Entries

 検証! 聖地 再巡礼!!

 こんばんは。

5年前に漬け込んだ 梅酒を呑んでる
とまぢふです。
(ビミョウな味です。酔いは しますが・・。)














    1 とあるブログから342fc2a0

こないだの記事で、
「トラック野郎 オープニングのロケ地はココだ!」
なアレがあったよね。
上の絵が、件のブログ主さんが撮ったやつで、
「飛騨中山駅から 白川口駅の間の・・」
とあった。
まあ、「飛騨中山」は「飛騨金山」の勘違いとしても、
確かに 白川口の手前に鉄橋は あるッ!

ワシ、地元でエラそうに聖地紹介なんかしたけど、
かの記事で特定した場所、もしかしたら違うのでは?
と、不安になったんよ!

 2DSC06457.jpg

確かに 一番星号・ジョナサン号が走っとる場所、
あの絵のトコに見えるもんね~~~







 ・・・ というワケでワシ、もういっぺん
検証するために巡礼の旅に出たんよッ!!



















 3DSC06817.jpg

まずはDVDをかけて、コマ送りで1枚1枚写真を撮る。
どっかに場所を特定するヒントがあるハズやと。
(そして いくつかのアレを見つけた!)










 8DSC06482.jpg

それを何枚かプリントアウトした。
これを持って行って検証するのだ!
















 まずは、ワシがそこと思っとった、
「保井戸・久野川」 間にあるJR鉄橋へ。

 9DSC06485.jpg

ええ天気やね~~
こんなコトで貴重な休みを潰いてもエエんか?

見えとる鉄橋は、
「第3 益田川 橋りょう」。
問題のあの橋とは違う。
橋の下の道路のカーブが、映画のそれとは
逆やでねえ。

適当なトコにクルマ停め、アヨんで行く。



 10DSC06502.jpg

第3 益田川橋梁。
迫力あるね~。
橋脚がブロック積みフウなのがイイ。












 12DSC06507.jpg

国道41号線と並行した道を今歩いとる。
上流(下呂の方)へ向かって。











 14DSC06521.jpg

 「第4 益田川橋りょう」 。
この下で、さっきの道は国道に合流する。
この橋こそが、あのオープニングで写っとった橋やと
確信しとるッ!

おりょ?
左の 一段高いトコに、なんかあるぞ~。
赤いずきん?と 前掛けの・・・



















 15DSC06517.jpg





 16DSC06520.jpg

なんと、「慰霊碑」と、仏さまが!

・・・ 昭和 20年 1月 10日、この鉄橋を渡っとった
汽車が、脱線して下の飛騨川へ転落したんやと・・・。
死者 45人もの大惨事やったとか・・・。
でも、戦争末期でウヤムヤにされそうになった。
が、こころある有志や遺族が、ここに慰霊の場を作って
魂を慰めたんやと。












 17DSC06607.jpg



 18DSC06523.jpg

ここから落ちたんか・・・
寒い時、辛かったやろうね・・・。
ワシも 手を合わせたよ。
「聖地巡礼なんて 浮わついたコトしとるのを
お許しください・・・。」
















 19DSC06524.jpg

さあ、気をとり直いていくよ!
(って、バチあたるぞ!!)

今度は道路の反対側に渡り、順に下流(金山側)に行く。
















 20-1DSC06541.jpg




 20-2DSC06448.jpg

どお?
ここで間違いないと思いませんか?

橋脚こそコンクリ製のに変わっとるけど。
(映画のはブロック積みフウ。)







 22DSC06544.jpg

持ってきたプリントで確認しながら。

でも、あのブログ主さんが示した写真も、
全くココと似とるしにゃ~~~
いまいち確証が持てんのよ。


では、ワシがいちばんの決め手と思うアレで・・・








 23-1DSC06481.jpg




 24-1DSC06480.jpg




 24-2DSC06478.jpg

オレンジ色の矢印で示したトコ、
「側壁が二重」 になっとるように見える!
これは大きいでしょ~、特定するアレとして。
(これらの絵は、『予告編』 で使われたヤツ。)

この 「二重になったような側壁」 の存在が確認できれば、
ワシの記事の信ぴょう性を確立させれる!!





















 25DSC06575.jpg

あるがなぁ~~~~
ありますがなぁ~~~~

川原へ下りて行くための側壁切れ目箇所。

って、実は さっき、来る時 横目で チラっと見えとったんよね。

 12DSC06507.jpg

下の国道、その右の側壁の切れ目・・・。
これで
「ヲっしゃ~~ッ!!!」
って思ったけど、
せっかくプリントアウトまでしてきた資料、
実際の角度で検分したかったで・・・。
タアケ?













 26DSC06582.jpg

路側帯を歩いてはおるけど・・・





 27DSC06581.jpg

けっこう オソガイんよね。
カーブやのに、クルマ飛ばいて来るで。











 28-1DSC06463.jpg

オープニング・タイトルの最後あたりの場所。





 28-2DSC06589.jpg

ここね。
手前ほど側壁が高うなっとるけど、パース(遠近感)
狂って、向こうからコッチまで同じ高さに見える。
実際のココの側壁は背の高さくらいあるんよ。








 29DSC06591.jpg

下流側を臨む。
第3益田川橋梁の下をくぐる。



というワケで、かのロケ地はココだと確定いたしました!
「保井戸から久野川への途中にある
『第4 益田川橋梁』 をバックに撮影された」 
と。
下呂駅から焼石駅の間の鉄橋下で。

でも念のために、
飛騨金山駅から白川口駅の間にある鉄橋も見とこう。
本当にそっくりなのかも知れんでね。














 30DSC06677.jpg

「第2 益田川橋梁」 。
金山町・地蔵野にある。
ここも国道と川を一緒に渡る鉄橋。


 8DSC04792_201801212235353d5.jpg

この橋ね。










 31DSC06684.jpg

第1 益田川橋梁。
これは川を跨ぐだけ。


    32DSC06689.jpg

趣きが ある。

下流から順に番号が付いとるんやね、鉄橋。
益田川は飛騨川と同一の川で、金山で馬瀬川と合流すると
名称も本格的に 「飛騨川」 って呼ばれるみたい。
漁協も、金山橋の上流側は「益田川漁協」で、
下流は「飛騨川漁協」 と、管轄が違う。
どういうフウなんやろね?

ということは、金山より下流の鉄橋は
「第○ 飛騨川橋りょう」 な~んて名前が付けられとるんかれ?












 33DSC06699.jpg




 DSC06696.jpg

マヂやった!
この橋は、道の駅白川 (ピアチェーレ) のそばにあるヤツ。




では いよいよ、件の鉄橋へ。
下呂くんだりから白川町まで・・・















 34DSC06713.jpg

「第1 飛騨川橋りょう」 。 上流側から。

これが かのブログ主さんが主張する橋やな!






 35DSC06712.jpg

美しい橋梁ではある。




 40DSC06721.jpg

汽車が通るとさらに良い?

では下流の道路側から・・・



 







 36DSC06722.jpg

  あれ?






 37DSC06705.jpg




 38DSC06726.jpg




 39DSC06724.jpg

下流から、離れて見ても全然 雰囲気ちがうぞぉ~!
山側はモロ 絶壁やし。
どーゆーこっちゃ?
あの写真はいったいドコで撮ったの? ↓



    1 とあるブログから342fc2a0

今になって気付いたけど、道路標識あるね~
これって もしかしたらアソコやないの?
ワシがさっきまでおった アソコ・・・

こりゃあ、また戻って再検証しならんわいッ!

この写真と同じやないか? ワシが確定させたトコと。

またまた来た道を戻りましたよ。




















    41DSC06552.jpg

ここやがな。
その場所やがな。


・・・ つまり かのブログ主さんは正しく特定しとった。
ただ、その鉄橋の場所を勘違いしただけ・・・

「金山と白川口の間」 やと。
実際は
「下呂と焼石の間」 やった。。。

たぶん、家帰って あとから地図で
推測したんやないかにゃあ。
「国道と飛騨川をまたぐ鉄橋はここしかない」
な思い込みの元に・・・。

でもまあこれで、ワシも充分納得したし、
一番星、ジョナサンと共に走った気分になれたし。

それよりも かのブログ主さんが、関東のかたであるにもかかわらず、こんな片田舎まで巡礼に来てくださったコトが嬉しいんです!
「下呂でケーチャンというものを食べた」
「ヒョウタンというイントネーションでした、ケーチャン」
「オリオン会館を見た」
「岩屋ダムで、ダムカード ゲット!」

重箱の隅をつつくようなコトをしとるんではと思いながらも、
「間違って巡礼させるワケにはイカン」
な思いを抱いたものだから・・・。

でも、ブログ主さんは ちゃんと巡礼されてました。
安心しました。

この報告を、かのブログ主さんにとどけるべきか
悩んでます。








  おまけ  ↓

  44DSC06777.jpg

おもちゃのネズミにじゃれる どシロ。









おしまい。











 


 



 やらかしてばっか・・・

 こんばんは。

トマジューは 食塩入りが旨いと思う
トマヂフです。












 



 1DSC02247.jpg

2年前に脱衣場に作った 物干し。 
コレはコレで、イイ仕事しとってくれとるんよ!

でも、洗濯モノが多い時に天気が悪かったり、
ちょっと引っ掛けておきたいと思う時、
「もう 1ヶ所ほしいにゃ~」
となるんです、物干し。




場所的には、こんなトコに・・  ↓


 2DSC06482.jpg

縦の赤い棒が、今ある物干し。
さらに、洗濯機の上方に もう1つ欲しい。














というワケで、またまた 天井裏に上がり
「梁 はり」 の場所を確かめる。


 4DSC02202.jpg

梁のキワに 画バリを ブッ刺す!
しゃ~て、天井下では どこに出とるか?
針先。














    7DSC02203_edited-1.jpg

  そうか、そこに出てきたか。


あらかじめ 測っといたでね、材の幅とかを。

 3DSC06419.jpg




 5DSC06423.jpg




 6DSC06421.jpg

こうやって得たアレで、どの位置に金具を
ネジ止めすればイイか わかる。














 8DSC06425.jpg

かんたん、かんたん ♪ 楽勝 ピース!







    9DSC06427.jpg

今回は、そう長い物干し竿は使わんで、
金具 2個。
これに、吊り棒? を引っ掛けるのだ。






・・・ が ・・・



















 10DSC06428.jpg

あ~あ~、金具の向き、
90°間違えてまったがな~~!!!

これじゃあ物干し竿 掛けれんが~!
トホホ・・・ やっちまった。














 11DSC06434.jpg

気をとり直いて、やりなおし。

まあ、ネジ抜いて 90°ずらいて
また付けるだけの こっちゃけどね。
(奥のが、今回増設したヤツ。)

吊り棒、ちょっと長いか?
洗濯機の真上やで、ジャマになるかもしれん・・・。












 12DSC06437.jpg

短いヤツに替えたよ。
(2種類 ストックがあって良かった~)














 13DSC_2049.jpg

新聞紙丸めて、竿のせた時のイメージを。
なかなかイイに?

総費用、600円くらいかにゃ?
竿は会社に落ちとる鉄パイプをテキトーに
切りゃエエし。











 
 14DSC06430.jpg

「老眼鏡」 必須になってきたのが悲しい。。。
























 15DSC06445.jpg

  じゃ~~~んッ!!!

( 『またかよ・・・』 の声は超無視!)













 16DSC06454.jpg

トラック野郎シリーズ 7作目
「突撃一番星」 !!
下呂でロケやったアレね。














17DSC06451.jpg

国道41号線と飛騨川をまたぐ鉄橋、そこを
くぐって走る 桃さん・ジョナサンコンビ!

この場所は、下呂市保井戸(ほいど)と
久野川(くのがわ)の間。


・・・ と、確信しとったに、ふと
とあるブログをのぞいたらビックリ!!
(そのブログ主さんも、聖地巡礼をしてござった)
















    18342fc2a0.jpg

「あの鉄橋下は、ココである」
と されているのは、
飛騨金山から 白川口行く途中のトコらしい。

そういや、ここにもあったよね、国道と
川をまたぐ鉄橋・・・。

この絵を見ると、ワシの思っとった場所よりも
コッチのほうが ソレっぽう感じる・・・


ヤバイ、やらかいたかも知れん!
こりゃ いつか検証しに行かなイカンわいッ!!

(すみません、興味無い方には
全くツマラン記事でした。)

(でもまあ、ワシのって、ほとんどの方には
興味無いコトばっかやもね。)

(続けていきますよ、コレをワシは!)











 



  おしまい。














 宣言 !

 こんばんは。

「冬」 という字の 「テンテン」 を、
いつも左はらいに書いてしまう とまぢふです。














    





 





    1DSC06380_20180110225002ed4.jpg

これは ご存知、去年の今頃
コン詰めて作った ねこタワー

・・・ でも そのせいで
「トラック野郎カレンダー」 、めくれらへん!
ついに 1年間、この 「表紙」 で終わってまった・・


そんなコトより さらに 不幸なのが・・・













 2DSC_0205_2018011022500465a.jpg

肝心の くそネコ、見向きもしやがらんッ!
ワシのベッドで くつろぐばかり !!

ダレの為にワシ、手間とゼニをかけたと
思っとるんやコラッ!

まあ、ありがたメイワクやったってコトやな。
でもクソ、どけッ! ベッドから降りよ!
邪魔やッ どシロッ!!
ワシはこれから やらなアカンことが
あるんやッ!!





・・・ やらなかんコトとは ・・・












 4DSC06403_20180110225008f06.jpg

 ジャ~~ンッ!
妹どのが買ってくれたんよ、
「布団乾燥機」 !!


「おまえ、ダニだらけの布団やで あちこち
カイイんやぞ! しかもネコなんかを
もぐらせて・・・」
「これでダニ殺せ。そのあと ちゃんと
叩いて死骸を掃除するんやぞ! エカッ!!」


はいはい。










というワケで、文明の利器を得たワシ、
さっそく使わせていただきます!!

説明書きもちゃんと読まにゃね。













 5DSC06405_20180110225009488.jpg

ほどよい のくとさでスヤスヤ寝てまうやろにゃ~
ベロンベロンで・・・






さて、『ダニ対策モード』 高温で 120分。
その間、どシロには どっかに行ってもらう。
ワシは何するかと言えば・・・



















    3DSC06381_201801102250069bd.jpg

 件の ねこタワーを ・・・・・














 



 

   6DSC06384_201801102250547c7.jpg

     こうしてやるッ!!















   7DSC06388_20180110225053f0e.jpg

     ザマ見れッ! 解体やあァァァ・・・ッ!!

作る時はもう 何週間もかかったけど、解体は
・・・ 1時間!
 金具やビス、どんだけ使ったの?
いくらかかったの?
(内緒! ヒミチュゥ~~~!!)



















    8DSC_0178_20180110225054475.jpg

解体といっても、上の方だけね。
下は残いた。

ああ、これでやっとカレンダーめくれるぞお。







   10DSC06416_20180110225058acb.jpg

  「日本一は ふたつある!」
めっくたところで、『2017年』 の 1月 なんやけどね。












   9DSC06415_2018011022505836b.jpg

右、本棚側面のカレンダーは、
「トラック野郎・歴代マドンナカレンダー」 です!  
雑誌のふろく。  性懲りも無く・・・

1月は 1作目 「御意見無用」 のマドンナ、
「中島ゆたか」 さん。
2月は 2作目 爆走一番星
「あべ静江」 さんッ!
イイね~!!

(ちなみに3月は 3作目 「望郷一番星」
マドンナはもちろん、島田陽子さん!!!)




   















 11DSC06394_2018011022514441f.jpg

窓ぎわの陽だまりで 顔洗っとった どシロ・・・












   12DSC_0204_20180110225147a77.jpg

    もう気持ちよさそうに・・・・・
テメ、無防備すぎるにもホドがあるぞ!
丸見えやんか、なにもかも。


で、ちょっとしたら起きて、いつものように
ワシの机に登ったと思ったら、
「いつもと違う!」
って言い・・・























 13DSC06390_2018011022514761c.jpg

自分で勝手に、机から 隣の
「改造 ねこタワー」 に移りやがった!
やった、成功やッ! バンザ~イッ!!

 ん ?!

下の段の 習字は・・・?
あ、アレや、
『 1日 1本 ! 』 の 書き初めやがな!

3年も貼っといたに、ダメやったよ・・・
シロちゃんが言ったとおりやったよ・・・



 

 4DSC09832_20180110235119a45.jpg

「できんコトを 口にしたらダシカンぞよお」
(3年前のセリフ。)








そこで今回、気持ちを新たにし、
もういちど 書き初めやるよ!













  じゃ~ん!






















    DSC06417_20180110225148284.jpg

   一応、ことしの目標。
   いちおうね!






















    DSC02045.jpg

 「おまえ、ウソやないやろニャ~? ・・・」

 う、ウソでは ありません (汗)










 おしまいッ!












 インパクトッ !

 こんにちは。

ゆく正月を 惜しんでる とまぢふです。















 1-1IMG_20180108_0003.jpg

2013(平成25)年に、 ヤジケンから来た年賀状。
(本人から UPの了解を得てます。
画面の縦のナミナミは、ワシのスキャナーのせい。)














 1-2IMG_20180108_0004.jpg

2015(平成27)年の 彼からのヤツ。
(・・・2014年は オヤジがアレで来てない。)

おい、使い回しか? また富士山って。
そんなコトはないか・・。
作画意図の違いが判るし。
(飛行機雲と山頂雪煙り)

いや、ワシもヒトのコト 言えんでねえ。
毎年々々、お~んなじ 「自転車と自分」 。













 1-3IMG_20180108_0005_edited-1.jpg

あいつ、また やりだいたらしい、
「ヨット」 。

昔 大学生になったアイツから、
「海のヲトコになりました!」
な年賀状が来たけど、どうやらまた・・・

ところで 「ヤジケン」 ってのは、ワシの
同郷・同級生。
小学校は違うけど、中学・高校と 一緒やったヤツ。
中学ん時はクラスも違い、それほどでもなかったけど、
高校になってから深う関わるようになったねえ。
(ヘンな関係やないよ!)

自転車で一緒に竹原峠を攻めに行ったけど惨敗したり、
春休み、体育の補修で一緒に高校まで自転車で行ったコトもあった。
(30km以上の道のりを。)
ワシが定期券を汽車の窓から落といてまった時、
わざわざ金山から自転車乗って駆け付けてくれたことも・・・
(この時は、同じく親友の K澤も来てくれた!)

それが社会人になってからは
お互い疎遠になってまい・・。
年賀状による 「生存確認」 みたいな。

そんなヤジケンから、2017(平成29)年
去年の年賀状

    ↓ ↓









 1-4IMG_20180108_0006_edited-1.jpg


おいッ!
ホントに使い回しやナイやろな?!

アイツは趣味が広うて、ヨットも そうやけど、
ビリヤードの検定受けとる年賀状が来たことある。
(すまん、古いのは処分してまっとるで!)
写真にも造詣が深うて、いつも「写真紙」による
年賀状で くれとる。
「飛騨高山からみた冬山」
「水中撮影?」 みたいなのは秀逸やった!
(もう無いけど! 爆!!)


で、そんなヤジケン、今年はどんなのを
届けてくれるんやろ?
毎年 楽しみにしとるワシです。
(なら、捨てるなよ! な 御意見は超無視)

































1-5I1-55MG_20180108_0007_edited-1.jpg
 
ド肝を抜かれましたッ!!
もう 「捨て鉢」 な絵ッ!!
これでも公務員の上級職なんですぜ!!
(もう一度申しますが、了承得てます)

やられたよ~
ワシも このくらいのコトせにゃな~~~
って、マサカ、これを全宛て先に送っとるんやないよね?
ワシにだけやろ?
ワシやで送れたんやろ?

まあ、いつもアイツから来る年賀状では
いっちばん インパクトあったモノでした!!

ありがと、ヤジケンッ!!
元気しとることが よお判るよッ!!

ワシも まだまだやニャ~~~!








 おしまい。

(すみません、極々 ウチワな話題で)



















 

 全開ッ! ナルシスト野郎!!


 こんばんは。

まだ初夢みてない とまぢふです。













 こないだの記事のコメントで おじサイクルのG隊長が、
「アナタからの年賀状が いちばんインパクトあったよ。」
って。



そうかにゃ~?
あんなのでぇ?


      ↓↓↓



















  18年用IMG_20180104_0001

毎年 毎年、こんなふうなヤツを
送り付けとるよ、みなさんに。

ワシの近況が よおわかるに?
あいかわらずタアケやっとるってね。

ど~えらい前は、
「家族との写真を年賀状にする」
ってのがハヤっておったのか、
ワシに来る年賀状の
大半が そんなのばっかやった。
自分の小さい子と一緒の。
みんな そんな歳やったしね。シヤナイやろ。

でも当時 ド偏屈でヒネクレとった(今もか!) ワシは、
「な~に自慢してケツカルんや!
甲斐性ナシのワシへのアテツケか!!」
みたいに思ったもんやよ。
(あくまでも過去のハナシね。)

その頃のワシが書く年賀状は、
「毎年やっとる行事」
「一応、礼儀として」
「言っちゃ悪いが 片付け仕事」
みたいなね。

やで、一時期、完全にヤメとった事もある。
それでも来よったでね~、何枚かは。
自分の近況を ひと言ふた言書いてあると
嬉しいもんやよ。
昔からの友人が、自分には届かなくても
ワシには出し続けとってくれた・・・。
そう気づいたらもう、今までのワシの考え
・人間の小ささが情け無うなってね・・・。

やで、家族とのアレは無理でも、
ヲノレの写真を年賀状にしよう!
と思ったワケですよ!

それ以来何年 やっとるやろ?


その恥ずかしいヤツを UP いたします!























 09年用IMG

 2009(平成21)年用。

年賀状に、雪は必須アイテムでしょう!
やで、乗鞍スカイラインでのが多いです。
余白にサインペンなんぞで、ひと言入れてね。

(パソコンやり出いた 2006年から、自分で
画像取り込んで年賀状作ってます。
それまでは写真屋さんで作ってもらっとった。
でも、そのあたりの古いヤツ、だいぶ前に処分
してまって、残ってないんよ~)
















 10年用2

 2010(平成12)年用

「雪は必須でしょ?!」
とか言っときながら、ド夏の絵・・・。

このサンプルは、決まり文句とか入れる前の、
画像処理だけをしたヤツ。
ちゃんと手を加えとるんよ!
いらんトコ消したり、光を強調させたりとかね。
(その効果はギモンや。手間に対して。
向うから あのいにまぶしい光が当たっとるに、
地表に影が無いのはオカシイやろ!)


つぎ。

















 12 年賀状

 2012(平成24)年用
(2011年用は見つかりませんでした。
乗鞍レースも中止で、何を題材にしたんやろ?)


あ~、イッてまっとるね~~~
「自撮り」 で、だ~れも おらん公園で
三脚使ってやっとる。
イヤ、だれか おったらできんよね、こんな恥ずかしいコト。
(って、コレを年賀状として 『出す』 ワシって・・)






















 13年用IMG_0001

 2013年用 ・・・にしたと思う、この絵で。 
残ってないもん! 現品年賀状。

やっぱり乗鞍レースの時のヤツ。
こ~んなのもらっても嬉しょうないよね、
年賀状として。
ワシやって、もっと 気の効いた写真を
題材にしたいよ。

今まで、「自転車に乗っとる自分」
でしか作っとらんの、年賀状。
それを、全ての宛て先のヒトんたに出しとるんよ!
親戚やろうが目上の人やろうが・・・。
ホントなら、宛て先人にフサワシイ絵や文にしならんのやけどね。
(メンド臭いが!
べつに恥ずかしいとも思っとらんし。
失礼なヤツやと思われれば、それでもエエし。)























   14年用IMG_20180104_0005

    2014年用

オヤジが死んだで、さすがにコレです。





















 15年用IMG_20150111_0001

 2015(平成27)年用 しょの 1

ふたたび 山に戻ってきました~
しかも (若干やけど) 雪ッ!

もう冬は いっつも、翌年の年賀状を意識して
撮って(走って)まうよ! 
って、これは5月ですけどね。
イイとこやろ? 乗鞍。

「しょの 1」 って言うからには、他もモチロンある!


  ↓ 「しょの 2」
















   15年用4IMG_20150111_0002

  2015(平成27)年用  しょの 2

ワシは自分のだけやないでね、年賀状書くの。
カアチャンが差出人名義のヤツも書く。

そういう宛て先人さんや、カアチャンの兄弟衆用に
こんなのも作ってみたんよ。
もちろん、撮る時はソレを念頭に置いて演出した。
施設主宰の お花見会にワシがサプライズ乱入し、
美人ケアマネのアケミちゃんに撮ってもらった。
(あ、美人介護士の ナリコさんやったかにゃ?)






















 16年用IMG_20180104_0004

 2016(平成28)年用

「写真紙年賀状」 を使い果たいてまったで、
やむなく 「書き損じ」 の、さらに 「宛名面」 で。。。

またまた 「夏」 な絵。
シヤナイ、良さげなサンプルが無かったんやで、
その年。
乗鞍レースで茶を濁す。

ついでに、カアチャン用も無しッ!
彼女名義のヤツは、テキトーに既成品のを。




























 17年用IMG_20180104_0003

 2017(平成29)年用

これ、去年のヤツやね・・・・
表情もイマイチ暗いし、雪はあるけど景色的に
良くもない・・・。
あの時は なんか気が乗れなんだね~。
カアチャンも おんなじ年に 2回も骨折しやがって。。




やで、






















    18年用IMG_20180104_0002

    今年のヤツ!
カアチャン関係者に出したヤツ。

この絵ほどは元気でないけどね ホントは。
しかも おととしの写真使っとるし・・・。
でもまあ、お正月やでエエやろ?
許いてくりょよな、皆さん!!





 というワケで、もう1回 UPします!!













   18年用IMG_20180104_0001

この絵は 去年 5月7日に撮ったヤツです。

撮っとくれたのは、バスでこの 「夫婦松駐車場」
まで来てた親子さん。(尾西のヒトやった。)
ワシのスマホで お願いしたあと画像みたら、

「ゼッテー来年の年賀状に使おッ!!」
って思ったほどの出来映え!
・・・ワシより写真ウマいがな・・・。








そんなこんなで 今さらながら こうやって
並べて見ると、

「ワシ、自分好き」 なんやにゃ~~~!




それにしても最近、
「ひと言のコメント」 が無い賀状が増えました。
でもまあ、それはソレでね。
たいへんなんやで、年賀状書き。
ワシもコメント無しのも送るし。

でも、家族さんのと一緒のヤツ、見ると
ホント こころが なごむよ。
ワシも昔と違って 丸ぅなったもんや・・・。
(ワシのあんな絵の年賀状もらったら、
怒れる人いるかも知れませんが、
どうか お許しをッ!)










 おしまい。











Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ