Entries

 これからに期待を込めて


 こんにちは。

ハンバーグは 「マルシン」 か
「イシイのチキンハンバーグ」 以外、
買っては食べない とまぢふです。











 ちょっと前の話題でスイマセン。
(加工しただけで記事にしてない画像があり、
せっかくやで UPしとこうかと・・・)














   10DSC_0016.jpg

「秋葉神社」例祭。

ホントなら、山の中腹にある お宮でやらなイカンのやけど、
なにぶん高いトコにあり、参拝者も高齢で
なにしろカンジンの神主さんまでも、
「あんな高いトコへはもう登れん」 と。

やで最近はもう、ここ
「祖師野公民館」
でやるように・・・。










 11DSC_0017_edited-1.jpg

簡易的な祭壇をつくって、
「ひもろぎ」? 「ひよろぎ」?
っていう 「紙垂(しで)を付けたサカキ」
に神さまをお呼びして一時的に宿らせる。
こうすれば、どこでお祭りしてもいい。らしい。


「かけまくも~」
で始まる神事の画像はありません!
これでも場をワキマエとる とまぢふです。
ちゃんと うつむいてオゴソカな雰囲気にひたったのだ!
(って、前、隠し撮りしてUPしたコトあったのは
忘れてください。)












 12DSC_0021.jpg

神事のあとは お神酒(おみき)をいただく。




 13DSC_0031.jpg

ことしの当元(とうもと・祭り全般を仕切る当番)、
「山のお宮がもうタイヘンなことになってます」
と。
たどり着く道もアヤウク、祠(ほこら)自体も
朽ちかけているらしい。

いろいろ提案や意見聴取なんかもして
今年はいつもより長い祭典になったよ。
「末永く続け引き継ぐ」ためには
今までの慣習も ある程度は妥協を図りつつ
変えていかなシヤナイということやね。
大相撲での
「女性は土俵にあがれない」問題しかり。
ワシは このご時世、
ホントに曲げたらアカンことは そっとしといて、
変えれるトコは変えてもエエと思うよ。
次世代を担う子孫がおらんワシが言うのも
ナンやけどね。














 14DSC_0032.jpg

おばちゃんたち~、気ィつけて帰りないよ~

ワシ、この人たちを家の前まで送ってってやったよ。



















 9-2DSCN4502.jpg

ウチ帰ったら、どシロがスヤスヤと寝とる・・










    9-1DSC_0013.jpg

って、クソねこ~~~ッ!!

祭りの間、
ふとんをフカフカにさせようとセットしといたに~~~ッ!!













 15DSCN4511.jpg

「あ~ん?! ニャんや、もう帰ってきたかニャ~」

ワシがウカツでした。。。
ネコやも、ぬくといトコへ行くよね、当然・・・。
午前中 見当たらなんだで、
「シメシメ、このすきに・・・」
と、布団乾燥機をセットしたに。。。

「どきさがれッ!!」
と、クソねこをかかえて降ろす。
「天気イイんやで、どっか行けッ!!」

















 16DSCN4497.jpg

祭りで 「お神酒程度ではない量」
の お酒をいただいたので、もうどこへも行けず。
(だって、どんどん注がれ続けるんやもッ!)

シヤナイで 張り切って草グサの植え替えをします。









 17DSCN4494.jpg






 18DSCN4526.jpg


「ヤマジノホトトギス」 かにゃ?
名札が取れてまっとるでナニかワカランけど、
枯れた茎と根のグワイで・・・







 19DSCN4540.jpg

これは 「スズラン」。
以前、このブログ読者さんの shikiさんから
いただいたモノ。
見てますか~?
花咲きますよ、毎年。 








    20DSCN4531.jpg

「大文字草」。  植替える前。





    21DSCN4532.jpg

植替え後。 陽が傾くまで作業する。













 22DSCN4546.jpg

だいじな鉢植えはココ、物置の横に。
「朝日が当たって 午後からは日陰になる」。
か弱い山野草にとっての 一等地!
スペースは限られとる。
どうでもいい じょうぶな種類は 裏の
西日がガンガン当たるトコに。
適材適所ってコトでワシも考えとるんよ。
「いたわりのココロ」 でもってね!

 













 23DSCN4556.jpg

「ニャ~にが 『いたわりのココロ』 よ!
アタシへの扱いは 『虐待』 やないの?」


・・・ いえ、決してそんなことはアリマセン、
シロちゃん。
10歳になったネコ、それなりにいたわってやるよ。
やで、もうネズミは獲ってこんといてね!










   おしまい。











スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/843-ac97b68f

トラックバック

コメント

[C4998] 我が地域でも

秋葉神社のお祭りは公民館でやるようになりました、皆さん山の上の社に行くのが嫌なので仕方ないですね....
くたばり損ないの言うことを聞いてやってると、後数年もしたら祭りもやらなくなってるような気もします、もう今までの慣例に拘らず臨機応変にやってかないと誰も来なくなってお宮が朽ち果てそうですね。

[C4999] クタバリぞこない(笑)

ひこさん、やはりウチらだけではなかったんですね~、そういう問題。

アタマの固い大人のヒトが、
「しきたりだから!」
って言ってる場合ではなくなりつつあります。
そう言うヒト、自分がクタバった後に祭りが消滅してしまってるのがイイか、形を少し変えても残ってた方がイイか、考えてほしいです。

それにしても秋葉神社って、どうしてみんな 山の高いトコに祀ってあるのでしょうね?
本山もトンデモなく高いトコらしいし・・・
  • 2018-04-24 21:51
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C5000] 秋葉山本宮秋葉神社

 お久しぶりです。秋葉神社の本宮は昔、自転車で登りましたよ。

 wikiによると「秋葉権現は秋葉山の山岳信仰と修験道が融合した神仏習合の神である。火防の霊験で広く知られ、近世期に全国に分社が勧請され秋葉講と呼ばれる講社が結成された」とあるように、修験道や山岳信仰つながりで、各地の秋葉神社はわりと高い所にあるのかもしれませんね。

 少子化、過疎化でそういった神社や祠は、今後維持できなくなる所も出てくると思います。
  • 2018-04-24 23:11
  • こま
  • URL
  • 編集

[C5001] さすが!

こまさん、お久しぶりです!

以前、秋葉神社の祭りで神主さんに聞いたコトあります。
「なんで秋葉神社はみんな高いトコに?」
って。
「みんなを見渡せる高い場所から御霊験をさずけるためでは?」
と言われましたが、それなら 秋葉様に限らず全ての神様・神社が そうするハズでは?
と思ったものです。

なるほど。
山岳信仰と結び付きがあるからなんですね。
タメになりました!

私トコと母の実家だけが一緒にモリしてる宮(ほこら)があります。
魚族を供養する観音さまで、漁業組合から毎年 お神酒もいただいてる。
せめてそこは 永遠に続いてほしいものです。
(あ、私で代が途切れます。
甥っ子はやらないよな~。愛知県民だし。
でもアイツら、釣りが大好き!)

少子化に加担してると見られ、肩身が狭い昨今です。
  • 2018-04-25 01:02
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ