に このいにオートバイ連中が集まった!


「エンジン自分」 で登って来てみれよ!

おんなじ景色見ても感動が違うに!


・・・って、彼らにしてみれば、

「何が悲しくてバカやらなアカンの?!」

やろうね、きっと。











 42DSCN4199.jpg  


まさか(失礼!)の、コーチャン到着ッ!!


「あれ~、僕が最後じゃないんですか?」

「途中で誰かを抜き去った記憶が無いんですよ~、苦し過ぎて。」

さすが、イヤなコトは忘れる回路発動!

「時速4km以下だと、メーターは『ゼロ』になるんですね。

ゼロのままで登って来ましたよ」

「途中、側溝に足突っ込んでしまい、倒れそうになったけど

山の壁に手をついてシノギました!」


・・・笑いをとるのがうまくなったコーチャンでした。



それにしても あとの2人が遅い。

なんか事故にでもあったのでは?

時刻は12時ちょうど。

この様子では、向うに降りて山菜定食を堪能するのはムリ・・。


と、そこに








 43DSCN4203.jpg  









 44DSCN4205.jpg  


泡太郎兄さんが登場!








「翔クンが登ってこれません。

疲労困憊して足がつったところへパンク!

それが修理道具も替えのチューブも持ってないというので・・・。

私のはマウンテンバイクだから合わないし。

ここまであと4キロくらいなので 二人で押して上がって来ましたが

タイムアウトを宣告して、私1人で報告にやってきました。」


う~ん。。。 さすがやね。 

いちばん速いけど、「頼りになる人」 を最後尾につけておいた。

(フツ-に速さ勝負すれば、ワシなんか泡さんの足元にも及ばん!!)

携帯もつながらん山奥。

そこでトラブルがあったら、それこそ命取り!

隊長の采配と、泡さんのサポートが効きました!


でも怒り心頭なのが G隊長。

よりによって 我が息子が そんなテイタラクとはッ!!

「パンクや、足の売り切れはしかたない。でも、準備不足は

承服できんッ!!」


・・・かつてのワシ(そして今日のyukiちゃん) が

怒られたのはココやね。












 45-1DSCN4208.jpg

 

のんきに串団子食べとるAGさん。



隊長、

「まあ、しゃーないココまでや。来たミチ降りよう。

あとはまた別ルートで帰ろまい。」


翔クンも 心細う待っとるやろうしね。













  45-2IMG_8060.jpg


「じゃ、ここで記念写真撮ろう。翔一郎は居ないけどバツだ!」 と隊長。


・・・コーチャン、いい感じです!





そのあとすぐに下山。









登るのに あのいに苦労した道、ほんの 2分ほど降りたトコで・・・






 46DSCN4219.jpg  


翔クンの前でパンクの修理。

(峠頂からホンの 1km下! でも、ここまで2km以上を

押して上がってきたのだから偉い!)


パンクと言うけど どうも 「サイドカット」 らしい。

チューブはもちろん、タイヤまでもが切れてまっとる!

これじゃ替えのチューブがあってもダシカンわ。。。






  47DSCN4223.jpg


そこは歴戦の隊長、「1000円札」 をタイヤの内側に当てて処置!

日本の紙幣は丈夫な和紙でできており、これを当てておけば

タイヤが切れてても高圧のチューブは外にプク~っと出ないのだ!

(ロードバイクの空気圧は、10トンダンプ並の 『8キロ』!)


・・・隊長、なんのかんの言っても息子は守るべき存在やでねえ。

みんなの手前、

「お前、謝罪文を掲示板にUPしとけよ!」

とか言ってはおったけど、心中、

「よしよし、ネタ作ってくれたな」

やったろうな。ククク・・・


まあ、ワシは 「報道班」 として仕事しとるだけですから。

決して 「ナマカワで手助けしない」 んじゃなくてね。
















  48DSCN4232.jpg



そんなこんながあって、また降りてきましたキャンプ場。

12時45分。

下る時は 当たり前やけど アッサリやね。

(でも、その下る途中も、コーチャン 『死んだな』って思える場面に遭遇した

よワシ!  

ぬかるんだカーブでスリップし、崖に激突しそうになった彼、

ナイス・リカバリで通りぬけた!!)





さて、次のモンダイは 「どこかでメシ食わにゃ!」 です。


こんな山ン中で食堂なんて無いやろうし、来る途中にあった道の駅は

遠すぎるし・・・

で、その辺におったオバチャンに聞いたら、

「なんとか(忘れました)センターがあって、そこで食べれるよ」

とのこと。

こんな田舎(失礼!)に、そんな娯楽施設があるんか?!

名前からしていかにも 「介護食を提供する・・みたい?」 な。

でもトニカク行ってみようッ!








  49DSCN4233.jpg


ピュ~・・・っと。

















  50DSCN4240.jpg


「健康パーク バーデ あざい」


いや~、こんなトコに こんな立派な施設があるとは思わなんだねえ~!


お風呂から食事、健康スポーツ設備などなど・・・。

しかも大勢のお客さんがござった。


「あざい」っていうからには、あの

「浅井長政」 の あざい? たぶんその近くやろうね。

ワシ、この近辺の地理にはトント うといもんで。。。


そこで食べたのは・・・




 51DSCN4245.jpg  


「牛肉定食」 普段は 1620円のが、今日は 980円!

昼食には高級過ぎるけど、今日は カラダへの ご褒美や!

というワケで、8人全員コレに。

おいしかったです!!





だら~っ マッタリとした時間を過ごしたワシら、そのまま来た道を

帰るのもナンやし・・・

泡太郎兄さんの肝入りで、

「面白い良いミチ、七廻り林道」 を経て行こうってコトに。

まあ、土地勘が無いワシらは、ついて行くしかないよ。













 52DSCN4255.jpg  


な~んか、イヤな予感がするんよね~










 53DSCN4264.jpg  


ワシ、鳥越林道では心拍押さえて走れたけど、ココではムリ!

時速たった6キロ保つにも 心拍 170近うなってまうッ!!

(ちなみにワシの起床直後は 64です・・・)

死んでまいそう!







 54DSCN4266.jpg  


ああッ! 頂上や!!

鳥越林道よりハルカに短いけど、ハルカにキツい林道やった!!


だ~れですか、「イイみち」 なんて言ったのは?!






 55DSCN4272.jpg  


おさむ親分、

「ギヤ 2枚残して登ってこれた。」

・・・どんな剛脚さんですか?!

翔クン、

「鳥越はハンガーノックみたいだったですね~」

・・・隊長、これ聞いてまた激怒してました。






    56DSCN4279.jpg  


木立ちに囲まれた峠頂。 味があります。










 57DSCN4282.jpg  


yukiちゃんも登ってきた!

M嬢さすが!








 58DSCN4285.jpg  


これはテッペンで充分休み、さあこれから下ろうって頃。


コーチャン、その前まで

「吐いてもイイですか?」

な状態。。。

風下でお願いしますよ!















 59DSCN4293.jpg  


快適な下りッ! 伊吹山が顔出しとる!

時速も45km出とるッ!!


と、そんな高速走行中・・・













 60DSCN4294.jpg  


なんと コーチャン、パ~ンクッ!!


それにしても、あの速度で前輪が いきなりパンクしたってのに

無事やったのがオドロキ!

腕上げたな、コーチャン!!











 61DSCN4296.jpg  


翔クンと違って、パンク修理セット一式は持っとったコーチャン。


ところが今回もパンクは 「サイドカット」 によるもの!

「さあ、千円札出して!」 と隊長が言ったら、

「ゴメン、財布 女房なもんで・・・」

・・・使えんッ!!


で、yukiちゃんに電話するコーチャン。

「迎えに来て。」









 62DSCN4298.jpg  


「そんなコトで電話すんじゃねーよッ!!」

と叫ぶ泡さん。


「いや、電話します! これで来なければ ボクが

『それまでのオトコ』ってコトですからねえ!」


・・・勝手にしやがれ

と、隊長と泡さん。


ヲトコのメンツにこだわったコーチャンでありました。

(って、結局 拒否された彼。そりゃそーやわ。

向うは とっくに坂を下ったあとなんやで。)









  63DSCN4302.jpg


隊長、自分の財布から千円札を取り出し、

「あ~、またかよ・・・今日 2千円も使っちゃったよ・・・。」








 64DSCN4304.jpg  








  65DSCN4305.jpg


泡太郎さんは、その高額なホイール (デュラエース)に傷つけまいと、

ヲノレの足を台にして作業をする。

コーチャンはただ見守るだけ・・・。








 66DSCN4306.jpg  


ワシも形ばかり手伝っとる絵をヤラセで・・・

でへへ・・・









 



 67DSCN4314.jpg  


「CO2ボンベ持ってんだけど、前、暴発させてからコワイんです」

と、コーチャン。

使い方をレクチャーする隊長。


・・・話題振りまくりのコーチャンでした、今回。


さあ、直った!

みんなが待つとこへ急いで行こう!!













 68DSCN4322.jpg  


待ち合わせ場所につくや いなや コーチャン、

「いや~、参ったよ、オレが電話しようか迷ってたら泡太郎さんが

『迎えにこなければお前は それまでのオトコだよ!』って言うから・・」


コーチャンが「できる男」 に思えた瞬間でした!


で、隊長は、

「万札しかなかったから、それで補修したよ。

yukiちゃん、さあ、払って!」

・・・オニか。






そんなこんなで、陽も傾いてきました!

笑ってばかりもおれんで、帰ろかね!!












     70DSCN4343.jpg


春といえども、夕陽の影は長い。。。













 71DSCN4347.jpg  


無事、関ヶ原町役場に着きました!

午後 4時半。


(左の幟旗は、『藤巴 ふじともえ』紋。

やで、『黒田官兵衛 孝高 よしたか』または その息子、『長政』。)










 




 72DSCN4351.jpg  


なんと驚いたことに、ここに asanoちゃんが待っとった!!


彼、モールトン倶楽部の集いで 一宮から犬山へ行き、それが終わったあと、

ワシらに会うためダケに、ここ関ヶ原に来たと!!

どーしよーもない ターケです。。。

(解説するまでもなく、「ターケ」は賛辞です。)


















「今日の懺悔」






 73DSCN4355.jpg



G隊長親子。



そして・・・







 74DSCN4356.jpg  


コーチャン・yukiちゃん夫妻。。。





でもまあ、怪我も無く、陽も明るいウチに帰れたってコトで

全て良しですよ!!


いや~楽しかったねえ!!


山道を登っとる時はマヂ 「後悔半分」 やったけど、

こうやって終わってみると盛りだくさんなツーリングで。




ホント、いっつも こーゆー終わり方になることが

「自転車ツーリングの魅力」 なんやよね!











いつもどうりの長文、失礼つかまつりました。





おしまい。


(正規報告書 → http://sports.geocities.jp/og_cycle/160505torigoe-pass/report.html
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/686-756a7b20

トラックバック

コメント

[C4122] どーしようもないたーけです^_^

長っ!

読み手の気持ちも読み取るとは流石です^_^
画像見てると色々思い出します、カメラ変えたのか画像いじってあるのか綺麗ですね〜!
ただ会いに行くだけで関ヶ原まで走れません天下分けめのあれがあれば走れてしまうのが不思議です(笑)
  • 2016-05-08 19:35
  • asano
  • URL
  • 編集

[C4123] 言い訳

最初から楽しく拝読しました。
声出して笑いました。
ありがとうございました!
ワタシ、あんなハイだったのですね(恥)。うーん、劇坂登り続けた余韻で動き続けてないと止まってしまいそうなの…的な?
カッパは本当に助かりました。
頂で私に待ち時間があるとは思わなかったんやも。次回からはちゃんと持って行きます。
それにしても、Mだとか変態だとか…称賛ですよね?恐縮です。
  • 2016-05-08 21:05
  • yuki
  • URL
  • 編集

[C4124] 長すぎ

よくもま~、あれだけ細々と覚えていて、書き込めるね、感心です。
それにしても長過ぎ。
どれだけ時間費やしているの?

ていたらく、ていたらくと言って自虐ネタ連発ですが、あの走り、ていたらくじゃないね、話し、盛り過ぎでしょ!
  • 2016-05-08 21:35
  • G
  • URL
  • 編集

[C4125] コメントに笑いました!

あ~、ホント 自分でもイヤになりますね、長文過ぎて。
かつての鳥越林道のハナシ(サイボーグKさんが オニギリ1個のために戻ったヤツ)くらいのがちょうどイイ。
あの頃がピークだったかも、ブログの書き方。


asanoさん、そうですよね~!
いくら 「たーけ」 でも、私らに会うというだけではモチベーションには低すぎますから(笑)!

「今月もう2回目です」っていうアソコでのアレ。
初めての私には、「マヂすか?!」 な光景でした・・・。
さすが、天下分け目の土地!!
今度 「合戦じゃ~ッ!」の掛け声があったら すぐさま駆け付けますよ!!

写真はイジリ過ぎてキタナクなることの方が多いです!!
(なので今回はホトンド処理せず。だって、この枚数じゃ・・・)



yukiさん、もちろん 「M嬢」「変態ヲンナ」 は
賞賛の意味です!! ワカッておられるクセに!
私らは 「キチガイ」「たーけ」 と呼ばれることに、 えも言われぬ快感を覚えるんです。
まさに M。

かつて ナシ園でお会いした時からは 想像もできない 「コッチの人」 になられましたね。
嬉しい限りです。さらには、あんな坂道を登れる能力を身に付けたことに。

これからも 「M道」 に邁進してくださいねッ!!



G隊長、かつて おっしゃってましたよね、
「会話をイチイチ 報告書ネタとして記憶してる」って。
その心境が判る私です!

でも、面白かったから覚えてられるのです。
「盛る」必要のない、デキゴトの オン・パレード!!

おじサイクルに参加して撮る写真、毎回 約 600カットです。(今回は 535。)
それを吟味選択して加工(サイズや色調、明るさとかシャープ度)するだけで 5時間くらい。
さらに、ハナシを盛って、あ、いや、解説文を加えながら 記事を書くのに また5時間くらい。。。
(ゆうべ、書き上げたのは 午前3時でした!)
なので、ツーリングレポートは 2日かかります!

隊長の簡潔で的を射た、それでいて面白さが伝わるレポートには感心します! しかも早い!!
私はヘベレケ状態で思いついたまま書くので、長ったらしくなってしまい、皆様にメイワクかけてます。。。

「盛り」 は 1割くらいですよ!


  • 2016-05-08 22:46
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C4126] サイドカット

ゲラゲラ笑いながら楽しく読まさしてもらいました。

サイドカットってコワイですねぇ。
私のロードバイクも かなり乗られてないので久々に乗った時に割れるカモ知れません。

で、今晩通販でタイヤを注文してしまいました。

ただ… 買っても走らずに 『しまっとく』 だけカモ !?
  • 2016-05-09 21:49
  • marumo
  • URL
  • 編集

[C4127] ポチッ・・・

marumoさん、長文にもかかわらず 喜んでいただけたようで嬉しいです!

翔クンのサイドカットは、グレーチングを越える時に起きたらしいので、そのカドに擦れたんでしょうね。
コーイチさんの場合、本人も 後ろを走ってた私にも不明・・・。
ただ、タイヤサイドが結構 弱ってた感じに見えました。
(0.1トンの荷重に 高速で下る・・・ そりゃ、タイヤも悲鳴あげます!)
そういえば私も、クルマに積んでる状態でいきなりハゼたことあります! やはりサイドが裂けて。
閉め切った車内での破裂、耳がキ~ンってなりました。。。

タイヤ注文したからには、走らないとアカンでしょ?!

私も今、欲しいモノあります。
迷ってます。




  • 2016-05-09 23:12
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C4128] サイドカットは

幸いまだ経験したことが有りませんが、中に入れるパッチは常に持ってます、私は特に寒がりなのでウィンドブレイカーは年中持ってますし、先月まではアームカバーもタイツもボトルに入れて走ってました、おかげで軽量化とはいつも無縁です、その分自分の体重減らさないとダメなのに、いつも帰宅するとアルコールの誘惑に負けっぱなしです......

トラブルの多いツーリングですが、こういうのはいつまでも記憶に残りますね!

[C4129] 誘惑には勝てない!!

軽量化・・・ 自分を軽くすることがイチバン効果あると判ってるのですがねえ・・・。

以前、サイドカットしてしまった時、チューブに貼るゴムパッチをタイヤ内側に貼ったことありますが、空気入れたらみごとに プク~っと外に出てきてしまいました!
空気圧はスゴイです。。。
なので、「タイヤを切ったモノ」を使うようにしましたが、位置によってはガタンガタン・・・と振動がきます。

5月といえども、寒い時・場所がありますから、防寒対策は しといた方がイイですね!

帰宅した後の一杯。
これを楽しむために走ってるようなものですから、痩せることはありませんッ!!
ひこさんといっしょです・・・。

  • 2016-05-10 21:02
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ