Entries

   まだイク?! 第13回 乗鞍スカイライン 後編

 こんばんは。

机の横のカレンダーが まだ 「6月」 なのに気付いた とまぢふです。



きんのうの続きです。
(いよいよ レース篇!)











 023DSCN7307.jpg

ゆうべ あのいに降った雨やったに、起きたら
「朝焼け」 !








 024DSCN7333.jpg



     025DSCN7326.jpg

いやが上にも気分は盛り上がる。
浴衣でダラ~っと ウタゲをやっとった方たちには見えん!



    026DSCN7330.jpg

 サイボーグK氏も、お揃いのジャージを着てござる。
これ、「尾張トライアスロンクラブ」 の公式?ジャージ。

「またちょっと体重落としたでね!」
・・・そのカラダのドコに余分な肉が付いとったの?!
死んでまうよ、そんなことしたら!






    027DSCN7334.jpg

K下さんはまだ こんな格好。
それ見て サイボーグ、
「ま~だそんなカッコウなの? 早く着替えたら?!」
「だって出走、3時間も先だろ? 気が早いよみんな!」










 028DSCN7343.jpg

そんなこんなで、会場へ向けて GOッ!!







 029DSCN7347.jpg

ワシの ハザコ号。
久しぶりにこのヤマに連れ出いた。
秘策を込めたリーサル・ウェポン。

去年は、「前:28T、後:32T」 というトンデモナイ仕様で臨んだけど、なんでやしらん おととしより遅かった・・・。
今回は、「前:30T、後:30T」 。去年より若干重いギヤ。
でも、車体が軽い!
そしてワシも コソ練が効いとるハズ!






 030DSCN7348.jpg



 031DSCN7351.jpg

ハンドル中央に付いとるのは、
「デジタル メトロノーム」 。
テンポを 「126」 にして漕ぐのだ!
「ピッポ・ピッポ・・・」 と 2拍子にすると、126の半分、
「63」 回転で とても調子ようクランクを回せる。

去年は、軽いギヤにも関わらず、途中のキツイとこでは
回転数が 50回転くらいにまでなったでねえ・・・。
今年は、そんなブザマなことにならんように
心肺を鍛えた!・・・つもり。
なんとしてでも 「最低 60回転」 は死守したい!

・・・それにしても ああ・・・・ ワシとしたことが・・・

「心拍計」 、ウチに忘れてきた!
ハンドルにそれが付いとるけど、そいつは「受信機」。
胸に巻く、「チチバンド 発信機」 を忘れたんよ!!

まあ、エエわ。 どうせイキナリ MAXで登らされるんやで、
心拍数管理なんてイミないしね。








 032DSCN7353.jpg

皆さんも準備に余念がない。




    033DSCN7363 - コピー

「さ~て、ボクも準備しよっと・・・」
やっと その気になった K下さん。
でもまだ カッコウが・・・




    034DSCN7358.jpg

サイボーグ氏に ちょっかい出す。



    035DSCN7361 - コピー

 「ダ~メだよ、そんな短いストロークで上下させてちゃ!
空気入らないよ!!」

自分のコトは放っておき・・・。









 036DSCN7383.jpg

今回は 1000人をちょっと下回ったよ、参加者。




 037DSCN7385.jpg




 038DSCN7389.jpg

天気は すこぶる良いッ!!
きのうの雨が、嘘みたい!!






 040DSCN7401.jpg

ウォーミングUPで汗を流す! 
と、やっと彼が・・・




    039DSCN7400.jpg

着替えた K下さん。
こうやってジャージ着ると、それらしょう見えるで不思議。
(失礼!)




    040-2DSCN7399.jpg

黙々と漕ぐ、M田さんッ!
彼も今回 「必殺の武器」 を備えて来とる!




 040-3DSCN7356.jpg

見よ! 燦然と輝く ゴールデンなギヤ!!

いちばん大きいのが 29Tで、その下が 28T、順に
27T、26Tと、たった 1歯ずつ飛びの構成。
「どうせ軽い(大きい)ギヤしか使わないんだから、
そっちが よりクロスしたスプロケットを探したんですよ!」

う~~~~ん・・・
これは深い。
ワシも欲しょうなってきたぞよ。。。


あかん、機材に頼ってばかりおっては!!
まずカラダを鍛えねば!!

よし、ワシもウォーミングUPや!




 041-1DSCN7409.jpg

ローラー台に自転車を固定して ただ漕ぐ。
数分で玉の汗が流れてくる。

「あ~、ワシ、いい汗かいとるやんけ。
なんか、ストイックな感じでエエに?」

などと自撮りしとるのを コソリ~と見とるヒトがおった!!

「ひこさん」 やった!!

 http://blogs.yahoo.co.jp/when0505/14435026.html

彼の記事でのワシの扱い、

「この方ナルがちょっと入ってて、ローラー乗りながら自撮り......
頭の中では
『ドヤ!ええ汗かいとるやろっ』てな事考えてるのでしょうね~」

・・・ 見透かされた!!



    41-2img_1_m.jpg

彼のブログから無断借用。
こんな感じで漕いどったんよ。





 045DSCN7438.jpg

ホント、いい天気。 暑うなるにゃ~~~


 
    046DSCN7652.jpg
 
 今大会のポスター。 
以前、何度か大会ごとにもらってきたけど、
結局 一度も貼ることなく巻いたまま押入れ・・・。
そして引っ越し時 「ポ~イッ!」
やで、もうもらわんのや。 こういうのは。






 047DSCN7446.jpg

さあ、スタートの号砲が近づいてきたよ!!
ああ、ドキドキ・・・・





 048DSCN7458.jpg

「後塵を拝させてやるでね」
と、M田さんが 不敵な笑い。。。



場内アナウンスでは、カメラ撮影について何か言っとる。

「路上に出ての撮影は禁止します」
みたいな。
これって、競技者のこと? 
路傍の人が道路に出て撮ってはイカンってこと?
ワシみたいに選手自身がパシャパシャやったらアカンてこと?
ヤベ~かな・・・










 049DSCN7460.jpg

とにかくスタートッ!!

スタート直後は ごった返しとるし、周りには大会関係者も多い。
やで、カメラを取り出いたのは、平湯峠への分岐に入ってから。
小心者の とまぢふです。






 050DSCN7462.jpg

平湯峠。
スタートから23分後。
いつもはココに至る途中で、ムシ博士やサイボーグKに
抜かれるんやけど、今回はなんとか もちこたえたぞ!!
(ヒドイ時は、スタート5分後に抜かれたことも!
ワシより後のスタート組やのに・・・)

でも、嬉しかったのは、途中、「ひこさん」 に追いついて
抜いてやったこと!!
ワシ、ひょっとして50代の部で優勝できるんやない?
とさえ思ったよ!!



 051DSCN7468.jpg

ケイデンス(クランク回転数)はキッチリ 63回転を維持できとる!
ギヤは、
「フロント・インナーで、リヤは 4速」。
まだ3枚も余裕残して登っとる!
(スピード、12キロしか出とらんけど・・シクシク。。)

以前ここがスタート地やった時は、ゴールまで
1時間08分で登ったのが最速!
今やゼッタイ無理やで、ここからなんとか、
1時間25分でゴールできんかにゃあ。
下から登った 23分と合わせて
「1時間 48分」 が目標です!
(ちなみに去年は、「1時間 56分」 ほとんど 2時間!)



な~んて油断しとったら、

 052DSCN7471.jpg

ムシに抜かれた!
まあ、エエわ。
これはヒトと競うんやなく、ヲノレと戦うレースなんやで。
(さっきの、ひこさん抜いた時と大違い!) 
 


 053DSCN7474.jpg

夫婦松駐車場。

ここまで スタート地から

 054DSCN7475.jpg

 42分 09秒。
去年より 2分早い! エエぞ~~!
(でもギヤはもう最後の 1速=ローで・・・)

こっからはちょびっとだけ 坂がゆるうなる。
それに気を良うして タクって走るとバテてまうッ!
慎重にギヤを選び、ヲノレの脚と心臓に相談しながら行く。





    055DSCN7483.jpg



    056DSCN7481.jpg

やっぱ、ひこさんが言うようにワシ、
「ナル」 が入っとるのかな?
鏡に映る自分の姿は ドエライ嫌いなんやけど・・・。




 057DSCN7495.jpg

ゲッ!!
サイボーグの野郎にも抜かれたぞ!!

もう半分くらい来たけど抜かれんかったで、
まあアイツも衰えてきたなと思ったに・・・
今年はやっと勝てると思ったに・・・
あなどりがたしッ! サイボーグKッ!!


 058DSCN7496.jpg

1時間 14分後でした。
彼に抜かれたのは。
(時速 7キロって、どーなのよ?!)



 059DSCN7501.jpg

それにしてもイイ景色やね~。

自転車なんかで あくせく走っとるのが もったいないよッ!
でも、それやからこそ見れる風景。
クルマ(バス)には無い 「自由」 !
でも、写真撮っとる余裕あるなら ちゃんと走れよ!





    060DSCN7509.jpg

森林限界を越える直前!
(フォークに付いとる青いヤツは、タイムの計測チップ。)

・・・このあたりやったかな?
「ひこさん」 に無情にも ブチ抜き返されたのは・・・

このあたりがいちばんキツイ。
脚も心臓も。
ケイデンス、63を維持するのが つろうなったもんで、
「60」 に変更。
でも去年のコト思えば、かなり良いよ!

・・・それにしても ひこさんに追いつけんのが
グヤジイ・・・
やっぱ、地足があるんやね、彼。






 061DSCN7522.jpg



 062DSCN7525.jpg



 063DSCN7531.jpg

立哨員の方も お疲れ様です!
今日みたいな日はイイよね!
こんな所で雨でも降っとったら最悪!!
スタートからワシら全員が下るまで ジッと立つだけ。
ホント、頭が下がります!



    064DSCN7532.jpg

   ありがとうね~~~ッ!!!!!










 065DSCN7540.jpg

スカイライン唯一の平坦地、「桔梗ヶ原」 。
よ~し、タクって行くぞォ~~~!!
(いわゆる、『まくるッ!』 ってヤツね。)



 066DSCN7545.jpg

どや?! ギヤは アウター・6速!! 高速で飛ばす!!
・・・って、25キロしか出てまへんがな・・・。

いや、空気 薄いんやでシヤナイよ!

よくインタビューなんかで、
「空気薄くて苦しかったです!」 って聞けど、
・・・違うと思う。
空気の薄さなんか感じるもんかッ!
苦しいのは単に 「坂がキツイ」 からやろ?!
ヲノレのフガイナサを空気のせいにすんなッ!
 ハァハァ。。。
あ、やっぱ 薄いわ、空気。



ここまで、スタートしてから 1時間 43分。
ワシの目標、1時間 48分まで あと5分しかないがなッ!!

「無理だよ~、桃さん~~ッ!」
     ↑
「トラック野郎・度胸一番星」での ジョナサンの口調で。






 067DSCN7544.jpg

おりょッ!

もう下って来よるやないか!!
先にゴールしたやつら!!
ワシら、そのいに遅いってゆうんか?

ええい、ままよッ!
足つってもエエで タクるぞおぉぉぉ・・・ッ!!!












        ゴールライン ↓
-----------------------------------------











 068DSCN7549.jpg

ゴールをちょっと過ぎた地点で。
左に見えるのが、
えと、
なに池やったかな?
エメラルド グリーンのきれいな水を湛える・・・

ワシ、満足できたよ。
思う存分走れたと思う。






 069DSCN7551.jpg

頂上で、ドリンクがもらえた。





 070DSCN7567.jpg

ウジャウジャ おる。





 071DSCN7569.jpg

こんなスゴイ外人さんも!
興味ありげに近づいて、タイヤ触らしてもらったら、
こんなパフォーマンスを!
すごいフレンドリーな方やった。
何言っとるかイマイチわからんけど、とにかくお互いを
称え合おうとしとるのが伝わったよ!







    072DSCN7558.jpg

いや~、今年も置いていかれたね~~、この方たちには!



 073DSCN7559.jpg

右のイケメンさんは、ワシらとは別行動の 尾張トライアスロンクラブの方。



 074DSCN7579.jpg

いつもの自虐ポーズです・・・












 075-1DSCN7581.jpg

記念に集合写真。

一部 拡大。  ↓







     75-2DSCN7581 (2)

・・・やっぱ、おチャラケたやつ。。。
でも、来年への決意がにじみ出とるやろ?


ちなみに、ワシのメーターで測ったタイムは・・・



 080DSCN7556.jpg

「1時間 47分 39秒」 。

すごいッ!予定より 1分速いやんかッ!
しかも、去年より 「9分」 も速いッ!!

・・・最近、前の年よりタイムが縮まったなんてコト無かったでねえ・・・。
第2回、3回のころ以来やないかなあ・・・。
しだい衰えで、どんどんタイム落ちて行きよったに、
このいな結果になるとは!

機材のお陰?
ワシの努力?
両方やねッ!!

まだ公式タイム知らん。 たぶんこれより遅いと思う。
でもエエんよ! これで!!












 076DSCN7609.jpg

「下へ戻るまでがレースです」
って言われ続けとる。
そのとおりやよ。
安全に帰り着いてこそ、「ゴール」 。

下る途中、いつもの場所を撮る。

と!







 077DSCN7604.jpg

ひこさんに遭遇ッ!!

今回はヤラレましたが、来年はヤッチまいますから!!








 078DSCN7634.jpg

正午。下のゴール地点にたどり着いた。

ホントに天気に恵まれた大会当日やった。
ここでの気温は 27℃。
下の高山市内に降りたらナント、
34℃ !!

あ~、づがれだァ~~~~

ココイチで、今話題の 「ビーフカツカレー」 400g、
ポテトサラダにウーロン茶をかき込み帰宅。

















 079DSCN7690.jpg

夜は当然、「ケーチャン」 !
ではなく、今夜は 「モツ焼き」 みたいなヤツ。
「トラック野郎・望郷一番星」 を鑑賞しながら。
自分への ご褒美です!

ああ、至福の時。。。

リバウンドがコワイです。。。



















   











スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/701-05bcb257

トラックバック

コメント

[C4230]

待ってましたよ、このリポート!!!

イヤ~凄いですね。
タイム短縮とは!恐れ入りました。
よくよく読むと、電光掲示板の下からだと1時間20分ほどで登っちゃうのですね。いやいや凄い凄い。

練習はウソをつかない!のですね。
新機材のマッチングも良かった様子ですし、まさかメトロノームを使うとは、それもビックリです。
でも、なぜメトロノームなど持っているのですか?まさかの自転車専用でしょうか?

それにしてもビックリの連続です。
・・・・お疲れさまでした。
  • 2016-07-14 08:40
  • 信州松本george
  • URL
  • 編集

[C4231] 前半で

色々な人に付いて登っていったのですが、ペースが落ちても付いていったりで無駄に落ち着かないペースになってしまい、来年に向けて私もメトロノームを購入して自分でペース作れるようにするという、新たな練習テーマが見つかりました、後はホィールとギアを30Tにしたら30分台に入れるかなって妄想中です。

今年は長年描いてた、コウモリ野郎とのバトルが楽しめてカメなりに面白かった乗鞍になりました!

PS途中の写真使わせて貰います。

[C4232] さあ

なにがよいって
天気がよい!
前夜のおっさん(失礼)から
ジャージを着るとピシッとしますねぇ
みなさん速そうです
タイムとか
順位とか
は、ともかく無事に帰還できて
自分へのご褒美もできてよかったです
でも去年より進化はすごいですねぇ
さあ、来年の大会にむけて・・・!
  • 2016-07-14 18:28
  • くずや
  • URL
  • 編集

[C4233] 秘訣

松本Georgeさん、ありがとうございます!
そんなに褒めないでください、一緒にいったみんなより遅いんですから!!
でも嬉しかったのは、去年よりタイム短縮できたことです!
おととしの、あの暴風雨の時より遅かったですからね、去年。
なので、せめて おととしレベルまでには持って行きたかったのです。
それが はからずも、ものすごい短縮!
ホント、練習はウソつきませんね!!

メトロノームは、自転車やり始めた 極当初 14年前から使ってます。
当時どの雑誌みても、「ケイデンスは 90で」 なんてありました。
でも、メーターでそれを いちいち確認しながら走るなんてオロカなことだと思い、
ならば、「耳で音を聞きながら合わせて漕ごう」 と。
そういうのはきっと 楽器屋さんにあると確信して、求めたのです。
当時、パソコンも持ってない私でしたが、読みは的中し、ありました。楽器屋さんに。

BPM(ビート・パー・ミニッツ = 1分間あたりのビート)を、ケイデンスの「90」 にし、
「ピッ・ピッ・ピッ・・・」
てやると、どうしても 「力入れる足が同じ」 になってしまう。
なので、倍の 「180」 にし、テンポを 「2拍子」 にすると、
「ピッポ・ピッポ・ピッポ・・・」
と、左右交互にそれぞれ力を入れられてグワイ良くなりました。
なので、おっしゃるとうりコレは、自転車専用です! 音楽は、全然ダメな私です!
以前は、平地用と激坂用、それぞれビートを変えたのを2つ自転車に付けてました。
1つのメトロノームで、坂に突入したからといって いちいち BPMを変更するのが煩わしかったので。
今ではスッカリ、「90回転のビート」が脚に沁みついてますので、トレーニング以外の時(ツーリングとか)は、こんなの鳴らして走ってません。
ツーリングは練習じゃなく、「楽しむ」ものですからね!



ひこさん、レースの駆け引きについては全く判らない私です。
どの人が自分に合い、引っぱってもらえるかとか、しかけるタイミングとか。
そういう、「レースを組み立てる」 っていうのが全然できないものです。

おっしゃるように、ヒトに付いていって、かえって疲れたり物足りなく思ったり・・・。
また、ちょっと坂がゆるいとダンシングでガシガシ漕ぎ、きつくなるとヘロヘロ・・・。
心拍の上下・体力の消耗がハゲしかった。
なので、「終始一定のペースで」に変えました。周りに抜かれようが、追いついて抜くタイミングを得ようが、「マイペース。」 そのペースで抜ければ自然に抜く。
他者と競わず、ひたすら自分と戦う。
ところが これがなんと、いちばん速かったのです!

昨今は、そのペースを下げてばかりでした。
そりゃ、タイムも遅くなりますわ。。
今回も、ひこさんを捉えた時に気合いを入れるでもなく。
そしたらなんと 抜いちゃいました!
でも、その後 シッカリ抜き返されましたけどね。
・・・ペースをたもちながらも、ひこさんとの一時は楽しかったものです!

今後、ギヤやホイールを変えられ、自分のペースを見つけられたひこさんには、私がかなうハズありませんので、サニ太さんとか 異様に速いヒトに合うように練習してください!!



くずやさん、おっさんたち、「馬子にも衣裳」 でしょ?

こういう場では、おとなしめの配色のジャージは かえって 居心地悪いものだと気づきました。
普段の練習やツーリングではまあ、「明るく目立つ=自動車等に認識されやすい」 ジャージを着てます。
ハデなのは恥ずかしい。
それが、こういう会場では、「派手こそ華!」な、ハッタリかますのがひとつの約束みたいです。
ただ、私は衣装持ちではないので、この大会ではズッと ほとんど毎回 同一のを着て出場してます。
ここまでくるともう、「この大会に賭けた勝負服!」 みたいになってて・・・。

今回もいつもと同じように、「ヒトとは競わず、ただひたすらヲノレと戦う」 に徹しました。
でも、やっぱ、それだけではモノ足りなくなるもので・・・。
自分一人ではゼッタイ起きない 「競争心」 。
対・自分だとゼッタイ負けますから。
まわりあってこそですね。

それでも、ご褒美は、「自分に対して」。
イイんです!

来年?

私はもう冬眠します、春まで。。。



  • 2016-07-14 21:47
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C4234] 挨拶のみ

お疲れ様でした、ごあいさつのみで失礼いたしました、登場してるかなと思い読ませていただきました。
期待していたのに一言も、、、、、
また来年気張りましょう。
  • 2016-07-15 08:45
  • サニ太
  • URL
  • 編集

[C4235] 申し訳ありません

サニ太さんは、私がコッソリとウォーミングUPしてるとこに挨拶にきてくれたのに・・・
記事では全く取り上げてなくってすみません!!

取り上げてないって言えば、ツッチー師。
彼も この会場のどこかにいたハズなのに、今回 探しもせずに UPにハゲんだ私でした。

サニ太さん、去年の お言葉で私は目覚めたようなものです。
「アタマ まっ白になるほど追い込む!」

それだからこそ、サニ太さんは あのタイムなんでしょうね。
「1時間20分台」。
私なんかは、もはや到達できないレベル!
まっ白にはならなかったけど、この2,3年のうちでは最も自分を追い込んだものでした。
そのお陰で、私のあのタイム。感謝してます。

・・・ってことを、記事にチョロッとでも添えるべきでしたね!

でも、こうしてコメントくださって嬉しいです!
来年はチャンピオンクラスに挑戦ですか?
私も まだまだやれる余地はあると判りましたので、また気張りたいと思います!!
(チャンピオンクラスには挑めませんけど。)




  • 2016-07-15 22:03
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ