FC2ブログ

Entries

 苦労した甲斐あった・・


 こんばんは。

腕立て伏せ、20回しかできなかったことに
ガクゼンとした とまぢふです。











 1DSCN5068.jpg

ゆうべ、自転車2台を運び込んだ。
前のは 鉄フレームの「クロモリ号」。
後ろはカーボンの「ハザコ号」。

「なにタクランどるんかニャア?」












 2DSCN5075.jpg

実はもう、だいぶアカンようになっとるんよ、
「タイヤ」 。
これはハザコ号のもので、右が前輪、
左が後輪。
前輪はまだしも、後輪のは真ん中のヤマが
平らになってまっとる!
後輪は駆動力と、どうしても荷重がかかるで
早う減るんよね~

では、クロモリ号はどうかとゆうと・・・










    3DSCN5078.jpg

こ・・・ こりゃアカンでしょ?!

左(後輪)、テラテラと光るほど減ってまっとるが!

この自転車、「部屋漕ぎ用」 として使っとった。
負荷のかかったローラー台に後輪を当てて漕ぐ。
前輪は全く動かず、後ろタイヤだけガンバル。
やで、後ろだけ減る。
とりあえず、2台とも後輪タイヤはもうダメ。
捨てるしかない。

そんな時ワシ、考えたのよ。

「まだ使えるハザコ号の前タイヤを、クロモリ号の
後ろ用にしよう!
で、ハザコ号は 前後とも おニュー(死語?)のタイヤにしよう!!」


 4DSCN5083.jpg

上がハザコ号の前タイヤ。
下はクロモリ号の前タイヤ。
この組み合わせで クロモリ号に履かせる。

で、ハザコ号の足元は・・・












 5DSCN5074.jpg

これにしました!
『パナレーサー クローザープラス』 。
耐パンク性やグリップが そこそこイイやつ。
「軽快に走りたい、でも値段が・・・
という人に!」
な 謳い文句もいい。

・・・やけんど、お値段 1本 2921円也 チ~~ン!
掛ける 2本で 約6000円也 チンチ~~ン!!
さらには、このほどチューブも全部4本とも換えるで、
600円×4=2400円。 
合わせて 8400円 。。。 ショッボ~ン・・・

いや、今 履いとる 「パナレーサー ツアラー」 は
1本 3500円くらいしたハズ。当時。
それを2台とも同時に備えたで、
1万4000円か・・・
羽振りが良かったんやにゃ~、
あのころ。 (← 遠い目)
いったい いつ買ったんやったろ?
このタイヤ。





 9DSCN5097.jpg

タイヤに刻まれとる 「製造年月表示」 。

「N10」 は、2010年を表す。
その横の、円形を十字に仕切ったマーク、
これが製造月を表す。
12ヶ月を十字で4つ割りにして、左上マスに
点が二つあれば 「2月」製。
3つ打ってあれば「3月製」。
4月だと、点が左下のマスに移る。
(左回りで打刻される。)

このタイヤは、左下のマスに 2つ点があるで、
「5月」に製造されたモノ。
つまり、2010年5月製。
古いね~~。
8年も前のタイヤなの? これ。
もうエエやろ? 捨てても・・・。

いや、でもね、このタイヤ履いてて
パンクした記憶が無いんよ、ワシ。
クロモリ号にせよハザコ号にせよ。
途中・途中でチューブを換えは しとるよ、
念のために。
でも、走行中のパンクって、ホント この8年間、
したこと無いんやないかにゃあ??
良いタイヤやと思うよ!


で、今回新調したタイヤは・・・





 6DSCN5090.jpg

「パナレーサー クローザープラス」 !
赤い帯のヤツにした!!




 7DSCN5091.jpg

しかも 「25C」 !
つまり、太さが 「25mm」 ってコト。
今までズット迷わずチョイスしてきたのは
「23C」 = 太さ 「23mm」 。

たった 「2ミリ」 の違いやないの?

な オコトバが聞こえますが、元々細いロードバイクのタイヤ、2mmってのは ソレはソレは大きな数字なんです!!

ついでに製造年月記号は・・・







 8DSCN5094.jpg

おおッ!
「2018年 3月製」 !!

(「N16」は、いちばん左の丸。 
その右横は2017年。
点が打たれた いちばん最後は
左から3番目なので、2018年となる。
その丸の中での点は、左上のマスに
3つ。つまりこのタイヤは
「2018年3月」に作られたってコト。)

新しい~~~ッ!!











でもね。

ドエライこと ハメにくいんよ・・・
このいにビードの硬いタイヤって初めて!!

ホイールにタイヤの片側の縁をハメ、チューブを入れる。
そのあと、もう片側の縁をホイールの円周に沿ってハメるんやけど、
あと20cmってトコで、どうにもハマらんッ!

ワシのポリシーとして、
「タイヤは工具使わず、手でハメる」
ってのがある。
いや、どうしてもムリで タイヤレバー(プラ製)使ってハメたコトもある。
でも、コイツは今までで経験したことない硬さ!

手が痛うなったで、やむなくタイヤレバーを・・・

ところが あまりの抵抗に、プラ製のレバーの先が
「ペキッ!」 と無情な音たてて折れてまった!!

・・・また最初からやり直し。
せっかく入れたチューブも取り出いて、たかだか
1mmくらいの破片を探しだす。。。

もうこの辺で さすがのワシもアタマに血ィ昇って
思考回路もショートぎみ。

で、また、あの場面。
もうプラ製のタイヤレバーは使えん。
「なんか丈夫で滑らかなモノはないかニャ~」
マイナスドライバーでもイイけど、ヘタすると
チューブを傷つけ、せっかくハメたのに空気入らない
な状況になり得る。
(経験者・談)

そこで見つけたんが、
「アイスクリーム スプーン」 。
(木や紙のヤツやないよ、金属の)
その柄の端をレバー代わりに。




ようやく タイヤ2本、チューブ4本の交換が終わりました。
カンシャクと冷や汗で、午後8時から始めた作業、
終了は 午後10時半・・・。
ああ、衰えてまった。
こんなトコでも 「老い」 を感じます。

ワシとしたことが、この間(かん)のデキゴト、
「レバー折れ、スプーン使ったアレ」を
全く写真に納めてませんでした!
もう、チンッチンに血が昇ってまって、
それどころやなかったでねえ・・・





 では、デキアガった自転車を。




 10DSCN5102.jpg



 11DSCN5103.jpg

 赤い帯のタイヤ、ハザコ号に よお似合っとるやろ?

で、2ミリだけ太うなったタイヤ、
どんだけ違うんやろ? 乗り味・・・。



 










そんなチンチンタイヤ、さっそく今朝 試乗!!
(血ィ昇った弾みで飲み過ぎ、寝坊しました!
熟女さんやJKさんにも会えません!
あ、JKさんは卒業したで初めから期待できんか!)















 13-1DSCN5106.jpg

朝 6時10分ころ。
お日様はもう出てござる。

この場所はアソコですよ、
カモシカ の ↓

 13-2I1MG_20180414_0001.jpg

今朝も 心拍数 押さえぎみの 「130台」
で行く。











 14DSCN5130.jpg

あ、ヤバイ! 140になってまったッ!!

いろいろ付いとるやろ?
真ん中のは「デジタル・メトロノーム」。
これでクランク回転数を管理するんやけど、
今は電池切れて動いてない。









    15DSCN5122.jpg

お猿さんみたいやね。








    16DSCN5132.jpg

今朝は晴れとるが故にサブい!
やで、足にはシューズカバー。
(下着も2枚 着込みました!)






    17DSCN5134.jpg

太さ 25C のタイヤ。

ホントはクロモリ号にも履かせたいんよ。
でも、本来 「レーシング仕様」 なフレームのあいつ、
そんな太いタイヤはムリなんよね。

タイヤが太うなると、外径もわずかに大きくなる。
今 「23C」 でギリギリ。
25Cのタイヤを履かせてみたら、
「フレーム(変速機のクランプ)に当たってまう」
な事態に。
それでヤムナク、この太めのタイヤはハザコ号だけに。








 18DSCN5131.jpg

ああ、イイんやない?
たった2mmの差で、このいに違うとは!

とにかく 「乗り心地」 がドエライ ええッ!!

今まで 「カタタタタ・・・タンッ!」 な腕への衝撃が
「トゥルルルル・・・」
みたいな。
これって前、クロモリ号からハザコ号に
乗り換えた時のと似た感覚。
「フレームの違い」で感じたのを、
「タイヤ幅 2mmの違い」でも感じとれた。

いや、これ、イイわ~!













 19DSCN5143.jpg

飛騨金山駅着。
今日は心拍押さえて走ったで、
数値(タイム)は気にしとらん。







 20DSCN5144.jpg

「19分 50秒」 か。
まあ、そんなモンやろ。
(って、心拍140なら、昔は18分か
それを切るくらいやったけどね。
・・・老い?)

さあ、帰るか。













 21DSCN5146.jpg

遅うに出発したもんで、朝日が このいに高い!
でもイイ気分!!
(この時点で 午前6時半ころ)











 22DSCN5149.jpg

ハァハァ・・・

やっとウチに着いたよ・・・

やっぱ途中で火ィ入ってまって、心拍数
「170」 にも!

そんなでも、帰ってみりゃこのタイム・・・。
「44分01秒」 ~?




 23DSCN5147.jpg

とにかく今朝は寒かったでニャ!
「8℃」 やでェ!!
それじゃ絶頂期のパフォーマンスは引きずり出せんやろ?

とかナンとかイイワケ考えたけど、結局、
「老い」 ?

いや、間違いないやろ・・・。

でもエエんよ。











    24DSCN5157.jpg

こうやって シロちゃんが出迎えてくれるんやで!
(かなり寝ぼけマナコ)

心配しとったか?
おーおー、オマエがカワイイでちゃんと帰って来よるんやぞ!
(って、走ってる最中はマッタク思いもしませんが。)




 とにかく今日は、交換したタイヤの違いを判ったコトで、意義ある朝でした!

明日は、ハードに攻め(責められ)ますよ!!
アイスクリーム・スプーンをサドルバッグに詰め込んで。








 おしまい













スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sossy.blog129.fc2.com/tb.php/847-284f01be

トラックバック

コメント

[C5015]

バナツアラーは耐パンク性能が抜群ですよね。サイドケーシングもバッチリ。なので乗り心地はあまり良くなかったと思います。今回のタイヤはそれほど頑丈に出来てない分、柔らかくて乗り心地も良いんだと思いますよ。

一度パンク性能の全くないタイヤを使ってたんですが、ホントいい感じでした。良くパンクしましまけど(笑)

ワタシのように余り良い路面を走らないようだと、乗り心地よりも耐パンク性能の方を重視しないと大変です(´▽`)
週末はがっつりですか?また渾身のレポート楽しみにしてます!
  • 2018-05-11 12:35
  • himiyoshi
  • URL
  • 編集

[C5016] そういうコトだったんですね

himiyoshiさん、ありがとうございます!
いや~、タメになりました、このコメント。

「乗り心地は タイヤの柔らかさによる」
確かにそうかも。
ビードはメチャクチャ硬かったけど、タイヤそのものはすごく柔らかかったです、ハメる時。
パナ・ツアラーはサイド部も確かに硬い。
そりゃ乗り心地も変わりますよね!

そう言えばヒミさん、去年かおととし
「パンク大王」があなたに降臨した日に履いてたタイヤって、その 「パナ・ツアラー」じゃありませんでしたか?

今回のような記事書いてると、自転車に命を賭けて走ってる・・・みたいに思われますが、マッタク違います。
「いかにして楽するか?」
「サボる言い訳を考える」
に腐心してる毎日です。

あ、そうそうッ!!
ヒミさんのブログにもコメント寄せましたが、
「腕に着けるバックミラー」、購入しましたよ!
でもこれ、どうやるの?
腕のどの部分に着けるの? 
手首?二の腕?チカラコブの辺?
どうもシックリこず、いまだに着けて実走してません。
  • 2018-05-11 21:26
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

[C5017]

私は手首に着けてますが、とまぢふさんが見やすい位置につければ問題ないと思いますよ^^
ツアラーの頃は、ツアラーでもパンクしまくるような道をww
今使ってる継承されたグラベルキングはまだ一回もパンクしてません^^ もっとも、キケンな道走らなくなりましたからね。
  • 2018-05-12 04:30
  • himiyoshi
  • URL
  • 編集

[C5018] 腕立て伏せ!

車もそうですが
自転車もタイヤで性能が
大きく変化するのですねぇ
超扁平タイヤ付きの車を購入されて
乗り心地が悪いのでなんとかして
とお客さまに言われたときは困りました
タイヤは工具を使わず、手でハメる・・・
腕立て伏せ!
腕立て伏せ!!
  • 2018-05-12 09:04
  • くずや
  • URL
  • 編集

[C5019] みなさん、お早い時間に・・

himiyoshiさん、ご回答ありがとうございます。
でもそれが 「午前4時半」 ってのが気になります。夜勤明け? これから出勤?

グラベルキング、気になります。
ツアラーを凌駕する性能なんですね!
こう言っちゃナンですが、
「年寄りの冷や水」
もうヤメよッ!ってコトですかね?
キケンな道を走らなくなったのは、イイ判断だと思いますよ!



くずやさん、「残念なヒト」 って居ますよね~。
「なんで そんなコト言う?」
「私を同類だと思わないで!」
「元々、アンタの指示やろ?」
な方々が・・・。

素手でハメられなかったのは、
「体力・筋力が無かった」 ?!

おとついの腕立て伏せの後遺症、
今キョ~レツに私を苦しめてます!
なめたらアカン、腕立て伏せ!!
  • 2018-05-12 22:50
  • とまぢふ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ