FC2ブログ

Entries

 残念な車? 「MA26S」 ソリオ

 こんばんは。

「ビン長マグロ」 が大好きな ドしろと とまぢふです。
















 0-1DSCN8898.jpg


 0-2DSCN8897.jpg

これが先月納車されたクルマ、
「スズキ ソリオ ・ G 」
です! 
(型式は 「MA26S」。)

ナンバーは 相も変わらず
「19-78」 にしました。
でも、その前に付く平仮名は 「た」。
スイフトは 「す 19-78」 やったで、
「せ」 と、「そ」 の 「19-78」 さんが ござるってコト。
・・・気になる。

そんなコトはトモカク。

「なんでコノ車を選んだのか?」




まず第一に、
「これで最後のクルマ」。

もうワシもアラカン。
収入もそれほど多うないのに、60になると
給料半分。仕事内容変わらんのに。。。
やで、長く乗れるクルマが欲しい。
最低でも20年乗れるのが条件。
そのアレで 「軽自動車」は除いた。
(いや、昨今の軽の性能はスゴイよ!
でも、こと 耐久性を考えたら・・)


次に
「自転車、そのまま載せれる」。

ワシも思ったんよね~
デコチャリ載せるだけなんて、1年に1回やろ?
なら、その都度レンタカー借りれば?
ロードバイクだって、ホイールさえ外せば どんな
クルマにでも載せれる。。。

でも、そのまま載せれるってコトは、積載能力高いに?
キャンプに使う長い木も載せれるに?
脚立も載せれて、草刈り機の刃の恐怖に
おびえずに済むに?
そういうアレで、「オールマイティ」な使い方できると
踏んだ。



 その3
「カッコはどうでもエエ」

それこそワシは かつて 「クルマ大好き少年」やった。
いや、当時(70年代)の全員が そうやったろう。
でも今、長年クルマにたずさわっては おるけど
そのせいかにゃ~・・・
「快適に仕事してくれればOK!」
クルマに求めるのは。
そりゃ、「カッチョいい」「速い!」
が良いのも確か。
そのアレで 「ギャランGTO」 なんてクルマを
駆ってたコトもあったし。

それが、寄る年波のせいか、
「実用車」 が欲しくなった。
歳を重ねても 「スポーツカー」を好む仁も
ござる。
ソレはソレでええ。
でもワシはワシ。



そんなコンナのあれで、「スイフト」 から
「ソリオ」 に乗り換えました!






「自転車を、ホイール外さずに積めれる」

・・・そんなの、大きいヤツなら問題無いが!

否。
もうこれからのアテは期待できず、蓄えも無いワシ。
アルファードとかエルグランドクラスのを買えれば
全然問題無いよ。
でも、今現在のワシの状況で選ぶとなると・・・
「コンパクトカー」クラスで選ばざるを得ん。
いや、そういうクルマであってほしい!
デカいのはイヤや!!
運転しにくいも!(強がり。)

候補に挙がったのは
「トヨタ・ダイハツ・スバル の3兄弟」。
つまり タンク、トール、ジャスティ。
(あれ?トールはトヨタ? まあイイや。)
他にも トヨタ「シエンタ」や、ホンダ「フリード」。
あと、スズキの 「ソリオ」 。

・・・でもね。
結局 「お値」 なんよ。
トヨタさんやダイハツ・スバル・ホンダさんのは
高うて手が出せん!
(諸経費含めて 160万以上は出せん!!
ご意見あろうかと思いますが、ワシ最後の
クルマなので『新車』で行かせてもらいます!)

最終的、いや、最初からソコを探ってたワシ。
「スズキ・ソリオ」 でいろいろ調べたよ。

「自転車積める」 では、だいぶ前に ヒコさん が乗ってた。
だからすでに候補に挙がってた!

あと、何を重視して選ぶか。
「燃費」?
うん。これこそがワシの最もアレしとるとこ。
でもまあ、ソリオみたいなカクカクしたボディやと
「空気抵抗係数」 も高いやろ。
前のスイフトなら流線形・・・とまではイカンけど
滑らかな形状やったし。


ところがソリオ、
「リッター 24.8km」 !(カタログ値)
ハイブリッドではなくガソリン車でね。
スイフトでさえ、カタログ値は 「20.0」 やった。

ワシのスイフト、いちばんイイ時でリッター
「23km」やった。カタログ値よりイイに?
でも 1回だけ。
それでも、「冬場は 18km、夏は20km」 を
キープしとった、「燃費・超優等生」 やった・・。








このたびの 「クルマ選び」 について、ワシも
勉強したよ。

とりあえずまあ、「ソリオ」で行こうと。
では、「どのモデル・グレード」 を?


スズキ・ソリオには3つのグレードモデルがある。
「フル・ハイブリッド」
「マイルド・ハイブリッド」
「ただのガソリン車」

ハイブリッドやマイルド・ハイブリッド車には、
その装備によってそれぞれ上級設定があったりする。
でも、「タダのガソリン車」 には、
無い・・・。

ワシが選んだのは、もちろん
「ただのガソリン車」 です!!


お値段が安いのがイチバンの理由やけど、
そもそもワシ、「ハイブリッド車」の利点を疑っとるんよ!
(HV乗りの方々 ごめんなさい!それぞれの理由が
おありでしょうから。)

「ガソリンも使うけど、電気で走る場合も多い」
「環境に気を遣ってるとアピールできる」
「流行。」
・・・等々の御意見があると思います、HV。

ここでは そういう意見の場にはしません。
ワシがナゼ ただのガソリン車をえらんだか?

「マイルド・ハイブリッド」は リッター 27.8km。
「ただのガソリン車」は 24.8km。
3kmしか違わへん。
なのに、車両価格は 25万円も違うッ!!
(フル ハイブリッドに至っては、ただのガソリン車より
50万円も高いッ!!)

この25万円差を埋めるのに、マイルドカーは
どれだけ走らねばならないのか?
ガソリン価格、1リットル 140円とする。

例えば10万キロをマイルドで走ると
10万÷27.8で 3598リットル要る。
50万3720円。
ただのガソリン車では
10万÷24.8 4033リットル。
56万4620円。
どえらい食って、カネ要るんやね~、クルマ・・・。

これ見ると、マイルド・ハイブリッド車が
良いようにおもえるけど、10万キロも先のハナシやでえ。
でも、6万円の差しか無い。

これが、「1万km」 のことやったら?

10000÷27.8 × 140円 = 50360円。
(マイルド・ハイブリッド車)

10000÷24.8 × 140円 = 56452円。
(ただのガソリン車)
差額は 6100円。
確かにマイルド車の方が燃料代かからん。
でも、1万キロで 6000円?

車両価格差 「25万円」 を、「燃費の良さ」 で
ペイしようと思ったら・・・
25万円÷6100円で、40万9836kmも
走らなイカンコトに!!!
(う~ん・・なんか違っとる気もする。。)

そんなコトよりワシがハイブリッド車(マイルドも含めて)
を選ばなんだ理由はベツのトコにあるんよ!
それは、
「機構が複雑化すれば、故障のリスクも増える」
その一点のみ。
スズキの「マイルドハイブリッド」、以前は
「エネチャージ」「Sエネチャージ」
として、そこそこの実績を積んできた。
でも、しょせん 「補器」 やろ?システムとして。

あと、25万円も違うなら、その差額を
ほかのコトに向けるっていうハナシにも。


まあ、ヘンクツ者が タワゴト言っとるだけと
思ってください。







 というワケで、(なにが?)
スズキ・ソリオは 
「最低グレードの 『G』 」 に決定いたしました!!
な~んも付いてない、ホント
「ただのガソリン車」で、
「法人向け」? な仕様。
スズキ自体も「売る気が無い」とネットに上がってた。。

やでかにゃ~・・・

発注したクルマ屋さん、
「『働き方改革』などで納品遅れるみたい。工場の
従業員にも休み与えなくてはならず・・」
「納期、9月か、ヘタすると10月になるかも・・」
6月末に頼んだのに・・
クルマ屋さんも申し訳なさそうやけど・・

メーカーが そう言ってるなら 「ウソ」 です。
こんな特殊な発注かけるヒトが居ないから
「受注生産」的な扱いされてるのでは?
だって、売れ筋はマイルド・ハイブリッドか
フル・ハイブリッドばかり。
そこに敢えて個人で「ただのガソリン車」なんて。



でも、コトのほか早う納車された我がソリオ!!
嬉しいッ!
8月8日でしたッ!!
(どこかのデモ車? 試乗車? 
なんでもイイわい!)






この回はココまで。
続く。












秋の気配・・・飛騨高山行

 こんばんは。

草刈りしたけど、秋の気配なんか全く感じない とまぢふです。
















 もう何日(何週間?)も前から誘われとったんよ。



  0-1DSC_7794.jpg

 「斐太自動車部品・大感謝祭」

ワシの会社が部品を頼んどる 業者、
「斐太 ひだ」 部品さん。
毎年開催されとるけど、いっぺんも行ったコトない!

ナゼか今年はもう、営業員が何度も何度も
お願いする。
「来てください!」 って。

まあ、工具とか斐太部品さんの扱い商品の
展示会やろ?
べつに興味無いよ。
ってな感じで今まではスルーしとった。

でも今年は会場を 斐太部品本社(高山市)から、
「飛騨・世界生活文化センター」 ってトコに替えて
大々的にヤルらしい・・・。
(でもそのセンター知らんし、ワシ。)

そんな時、ワシとこの
ディスクローター研磨機 が壊れた。
斐太部品本社から、メカ担当の人が来とくれて
無事 修理完了!
で、その人からまでも
「ぜひ来てください!!」

あ~、今回は リキ入っとるにゃ~。
営業マンなら いざ知らず、現場みたいな部門の
人までが・・・。

シヤナイ。
行くか。意気に感じたよ。
でも、何か用事とか ついでが無けな、
高山くんだりまで行きとうないしにゃ~・・・
なにしろウチから2時間近くかかるでねェ。。

あ! そうや、
あそこ行くか!!
前々から 行きたいとは思っとったけど
まだ実現しとらんトコ。



















 0-2DSCN8786.jpg

入場券を買う。




    0-3DSCN8789.jpg

   「飛騨の里」 。
屋外博物館施設、飛騨民族村。







    0-4DSCN8790.jpg



 0-5DSCN8791.jpg

入場料と駐車料で ちょうど 1000円。
高いか安いか・・・



 DSCN8784.jpg

おすすめコースが3パターンあるけどワシ、
ここに来る目的はひとつで、それの達成には
ものの10分くらいしか滞在する必要がない。
たった10分に 1000円?
やで、今まで 二の足を踏んどったんよ。

でも今回、斐太部品・大感謝祭に出かける
理由づけとしてココに来た。
午後12時半着。












 0-6DSCN8792.jpg

 いよいよ入る。






 0-7DSCN8848.jpg

池のほとりに合掌造りの家が建つ。 




 0-8DSCN8800.jpg



 0-9DSCN8809.jpg




 0-10DSCN8803.jpg

こんな感じで、古い飛騨地方の暮らしぶりを
アピールしとります。
建物のなかでは、「ワラ紐の作り方」とか
「さしこ細工」「千鳥格子」などの体験・実演
もしとって、外国人も けっこう来てござった。




 0-11DSCN8805.jpg

合掌造りだけではないでね、家。
これも古い民家。



 0-12DSCN8817.jpg

ああ、この 大八車の車輪、ワシのじいちゃんトコにも
あったにゃ~。 このいに たんとは無かったけど。



 0-13DSCN8815.jpg

丸いたんぼ、「車田 くるまだ」 って言って、
伊勢神宮へ納める神聖なコメを作る専用の田。
本当の車田は高山市の別のトコにあって、
これはレプリカ。
ただ、本物の車田は、ここ高山と、
新潟・佐渡に残るのみ!
(ワシ昔、佐渡で自転車旅行中、偶然にも
その田んぼを管理しとる家に泊まったことあるんよ!)




    0-14DSCN8828_edited-1.jpg

 ああ、ここにススキでも生えとれば風情あるのに。。
道中では そっこらじゅうに穂を垂らしとったに。。

というワケで、なんやらかんやら 観てまわったら
とっくに 1時間以上経っとった!!
なにが、「10分でエエ」 や!!

早く斐太部品の会場行かねば!
・・・って、こっちもまあ 1時間も おればエエやろ?
シヤナシに来てやったヤツやし・・・。

で、どこやろ?
「世界・生活なんたら会館」 。











午後2時。 開催場着。

 0-15DSC_7803.jpg

 とんでもない立派なトコやよ!
なにしろデカい!! 山の中腹に、よう
このいに立派な建物を造成・建築したもんや・・・
(外観撮ってなくて すいません。)






 1-1DSC_7815.jpg

おーおー、やっとる やっとる!
いくつもの業者が それぞれブースを設け、
来場者に商品説明しとる。

いやワシ、こんな感じやとは思いもしなんだ。
てきとーに工具や部品並べて斐太部品の社員が
見せとるだけ・・・
みたいなのを想像しとったんよ。
それがなんと、各メーカー、専門の説明員を置いて
しきりにアピールして来るッ!






 1-2DSC_7821.jpg

カーオーディオのコーナー。
ちょっと気になるモノが・・・



    1-3DSC_7804.jpg

「ケンウッド RDT-211」

ワシの今のクルマ、な~んも付いてないんよね。
ナビもETCもドラレコ・バックモニター、な~んも。
オーディオも勿論。
やで、なんか欲しいとは思っとった。
それで近所のイェローハットでカタログもらって
研究しよったんよ。

で、ビックリしたのは、
1DINサイズのオーディオって、もう
「カロッツェリア」 か、「ケンウッド」 しか
選択肢無くなっとるってコト!
昔はそれこそウジャウジャあったに・・・
今はナビにオーディオ機能付いたのが主流で、
「ナビいらねえ、オーディオは 1DINサイズので充分」
なんてヒトは珍しいみたい。

このブースの担当者にいろいろ教えたもらったよ。

ここに展示・販売しとるデッキ、あのカタログには載ってなかった。
どゆこと?
「いわゆるカー用品店には卸してない商品です。
なのでカタログには載っておらず、こういう部品屋さんを
通してのみの販売です。
『価格ドット・コム』 にも上げてはイケナイのです。」

そーか~~。
いろいろアルんやね・・・。
この方には、最近の市場状況とかを詳しく教えてもらった。






 2-1DSC_7816.jpg

いや~ワシ、ホント驚いたよ。
このいにココロ揺さぶられるとは!
行くトコ行くトコ、それぞれで 15分は喋っとった・・。




    2-2DSC_7814.jpg

このオイルジョッキ。 買ってもらうことにする!




    DSCN8859.jpg

これも。 ベルトの 「テンション測定器」 。
絶対必要やも!!
今までも 計測機使って ベルトの張り調整しとったけど、
その機械が入らんの多いんよね~、エンジンルーム狭すぎて。

さらにはカーメーカー、張りぐわいをシビアに要求してくるようになった。
それも、「音波式テンションメーター使え」 みたいに。

そんなの、5~6万するがな!

なのに、ベルトメーカーが開発したコレ。
値段も手ごろで、使い勝手も良さそう。
(実際、ここで使ってみた。)

この展示会で購入契約すると、破格の値段で買える!
よ~し、ワシの独断で買っちゃる!!
あとでダメと言われたら、個人で払っちゃる!!
今使っとるヤツも、個人購入やし。
(当時 3万くらいした。もう 15年は使っとる。)


すみません。
コーフンして書いてしまってて。。
興味無い方にとっては どーでも良い記事ですね。










 2-3DSC_7808.jpg

そんなこんなで順番に回っとったら・・・






 3DSC_7812.jpg

「KSS」 というメーカーのブースにたどり着いた。
ここは、「リビルト=再生」 エンジンを作っとるトコ。

ワシ、
「Kは 加藤、Sは鈴木、もう一つのSは佐々木、
それが御社の名前の由来では?」
担当者、
「え? え?? え!?
アナタは いったい・・・」
ワシ、
「いえ、ただの通りすがりの者です。
そういえば昔、御社を離れて別のリビルトメーカーを
立ち上げた ○○○社さんとは交流あるんですか?」

「ちょっとまってください!
あなた、本当にどなたですか?!」

「カト・トミさんは お元気ですか?」

「だいぶ前、長野に去られましたが。。。」

「ああ、奥さん、伊那の梨農家さんでしたもんね。」

「・・・。」






 4DSC_7809.jpg

「○○さん、いい加減にして下さいよ~。
これじゃ回りきれませんよ!」

この仏頂ヅラしとるのは、ワシにずっと付いて
まわってくれとる、斐太部品社員の
「E木」 さん。
前、ワシの記事でも 登場しとる


「だいたい、各ブースに20分も居られたら
ゼッタイ見てまわれませんから!
今日は7時までなんですよ。
そと、もう暗いじゃないですか!!」

まあまあ、そう言うなよ、E木!

回り終わった最後に、みたらし団子と お茶がもらえるんやけど、
E木、「こりゃ間にあわん」 と思ったのか、とっととケツまで行き、
勝手にワシの パンフレットとか詰まった紙バッグに
ダンゴとお茶を押し込んでくれた。






 5fyt.jpg

ホントに外は暗かった。

でも、相変わらず 「NGK」 (点火プラグのメーカー)
の担当者にシツコク突っこんだハナシをする。

まだ寄れなんだブースもあったけどシヤナイ。
もう終了時間やも。





 6DSC_7823.jpg

あ~・・・   何が
「1時間くらい見て回ってやればイイやろ」
や!
結局 「5時間半」 も おったやないかッ!!



いや~、ホントに充実した1日でした。






 ところで、「飛騨の里」 に行きたかった理由は?











  7g97923783_624_v1383873305.jpg

ナショナル自転車 「エレクトロ・ボーイ Z」 !
昭和 46年? 今から48年前?

いいにゃ~。
こんなのに乗りたかったにゃ~
というアレがきっかけの、今ワシのナニ。

少年漫画雑誌に よう載っとった当時の広告 ↓ 


 9d189526464.jpg

このロケ地って、あそこですよね!







  8DSCN8828.jpg

デコチャリ完成したアカツキには、なんとしてでも
ココで写真撮るのだ!!








 おしまい。











サ・ヨ・ナ・ラ そして ヨ・ロ・シ・ク

 こんばんは。

最近、弁当詰めるのメンドウで、
缶詰丸々持って行くことが多い とまぢふです。













 前に話した、愛車・スイフトの故障。
http://sossy.blog129.fc2.com/blog-entry-941.html

 6月下旬のコト。
突然 走らなくなり、故障診断結果は
「コントロールコンピュータ同士の通信異常」

コンピューターなんて、今のクルマ どこにも
いくつも使われとる。
それがお互いに通信し合って車を制御しとる。

それのどこかがイカレた。
コンピュータかも知れんし、通信線かもしれん。
はたまた全く別の異常を、誤開示しとるカモしれん、
スキャン・ツールが。。。












 1DSC_7565.jpg

寂しく不安やったろうな、我がスイフトちゃん・・・












 ちょうど 9年前、1年落ちの上物・中古車として
買ったんよ、スイフト。
その時点での走行距離は 6千kmちょっと。
ホント、極上のブツやった。
リース車として使われてたそうで、装備は
な~んも付いてなかった。
ラジオはもちろん、足マットもサイドバイザーも
な~んも。
ヤフオクで純正のそれら(CDデッキは中古)を
GETし、装着して走らせた。

いろんなトコ行ったよね~~
自転車積んでも走ったよね~~
カアチャン乗せて連れてったよね~
(『彼女』を乗せられなかったのが難!)






 2DSC_0046.jpg



 3DSC_0049.jpg

シロちゃんも お気に入り。
こいつを動物病院に運びもしたよ、スイフト。













 やがて時が経ち・・・

走行距離も 20万kmにも達し・・・

でも、どっこも不具合なく走ってくれとる。

そんなスイフト、唯一の不満?といえば、
「後席が異様に狭い」 。
まあ、後ろに ヒトを乗せることなんか無いで
どうでもイイんやけど、それはイコール、
「荷室が狭い」 にも通じる。

自転車積む時は前後のホイール外し
バラバラにしんと載らんし、
「草刈り機」 を積むと、運転しとるワシの
顔のすぐ横に 「刃」 が来る。。。

まあ、そんなコト、年にしょっちゅうあるワケではないでね。
でも、もし次のクルマを選ぶとしたら、
「ちょっとした荷物がラクに載せれる」
そういうのにしたいニャ~と思った。

ワシがこのブログを立ち上げたのは、
もうスッカリ 「なかったコト」 になりかけとる、
「デコチャリ製作記」 のため。
それが完成したアカツキには、
当然それを載せれるクルマが要る。
しかも、「ホイールとか外さず、そのまま」
な状態で載せれるクルマが!
デコチャリ(フラッシャー車)は装備が
コテコテで、基本、前後輪 簡単には外せん。
そして、「横に寝させて運ぶ」 も不可!
飾りが痛むで。

それを思った時、このスイフトちゃんでは
無理やな~ と・・・。

どこも悪うないけど、距離も 20万にもなってまったし、
出先で壊れて動かんようになったら それこそ
オソガイ。
ちょっとアレやけど、そろそろ替え時かもね~

なんて思ったけど、よお考えりゃ、
今まで自転車積んで行くのに、そう苦労とは
思ったコトない。
草刈り機やって、気をつけりゃイイだけ。
8年前、群馬まで2泊3日で行ったんやでね、
こいつに車中泊して!
 こんなふうに ↓

  omake9_201908202138465b2.jpg

http://sossy.blog129.fc2.com/blog-entry-180.html

やで、このクルマで できんコトは無い!
完成したデコチャリを皆さまに お披露目する時や
どっか遠くに運んで走りたい時は
レンタカーでも借りればイイんやない?
どうせ、年に 2回くらいしか無いコトやろし。

そう思い至った時ワシ、決心したんよ。
「よし。とことん付き合うぜ、スイフト!」

このクルマがワシにとって、生涯最後の1台。
めざせ 40万km! ってね。

ハバカリながらこのワシ、こう見えても
社会人となって38年、ずっとクルマ関係やってきた。
どこが壊れてダメになるか、だいたい判っとるツモリ。
やで、いたわりながら走り、
壊れる前に、部品替えとく!
例えばセルモーターとか発電機。
これらは昔なら 4、5万キロで オーバーホール
しならんモノやった。
ところが昨今、材質や技術が進んで、
ワシのクルマ 1回も替えたことない。
でもまあ、この距離やで もう替えとこう。
あと、ドライブ・シャフトとかの駆動系も。
そうやって壊れそうなトコを予測し、順次替えてけば
永久に走れるんやない?
(ボディの腐りも、それなりに対処しならんけど。)
ちょこちょこ修理が要るけど、新たにクルマ買うよりは
ゼッタイ安うつくやろ。長い目でみればね。


・・・ところが・・・

今回のような、
「コンピューターがイカレた」
は、どうしようもない・・・

今のクルマ、あらゆるとこに使われとる
「(マイクロ)コンピューター CPU」。

それを、「壊れるCPUを予測し、
前もって替えて行く」
なんて、不可能・・・

今回は(たぶんやけど)
「CVTコントロールCPUユニット」
の異常と診断された。
でも、これを替えて治れば初めて、
「ああ、やっぱりソレやったんやな~
メデタシ・メデタシ!」
ってハナシになるらしい。
つまり、
「正常なのと替えてみて、そこをツブして
先に進む」 みたいな。
替えてダメでも、もう返品が きかんCPU。
お値段は、5万6千円!
チ~~~~ン・・・

イチかバチかで替えるのもイイけど、
この先 そういう目に何度遭わなイカンの?
数限りなく・・でもないけど、マヂ多数ある CPU。
そんなのを次々に替えてったら、クルマ
丸1台買えるにッ?! ってハナシ。。。









 4DSC_7579.jpg

  「210063」 と表示された走行距離。



このクルマを世話してくれた、スズキ車販売店の社長
「え~?! 21万キロも走ったぁ~?!
トヨタ車ならいざ知らず、よお 『持った』 な!」

「スズキ車を売っとる会社の社長が
そんなコト言ったらアカンでしょ!(笑)」

「でも、ホントやも。」

そう話す社長の向うに、
「スズキ会長・鈴木修さん」と、
この社長のツーショット写真が!
実は修さん、下呂町出身!!
知らんよ~、言い付けるよ~


まあ、スズキだからってコトは無いと思う。
電子関係なんて、ドコがドウ壊れるか、
車のメーカーによるアレなんて無いともうで。
だって、供給するのはカーメーカーでなく
大手・有名ドコの電気メーカーが
各自動車製造会社に卸しとるんやで。
機械的な部分ではワシ、今回、
スズキ車の評価は高う見とるよ。
(まあ、それなりに手入れしてきた
ワシのアレもあるけどね。テヘペロ。)














 そういうワケで・・・















 5DSC_7576.jpg




 6DSC_7589.jpg
 

ごめんなさい。そして ありがとう。
 スイフトちゃん。。。




















 次のクルマが、先日 やって来ました。

















 7DSC_7610.jpg

 「スズキ・反り男」
否、「ソリオ」 さんです!

ヨロシク頼むよ!!








 おしまい。

スイフトちゃんに・・・ 合掌 ・・・













 やっと使ってみた

 こんにちは。

割りと充実した盆休みを送ってる
とまぢふです。














 1DSCN8560.jpg

これ、何やか判る?
もう ず~っと前に買ったモノなんよ・・・










 2DSCN8562.jpg

なんと、2010年 2月に購入!
9年半も前!! 
わが家でデッドストックに?!

当時、コレが届けられた時 カアチャン、
「重うて運べなんだぞ!
何 買ったんやッ?!」
ってキレたものです・・・。









 3DSCN8564.jpg

「ミノウラ メンテナンススタンド W3100」

あの頃・・・ デコチャリ(フラッシャー車)を作ろうと
数々のブツを集めたもんやった・・・
         ↑
       遠い目

デコチャリ製作は遅れに遅れ、もはや
「なかったコト」 に?

否!
その静かなるアレは、燎原の火のごとく
ほのかにも鮮やかに・・・ 
みたいな?

ナニ言っとるか自分でもワカラン。













    4DSCN8566.jpg

とにかく梱包を解いて 中身を出いてみた。








    5DSCN8570.jpg

    組立完成図。
    ゴッツイね~~~

メーカーのアレによると・・・
http://www.minoura.jp/japan/work-j/w3100-j.html

「屋内での使用を前提に、どっしりとした安定性を保つため
フレームはすべて鉄でできています。」
(今でも販売されとるみたいやよ。)

そりゃ重いわ~~。
カアチャンふぜいでは持ち運びできんわ~。

ワシ、なんでこんなん買ったんやろ? 当時。
相当 リキ入っとったんやにゃ~、デコチャリ製作に。



で、いよいよコレ使ってデコチャリを始めるのか?!













 ・・・ 否。。。












 7DSCN8572.jpg

 ワシ所有のMTBをクランプしてみた!
なにする気?


こんなモノも あらかじめ揃えといた。


 9DSCN8581.jpg

「ワコーズ」 のケミカル類。



 実はこのMTB、ヒトに貸すことになっとったんよ!
斜め向かいのウチの坊(中2くらい?)に。

そいつ、ワシを見つけると、たま~に寄って来て
「ねえ、シロ抱かせて!」
とか言ってくる。
「シロは人見知りやで、つかまらんぞ!」
「でも、窓の外から見ると、変な顔でコッチ向くよ」

・・・おまえ、普段からウチに近づいて
中を見とったんか?!
こりゃ、部屋ん中 常にきれいにしとかなイカンな。
ヤレヤレ・・・

ある日、なんのアレやったか忘れたけど、
その坊が来た時、ワシの自転車を見せたんよ。
自慢げに。

そしたら、ロードバイクには興味を示さず、
マウンテンバイクを指して
「乗らせて!!」

シートを調整し、てきとーに空気入れてやる。
(妹どのが足として使うのみで、もう放ったらかし!)

ちょっと乗っただけで坊、
たいそう気に入ったみたいで
「夏休みになったら貸して!!」

「うん。まあイイけど、お盆は妹が来て使うで
その後ならな・・・」




というワケで、貸し出すからにはチョットは
整備しなかんと思い・・・。

なんせ、変速もイマイチやし、なによりも
「キタナイ」 !
チェーンもギヤも 油と泥(土?)汚れでコッテコテ!

それを何とかしんと、坊の親にもサゲスマれかねん。


ワシのデコチャリ製作のために用意した作業台?やけんど、
その試しとして使ってみようか・・・
ど妹も早々に帰ったことやし。
ってのが、今回 9年半も経って解いたワケ。
(下の動画見ると、やっぱ作業台ないとアカンそう。)
https://www.youtube.com/watch?v=PbhMbpq8ng4









 8-1DSCN8579.jpg

作業しやすうするため、初めのクランプ状態から
逆向きに替え、後ろタイヤを外す。
(外した後、リアギヤのダミー?な物を
リヤエンドにかましとる。)







 10DSCN8583.jpg

で、動画にあった手順で洗浄する。
(動画は ある程度キレイな車体を室内で
クリーニングする内容。
ワシのは汚れまくっとったで、先にガンガン
水洗いしといた。
こんな陽射しやで、ものの30分で乾いた!)












 ・・・ 暑い ・・・

やっとれん ・・・

なにが悲しょうて、自分が乗らん自転車を
このいにキレイにしならんの? ・・・




でも、「コーティング剤」 まですりこんで仕上げたMTB。
もうピッカピカ!!

変速のグワイも てきとーに調整したら
ソコソコな状態に。

まあ、こんな感じでエエか!
中坊が喜んでくれればイイな~~
おじさん、汗ダクで こんなコトしとったんやぞ~





と、そこに イサトマン氏登場!


「あしたの晩やる予定やったバーベQ、
台風来よるで、今夜にしよまいか。」

「うん。 それでもエエよ。
使役は済んだし。」

「そいじゃあ、6時にウチな。」



 

そんなコンナで、まあ、充実しとります!
(オチが無くてスミマセン)



 おしまい。







 


 テレコ

 こんばんは。

へしこをいただいて ご満悦な
とまぢふです。







 今年も やっと、あしたりから お盆休みになります。

その休みの間に、ちょっとはデコチャリ進めようともい、
いろいろパーツを発注したんよ。
(計画して10年にもなるのに、まだ必要なモノが?!)

せっかくの休み、初っ端なは ど妹夫婦が来て、
ワシは その下働きをせねばなりませぬ。
やで、勝負はアイツラが帰ってから!

通販で買った物は、たいてい勤務先に送ってもらう。
その方が間違い無いし、手間もかからんで。
やけども、お盆休み。
「不在通知」を会社の郵便受けに入れてもらっても困る。
なので今回は届け先を 「自宅」 に。

先日、件の お店から
「発送しました!」
なメールを受け取った。
帰省しとる妹どのが受け取る危険性はあるけど、
シヤナイ。







 仕事中。
「荷物受け取ったぞ!」
と 妹どのから LINE が。

あ~、もう帰ってきとったんか!!
叱られるかにゃ~~

と思ったけど、特にお咎め無し。
 ホッ!




それにしても今日は超疲れた・・・
ずっと 38℃もある工場内で仕事しとって、
もうクタクタ・・

同僚の T グチ君が、帰る前に言った。
「○○さん、ウチ着けばシャキッ!としますよ。
妹さん、帰省されてるんでしょ?」


夕方 ワシ帰宅。

もう、「ケタタマシい」 ほどに
妹どのから
「本日のデキゴト」
について報告を受ける。

妹どのの お陰やでねえ、全て。。。
やで、シャキッ!として聞かにゃならん。。。


夜 11時ころ やっと解放され、届いた荷物を手に取る。
なんとか盆休みに間に合った部品。









 DSC_7633.jpg

「ミヤタ自転車」 の
チューブラー・タイヤ用のテープ。
そうそう、コレが無いと完成しんのよね~
デコチャリ・・・

って、コラ~~!
ワシ、こんなの注文した覚え無いぞぉ~~!!
チューブラー・タイヤを履かせるほど
マニアックにするつもり無いぞ、ワシのデコチャリは!
どーゆーこっちゃ? あぁ~んッ?!

同梱の納品書を見る。


「神奈川県横浜市 どこそこ 何番地
○○○様」

おい。

届け先の氏名、確かに 「苗字」 はワシと同じ。
名前も漢字1文字やで似とるっちゃ似とる。
でも、住所全然違うやろ!!
もうちょっと確認して送ってくりょよ!!

時間も遅いで、とりあえず 店にメールは送っといた。
「誤配送です」 って。

で、翌日(今日ね)。

T グチ君、
「苗字が同じで誤配送許されるなら、ボクの地区
パニくりますよ!」
・・・確かに彼のトコは同じ苗字ばっかり!

午前10時過ぎ、件の店にTELした。
が、出やがらへん。
土曜で、もう盆休みなのかも。
これじゃあラチ開かへん!

ワシとこに来たブツ、これを待っとる人は
ワシと同じく、この休みの間に装着させたいの
かも知れん。
店が開くのを待っとったら、せっかく頼んだのに
ガッカリなことになってまう。
ワシやって そうや!
店は 「発送しました~」 と知らせとる。
ワシの物、ドコへ?

こりゃもう、店を頼ってもシヤナイ。
直に この部品を注文したヒトに連絡しよう。
もしかしたら、ワシのが向こうに行っとるカモやし。
幸い、納品書に向こうの携帯電話番号書いたる。
よし・・・




「ぷるるるる~~~、
カチャ。」

「あ、もしもし。
私、下呂市の ○○と申すモノです。
○○様でいらっしゃいますか?」

「は、はァ・・・」

「実は○○様が△△店に注文した物が
私とこに届いてるんですよ」

「え、いや、それならもう私 受け取ってますよ」

「中身は ご確認されましたか?」

「いえ、まだですけど・・・」

「もしかしたらですけど、私が注文した物が
○○さんとこに届いてるかもと思い・・
同姓なので 間違って・・・」

「ちょっと待ってくださいね。今開けてみます。
・・・ ああッ! こ、コレは・・・」

「何が入ってます? 私が頼んだのは、
『××』 です」

「まさに、ソレです!」

「では、こちらに来てる 『チューブラー・タイヤ』
のテープは そちら様ので間違いありませんね?」

「はい! でもナゼ?
お店からではなく あなた様から・・」

「さっき 店に電話したのですが、休みなのか
連絡とれませんでした。
店開いてから事情を話し送り返しては、
それを待ってる人が迷惑すると思いまして。
なので失礼ながら直接お電話しました。
ホントならイケナイことかもしれませんが」

「ありがとうございます!
実はヒトから頼まれた物で、組み上げて盆休み中に
渡さなければならないモノだったんです!
着払いでかまいませんから、お店を通さず直接
送っていただくワケには参りませんか?」

「もちろんイイですよ!
・・・良かったです、緊張しながらも電話して。
じゃあ、私のも送ってください」

「さっそく今日 送ります! 送料はコチラで
持ちますから!!」




 いや~。
相手がイイ人で ホント良かったよ。
こっちも着払いにしてもらっても、ワシがウチに
おらん確率の方がハルカに高いでね。
ここは お言葉に甘えさせてもらうよ。



昼休み、近く(でもないけど)のヤマト運輸行き、
発送のお願いをした。

受付けのお姉さん、
「着払いにしますか?」
と、イキナリ聞いて来た。
そのいに多いの? 着払い。

「いえ、私が払います。」

元はと言えば、店のミス。
それを、受け取る側が負担するのはオカシなハナシ。
でも、間違って送られた横浜の同姓さん、
全然悪くないのに
「あなたは着払いで送ってください、
私は元払いで送ります」
とまで言ってくれた。

意気に感ずるってのは こういうコト?
向こうが元払いで、ワシが着払いでは
寝ざめが悪い!
やっぱりワシも 元払いにするよ!!


相手の住所とかを送り状に書きながら
コトのいきさつを お姉さんに話すワシ。



「良かったですね~
どちらも やさしいかたで・・・」








その言葉をいただけただけで もう
シアワセ気分 MAX !

間違えた店も許してやろうかニャ~?





 いや! 
ソレはソレ、コレはコレッ!!!










 おしまい。













Appendix

プロフィール

とまぢふ

Author:とまぢふ
こっちがイイと言われれば そっちにフラフラ、
あっちがイイと言われれば、またその方にヒラヒラ・・・
優柔不断な野郎です。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR