FC2ブログ

Entries

   林業 


 こんばんは。

今年が 「ともだち歴 3年」 であることに怯えてる
とまぢふです。
(映画 『20世紀少年』 より。)











 このごろ、みょ~に暑いねえ!
夏に戻りよるんやない?

そんな暑い こないだの連休、ワシたち(妹どの、甥っ子ゲン)がやったコトを・・・











その前、お彼岸。


 1DSC_0625.jpg

なんじゃこりゃ~~!!










    2DSC_0629.jpg

うち(オヤジの実家)の桐(キリ)の木、
台風で倒れて、こともあろうか
「観音堂」 を直撃しとるがなあァァァ・・・






 3DSC_0623.jpg

「えらいこっちゃ!」
と嘆く 妹どの。




この観音堂は、近所の有志が30年くらい前に
建てたもの。
交通安全を祈願して。
・・・ってゆうより、ここをより所にして
花見会やらで皆が集まれるトコにしようと。
ワシ(親父の実家)の土地のすぐ隣に。





・・・時はウツロイ、発起人は亡くなられ、
いつしか廃墟然と化した観音堂周辺。
もう取り壊すというハナシも聞いとる。

そこに倒れかかった我が桐。
この木はウチの土地に生えとるヤツやで、
なんとかしならんろ?
たとえ ブッ壊される運命のお堂でも・・・。

まあ、ワシの自慢の
「スティール製のチェ~ンソー」
なら 他愛ないやろ?!
たかが桐の木ごとき!!





・・・ところが


こういう、「寄りかかった木」
っていうのは、いちばん危険なんやってね、
倒伐するのに。 ↓

http://www.rinsaibou.or.jp/cont02/items07/0207_03_idx.html


いろんなサイトを見てみたら、
「切れたとたんに跳ねあがって死亡」 とか、
「思いがけない方向に倒れ死亡」
「いきなりズリ落ちてきて死亡」

こういうのを
「かかり木」って言い、
複雑なテンション、コンプレッションが働いとる
らしいんよ。
やで、どシロートは手を出したらイカンと。


・・・ヤバイ。
チャチャッと一人で片づけて
わが妹どのにカッコつけようと思っとったに・・





 4DSCN2782.jpg

状況。


妹どのも、
「ゼッタイに一人でやるなよ!
こんどアタシら そっち行くから、
その時にいっしょにやろまい!」

ワシもまだ死にとうないで、従うことにしました。













 6DSCN2592.jpg




 9DSCN2596.jpg




 11DSCN2611.jpg




    7DSC_0936.jpg

10月8日。
お彼岸の時と比べて 葉が枯れて少のうなった。










 12DSCN2610.jpg

思い悩むワシ。







 13-1507538164932.jpg




 
 15DSCN2616.jpg

甥っ子の「ゲン」と作戦を練る。
(撮影、ど妹!)








     16-1507538119525.jpg




 17DSCN2606.jpg

まずは下草を刈る!

都会暮しのゲンにやらせよう!
あいつ、こんなコトやったことなやろで
興奮するぞ!

・・・ところが。

「会社の保養所が長野県にあって、
毎年イヤというほど草刈りさせられてるよ!」

結局ワシが・・・











 18-1507538167638.jpg

こらッ、ゲンッ!!
勝手に切るやないワイッ!!
跳ねて死んだらワシ、ど妹に顔向けできんがなッ!!








  20DSCN2623.jpg

フフフ・・・
こういう武器を持っちょるんよ、
オジちゃんは!
任せんかいッ!!
(と言いながらも、これ扱うの
買ってから3回目。)











 21DSCN2621_edited-1.jpg

いきなり 「エンジンかからん」 。 爆。











 23DSCN2627.jpg



 22DSCN2628.jpg

ええいッ!!
文明の利器のチカラを思い知れ~~ッ!!







 25DSCN2639.jpg




 26DSCN2640.jpg

こうやって切る間、汗がダーダーと。
10リットルくらい出たのでは?
「暑い3割、冷や汗7割」
みたいな。。。
ワシやって、死にとうはないでね!







 29DSCN2646.jpg

「ゲン、どうや?
ここまで切って残りは あとちょっと。
引きずり降ろすか?」

「でもオヂちゃん、『かかり木の処理』
で、やってはイケナイんじゃなかった?
抱えて降ろすのって・・・」

「オカマか? お前は!
よし、お母さんも呼んで3人でヤルぞ!」



な~んて会話はもちろん無いよ。
全ては妹どのの、
「引きずり降ろいてまえ~!」
の号令で。
・・・ヲトコらしい・・・









 30DSCN2657.jpg

みごと、観音堂に寄りかかっとった木を
引きずり降ろせたよ!





 32DSCN2650.jpg

思わず ハイタッチッ!!






 33DSCN2664.jpg




 34DSCN2672.jpg




    35DSCN2675.jpg

ジミ~に枝を払い、幹をカットする。









 36DSCN2688.jpg

「どうや? まあこんなモンやろ?」









     37DSCN2691.jpg

「ついでにコイツも ヤルか!」

お堂の近くの桐の木も。。。










 38DSCN2703.jpg




 40DSCN2711.jpg

「バイ~~ン、バイィ~ン~~~!」
大仕事を終えた余裕で。。。








  44DSCN2722.jpg

今日はコイツのおかげです。





 41DSCN2717 - コピー

ゲンも なにかしら得意げ。
危機を救ったというアレか?





 42DSCN2718.jpg

きれいになったよ!

管理者から頼まれたワケでもなく、
「ヒトとして放っておいてはダシカン」
の気持ちから・・・。


でもね、ワシや妹はイイよ。
ただ、若い甥っ子の連休を潰いてでも
やらならん仕事やったのか?
っていう 後ろめたさ。。。
妹にとっては息子。
命令すれば済むコトやけど。
ワシにしてみれば申し訳なさが
ココロに充満する・・・





ところが ゲン、
「ああ、楽しかった!」
って言ってくれた!!

ワシ、その一言で全てが救われたよ!














 43DSCN2726.jpg

切った木の一部






    46DSCN2753.jpg

草刈り機で仕上げた。








 47DSCN2736.jpg

ゲンと その母、父親・亭主に報告メール。








    48DSCN2737.jpg

あとは、この『朴の木』やな。
そのためにチェーンソー買ったんやで。

午前中いっぱいかかるかと思っとった
「倒木処理」、10時半に終わった!






















    49DSCN2755.jpg

妹、甥っ子が帰ったあと。
午後4時。
再び現場へ。










 51DSC_0099.jpg

オヤジの負の遺産 (の、極一部)
廃材。






 52DSCN2766.jpg

もう、どうしようもない材木群・・・


 
 







 50DSCN2769.jpg

午前中に引き続き、たそがれ時も・・・










 54DSCN2776.jpg

だいぶヤッツけれたよ。









 
   55DSCN2779.jpg

ありがとう、今日のイイ天気。


充実した一日でした。

おしまい。











スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/805-12bca4c2

トラックバック

コメント

[C4849] 観音堂さまが

観音堂さま
救出ご苦労さまでした
さすが
チェーンソー!
でも
台風で木が倒れたのではなく
観音堂さまが
ほったらかしはいかんよ
ちゃんとせんと・・・
と木をお倒しになったのでは?
  • 2017-10-14 10:39
  • くずや
  • URL
  • 編集

[C4850] 観音堂

私の所にも同じようにひい爺さん世代が集まるために祭ってある物が有ります、今の時代面倒でしか無いので辞めて欲しいですが、毎年九月に月見の宴が有ります。

こういうのは雪の時期になら構わないのですが、一番アウトドアの気持ち良い時期にやるので、本当に迷惑でしか無いですよ~

[C4851] もぬけの殻・観音堂

ありがとうございます!
くずやさん、ひこさん。

「年寄りが集う場所として」
の、観音さま。

いろんな意見・考え方がありますよね~

廃墟となってしまい、観音さまが自らを嘆き
「放ったらかしにするな!」
と言いたかったのか・・・

いや、実は
「とっくに役目終わってるのに、
孫子の代まで管理させるな!」
が現実なのか・・・

私たちが往生こかされた観音堂、
もう お祓いも済んだ
「もぬけのカラ」。
なので 負い目を感じるスジアイではないのですが、やっぱ 「宗教的建物」。
そのままにしておくのも忍び難い・・・。


作業後、妹どのが怪我をしたけど軽傷で
済んだのは
「観音堂を救ったから」
と思ってます、妹どのは。



また、いちばんイイ季節に足止めさせる施設?
観音堂。
自分たちが楽しむ影で、忸怩たる思いをしてる者がいることも判ってほしいですよね。
立場が替わってこそ知り得るコトかもしれませんが・・・
我々も年寄りも。
(あ、そこにかなり近づいてます!)




  • 2017-10-16 22:44
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ