Entries

   超過酷!! 山岳ツーリング!

 自転車ツーリングなんて、何ヶ月ぶりやろ?

今回の詳しいルート、内容は こちらを見とくれんかね。


では、ワシの報告です。




     まゆみ1

今回 初めて皆さんにお披露目したんよ、ワシの新しいクルマ(中古)!

「おッ、イイじゃない!」
「なかなかカッコいいね!」
「これでも自転車乗せられるトコがいいよ!」
「シートもバケット風で、スポーティやね!」
「ハネやエアロパーツが引き締まった感じだしてるし!」
「え!? リッター19?!!!マジ?」

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・

「でも、だいぶ『若向きなクルマ』やな・・」
「あれ?ナビ付いてないの?」
「うそッ!ETCも無いって?」
「シートの上、食べかすだらけやん!」
「助手席上のガサガサ、なんとかならんの?」


・・・うるせえ、ウルセエ、うるせ~ッッッ!!!

へえへえ、ワシが乗るには「年齢詐称」しなアカンよ!
(見た目の年齢はゴマカシようがないけど。)

ナビ? 地図(本)があればイイやろお?!

ETC? 高速なんて、年に3回くらいしか乗らんし!
しかも、1区間だけ。

食い物カス・・ココへ来るまでの道中食。しやないやろ。

助手席のガサガサ・・今日のツーリングの荷物!いつもはナンにもないんやで!





     まゆみ2

内心、「チッ!」と思いながらも、気をとり直して走り出す。
今日は なんつっても 標高1480mの「真弓峠」、1300・・
何十mやったかの「白巣峠」をヤルんやで!
80%「ダート」。超過酷な登り・下り!




     まゆみ3

いきなり「通行止め・クマ注意」の頑強なゲート出現!




     まゆみ4

でも、その脇をスルリと抜けて行く。
あとは自己責任でってコト。





     まゆみ5

・・・キツ過ぎるよ。
10分走って10分休み・・の繰り返し。
このあたりはまだ「木陰」があるでイイけど、もうちょっと登ると
なんか「開けて」きて、太陽ガンガンッ!!
「もうエエんじゃない?」 なんて言い出すメンバーも・・・。





     まゆみ7

・・・向こうに見える山、下から1/3の辺と2/3の辺に左右に走る道が
見えるやろ?
・・・あそこ行かならんのやで~・・・両方とも・・・





     まゆみ8

すごいツヅラ折れの坂が延々続く・・・
上の方に見える方、もう、自転車降りて「押して」ます。
ワシもモチロン降りとったよ。





     まゆみ10

ワシが激坂登る時に「気を休める方法」。
それは「路傍の植物をながめる」・・です。
こういうトコでないと見られない草花って、けっこうあるんよね。

亜高山やったり、特殊地質地やったりして、自分が住んどる地域の植相と
かなり違っとることが多い。 ツーリングやっとると。
(それが山でのうても。土地が変われば生える花も変わる。)

写真の花は「シモツケ」です。
(初め、「シモツケソウ」やと思ったら、葉が全然違っとった。)
こんなの、ワシらんトコには咲いとらん。

こうやってキョロキョロしながらユックリ走って、登りのツラさを忘れる・・・・・ことはできんな! えらいもんはエライ!! 
でもまあ、チョットした気休めにはなるよ、地面を見つめて走るよりは。





     まゆみ12

もう、どんだけ登ったの? 去年よりかなりペース遅いよね?
でも、ここ、ホント涼しいんよ!

こんな花も咲いてました。


     ヤマハハコ

        「ヤマハハコ」
里に咲く「ハハコグサ」の高地バージョン?みたいな。
この仲間で、花が小さく葉が花みたいになったヤツが「ウスユキソウ」です。 


     hayachineusu02-1.jpg
 
        「ハヤチネ ウスユキソウ」
なにを隠そう、この花こそが、日本の「エーデルワイス」なんです!

        「エーデルワイス」・ヨーロッパ産 ↓

     edelwaisu.jpg
  
・・・というワケで、エーデルワイスを探しながら登ったけど、
「ヤマハハコ」ばかりにしか会えませんでした。





     まゆみ13

それにしても、こんな高地にも「ネジバナ」があるなんて!!
そっちの方がオドロキやったよ!田んぼのあぜにもあるよね?
こんな花でも、「ラン科」なんよ~。 
小さな花一つ一つを、よう見れば「蘭」特有の形をしとる!

・・・花なんかドウデモええ!
先を急がな!





     まゆみ15

だいぶトップが低う見えて来たぞ!
峠も近い・・・でも、もうヘトヘト・・・





     まゆみ16

それにしても、道、ヒド過ぎやない?





     まゆみ17

・・・というワケで、やっと着いたよ、真弓峠直下のゲート。
ホントの峠頂は、ここ越えて30秒ほど歩いた先。





     まゆみ18

やっと着いたよ、ホントのテッペン・・・1480m。
でも、疲労困憊の極み。この時点で正午。
この後、長野県大滝村まで下り、シュワシュワ補給する予定やったけど、
とてもムリ!
そんなコトしとったら、夜になる!

・・・ということで、ザンネンながら、ここで引き返すことに・・。
いいよね?汗も尋常なくかいたし、もうヘロヘロなんやで・・・

ちなみに、ここまで16kmくらいしか走ってないんですけど・・・
それを 4時間近くかけてまったんですけど・・・
アベレージ、7.4km/hなんですけど・・・
どんだけヘタレなサイクリスト?


まあ、ワシのヘタレぶりは この後も続く・・・

ワシ、「下り」がオソガイんよ。 
み~んな、トットト下るんやけど、ワシだけ置いてけぼり!

かなり差がついて、皆が待ってるトコへワシが「ハーハー」言いながら追いつく。 下りでハーハー言うのはアレやけど、シヤナイよ。
ゴロゴロした岩だらけの道を降りるんやも。一歩間違えば谷底へ・・・

みんな、そんな道を土煙たてて下って行きよる・・・
彼らに「恐怖心」は無いのか? ニブイだけなのか?
・・・って、これ、去年もおんなじコト言ったね。






        おまけ

     まゆみ20しろ寝相

ウチ帰ったら、どシロ、惰眠をむさぼってました!!

     
        










スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/78-fa66262f

トラックバック

コメント

[C159] しろチャン

隊長さんの報告書より、ずっとオモシロいですね。
まーいつもながら、ヘンなトコに行くのねー

最後のシロちゃんがあんまり可愛かったから、カーソルでお腹をなぜなぜしたら、「まゆみ20しろ寝相」って、出てきてビックリ!

なんで{まゆみ??」 真弓峠ね~
後になって、やっと分かりました。

真弓峠は厳しいけど、人の情がある峠でしたね。山道で落としたデジカメをネットで検索して、探しだしてくれた人がいたくらいでしたから。
  • 2010-08-27 21:55
  • mayumi
  • URL
  • 編集

[C160] ・・・どシロめ・・・

いま、そのシロが私の部屋でイタズラしてるんですよ・・・

真弓峠、「○○○っていう名のつくのは みんなキツイな~」って、以前 隊長、ツーリングレポートで言ってましたが、
ヤッパリそうなんですか?
そんなコトないですよね!

(ちなみに まゆみ20云々は、単に画像に付けた名前です。「真弓峠記事関連画像20番目シロの寝相」ってな感じで。 すみません。)
  • 2010-08-27 22:14
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C161] おいおい

オレを引き合いに出すなよ!
  • 2010-08-27 22:35
  • G
  • URL
  • 編集

[C164] mayumi峠

ああ、あれね。
鬼峠発言ね。
  • 2010-08-30 10:57
  • moni
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ