Entries

   日本一の がんがんじいッ!

 こんばんは。

最近、「納豆にワサビ」 が ハマってる とまぢふです。








 




 またまた ヒーロー物で すいません。





    001IMG_20160615_0004.jpg

   クゥ~~~!  カッチョエエねぇ~ッ!

  「仮面ライダー (スカイライダー)」 。
 1979(昭和54)年。


演ずるは、若き 「村上弘明」 さん。






    003IMG_20160615_0005.jpg

 今につながる、「イケメン・ライダー」 の ハシリでは?









    002IMG_20160615_0001.jpg

 この当時ワシは、高校3年生。

いいトシして、こんなん観とる息子を、親は どう思っとったか?








    004IMG_20160615_0002.jpg

   駆るバイクは、「スカイターボ」 ッ!!

オープニングでの、
壁をブチ破って登場するシーンが エかったねえッ!!






 005IMG_20160615_0003.jpg

このシーンもエエ!

歴代ライダーは、こうやって命張った仕事しとる。
(こういうシーン撮るのって、静岡の 中田島砂丘が多いんやって。
 ワシが小学生の時、修学旅行で寄った・・・)
















006sky501028.jpg

で、その主演の ライダー (村上弘明さん) にからんどる
この怪人? は・・・・・・???










    007eDNAa1r9l7xlo1_500.jpg

   「日本一の がんがんじい」 !!














 0010e0157252_23582130.jpg

中身は一般のお兄さん! (おっさん?)
自分で鉄板つぎはぎして鎧・仮面をつくった
自称・HERO!

(演・桂都丸 かつら とまる)

ライダーを 「勝手に」 助けるべく、「軍艦マーチ」 の節で、
『がんがん、 がんがらガンガン、ががががガンッ!』
と唄いながら どこからともなく現れる!
(『がんがんマーチ』 っていう・・・らしい。)

話す言葉は関西弁!









 008IMG_20160615_0010.jpg




 009IMG_20160615_0011.jpg

    ・・・ でもこのHERO、実は迷惑だったりする。
怪人退治の足手まといになってばっかり・・・。





この ライダーは、一般には
「スカイライダー」 って呼ばれとるけど、放映時のタイトルは
『新・仮面ライダー』 。
放映されたのは 昭和54年の10月から。

ワシはその時 高3で、翌年は 自動車整備の専門学校へ
入ったんよ。
昭和55年春、まだ 「新・仮面ライダー」 は続いとった。
フツーなら、高校卒業した時点でもう、そういう番組からは離れるよね?
でもワシは違った!

専門学校では寮に入ったんやけど、そこは
「各部屋にTVの持ち込みは ご法度!」
な、キビシ~とこ。
娯楽室に唯一 1台のカラーテレビが置かれとって、毎晩
満員御礼!
チャンネル権は、まあ、上級生が握っとって・・・。
やでもう、ほとんどこの、「新・仮面ライダー」 は観れなんだ・・。

それでも、たま~に、ものずきな先輩がこれをチョイスして
くれた時は 天にも昇る気持ちで、目も心もギラギラさせて
観よったね~!

その頃に登場したのが、この 「がんがんじい」 。
なんや、ワケわからんけど、とにかく面白いッ!!

ワシら、本当の改造人間で正義のHEROにはなれんけど、
こういう 「手作りのHERO」 ならいけるんやない?
・・・みたいな気持ちも湧いたもんやった・・・。

ワシにとって がんがんじいは、まさしく 「HERO」 やった!




















 0011DSC01181.jpg

ここはワシの お寺、「東林寺 とうりんじ」 。












 0012DSC01188.jpg

今日、いつもの お寺の行事とは違う、ある催し物が開かれる。




    0013DSC01190.jpg

   落語会。

お寺で なんで?
な感もするけど、もう 10回目!! 10年も やっとらっせる!!


実はワシ、もう 何年も前から 行きたいと思いつつも
用事やらナンやらで行けずじまい・・・
(忘れてまっとるコトの方が多いけど。テヘペロ。)

今年はどうしても行くぞ! と、鼻 フガフガさせとったよ!!













 0014DSCN5702.jpg

本堂の前で住職さんや、その息子さん、スタッフの方。


「あの~、今日の お代はどうすれば・・・?」
と聞いたワシ。
「会場に 『木戸錢』 と書かれた箱がありますから、そこに
ご自身で判断されて お入れください。」

ひえ~! むずかしいワ!!

で、あと、

「終わったあと、噺家さんと観客の交流の場は あるのでしょうか?」
「すぐに次の高座が控えてますので、申し訳ありません。。」


そんなこんなの やりとりをして イザッ!





 0014DSCN5703.jpg






 0015DSCN5706.jpg




 木戸錢DSCN5707

おお、あるあるッ! 「木戸錢」 の箱!
みんな いくらくらい入れとるんやろうにゃ~





 ・・・ 封筒みたいなのに入れとるで、わからへんがなッ!!
しかもワシ、そんな作法 知らんで、ハダカ錢やし・・・

まあ、終わったあとに、面白かったか そうでなかったかで判断
して入れよう。
なんか、観客やのに緊張してまったやんかッ!!









 0016DSCN5709.jpg

今日の出演は、「桂 佐ん吉」 さんと、「桂 塩鯛 しおだい」 さん。






 0017DSCN5710.jpg

けっこう集まっとる。
顔ぶれみると、このお寺の門徒でない方もござる。
落語が好きなんやろうなあ~~・・・

住職の挨拶のあと、いよいよ始まります!!


・・・ ここから先は、撮影 ご遠慮くださいとのコトなので。

ワシは 身を入れて 噺を聴いたよ!
なにしろ落語をナマで聴くのなんて初めてやしッ!!






桂 佐ん吉さんは、
「手水廻し ちょうずまわし」 。


・・・ もう、笑いましたわ~~~!!
話しの内容もさることながら、その中の登場人物が
ありありと表現され、まさに その場面にいるような!
このいに面白いもんかと思ったよ、落語。




そのあと ご登場が、
桂 塩鯛 師匠。

お題は、
「おふみ」

・・・ お寺ならではの噺かと。
浄土真宗では お葬式の読経の後に
「御文章 ごぶんしょう」 とか、「御文 おふみ」 といわれる
法話が話される。

それにちなんだハナシなんやけど、男と女の昔から綿々と続く
色恋沙汰が、お寺のと どうつながるのか?
笑いをちりばめながらも、聴く方に展開を期待させ、最後に落とす。
よう考え尽くされたハナシやったね~!




さらにもう 一題!

「鹿政談 しかせいだん」 。

奈良の鹿は かなり昔から保護されとったんやね~。
この噺では、お奉行さまの裁きが痛快でスカッとするッ!

みなさん、ホント 落語って面白いですね~~~!!








 0018DSCN5714.jpg





 0019DSCN5715.jpg





 020DSCN5716.jpg





 0021DSCN5718.jpg

午後2時から 4時まで、あっという間やった・・・。
皆さん イイ顔で帰らっせる。


ああ、ワシ、ぜひとも 噺家さんに お会いしたかったわ~。
感激してまったもんッ!

でもまあ、このあと 「馬瀬・美輝の里」 で 200人を越える観客
を前にした高座があるんやと・・・。 シヤナイな。。。





















    0022DSC01192.jpg
 
 いったんはウチに帰ったワシやったけど、
どうしても辛抱タマランようになってまい・・・

「東林寺から出るトコ、待ち伏せしちゃろうッ!」
ストーカー?

今度は 自転車 漕いでやって来ました!!
(お寺までは 2キロくらいしか離れとらん。)



















 0024DSC01196.jpg



住職と その家族一同。
そしてそして、
「桂 塩鯛」 師匠に 「桂 佐ん吉」 さん。
それに ワシ!
(住職の息子さん、「サムズ・UP」 までして ノリノリ?)






 0025DSC01194.jpg

 デヘヘ・・・・
(ワシ、かなりアレになってきたとハゲしく認識しました。
あと、師匠との写真、 ブログ掲載許可も取り付けとります!)





なんでここまで この噺家さんに こだわったかと言うと、
もう いいトコのお坊ちゃんや お嬢ちゃんは おわかりでしょう?!






















    0023d80db03.jpg

  「桂 塩鯛」 師匠、5年前までは
  「桂 都丸」 という名乗りだったんですッ!



 つまり この方が、
  かの、
「がんがんじい」 なんです~~~~~~~うッ!!











スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/695-f01c269f

トラックバック

コメント

[C4187] うらやましいです

とても有意義ない1日を
過ごすことが出来たようで
うらやましいです
HEROの日本一のがんがんじいさんに会えて
桂 塩鯛師匠の落語が楽しめて
スリーショットの写真を撮れて
でも
たしか
右側のひとも落語家さんですよねぇ・・・

  • 2016-06-17 17:55
  • くずや
  • URL
  • 編集

[C4188] 至福の ひととき

くずやさん、ホントに良い時間を過ごさせていただきましたよ!

初めて聴く、ナマの落語の面白さ。
そして、憧れの方と直に話せた嬉しさ!!
お寺で待ち伏せた甲斐がありましたが、舞い上がってしまい、何しゃべったか覚えてませんけど(爆)!

右端の人というのは、向かって右端?
そりゃ私ですがなッ!
・・・気の効いた、笑いを取れるハナシがヘタな人間です。
(ビール飲めば別・・・らしいですが。)
向かって左端の方は、最初に上がられた噺家さん、「桂 佐ん吉 かつら さんきち」 さんです!

・・・ 来年 おじサイクルで、これを含んだツーリングやらないかなあ・・・
(これやったらホント、何の倶楽部かなって思われるね。 いや、かつて 『能』 を鑑賞しに走ったこともあったし!)


  • 2016-06-17 23:43
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C4189] スカイライダー

少しは見ていたのですが、がんがんじいは記憶に無いです、何十年もたってからその当時の憧れの方に会えるのって凄いですね、かなり感動されたでしょうね。
がんがんじいってサインしてもらいましたか?




[C4190] まちがえました

「有意義ない・・・」
有意義ないちにち
を変換してやめてとかして
まちがえました
「とても有意義な1日を」
でした
右端はやっぱり私でしたか
かなりアレになっていましたので・・・
まちがえました
  • 2016-06-18 10:44
  • くずや
  • URL
  • 編集

[C4191] 何十年も経ってしまった・・

ひこさん、落語をナマで聴くのは初めてと言ったものの、それ自体、テレビなどでもほとんど観てませんでした。

今回は憧れのヒーローだった方のを聴けるということで寄せてもらったんですが、その落語、これほど面白いとは思いませんでした!
ナマにこだわらず、この話芸、機会があればまた観たいものです。
(お笑い芸人のも面白いのですが、落語は相当に 質・程度の高い芸だと思いました。)

サインは おそれ多くてもらいませんでした。
いや、舞い上がってしまってて、そんなコトを思い付きませんでした!
(でも、もらわなくて良かったと思ってます。
「『がんがんじい』 と書いて下さい」
なんて言ったら怒られるでしょうね、今は落語で食っている師匠には。


くずやさん、ワザとですか? 
間違い。
高等なテを使うようになりましたね!!

右端の私、カメラからパソコンに移して見たら、自分でもビックリしました!!
かなり アレになってるコトに気付かされて・・・。
今回の記事にするにあたり、画像加工をしかけたほどです。
でも、どうしても色が合わずに断念しました!
(合ってたらやったのか? ハイ、そうです。)

時間の経過って・・・

  • 2016-06-19 15:04
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ